ハガレン ホーエンハイム。 ヴァン・ホーエンハイム/ネタバレ

【鋼の錬金術師】キャラクターの名言・名セリフ一覧!トラウマ必至のセリフも紹介

ハガレン ホーエンハイム

プロフィール ヴァン・ホーエンハイム 声優: ・ ・ ・ ヴァン・ホーエンハイム 人物解説 1作目 エルリック兄弟の父親。 錬金術師。 金髪眼鏡に特徴的な顎鬚を持つ大柄な男。 リゼンブールでトリシャと出会い、彼女とその間にできた2人の息子たち(エルリック兄弟)と仲睦まじく暮らしていたが、ある日突然出奔し、以来、音信不通だった。 アルは未だ幼かったために記憶が無いが、出奔をトリシャの死の間接的原因と誤解していたエドからは酷く嫌われている。 「光のホーエンハイム」と呼ばれ、幾度も別の肉体に魂を入れ替えることで約400年間ダンテと共に悠久の時を生きてきた。 ダンテよりは遅いものの不老不死の代償として肉体が生きながら腐り始めている。 原作同様に家族に対する愛情はとても深く、また、出奔の理由も大本の原因が違うとは言え、自身の身体を元に戻すためである。 終盤でエドの話をこっそり聞いた後にダンテの説得に向かうが、逆に扉の向こうの「現実世界」に飛ばされる。 最終回以降は、現実世界にやってきたエドと一緒に暮らし始めた。 原作に比べると女性にだらしない面があり、トリシャの事を「生涯でただ一人愛した女性」と言っている一方、ロス少尉を口説いたり、ダンテとは元夫婦(愛人)関係だったりしている。 なお、原作での名前はヴァン・ホーエンハイムであり、姓のエルリックは本作だけの設定である。 2作目 エルリック兄弟の父。 金髪・金目に眼鏡をかけ、特徴的な顎鬚を持つ大柄な男。 推定年齢は500歳前後。 リゼンブールでトリシャと出会い、彼女とその間にできた2人の息子達(エルリック兄弟)と仲睦まじく暮らしていたが、 ある日突然出奔し、以来、音信不通だった。 アルは当時幼かったために記憶が無いが、ホーエンハイムがトリシャを死なせた(出奔したせいでトリシャが病気になった)と誤解し続けていたエドからは酷く嫌われていた。 だが、幼いエドを描いた番外編のエピソードが示すように良き父である。 その出自は、かつて栄えたクセルクセスで「二十三号」と呼ばれていた一奴隷(この頃の姿・性格はエドに似ていて短気)。 ある時、錬金術師である主人がホーエンハイムの血を元にホムンクルス(後の「お父様」。 本物語における「ホムンクルス」ではなく、原義に近い「フラスコの中でしか生きられない生命体」のこと)を造る。 その縁でそのホムンクルスより「ヴァン・ホーエンハイム」という名前と多様な知識を与えられる。 与えられた知識により奴隷から抜け、王宮に出入りする程の高い地位に就く錬金術師となるが、クセルクセスに築かれた国土錬成御陣による全国民を代価とした賢者の石の錬成によって、その半分の命を持った賢者の石を魂と融合させられ不老不死となった。 その後は砂漠を放浪し、力尽きて倒れていたところをシン国に向う行商人に助けられ、シンに流れ着く。 その描写から、ホーエンハイムはかつてシンに錬金術の知識を伝えた「西の賢者」である事が伺える(「西の賢者」はクセルクセスの出身で、金髪に金色の瞳を持つ不老不死の男であったと伝えられている)。 