精神 科 訪問 看護 指示 書。 Q3【精神科特別訪問看護指示書が交付された利用者の同日の複数回訪問について】

Q2【精神科疾患の訪問看護について】

精神 科 訪問 看護 指示 書

こんにちは。 大阪こどもリハ訪問看護ステーションの中野です。 医療的ケアの必要なお子様や重度の障がいをお持ちのお子様の場合、特に疑問を持つこと無く訪問看護やリハを利用されるかもしれません。 ですが、自閉症スペクトラム障がいや発達障がいをお持ちのお子様が訪問看護・リハを受けられる事は意外と知られていません。 実は訪問看護やリハを利用して効率的に子育てできるのですが、今回はその条件や方法についてご紹介したいと思います。 訪問看護・リハを受ける為の条件 条件はただ一つで医師の指示書が発行されるかされないか?です。 発行される条件はお子様に訪問看護・リハが必要だと主治医が認めることです。 ですので、未診断・未受診では利用できません。 主治医に「自閉症スペクトラム障がい」や「学習障害」「ADHD」等の診断を受ける必要があります。 その上で指示書を発行してもらう為に二つの方法があります。 小児科医等による指示書 多くのお子様は小児科医にかかられていると思います。 小児科医等が発行できる指示書は「訪問看護指示書」と良い、医療保険の対象です。 回数は週3回までです。 年齢によって自己負担額は2〜3割ですが、市町村によってはこの自己負担額を保証してくれるサービスがあります。 東京23区は、区が完全に保証してくれるらしいですが、わが町大阪の小児医療受給者証で病院の通院等は1回500円、一月最大1500円という助成がありますが、訪問看護・リハは対象外です。 ですので、週に1回の利用であっても、3割負担で一ヶ月に10000円ほどの負担となってきます。 精神科を標榜する病院での精神科医による指示書 いわゆる訪問看護の「精神科」版です。 精神科訪問看護では、一定以下の所得の場合「」の助成が受けられますので、自己負担額は1割となります。 条件は精神科を標榜する病院で、精神科医に指示書を発行してもらうこととなります。 自立支援医療の受給者証を受けることで自立支援医療の対象となります。 今の主治医の在籍する病院に精神科があればスムーズですが、そうでない場合は受診の手間がかかってしまいますが、負担的には随分楽になります。 また、精神科訪問看護の対象は「精神疾患のある利用者と家族」とされています。 例えば引きこもってしまっているお子様に直接アプローチが出来なくても、ご家族支援を訪問看護・リハの枠で行うことができます。 ですから、自閉症スペクトラム障がいやその他発達障がいを持つお子様の場合、精神科への通院というハードルはありますが、精神科訪問看護の枠が、より良いサービスを提供できると私は考えています。 精神科訪問看護・リハを受ける上での問題点 精神科訪問看護は近年急激に需要が増え、精神科訪問看護を行う事業所は増えてきております。 ですが、精神科訪問看護を行えるのは経験のある看護師・保健師・准看護師、作業療法士となっています。 経験とは、1年以上の精神科病院や精神疾患を持つ人への訪問経験かあるいは訪問看護協会等が実施する精神科訪問看護算定の為の研修を修了した人です。 ですから、精神科訪問看護を行う看護師・作業療法士の大半が大人を対象としています。 