ハッピー エンド コード。 ハッピーエンド (動画プラス) / back number ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

ラブライブサンシャイン「近未来ハッピーエンド」「GALAXY HidE and SeeK」「コワレヤスキ」のコード進行解析

ハッピー エンド コード

楽譜は全編フルありますが、動画ではショートバージョンでイントロからエンディングまで通して弾いてます。 弾き方ポイント解説 イントロ(1~7小節) 1小節目はたった4つの音ですが、指がストレッチできつい方もみえるかもしれません。 ただ、この4つの音は全部鳴るとすごく美しい響きになるので頑張って押さえてみましょう。 Cのハンマリング 2小節目のCの初めのハンマリングはメロディーになるため大事な音です。 バチンとなるくらい強く2弦1フレットをピッキングするとハンマリングの音も出やすくなります。 B7のハンマリング 3小節目のB7の1弦のハンマリングは超気持ちいいので確実に決めましょう! たったの一音の中指のハンマリングですが「ちゃリーン」って鳴ると(決まった~)という気分に浸れます笑 Dの形 7小節目のDはなじみのない押さえ方ですが、便利なのでぜひ覚えてください。 普通のこの形もDですが、 今回はこちらの2弦、3弦、4弦を使ったDを採用してます。 より原曲っぽくなります。 Aメロ(8~15小節) ここから歌詞が入ってくるわけですが、back numberさんの歌詞はとにかく難しいです笑 何が難しいかというと、文節や単語の区切りが「え?ここ?」っていうのが多くて、 それがback numberサウンドにつながっているわけです。 私の楽譜では、歌詞とギター演奏が極力リンクするように、注意して歌詞を入力してます。 どこをピッキングしてる時に、どの文字を歌うのか迷ったら参考にしてみてください。 動画でも解説しているように、2弦と3弦のセットの音をずっと鳴らしていきますので、そこでリズムを作るとよいでしょう。 Bメロ(16~19小節) ここはゆったりしたAメロの雰囲気から徐々にサビに向けて緊張感がでてくるパートです。 右手のピッキングで雰囲気を出しました。 スリーフィンガーというやつですが、なんちゃってです。 スリーフィンガー4ルール 下記の4つを守って弾いてみてください。 スポンサーリンク このB7の人差し指と中指の形をそのままに・・・ ぐいっと半音上げると、Cmaj7になります。 人差し指は部分セーハといい、少し指を寝かせる形で押さえましょう。 4弦は鳴らしてはいけないので、左手の5弦を押さえてる中指の腹で軽く触れておきましょう。 おそらく、この形で押さえると自然にミュートされると思います。 このDですね。 弾いてみて響きで判断してみてください。 ただ、次の23小節がEmということもあり、 コードチェンジが間に合わないときは 適当に解放弦を鳴らしてもまったく問題ありません。 楽譜も実際に、あえて解放弦を弾くように書いてみました。 間奏(43~50小節) この間奏は、なじみのないコードと押さえ方が出てくるので要練習です。 色々な方の演奏を見ているとみなさん色々工夫されてて、 ハイコードでの演奏もあれば、ローコードの演奏もありほんと色々ですこの間奏は。 このコードは気合で押さえましょう。 ちょっと複雑ですが、次のコードが楽になります。 ここからCmaj7に移りますが、図のように人差し指を1フレット分低くするだけです。 この形のCmaj7の出来上がりです。 Cmaj7はサビでは違う形を紹介しましたが、今回のこの形がよいです。 また、この形の方が汎用性が高いため、覚えておいて損はないです。 私はこのフォームで押さえることを推奨します。 このフォームのよい点は、解放弦を使わない点で、 ずらしていくと、D やFも簡単に少ない動作で演奏できます。 D はこうです。 「D」と形が同じで1フレットだけ動かしただけです。 なので、 左手の形はそのままでコードチェンジができます。 続いて、そのままFへ。 ぐいぐい 同じ形で2フレット移動させただけです。 いかがでしょう。 はい、これでだいたいのパートの説明終わります。 コード進行 ノンダイアトニックが頻繁に登場する面白い進行ですね~ この曲を弾いていて感じるのは「B7」が効果的に使われてるな~という点です。 緊迫感があるメロディーやパートでは必ずいい感じにB7がありますね。

次の

back number

ハッピー エンド コード

キーはF マイナー またはAメジャー で、楽譜だと が3つの調です。 同時に、back numberの楽曲でオーケストラの壮大なイントロはあまりイメージがなかったので、その先を聴く楽しみも芽生えました。 Aメロ~Bメロ ストリングスは一旦お休みで、ピアノとアコギのコード弾きのメロディーが始まります。 Bメロは再度ストリングスが入り、コード進行もイントロと似た、悲しい感じの進行に戻ります。 J-POPのあらゆる分野で非常に多く使われており、back numberでも、「高嶺の花子さん」や「SISTER」といった人気曲のサビがこの進行です。 楽器なら「ピッチシフト」とか「ピッチベンド」みたいな言い方がありますが…)。 更に、その小説の最後の1拍では、ストリングスの音で「ソ」の音が強調されています。 これは、コード譜に示したC 7にも、本曲の調であるF マイナーのスケールにも含まれない音であるため、一瞬ですが非常にインパクトがあります。 本当はコードの表記にも反映させようと思ったくらいですが(GdimとかCとか 、おそらく「ソ」の音を出しているのはストリングスだけで、逆にギターなどでこの音を強調して演奏すると、違和感が大きくなってしまうように思えたので、コード譜にはC 7のみしか書いていません。 あとは歌詞についての感想。 タイトルは「ハッピーエンド」ですが、歌詞を聴く限りでは、「本当は別れたくないけど、無理やりハッピーエンドに持っていこうと強がっている女性の、切ない失恋」を歌っているように思います。 イントロのところでも少し触れましたが「ハッピーエンド」というタイトル、ある程度楽しそうな楽曲という先入観を持ちながら聴いたため、とてもインパクトを感じました。 本曲はバックナンバーの楽曲の中でも、かなり人気が出るのではないでしょうか。 王道進行というのもありますが、メロディーも歌詞もアレンジも、僕個人としてはかなり好みの楽曲でした。

次の

ハッピーエンド / GOOD ON THE REEL のギターコード譜

ハッピー エンド コード

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の