乳酸菌サプリ 市販。 乳酸菌サプリのおすすめ人気ランキング10選【手軽に菌活!】

カンジダにおすすめ!乳酸菌サプリ【デリケトール】の効果の口コミ

乳酸菌サプリ 市販

1日の摂取量3粒というのは多いと思われるかもしれません。 しかし、サイズは6mmと女性も飲みやすいサイズですし、その3粒で合わせて必要な量を摂取することができるので、無理のないタイミングで摂取するようにしましょう。 普段から完璧な栄養バランスの食事を摂り続けることは難しいので、ぜひ不足分を補うためにご活用ください。 ちなみに「愛され葉酸」には、大豆と乳が配合されているため、これらの食品にアレルギーをお持ちの方はご注意を。 これだけ高品質だとお試しするのもちょっと…と思われるかもしれませんが、「愛され葉酸」は通常1袋7980円(税抜)のところを定期購入コースをおえらびになると初回980円(税抜)で始めることができます。 送料が350円(税抜)別途かかりますが、気軽にお試しできる価格なのでぜひ良質な葉酸サプリメントをお探しの方はご利用ください。 定期コースにすると2回目以降のご利用は4980円(税抜)となります。 またまとめてのお届けとなる単品6個セットコースもあります。 女性に必要な栄養を手軽に1日3粒で補える、それが「愛され葉酸」です。 高品質で安心の成分だけを凝縮しているので、妊婦さんや妊娠を希望する女性に特におすすめですよ。 葉酸だけでなく鉄分や乳酸菌、DHAもたっぷり摂れる! 健康や美容に気を使って毎日を過ごしたい。 女性なら誰でも思う事だと思います。 女性の中でも、特に妊活中・妊娠中の方は、いつも以上の栄養が必要とされていますよね。 しかし、やはり食べ物からすべての栄養を摂取するのは、並大抵の事ではありません。 そんな時は、愛され葉酸を是非ご活用頂ければと思います。 愛され葉酸は、ママのお願いをぎゅっと詰め込んだサプリメントです。 葉酸は、妊活中や妊娠中に特に必要な栄養素と言われています。 厚生労働省も、その時期には、1日400マイクログラムの葉酸摂取が好ましい。 と発表しています。 葉酸サプリメントは非常に多くあるものですが、実は大きく分けると2種類にわかれます。 モノグルタミン酸型葉酸• ポリグルタミン酸型葉酸 です。 厚生労働省は、この2種類の葉酸を推奨していますが、2つの大きな違いは「 吸収率」にあります。 さらに、ママの意見や研究を重ね、女性にとって必要な以下の成分もバランスよく配合。 乳酸菌 こちらのサプリメントには、300億個の乳酸菌を、1日の摂取量3粒に詰め込みました。 DHA 最近のママさんに、葉酸と同様に注目をされている成分がこのDHAです。 こちらのサプリメントには、微細藻類由来のオイルを配合しています。 微細藻類由来オイルには、40%のDHAが含まれていると言われています。 ポリアミン 健康維持や美容効果が期待できる成分として注目されています。 低分子カルシウム 妊娠中には、カルシウムもいつも以上に摂取したいものです。 低分子カルシウムは、溶解性が高いので、体の吸収率も高く、不足しがちなカルシウムの補給をサポートします。 ビタミン・ミネラル こちらも、妊娠中の女性には欠かせない栄養素です。 科学合成品が多い中、こちらのサプリメントでは、そういった物は一切使用せず、全て天然ハーブより抽出しています。 自然の物から作りあげているサプリメントですので、妊娠中のママさんにも安心してお飲み頂けます! 今なら、定期コースのお申込み限定で、初回の料金がかなりお得になるキャンペーンを実施中です。 妊活・妊娠中に限らず、女性に必要な成分が配合されているサプリメントですので、毎日の健康・美容維持に、多くの女性にお役立て頂ければと思います。 元気な赤ちゃんが生まれて欲しい女性には愛され葉酸は必須のサプリです 葉酸は、ビタミンB群というカテゴリーに属しているビタミンB9の 水溶性ビタミンです。 そして、葉酸と呼ばれるようになったのは、ほうれん草の葉から発見された事によります。 