自閉症スペクトラム障がいや発達障がいを持つ子ども達の対応ができる訪問看護ステーションが殆どなく、小児の訪問看護・リハをやっていても精神科訪問看護では算定できないステーションが大半だということです。 当ステーションでは現状1名、6月以降は3名が精神科訪問看護・リハを行うことができます。 大阪市周辺に限られますが、お近くにお住まいのお母様は是非ご検討下さい。 訪問看護を受ける方法 まずは、自閉症スペクトラム障がいや発達障がいを持つ子ども達に対して訪問看護・リハを行ってくれる事業所を探す必要があります。 大阪府下では殆どなく、私自身は当ステーション以外に実施しているという話を聞いたことがありません。 また、業界の大きな問題点の一つなのですが、分かりやすいウェブサイトを持っている所が少ないので、探すのにも一苦労です。 受け入れ可能なステーションがあれば、主治医に相談し通常の訪問看護指示書を書いてもらうか、精神科を紹介してもらうかという形になります。 精神科訪問看護を利用の場合は、指示書の他に、自立支援医療の受給者証の発行を受ける必要もありますので、同時に診断書を発行してもらう必要もあります。 窓口は各市町村となってますので、まずは窓口に問い合わせてみて下さい。 大阪市の場合はから確認ができます。 訪問看護・リハで何ができるの? これは各ステーション、各担当者によっても変わると思いますから、ここでは当ステーションではどのようなサービスが受けられるか?についてご紹介したいと思います。 基本的には『子育て支援』だと捉えています。 お子様やご家族が日常の中で困っていることをご自宅というご本人にとって守られた安全な空間で練習したり、お母様にどういう関わりが伝わりやすいか、しつけやすいか?などをお伝えします。 イメージとしては『家庭教師』でしょうか。 学齢期のお子様が例えば学校の勉強で躓いているとするなら、その原因を追求し、ご自宅で遅れを取り戻すお手伝いをすることもできます。 あるいは、鉄棒が上手くできずにバカにされたという事にご自宅でその練習をすることもできます。 お友達との関係作りが難しければ、その原因を解明し、上手く人間関係を築く練習もできます。 家庭教師は5教科に限られていますが、私達はお子様やご家族が今困っていること、これから困難が予測されることに対して幅広く対応することができます。 看護師と作業療法士で提供する内容はほぼ同じですが、作業療法士はより運動機能や感覚統合に関する問題についても対応することが可能です。 絵本の読み方一つとっても、ご家族様に「あ〜、こうやって読んであげれば理解しやすいんだ!」という気づきに繋がる関わりを心がけています。 おわりに 対応できるステーション、担当者が少ないのが現状です。 ですが、対応できるけど、知らない事業所・担当者がいるのも事実です。 何を隠そう私も訪問看護ステーションを立ち上げる直前まで知りませんでしたし、私と出会う看護師・作業療法士も知らない人が大半です。 お子様も現状精神科を受診されたことが無い方が大半だと思いますから、受給者証発行までにある程度時間がかかります。 そのロスを見越して、お近くで小児対応可能な訪問看護ステーションを探し、精神科訪問看護の算定研修を受けてもらう提案をしてみても良いかもしれませんね。 大阪市内・周辺地域のお母様は、まずお問合わせ下さい。 皆様の子育てがより良く、笑顔溢れるものになることをお祈りしております。 私達にできることでしたら、何なりとご協力致しますのでご連絡下さいね。