その後、悠久の時を生きながら各地を放浪していたが、友人になったピナコより紹介されたトリシャとリゼンブールに定住し、エド、アルの2人の息子をもうけた。 トリシャとは入籍を果たしていないため、エドとアルは母方姓を名乗っている。 エドとアルはクセルクセス人とアメストリス人との混血となり、時系列的にはあり得ないことだが「フラスコの中の小人」が肉体を手に入れた際にすべてが滅びたクセルクセス人の直接的な末裔と言える。 身体が賢者の石と同化している為等価交換の原則を無視した錬金術をモーション無しで発動できるが、彼自身の錬金術の腕前も非常に高く、エドも彼の練成の速さに驚いていた。 本人は自らの身体を「化物」と呼び嫌悪していたが、放浪している間の幾多の別れや時代の流れの経験によって運命を半ば受け入れていた。 しかし、トリシャと出会い、生まれた息子達が成長していくのを目の当たりにして、自身が老いないこと、化物であることを再び強く認識するようになる。 そこで家族、特に子供達に必要以上に接触しないようにしていたが、トリシャの言葉で元の身体に戻る方法を探す決心をする。 その後、自室で研究を続けていたが、「お父様」がアメストリスにクセルクセス同様の国土錬成陣を築こうとしている事に気づき、それを阻止するカウンターを築くため再び旅に出た。 出奔から約10年後にリゼンブールに帰郷し、既にトリシャが亡くなっていたことや自宅がエドに焼き払われていたことを知る。 偶然居合わせたエドと再会するも、会った早々にエドの行為の意味を指摘し、結局は逆上させることとなる(ただ、ピナコと話すことで間接的に人体錬成の事実をエドに知らせ、これがエドの大きな前進に繋がった)。 その後もアメストリス国内を転々とし、時に内包された賢者の石を地中に放ったり、国土錬成陣を探ったりしていた。 その錬成陣の主要な一角であるリオールに訪れた際に、そのまま滞在して復興の手伝いをするようになり、そこで偶然出会ったアルに生い立ちや「約束の日」について話す。 その後、協力してホムンクルス達の企みにあたることになり、「約束の日」の手前にはセントラルシティ郊外でエドとも再会。 エドとは自分の出自を全て話した事、そしてエドからトリシャの遺言を聞いた事により、半ば蟠りは解けてきている。 その後アルと協力しプライドを東部のスラムに幽閉し、エドらと共にセントラルシティに侵入。 決着をつけるため「お父様」の前に現れ「容れ物」である皮袋を破壊したが、本体のままでも活動できるよう進化していた「お父様」に逆に捕らえられ「人柱」として利用される。 「お父様」が「神」を手に入れた後は、「お父様」の猛攻から身を挺(てい)してエドやイズミ達を守り抜いたが、それにより自身の賢者の石が尽き肉体も限界を迎えてしまう。 戦いの後はエドや身体を取り戻したアルと最後の交流を果たした後、満身創痍のままリゼンブールへ帰還、トリシャの墓の前で安らかに息を引き取る。 遺体は翌日ピナコに発見され、トリシャの墓の隣に埋葬された。 名前の由来はパラケルススの本名から(実際にはもっと長かったが、作中ではホムンクルスの提案した名前を「長い」と拒否し、短くなった)。