人間は沢山の細胞で出来ており、日々新たな細胞が出来、新陳代謝を繰り返していますが、これを実現する為には葉酸は不可欠です。 言い換えるなら、人間にとって葉酸がなければ健康を保つ事は、難しくなると言っても過言ではありません。 ということは、これから生まれて来るであろう赤ちゃんにとっても、同様に必要といえるかも知れません。 そして、肝心なのは妊娠中の母親になる人達の健康です。 ある統計では、成人の男性・女性の必要な葉酸を摂れる量が決められています。 しかしながら、妊娠中の、お腹の子供のお母さんになる女性は、およそ2倍程度の量が必要です。 これが出来ていないと、健康に生まれてきて欲しいと願う、何よりも大切な赤ちゃんに、生まれてからトラブルが出兼ねません。 しかし、一日どれくらいの緑黄色野菜を食べなければならないかと言えば、具体的な量を計算してみると、とてもでは無いけれど毎日摂るのは非現実的です。 また葉酸、水や熱に弱いので、葉酸を利用したレシピは確かにあります。 しかし、実際の吸収率は摂取した分の半分にも満たないというのが現実です。 そこで、もっと手軽に、そして確実に葉酸を摂る為に作られたのが愛され葉酸です。 愛され葉酸は、葉酸の栄養素だけに留まらず、青魚などでも摂れるDHAも配合されています。 DHAは中性脂肪・コレステロールを抑制するとともに、記憶及び学習能力を高めてくれると言われているので、摂りたい栄養素の一つでしょう。 また昨今では、長寿・美人というポジティブな言葉が並ぶ、コーカサス地方で古くから飲まれてきた発酵乳と乳酸菌に加えています。 さらに新陳代謝を活発にし老化を抑えながらも、動脈硬化を予防してくれるポリアミンに加えて、各種ビタミンやミネラルなども加えられています。 ですから、手軽にサプリメントとして気軽に簡単に葉酸を取れるで、妊活という大変な時に、重宝するでしょう。 また、愛され葉酸を販売している企業には、カスタマサポートセンターを用意しておりますが、中には出産経験や育児経験者がいるので、妊娠している女性にとっては頼もしい存在と言えます。

次の

【薬剤師が選ぶ】ビフィズス菌サプリおすすめ※便通改善1位は...

乳酸菌サプリ 市販

見出し• 腸内環境とは? 私たちの腸には数100種類600兆個もの腸内細菌が住んでいます。 その中には人に良い影響を与える善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌とそのどちらか優勢な方に同調する日和見菌があります。 この3つのバランスのことを腸内環境と言います。 腸内細菌と腸内フローラ 私たちの腸内にはさまざまな腸内細菌が住んでおり、その数なんと数100種類600兆個以上。 腸内細菌は大きく分けて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分類されます。 1.善玉菌 腸を健康に導く善玉菌。 中でも代表的なのが乳酸菌やビフィズス菌です。 乳酸菌には、生きたまま腸内に届く生菌(プロバイオティクス)と殺菌した乳酸菌である死菌(バイオジェニックス)がありますが、どちらも悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促しお腹の調子を整える働きがあります。 また、腸内細菌ではありませんが納豆菌や酵母菌などは腸内に入ると乳酸菌を活性化させる善玉菌として働きます。 2.悪玉菌 病原性大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などに代表される悪玉菌は、消化物に作用して腸内で有害物質を作り出して排泄のリズムを乱すなどの有害な働きをする細菌です。 悪玉菌が増えることで、便秘や下痢などのお腹の不調が起こることもあります。 3.日和見菌 日和見菌は、場合によっては善玉菌にも悪玉菌にもなりうる菌で、どちらか優勢なほうに同調します。 