次の

2020年4月!訪問看護計画書等の記載要領等が変更!

精神 科 訪問 看護 指示 書

300点 注 1 当該患者に対する診療を担う保険医療機関の保険医(精神科の医師に限る。 ) が、診療に基づき指定訪問看護事業者(介護保険法第41条第1項に規定する指定 居宅サービス事業者若しくは同法第53条第1項に規定する指定介護予防サービス 事業者(いずれも訪問看護事業を行う者に限る。 )又は健康保険法第88条第1項 に規定する指定訪問看護事業者をいう。 )からの指定訪問看護の必要を認め、患 者又はその家族等の同意を得て当該患者等の選定する訪問看護ステーションに対 して、精神科訪問看護指示書を交付した場合に、患者1人につき月1回に限り算 定する。 2 当該患者が服薬中断等により急性増悪した場合であって、当該患者に対する診 療を担う保険医療機関の保険医(精神科の医師に限る。 )が、一時的に頻回の指 定訪問看護を行う必要を認め、患者又はその家族等の同意を得て当該患者等の選 定する訪問看護ステーションに対して、その旨を記載した精神科訪問看護指示書 を交付した場合は、精神科特別訪問看護指示加算として、患者1人につき月1回 に限り、100点を所定点数に加算する。 3 注1の場合において、必要な衛生材料及び保険医療材料を提供した場合に、衛 生材料等提供加算として、患者1人につき月1回に限り、80点を所定点数に加算 する。 4 精神科訪問看護指示料を算定した場合には、区分番号C007に掲げる訪問看 護指示料は算定しない。 通知 1 精神科訪問看護指示料は、入院中以外の精神疾患を有する患者であって、適切な在宅 医療を確保するため、指定訪問看護に関する指示を行うことを評価するものであり、患 者の診療を担う保険医(精神科の医師に限る。 )が診療に基づき指定訪問看護の必要性 を認め、当該患者又はその家族等の同意を得て、別紙様式 17 を参考に作成した精神科訪 問看護指示書に有効期間(6月以内に限る。 )を記載して、当該患者又はその家族等が 選定する訪問看護ステーションに対して交付した場合に算定する。 なお、1か月の指示 を行う場合には、精神科訪問看護指示書に有効期間を記載することを要しない。 2 精神科訪問看護指示書を交付した保険医(精神科の医師に限る。 )は、在宅療養に必 要な衛生材料及び保険医療材料(以下「衛生材料等」という。 )の量の把握に努め、十 分な量の衛生材料等を患者に支給すること。 3 精神科訪問看護の指示は、当該患者に対して主として診療を行う保険医療機関が行う ことを原則とし、退院時に1回算定できるほか、在宅で療養を行っている患者について 1月に1回に限り算定できる。 なお、同一月において、1人の患者について複数の訪問 看護ステーションに対して訪問看護指示書を交付した場合であっても、当該指示料は、 1月に1回を限度に算定するものであること。 ただし、A保険医療機関と特別の関係にあるB保険医療機関において区分番号「C0 05」在宅患者訪問看護・指導料又は区分番号「C005-1-2」同一建物居住者訪 問看護・指導料及び精神科訪問看護・指導料を算定している月においては、A保険医療 機関は当該患者について区分番号「C007」訪問看護指示料は算定できない。 4 精神科特別訪問看護指示加算は、当該患者が服薬中断等により急性増悪した場合であ って、当該患者の診療を担う保険医(精神科の医師に限る。 )が、一時的に頻回の指定 訪問看護を当該患者に対して行う必要性を認め、当該患者又はその家族等の同意を得て、 別紙様式 17 の2を参考に作成した精神科特別訪問看護指示書を、当該患者等が選定する 訪問看護ステーションに対して交付した場合に、1月に1回に限り算定する。 ここでいう一時的に頻回の指定訪問看護を行う必要性とは、恒常的な頻回の指定訪問 看護の必要性ではなく、状態の変化等で日常行っている指定訪問看護の回数では対応で きない場合であること。 また、その理由等については、精神科特別訪問看護指示書に記 載すること。 なお、当該頻回の指定訪問看護は、当該特別の指示に係る診療の日から 14 日以内に限 り実施するものであること。 5 患者の診療を行った精神科の医師は、指定訪問看護の必要性を認めた場合には、診療 に基づき速やかに精神科訪問看護指示書及び精神科特別訪問看護指示書(以下この項に おいて「精神科訪問看護指示書等」という。 )を作成すること。 当該精神科訪問看護指 示書等には、緊急時の連絡先として、診療を行った保険医療機関の電話番号等を必ず記 載した上で、訪問看護ステーションに交付すること。 なお、精神科訪問看護指示書等は、特に患者の求めに応じて、患者又はその家族等を 介して訪問看護ステーションに交付できるものであること。 6 主治医は、交付した精神科訪問看護指示書等の写しを診療録に添付すること。 7 患者の診療を担う保険医(精神科の医師に限る。 )は、当該精神科訪問看護指示書交 付後であっても、患者の病状等に応じてその期間を変更することができるものであるこ と。 なお、指定訪問看護の指示を行った保険医療機関は、訪問看護ステーションからの 対象患者について相談等があった場合には、懇切丁寧に対応すること。 8 「注3」に規定する衛生材料等提供加算は、在宅療養において衛生材料等が必要な患 者に対し、当該患者へ精神科訪問看護を実施している訪問看護ステーションから提出さ れた精神科訪問看護計画書及び精神科訪問看護報告書を基に、療養上必要な量について 判断の上、必要かつ十分な量の衛生材料等を患者に支給した場合に算定する。 9 「C002」在宅時医学総合管理料、「C002-2」施設入居時等医学総合管理料、 「C003」在宅がん医療総合診療料、「C005-2」在宅患者訪問点滴注射管理指 導料、第2部第2節第1款の各区分に規定する在宅療養指導管理料を算定した場合は、 「注3」の加算は当該管理料等に含まれ別に算定できない。

次の

2020年4月!訪問看護計画書等の記載要領等が変更!

