端午 の 節句。 端午節とは?中国の端午節文化と日本の端午の節句 [中国語] All About

端午の節句(こどもの日)とは?由来や意味、柏餅・ちまき・鯉のぼりの意味も紹介

端午 の 節句

もくじ• 端午の節句の由来は? 端午の節句の由来は中国の故事からきているようです。 今から約2,300年前、中国 楚の国 の国王の側近に 屈原(くつげん)という正義感が強く、 人情味があることから、国民の信任厚い政治家がいました。 しかし、陰謀によって失脚し国を追われてしまいます。 そして、故国の行く末に失望した屈原(くつげん)は5月5日に川に身を投げてしまったのです。 それを知った屈原(くつげん)を慕う国民が、小舟で川に行き、魚が屈原の遺体を食べないように、太鼓を打ち、ちまきを川に投げ込み魚を追い払ったといいます。 これが今日のドラゴンレース(龍舟比賽)の始 まりであり、 ちまき(肉粽=ローツ ォン)の起源です。 このことから、毎年屈原の命日の5月5日に供養のために祭が行なわれるようになりました。 やがて中国全体に多くの粽(ちまき)を川に投げ入れて国の安泰を祈願する風習に変わって行きます。 そして、その風習は、病気や災厄を除ける大切な宮中行事、 端午の節句となったと言われています。 やがて、三国志の時代に端午の節句は、旧暦五月五日に定められ、日本にも伝わってきたのです。 端午の節句はなぜ五月五日なのか? 端午の節句とは日本の伝統的な五節句の中の一つです。 日本では奈良時代から伝わる風習です。 「端午」の 「端」は月の端(はし)で始まりという意味です。 「午」はうまの日 すなわち 端午とは、月の始めのうまの日のことを言い、必ずしも5月に行われる行事ではないのです。 十二支の中で「午」は五月で、「午(ご)の日」が「五の日」に通じること。 奇数が重なっておめでたい「重五(ちょうご)」の日であることから 五月五 日を端午の節句として定着されていきました。 端午の節句、菖蒲、よもぎの由来 中国では昔から、5月(旧暦)は、病気が流行して亡くなる人が多かったそうです。 そこで、5月は悪月、5日と言えば、5が重なる事から悪日とし、厄除けに「菖蒲」を屋根にかけ、「蓬(よもぎ)」でつくった人形(ひとがた)を門戸に飾ったり、「菖蒲」を浸した酒を飲むことで、厄除けや健康祈願をしていたといわれています。 このような習わしが中国から日本に伝わり、 月はじめの午の日である「端午」には、 「菖蒲酒」を飲み、「菖蒲湯」につかり、粽(ちまき)を食べれば、邪気が払われ、疫病が除かれるといわれていました。 そして平安時代には 端午の節会(せちえ)という宮中行事になったのです。 『源氏物語』や『枕草子』には菖蒲や蓬(よもぎ)を丸く編み五色の糸を結んだ薬玉(くすだま)を重陽の節句まで御帳にかけ邪気、疫を払ったり、貴族同士で薬玉を贈りあう習慣もあったとあります。 端午に女性が行っていた「五月忌み」 鎌倉時代以前は、端午の節句と言えば、女性のお祭りという印象が強かったのです。 これを 「五月忌み」と呼びます。 いつも忙しく働いていた女の人たちは、この日のおかげでゆっくり休養できたのだそうですよ。 日本の端午の節句は、この 「五月忌み」と、中国からの端午の風習が、習合したものだと言われています。 魔が嫌うとされる 菖蒲や薬草の蓬(よもぎ)を軒に挿すことで、厄災を祓って穢れを浄化し、ちまきを食べて心身の健康を祈るようになったのでした。 菖蒲湯 菖蒲は漢方薬にも使われる薬草です。 香りが強いことから厄除けとされてきました。 そして田植えの時期に葉が成長することから、端午の節句と関連づけられたようです。 「端午の節句」は 「菖蒲の節句」とも呼ばれています。 武家時代となると武道を重んじるという意味の 「尚武(しょうぶ)」が「菖蒲」と音が通ずるため「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて呼ばれているもので、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝うようになりました。 菖蒲の葉が、剣を連想させる形であったからともいわれています。 江戸時代になると「菖蒲」を湯に入れて「菖蒲湯」として入り無病息災を祈るようになり、 前日の5月4日、枕の下に菖蒲を置いて一晩寝て、翌日の5月5日お風呂に入れて菖蒲湯にしていたそうです。 端午が男の子の節句になったわけ 江戸時代にはいると、五月五日は徳川幕府の重要な式日に定められ、大名や旗本が、式服で江戸城に参り、祝議が行われます。 「端午の節句」では、菖蒲打ち(しょうぶうち)、印地打ち(いんじうち)、競漕(きょうそう)、競馬(くらべうま)、流鏑馬(やぶさめ)などの勇ましい行事が行われるようになり、 次第に男の子の節句と考えられるようになったのです。 また、将軍に男の子が生まれると、表御殿の玄関前に馬印 うましるし や幟 のぼり を立てて祝いました。 やがてこの風習は広く一般の人々にまで広まっていきます。 十二支の中で「午」は五月で、「午(ご)の日」が「五の日」に通じること. 奇数が重なっておめでたい「重五(ちょうご)」の日であることから五月五 日を端午の節句として定着されていった。 菖蒲の葉が、剣を連想させる形であったこと。 「菖蒲湯」として入ることで厄除け、無病息災を願っていた。 男の子のお祝いになったのは、江戸時代に五月五日は徳川幕府の重要な式日に定められ、さまざまな勇ましい行事が行われたことで、広く一般の人々にまで広まっていった。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。 またお目にかかれることを、楽しみにしております。 🍀マナー&エステ サロンドクレモナ🍀.