日和見菌の大部分は酪酸菌という菌が占めていますが、近年の研究によって、酪酸菌が産生する酪酸は、腸内の免疫力の正常化やガン細胞の抑制など、非常に重要な役割を果たしていることが分かってきたのです。 そして、これらの腸内細菌が住んでいる状態を腸内環境と言いますが、「腸内フローラ」と呼ぶこともあります。 これは、腸内細菌が住んでいる腸内を顕微鏡で検査した時、植物が群生しているお花畑のように見えたことから「腸内フローラ」と呼ばれているのです。 腸内フローラの乱れが起こす体調不良 理想的な腸内フローラの状態は、腸内細菌が 善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割の割合で存在することです。 このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。 けれども、食生活や自律神経の乱れなど、なんらかの原因で腸内フローラが乱れる、つまり腸内の悪玉菌が優勢になると体調不良が起こります。 悪玉菌が作りだす有害物質が増えることで便秘や下痢といったお腹の不調だけでなく、生活習慣病や肌荒れ、老化などにも影響を与えると言われています。 また、日本人の約7割が陥っていると言われる疾患、リーキーガット症候群の原因ともなります。 リーキーガット症候群は、腸の慢性炎症によって腸の粘膜が破れてしまい小さな穴がいくつもできる病気です。 リーキーガット症候群になると、本来腸内にとどまるはずの毒素や食べ物の粒子が腸壁から漏れ出して血液にのって流れ出してしまいます。 この結果、腸の免疫機能が正常に機能せずに、さまざまな病気にかかりやすくなってしまうのです。 あなたの腸内環境は大丈夫? では、自分の腸内環境はどうなっているのでしょうか?あなたの腸内環境を知るために腸年齢をチェックして、腸内環境が最適な状態であるかどうかを見ていきましょう。 生活習慣 決まった時間に排便しない たばこをよく吸う おならが臭い 肌荒れや吹き出物がある 顔色が悪く見た目が老けている 運動不足である 寝つきが悪く、寝不足を感じる いつもストレスを感じている 2. 食事 朝食を抜くことが多い 朝食は短時間に急いですませる 外食は週に4日以上する 野菜不足だと感じている 肉をよく食べる 牛乳や乳製品はあまり食べない お酒をたくさん飲む 食事の時間が決まっていない 3. すぐに食生活や生活習慣の改善を始めましょう。 病気の危険性もあります。 食事や運動などすべての生活習慣を見直しましょう。 参考:大鵬薬品「腸年齢チェックリスト」 腸内環境を改善する方法 チェックリストの項目から分かるように、バランスのとれた食事や規則正しい生活を送ることで腸内環境は改善されていきます。 中でも食生活は特に重要であると言えるでしょう。 食生活で腸内環境を整える 食生活で気をつけたいことは以下の3点です。 1.規則的な食事で腸のリズムを作ること 2.腹八分目にして腸に負担をかけないこと 3.腸に良いものを食べること 特に3つ目の「腸に良いものを食べること」がポイントとなります。 ここからは、腸に良い食べものをご紹介します。 ヨーグルト ヨーグルトは1mlあたり1,000万以上の乳酸菌や酵母菌が含まれています。 腸内で善玉菌として働き、すでに存在している善玉菌の働きも助けます。 ヨーグルトの摂取量は特に定められていませんが、1日あたり100gを目安に食べると良いでしょう。 食物繊維を含む食べ物 野菜・果物・海藻類には多くの食物繊維が含まれています。 食物繊維は2種類に分けられます。 【水溶性食物繊維】 昆布・わかめ・納豆・オクラ・ニンニク・イモ類・コンニャク・アボカドなど 小腸での栄養素の吸収の速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。 また、コレステロールを吸着し体外に排出することで血中のコレステロール値を低下させる効果が期待できます。 