精神 科 訪問 看護 指示 書

こんにちは。 大阪こどもリハ訪問看護ステーションの中野です。 医療的ケアの必要なお子様や重度の障がいをお持ちのお子様の場合、特に疑問を持つこと無く訪問看護やリハを利用されるかもしれません。 ですが、自閉症スペクトラム障がいや発達障がいをお持ちのお子様が訪問看護・リハを受けられる事は意外と知られていません。 実は訪問看護やリハを利用して効率的に子育てできるのですが、今回はその条件や方法についてご紹介したいと思います。 訪問看護・リハを受ける為の条件 条件はただ一つで医師の指示書が発行されるかされないか?です。 発行される条件はお子様に訪問看護・リハが必要だと主治医が認めることです。 ですので、未診断・未受診では利用できません。 主治医に「自閉症スペクトラム障がい」や「学習障害」「ADHD」等の診断を受ける必要があります。 その上で指示書を発行してもらう為に二つの方法があります。 小児科医等による指示書 多くのお子様は小児科医にかかられていると思います。 小児科医等が発行できる指示書は「訪問看護指示書」と良い、医療保険の対象です。 回数は週3回までです。 年齢によって自己負担額は2〜3割ですが、市町村によってはこの自己負担額を保証してくれるサービスがあります。 東京23区は、区が完全に保証してくれるらしいですが、わが町大阪の小児医療受給者証で病院の通院等は1回500円、一月最大1500円という助成がありますが、訪問看護・リハは対象外です。 ですので、週に1回の利用であっても、3割負担で一ヶ月に10000円ほどの負担となってきます。 精神科を標榜する病院での精神科医による指示書 いわゆる訪問看護の「精神科」版です。 精神科訪問看護では、一定以下の所得の場合「」の助成が受けられますので、自己負担額は1割となります。 条件は精神科を標榜する病院で、精神科医に指示書を発行してもらうこととなります。 自立支援医療の受給者証を受けることで自立支援医療の対象となります。 今の主治医の在籍する病院に精神科があればスムーズですが、そうでない場合は受診の手間がかかってしまいますが、負担的には随分楽になります。 また、精神科訪問看護の対象は「精神疾患のある利用者と家族」とされています。 例えば引きこもってしまっているお子様に直接アプローチが出来なくても、ご家族支援を訪問看護・リハの枠で行うことができます。 ですから、自閉症スペクトラム障がいやその他発達障がいを持つお子様の場合、精神科への通院というハードルはありますが、精神科訪問看護の枠が、より良いサービスを提供できると私は考えています。 精神科訪問看護・リハを受ける上での問題点 精神科訪問看護は近年急激に需要が増え、精神科訪問看護を行う事業所は増えてきております。 ですが、精神科訪問看護を行えるのは経験のある看護師・保健師・准看護師、作業療法士となっています。 経験とは、1年以上の精神科病院や精神疾患を持つ人への訪問経験かあるいは訪問看護協会等が実施する精神科訪問看護算定の為の研修を修了した人です。 ですから、精神科訪問看護を行う看護師・作業療法士の大半が大人を対象としています。 自閉症スペクトラム障がいや発達障がいを持つ子ども達の対応ができる訪問看護ステーションが殆どなく、小児の訪問看護・リハをやっていても精神科訪問看護では算定できないステーションが大半だということです。 当ステーションでは現状1名、6月以降は3名が精神科訪問看護・リハを行うことができます。 大阪市周辺に限られますが、お近くにお住まいのお母様は是非ご検討下さい。 訪問看護を受ける方法 まずは、自閉症スペクトラム障がいや発達障がいを持つ子ども達に対して訪問看護・リハを行ってくれる事業所を探す必要があります。 大阪府下では殆どなく、私自身は当ステーション以外に実施しているという話を聞いたことがありません。 また、業界の大きな問題点の一つなのですが、分かりやすいウェブサイトを持っている所が少ないので、探すのにも一苦労です。 受け入れ可能なステーションがあれば、主治医に相談し通常の訪問看護指示書を書いてもらうか、精神科を紹介してもらうかという形になります。 精神科訪問看護を利用の場合は、指示書の他に、自立支援医療の受給者証の発行を受ける必要もありますので、同時に診断書を発行してもらう必要もあります。 窓口は各市町村となってますので、まずは窓口に問い合わせてみて下さい。 大阪市の場合はから確認ができます。 訪問看護・リハで何ができるの? これは各ステーション、各担当者によっても変わると思いますから、ここでは当ステーションではどのようなサービスが受けられるか?についてご紹介したいと思います。 基本的には『子育て支援』だと捉えています。 お子様やご家族が日常の中で困っていることをご自宅というご本人にとって守られた安全な空間で練習したり、お母様にどういう関わりが伝わりやすいか、しつけやすいか?などをお伝えします。 イメージとしては『家庭教師』でしょうか。 学齢期のお子様が例えば学校の勉強で躓いているとするなら、その原因を追求し、ご自宅で遅れを取り戻すお手伝いをすることもできます。 あるいは、鉄棒が上手くできずにバカにされたという事にご自宅でその練習をすることもできます。 お友達との関係作りが難しければ、その原因を解明し、上手く人間関係を築く練習もできます。 家庭教師は5教科に限られていますが、私達はお子様やご家族が今困っていること、これから困難が予測されることに対して幅広く対応することができます。 看護師と作業療法士で提供する内容はほぼ同じですが、作業療法士はより運動機能や感覚統合に関する問題についても対応することが可能です。 絵本の読み方一つとっても、ご家族様に「あ〜、こうやって読んであげれば理解しやすいんだ!」という気づきに繋がる関わりを心がけています。 おわりに 対応できるステーション、担当者が少ないのが現状です。 ですが、対応できるけど、知らない事業所・担当者がいるのも事実です。 何を隠そう私も訪問看護ステーションを立ち上げる直前まで知りませんでしたし、私と出会う看護師・作業療法士も知らない人が大半です。 お子様も現状精神科を受診されたことが無い方が大半だと思いますから、受給者証発行までにある程度時間がかかります。 そのロスを見越して、お近くで小児対応可能な訪問看護ステーションを探し、精神科訪問看護の算定研修を受けてもらう提案をしてみても良いかもしれませんね。 大阪市内・周辺地域のお母様は、まずお問合わせ下さい。 皆様の子育てがより良く、笑顔溢れるものになることをお祈りしております。 私達にできることでしたら、何なりとご協力致しますのでご連絡下さいね。

次の