次の

男の子の初節句「初めての端午の節句」のお祝いはどうする?

端午 の 節句

日本では 端午(たんご)は五節句の一。 端午の節句、菖蒲の節句ともとも呼ばれる。 日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、「男の子の節句」「子供の日」として定着している。 現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われ、国民の祝日「こどもの日」になっている。 それに対して中国の端午節は毎年旧暦の5月5日。 そして中国の「子供の日」は6月1日。 中国語繁体字で(児童節)で2002年からある比較的新しい祝日。 しかし中国では 「端午節」は、春節・中秋節に並び、中国の三大伝統節句とされ、とても重要な祝日。 なんたって3連休にするくらいだから。 日本の「端午節」の起源は中国からきていると言えよう。 端午節はどんな由来からきているのか? 「端午」という言葉のそもそもの意味はこうだ。 「端」には「はじめ」という意味がある。 「端午」は「午のはじめ」のことであり、 十二支を各月にあてはめた時「午の月」は5月になる。 ということで「端午」は5月の初旬という意味らしい。 この旧暦の5月5日、戦国時代の「楚」の愛国 詩人・屈原が汨羅(べきら)という川に身を投じたのだとか。 そして、 屈原の遺体が魚に食べられないように、川に粽 ちまき)をまいたことから、この日に粽を食べるようになったという言い伝えが有力なものとして残っている。 中国では端午節に何が行われるの? 行われる有名な行事といえば、「ドラゴンボートレース」、国際大会も開かれているスポーツ競技で、舵取り1名、太鼓手1名と、18〜20人の漕手からなる細長いボートで、龍を模した飾りのある船で競われる。 この船は中国語で「龍船」(long2chuan2 と言う。 このスポーツは中国が発祥なんだけど、入水自殺をした屈原が関係しているらしい。 楚の政治家であった屈原は正義感の強さと愛国心で多くの人望を集めた人で、その反面、王に自分の忠告を聞き入れられなかったり、同僚の陰謀で地位を追われたりなど、不遇の人でもあった。 中国古典文学の名作「楚辞」の「離騒」は、屈原が国を憂い、その想いが届かず世を儚んでいる心情が詠われているが。 まさにその詩のように、屈原は楚の将来を儚んで5月5日に入水自殺してしまう。 人々は屈原の遺体を探すために川に船を出すが遺体は見つからず、屈原の体が川の中で魚の餌になるのはしのびないと考えた人々が 船から太鼓を叩くなど大きな音を立てて魚を追い払ったり、川に粽をまいたりした。 そのようにして人々は屈原を偲んで川に船を出すという習慣が生まれ、それがドラゴンボートレースとして発展していった。 じゃあ端午節にはやっぱり「ちまき」を食べるんだね? その通り。。 中国では旧暦5月5日(端午節)にはちまきを食べる習慣がある。 ちまきは中国語で「粽子」(Zong4zi)ゾンズ。 米を竹などの植物の葉で包み、それをゆでたり蒸したりすることで植物から出る灰汁が防腐剤代わりとなる保存食だった。 中国では古い時代からある食べ物で、各地方や民族独特の工夫が凝らされて進化し、現在も中国各地に「ご当地ちまき」がある。 旅先の屋台などで、できたてのちまきを食べたことのある人もいることと思う。 それに加えて中国ではこの時期に薬草を摘み健康を祈願する習慣があった。 中でもよもぎや菖蒲は邪気を払う力があるとされ、菖蒲酒を作って飲んだり、よもぎで人形を作って飾ったりなどしている。 そういえば、端午の節句は菖蒲の節句とも呼ばれるって…。 なるほどね。 Photo by やわらん. Base template by WEB MAGIC. Copyright(c)2011 やわらん. net All rights reserved.