【不溶性食物繊維】 玄米・繊維の多い野菜・果物・豆類(納豆を含む)・キノコ類・甲殻類(殻を含むもの)など 水分を吸収して膨らむ性質があるため、便のかさが増え、腸のぜん動運動を促します。 また、腸内の有害物質を吸着させて、便と一緒に体の外に排出する働きもあります。 大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などの腸内細菌が増加するので腸内環境の改善につながります。 発酵食品 納豆・キムチ、ぬか漬け、味噌など 発酵食品に含まれる納豆菌や麹菌などの胞子菌は、腸で善玉菌のエサとなり、善玉菌の活性化に役立ちます。 納豆は発酵食品でありながら、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方含まれているのよ。 腸内環境が整うと免疫機能も高まってきますので、風邪やインフルエンザなどの病気予防にも繋がるでしょう。 腸内環境改善はサプリがおすすめ 腸内環境を改善するためには食生活を改善することが大切だということが分かりましたね。 なかでも腸に良い食べものを摂り入れることが重要なのですが、毎日意識して摂るのはなかなか難しいものです。 腸内環境を整えるために摂るべき乳酸菌やビフィズス菌は、サプリを活用すると簡単に摂取できますよ。 乳酸菌サプリはドラッグストアで市販されている? 腸内環境を整えるために摂りいれたい乳酸菌サプリですが、ドラッグストアではあまり販売されていません。 乳酸菌サプリを購入する人は、腸内環境の改善や便秘解消、アレルギーの緩和を期待して購入します。 けれども、じつはサプリは薬ではなく食品という扱いなので、薬事法の関係でこのような効果や効能をパッケージに明記することはできません。 販売者側であるドラッグストアとしても、乳酸菌サプリの効果を伝えることが難しいのです。 しかし腸内環境を整えるための「薬」であれば、効果をしっかり伝えても良いので便秘薬や下剤のような医薬品か整腸剤のような指定医薬部外品が陳列されるというわけです。 ドラッグストアで売られている整腸剤の中に「新ビオフェルミンS」があります。 新ビオフェルミンSの成分を見てみると、有効成分としてビフィズス菌・フェカリス菌・アシドフィルス菌が配合されています。 ただ、 乳酸菌サプリの場合にはこれらの有効成分のみで作られているのに対して、整腸剤にはこのほかに7~8種類の添加物が含まれています。 ビオフェルミンSに限らず、他の整腸剤においても同様のことが言えます。 では、乳酸菌サプリはどこで買えるのかというと、通販がメインです。 楽天の人気ランキングやAmazon紹介ページなどから人気のサプリを購入するのも良いですが、メーカーの多くが 公式サイトを持っています。 気になるサプリが見つかれば一度公式サイトを確認すると良いでしょう。 公式サイトでは、商品の詳しい情報も知ることができます。 また、公式サイトだけの割引や特典などのお得なキャンペーンをしている場合もあります。 おすすめの腸内環境改善サプリランキングTOP7 7位:乳酸菌ミドリムシ 商品詳細 通常価格 4,975円(税込) ビタミン・ミネラル・アミノ酸など59種類の栄養素が豊富なミドリムシ(別名ユーグレナ)の乳酸菌入りサプリです。 安定して腸に届く2つの乳酸菌や善玉菌のエサとなる2種類のオリゴ糖なども配合されています。 ミドリムシは乳酸菌の働きを活性化させることも分かっているので、乳酸菌とのWパワーが期待できます。 粒が小さく飲みやすいのも特徴です。 6位:善玉菌のチカラ 商品詳細 通常価格 2,550円(税込) カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株には、腸内環境を整えたり、免疫細胞を活性化する作用があると言われています。 免疫力が高ければ、風邪やインフルエンザなどの予防にも繋がりますね。 他にも血糖値の上昇を緩やかにしたり、中性脂肪を減らす効果も期待できます。 「善玉菌のチカラ」には、クレモリス菌FC株やビフィズス菌などの乳酸菌に加え、食物繊維やカルシウムも配合しています。 5位:快調肌潤 通常価格 3,980円(税込) ビフィズス菌BBのほかに、パイナップル由来のグルコシルセラミドが含まれる「快調肌潤」 グルコシルセラミドは、肌の水分を逃しにくくする作用があると言われているので、美肌効果が期待できます。 ビフィズス菌BBは、便通を良くして腸内環境を良好に保つ効果が期待できます。 4位:ラクビ 商品詳細 通常価格 3,800円(税込) ビフィズス菌B-3のほかに、酪酸菌・オリゴ糖・サラシアエキス・キトサンが含まれる「ラクビ」は、ダイエットしたい方にもおすすめです。 ポイントは痩せ菌と呼ばれるバクテロイデス菌の1つ、ビフィズス菌B-3が含まれていること。 乳酸菌を増やすとされるオリゴ糖も配合されています。 痩せ菌と呼ばれるバクテロイデス菌は、体内で短鎖脂肪酸を作り出す働きがあります。 この短鎖脂肪酸は、腸を活発に動かす、代謝を上げる、脂肪の吸収を抑えるといった効果が期待できます。 3位:ラクトフェリン+乳酸菌 商品詳細 通常価格 7,800円(税別) 「ラクトフェリン+乳酸菌」はラクトフェリン・ビフィズス菌BB536・ナノ型乳酸菌(フェカリス菌)をトリプル配合しています。 ビフィズス菌BB536は、他のビフィズス菌に比べて酸に強く、生きたまま大腸に届きます。 フェカリス菌は「ナノ型乳酸菌」とも呼ばれ、とても小さいのが特徴。 一度にたくさん摂取できるので、善玉菌をどんどん増やすと考えられています。 耐酸性のカプセルに入っているので胃酸に強く、腸にしっかり届くように作られているものおすすめポイントです。 2位:OM-X 商品詳細 通常価格 2,135円(税込) 65種類もの国産野菜や果物を発酵熟成した生酵素のサプリメントです。 腸内細菌は、体に摂り入れられた栄養素から酵素を作り出すことで善玉菌を増やします。 しかし、栄養素の中には熱で壊れてしまうものもあります。 OMーXは加熱を一切せず、生のまま3年間熟成させるこだわりよう。 もちろん発送もクール便です。 1位:善玉元気 商品詳細 通常価格 6,980円(税抜) 「自分の体内にもとから住む善玉菌をサポートする」という考えのもとで作られたゼリータイプのサプリです。 注目成分は、乳酸菌を特許製法によって培養した乳酸菌発酵エキス。 乳酸菌発酵エキスには、善玉菌の働きを助ける短鎖脂肪酸や必須アミノ酸など352種もの有用成分が含まれています。 また、ポリフェノールやアントシアニン、オリゴ糖などのエイジングケアにも期待できる成分もプラスされているため、腸内環境改善だけでなく美容効果も期待できるでしょう。 腸内環境を整えて不調知らずに! 腸内環境を整えることで不調知らずの身体を手に入れることができるのですね。 腸は「第2の脳」といわれるほど、私たちの身体に大きな影響を与える器官です。 ですから、日ごろから腸内環境を整える食生活を心がけていきましょう。

次の

【薬剤師が選ぶ】乳酸菌サプリのおすすめ※便通改善1位は・・・

乳酸菌サプリ 市販

見出し• 腸内環境とは? 私たちの腸には数100種類600兆個もの腸内細菌が住んでいます。 その中には人に良い影響を与える善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌とそのどちらか優勢な方に同調する日和見菌があります。 この3つのバランスのことを腸内環境と言います。 腸内細菌と腸内フローラ 私たちの腸内にはさまざまな腸内細菌が住んでおり、その数なんと数100種類600兆個以上。 腸内細菌は大きく分けて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分類されます。 1.善玉菌 腸を健康に導く善玉菌。 中でも代表的なのが乳酸菌やビフィズス菌です。 