次の

初節句とは?男の子・女の子別お祝い方法・料理・お返しマナー [赤ちゃんの行事・お祝い] All About

端午 の 節句

端午の節句はいつ? 端午の節句は5月5日です。 「端午」は初めと言う意味の端と午(うま)の日の午を組み合わせた言葉で、当初は毎月5日のことを端午と呼んでいましたが、午の発音の「ご」と5(ご)の読み方が同じため、いつしか5月5日のことを端午の節句と呼ぶようになったと言われています。 なお、端午の節句は旧暦の風習のため、一般的には旧暦の風習は新暦に行う際に、新暦に合わせて日付が修正されますが(例えば「十五夜」は旧暦の8月15日となっていますが、旧暦と新暦では1ヵ月から1ヵ月半ほど日付のズレがあるため、修正すると大幅に日付が変わります。 十五夜であれば2020年の場合10月1日となります)、端午の節句の場合は5月5日であることに大きな意味があるため、日付の修正はされずに毎年5月5日で固定されています。 端午の節句は何をするの? 端午の節句には、こいのぼりを上げたり、五月人形を飾ったりします。 こいのぼりは江戸時代に庶民が始めた風習と言われていますが、なぜ「鯉」なのか不思議ですよね。 これは、黄河上流にある「竜門山」には、切り開いてできた竜門という場所があり、その急流を登り切った鯉が竜になったという言い伝えによるもの。 つまり、鯉は立身出世の象徴であるため、男の子の成長を願う端午の節句に飾られるようになったと言われています。 ちなみに「登竜門」という言葉がありますが、これは上記の言い伝えが元になって生まれた言葉と言われています。 また、五月人形を飾るのは江戸時代からと言われていますが、鎧や兜は身を守る防具のため、男の子を病気や事故から守ると考えられたためです。 特に男の子にとって生まれてから初めて迎える端午の節句は重要とされ、五月人形を始め、こいのぼりや菖蒲などを飾り、盛大にお祝いする場合が多いと言われています。 端午の節句とこどもの日との違い 端午の節句は、元は邪気祓いの儀式でしたが、それが時代とともに変化をした結果、男の子の誕生や健康、出世を願う行事として庶民に定着したものです。 これに対し、こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」を趣旨として、国民の祝日に制定されているもの。 偶然ながら同じ5月5日の行事ながら、この2つは同じではないのです。 端午の節句が5月5日の理由についてはこれまで解説した通りですが、こどもの日が5月5日なのはその日が「児童愛護デー」だったからです。 それが昭和23年に国民の祝日として制定され、休みとなりました。 つまり、こどもの日は祝日ですが、端午の節句は祝日ではありません。 同じ五節句の一つである(女の子の誕生や成長を願う行事)は、ではないことからも、こどもの日と端午の節句は別の行事であるということがわかります。 五節句との関係 端午の節句は五節句の一つで、元は中国の陰陽五行説における厄払いの儀式を行う日でした。 五節句には端午の節句の他に、(1月7日)、(3月3日)、(7月7日)、(9月9日)があり、日本に伝わった後もそれぞれが宮中にてとても重要な行事となっていましたが、明治6年に廃止されると、以後は民間の行事として行われています。 端午の節句がこどもの日となったのもそのような流れで、上巳の節句はひなまつり、七夕(しちせき)の節句はたなばたへと変化しています。 なお、重陽の節句においては、昔は奇数が重なることで陰の力最も強い「9」が重なる日として五節句の中でも特別に扱われていましたが、こどもの日やひなまつりのように現在に行事が受け継がれることがなくなり、五節句の中であまり知られない存在となってしまいました。 端午の節句の意味や由来 中国が発祥の自然哲学「陰陽五行説」では奇数は陽、偶数は陰となり、月と日の奇数が重なって陽となると陰の力が強くなって邪気が入り込みやすいと考えられていました。 そのため、奇数月に奇数日が重なる時に邪気祓いを行っており(五節句と言います。 五節句については後ほど詳しく解説します)、この風習が日本に伝わったものが端午の節句の由来と言われています。 端午の節句が日本に伝わった当初は宮中行事でしたが、やがて鎌倉時代になり武家社会となると宮中行事としては廃れ、代わりに武士の間で男の子の誕生や成長を祝うものへと変わっていきました。 これは端午の節句に菖蒲が使われていたことから、菖蒲が勝負に繋がるとして武士の間でもてはやされたからです。 さらに江戸時代になると、端午の節句は庶民の間でも広く浸透しました。 武士の家では男の子が生まれると家紋が入った幟(のぼり)を立てたり、端午の節句の時期がちょうど梅雨前だったことから鎧や兜を虫干ししていたのですが、それを見た庶民が幟の代わりにこいのぼりを立て、本物の鎧や兜の代わりに紙製の鎧や兜を飾るようになったと言われています。 まとめ 端午の節句とこどもの日は同じ5月5日ですが、その由来や意味は全く違います。 端午の節句は古くは季節の変わり目に行う邪気祓いの行事であり、江戸時代以降は男の子の誕生や健康を願う行事として庶民に親しまれてきた一方で、こどもの日は昭和に制定された国民の祝日となっています。 つまり、こどもの日だからこいのぼりを飾るのではなく、端午の節句だからこいのぼりを飾っているということになります。 とは言え、どちらも現在はこどもの健やかな成長を願う行事であることに変わりはありません。

次の