乳酸菌には、生きたまま腸内に届く生菌(プロバイオティクス)と殺菌した乳酸菌である死菌(バイオジェニックス)がありますが、どちらも悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促しお腹の調子を整える働きがあります。 また、腸内細菌ではありませんが納豆菌や酵母菌などは腸内に入ると乳酸菌を活性化させる善玉菌として働きます。 2.悪玉菌 病原性大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などに代表される悪玉菌は、消化物に作用して腸内で有害物質を作り出して排泄のリズムを乱すなどの有害な働きをする細菌です。 悪玉菌が増えることで、便秘や下痢などのお腹の不調が起こることもあります。 3.日和見菌 日和見菌は、場合によっては善玉菌にも悪玉菌にもなりうる菌で、どちらか優勢なほうに同調します。 日和見菌の大部分は酪酸菌という菌が占めていますが、近年の研究によって、酪酸菌が産生する酪酸は、腸内の免疫力の正常化やガン細胞の抑制など、非常に重要な役割を果たしていることが分かってきたのです。 そして、これらの腸内細菌が住んでいる状態を腸内環境と言いますが、「腸内フローラ」と呼ぶこともあります。 これは、腸内細菌が住んでいる腸内を顕微鏡で検査した時、植物が群生しているお花畑のように見えたことから「腸内フローラ」と呼ばれているのです。 腸内フローラの乱れが起こす体調不良 理想的な腸内フローラの状態は、腸内細菌が 善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割の割合で存在することです。 このバランスに腸内環境を保つことがとても大切です。 けれども、食生活や自律神経の乱れなど、なんらかの原因で腸内フローラが乱れる、つまり腸内の悪玉菌が優勢になると体調不良が起こります。 悪玉菌が作りだす有害物質が増えることで便秘や下痢といったお腹の不調だけでなく、生活習慣病や肌荒れ、老化などにも影響を与えると言われています。 また、日本人の約7割が陥っていると言われる疾患、リーキーガット症候群の原因ともなります。 リーキーガット症候群は、腸の慢性炎症によって腸の粘膜が破れてしまい小さな穴がいくつもできる病気です。 リーキーガット症候群になると、本来腸内にとどまるはずの毒素や食べ物の粒子が腸壁から漏れ出して血液にのって流れ出してしまいます。 この結果、腸の免疫機能が正常に機能せずに、さまざまな病気にかかりやすくなってしまうのです。 あなたの腸内環境は大丈夫? では、自分の腸内環境はどうなっているのでしょうか?あなたの腸内環境を知るために腸年齢をチェックして、腸内環境が最適な状態であるかどうかを見ていきましょう。 生活習慣 決まった時間に排便しない たばこをよく吸う おならが臭い 肌荒れや吹き出物がある 顔色が悪く見た目が老けている 運動不足である 寝つきが悪く、寝不足を感じる いつもストレスを感じている 2. 食事 朝食を抜くことが多い 朝食は短時間に急いですませる 外食は週に4日以上する 野菜不足だと感じている 肉をよく食べる 牛乳や乳製品はあまり食べない お酒をたくさん飲む 食事の時間が決まっていない 3. すぐに食生活や生活習慣の改善を始めましょう。 病気の危険性もあります。 食事や運動などすべての生活習慣を見直しましょう。 参考:大鵬薬品「腸年齢チェックリスト」 腸内環境を改善する方法 チェックリストの項目から分かるように、バランスのとれた食事や規則正しい生活を送ることで腸内環境は改善されていきます。 中でも食生活は特に重要であると言えるでしょう。 食生活で腸内環境を整える 食生活で気をつけたいことは以下の3点です。 1.規則的な食事で腸のリズムを作ること 2.腹八分目にして腸に負担をかけないこと 3.腸に良いものを食べること 特に3つ目の「腸に良いものを食べること」がポイントとなります。 ここからは、腸に良い食べものをご紹介します。 ヨーグルト ヨーグルトは1mlあたり1,000万以上の乳酸菌や酵母菌が含まれています。 腸内で善玉菌として働き、すでに存在している善玉菌の働きも助けます。 ヨーグルトの摂取量は特に定められていませんが、1日あたり100gを目安に食べると良いでしょう。 食物繊維を含む食べ物 野菜・果物・海藻類には多くの食物繊維が含まれています。 食物繊維は2種類に分けられます。 【水溶性食物繊維】 昆布・わかめ・納豆・オクラ・ニンニク・イモ類・コンニャク・アボカドなど 小腸での栄養素の吸収の速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。 また、コレステロールを吸着し体外に排出することで血中のコレステロール値を低下させる効果が期待できます。 【不溶性食物繊維】 玄米・繊維の多い野菜・果物・豆類(納豆を含む)・キノコ類・甲殻類(殻を含むもの)など 水分を吸収して膨らむ性質があるため、便のかさが増え、腸のぜん動運動を促します。 また、腸内の有害物質を吸着させて、便と一緒に体の外に排出する働きもあります。 大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などの腸内細菌が増加するので腸内環境の改善につながります。 発酵食品 納豆・キムチ、ぬか漬け、味噌など 発酵食品に含まれる納豆菌や麹菌などの胞子菌は、腸で善玉菌のエサとなり、善玉菌の活性化に役立ちます。 納豆は発酵食品でありながら、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方含まれているのよ。 腸内環境が整うと免疫機能も高まってきますので、風邪やインフルエンザなどの病気予防にも繋がるでしょう。 腸内環境改善はサプリがおすすめ 腸内環境を改善するためには食生活を改善することが大切だということが分かりましたね。 なかでも腸に良い食べものを摂り入れることが重要なのですが、毎日意識して摂るのはなかなか難しいものです。 腸内環境を整えるために摂るべき乳酸菌やビフィズス菌は、サプリを活用すると簡単に摂取できますよ。 乳酸菌サプリはドラッグストアで市販されている? 腸内環境を整えるために摂りいれたい乳酸菌サプリですが、ドラッグストアではあまり販売されていません。 乳酸菌サプリを購入する人は、腸内環境の改善や便秘解消、アレルギーの緩和を期待して購入します。 けれども、じつはサプリは薬ではなく食品という扱いなので、薬事法の関係でこのような効果や効能をパッケージに明記することはできません。 販売者側であるドラッグストアとしても、乳酸菌サプリの効果を伝えることが難しいのです。 しかし腸内環境を整えるための「薬」であれば、効果をしっかり伝えても良いので便秘薬や下剤のような医薬品か整腸剤のような指定医薬部外品が陳列されるというわけです。 ドラッグストアで売られている整腸剤の中に「新ビオフェルミンS」があります。 新ビオフェルミンSの成分を見てみると、有効成分としてビフィズス菌・フェカリス菌・アシドフィルス菌が配合されています。 ただ、 乳酸菌サプリの場合にはこれらの有効成分のみで作られているのに対して、整腸剤にはこのほかに7~8種類の添加物が含まれています。 ビオフェルミンSに限らず、他の整腸剤においても同様のことが言えます。 では、乳酸菌サプリはどこで買えるのかというと、通販がメインです。 楽天の人気ランキングやAmazon紹介ページなどから人気のサプリを購入するのも良いですが、メーカーの多くが 公式サイトを持っています。 気になるサプリが見つかれば一度公式サイトを確認すると良いでしょう。 公式サイトでは、商品の詳しい情報も知ることができます。 また、公式サイトだけの割引や特典などのお得なキャンペーンをしている場合もあります。 おすすめの腸内環境改善サプリランキングTOP7 7位:乳酸菌ミドリムシ 商品詳細 通常価格 4,975円(税込) ビタミン・ミネラル・アミノ酸など59種類の栄養素が豊富なミドリムシ(別名ユーグレナ)の乳酸菌入りサプリです。 安定して腸に届く2つの乳酸菌や善玉菌のエサとなる2種類のオリゴ糖なども配合されています。 ミドリムシは乳酸菌の働きを活性化させることも分かっているので、乳酸菌とのWパワーが期待できます。 粒が小さく飲みやすいのも特徴です。 6位:善玉菌のチカラ 商品詳細 通常価格 2,550円(税込) カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株には、腸内環境を整えたり、免疫細胞を活性化する作用があると言われています。 免疫力が高ければ、風邪やインフルエンザなどの予防にも繋がりますね。 他にも血糖値の上昇を緩やかにしたり、中性脂肪を減らす効果も期待できます。 「善玉菌のチカラ」には、クレモリス菌FC株やビフィズス菌などの乳酸菌に加え、食物繊維やカルシウムも配合しています。 5位:快調肌潤 通常価格 3,980円(税込) ビフィズス菌BBのほかに、パイナップル由来のグルコシルセラミドが含まれる「快調肌潤」 グルコシルセラミドは、肌の水分を逃しにくくする作用があると言われているので、美肌効果が期待できます。 ビフィズス菌BBは、便通を良くして腸内環境を良好に保つ効果が期待できます。 4位:ラクビ 商品詳細 通常価格 3,800円(税込) ビフィズス菌B-3のほかに、酪酸菌・オリゴ糖・サラシアエキス・キトサンが含まれる「ラクビ」は、ダイエットしたい方にもおすすめです。 ポイントは痩せ菌と呼ばれるバクテロイデス菌の1つ、ビフィズス菌B-3が含まれていること。 乳酸菌を増やすとされるオリゴ糖も配合されています。 痩せ菌と呼ばれるバクテロイデス菌は、体内で短鎖脂肪酸を作り出す働きがあります。 この短鎖脂肪酸は、腸を活発に動かす、代謝を上げる、脂肪の吸収を抑えるといった効果が期待できます。 3位:ラクトフェリン+乳酸菌 商品詳細 通常価格 7,800円(税別) 「ラクトフェリン+乳酸菌」はラクトフェリン・ビフィズス菌BB536・ナノ型乳酸菌(フェカリス菌)をトリプル配合しています。 ビフィズス菌BB536は、他のビフィズス菌に比べて酸に強く、生きたまま大腸に届きます。 フェカリス菌は「ナノ型乳酸菌」とも呼ばれ、とても小さいのが特徴。 一度にたくさん摂取できるので、善玉菌をどんどん増やすと考えられています。 耐酸性のカプセルに入っているので胃酸に強く、腸にしっかり届くように作られているものおすすめポイントです。 2位:OM-X 商品詳細 通常価格 2,135円(税込) 65種類もの国産野菜や果物を発酵熟成した生酵素のサプリメントです。 腸内細菌は、体に摂り入れられた栄養素から酵素を作り出すことで善玉菌を増やします。 しかし、栄養素の中には熱で壊れてしまうものもあります。 OMーXは加熱を一切せず、生のまま3年間熟成させるこだわりよう。 もちろん発送もクール便です。 1位:善玉元気 商品詳細 通常価格 6,980円(税抜) 「自分の体内にもとから住む善玉菌をサポートする」という考えのもとで作られたゼリータイプのサプリです。 注目成分は、乳酸菌を特許製法によって培養した乳酸菌発酵エキス。 乳酸菌発酵エキスには、善玉菌の働きを助ける短鎖脂肪酸や必須アミノ酸など352種もの有用成分が含まれています。 また、ポリフェノールやアントシアニン、オリゴ糖などのエイジングケアにも期待できる成分もプラスされているため、腸内環境改善だけでなく美容効果も期待できるでしょう。 腸内環境を整えて不調知らずに! 腸内環境を整えることで不調知らずの身体を手に入れることができるのですね。 腸は「第2の脳」といわれるほど、私たちの身体に大きな影響を与える器官です。 ですから、日ごろから腸内環境を整える食生活を心がけていきましょう。

次の