次の

ヴァン・ホーエンハイム/ネタバレ

ハガレン ホーエンハイム

このページの目次 OPEN• ネタバレ1:ファン絶賛の完璧すぎる最終回 鋼の錬金術師は、エドワードとアルフォンスのエルリック兄弟が、亡くなった母親を蘇らせようと人体錬成を開始。 しかし当時の2人には難しすぎたようで失敗し、その結果兄弟は大きな代償を支払うこととなります。 エドワードは片足と片手を失い、アルフォンスにいたっては体ごと持っていかれたので魂を鎧に付着させて「さまようよろい」状態。 家を焼いた2人は故郷を出発し、「 賢者の石」を求める旅が始まるのでした。 スポンサーリンク こうして鋼の錬金術師の旅がスタートする訳ですが、その結末はどうだったのか、以下からネタバレをしていきますね。 誰がラスボスになるのか読者の多くが様々な人物を予想していましたが、「お父様」であることが判明。 お父様との戦いにおいて、エドワードは右腕のオートメイルを失う結果に。 これでは錬金術が使えず敗北は目に見えており、どうしようか悩んでいたところアルフォンスのことを思い出します。 弟のアルフォンスは、自身の魂を定着させたときにエドワードの右腕を犠牲にしたことを思い出したのです。 そこでアルフォンスはエドワードに、自身の魂の定着を解除してエドワードの右腕を戻し、 自身が消える選択を取ります。 アルフォンスは錬金術師として最後の錬成に行くと伝え、エドワードは扉の前で対価を問われた際に自身の錬金術師としての能力を差し出すことを決意。 エドワードは「正解」と言われ、真理は負けたことを宣言。 扉の中にいたアルフォンスと共に、エドワードは皆のところに戻っていくのでした。 それから2年の月日が流れ、アルフォンスはシンに、エドワードは西に向かうことを誓います。 ウィンリィと将来を誓い、エドワードは新たな旅に出たのです。 こうして、鋼の錬金術師は最終回を迎えた訳ですが、そのあまりのハッピーエンドさに、「 これぞ最終回!」とファンから絶賛されました。 ネタバレ2:誰もが衝撃を受けた実写映画版の内容 鋼の錬金術師は2001年から2010年にかけて連載された人気作品であり、アニメーション制作も行い高い視聴率を記録しました。 連載が終了した後でも、コスプレをする人が登場したり、 二次創作に勤しむ人がいたりと大きな話題に。 スポンサーリンク そうした中、2017年12月に実写映画が上映されることとなり、原作ファンを中心に大きな関心事となりました。 試写会が終了した時点で、ネット上の有名レビューサイトでは、最高評価を付ける人が続出し、全体公開をしていない中において異例ともいえる評価を記録。 大きな期待がかかりながら公開された鋼の錬金術師の映画ですが、その内容には評価が大きく分かれています。 これは映画ではなく素人が多額の予算を投じて作った駄作である• 原作者はどうしてこの内容でOKを出したのかが気になる• 漫画を実写する流れをどうにかしてくれないだろうか• これはこれで素晴らしく面白かった• 実写だからこそ伝わる内容もあるし映画として最高の出来栄えだった このように評価が分かれている訳ですが、ではその内容とはどのようなものだったのかネタバレしていきますね。 実写映画化というだけあって、基本的には原作の通りに話は進んでいきます。 そして何より、世界観を壊さないためにCGが多く使われているのですが技術力が高く、アルフォンスが実に良い出来栄えでした。 また中性ヨーロッパのような背景を作り出すのにも、映像技術がふんだんに用いられています。 原作の内容通りに進み、ラスボスを倒してラストもハッピーエンドという形で終わりを迎えた訳ですが、 続編があるような含みを持たせている所が原作と少し違うところ。 興行収入などを考慮に入れて、続編を作るかどうか決めるのでしょうね。 ネタバレ3:ホーエンハイムに隠された事実 鋼の錬金術師に登場する「ヴァン・ホーエンハイム」は、物語に欠かせない登場人物の一人に数えられています。 謎が多く、何をしているのかも不明でありながら主人公兄弟の父親という立場のため、読者の間でも「 何か重大なカギを握る」と言われていました。 そしてストーリーが進んでいくと、彼には隠された事実が存在すると分かったので以下からネタバレしていきますね。 エドワードとアルフォンスの父親は、一人で旅を続けておりそのせいで母親が苦労して若くして死んでしまったと思い込んでいる兄弟。 そこから息子との確執などが生じる訳ですが、実は青年時代にとんでもない経験をしています。 ホーエンハイムは「クセルクセス」という、文明が非常に発達した国で奴隷として生活していました。 スポンサーリンク そんな時、彼はフラスコに入ったホムンクルスと出会い錬金術を使えるようになり、奴隷状態から抜け出します。 王が不老不死の力を手に入れたいと願っていたので、錬成陣を作り発動しようとしたとき、ホムンクルスはホーエンハイムを自身の入れ物として自立し、彼は賢者の石を体内に入れられ不老不死となりました。 独り旅することとなったのです。 その後、妻となる女性に一目惚れして結婚し、 2人の子供が誕生します。 元の体に戻るためにホーエンハイムは旅を続け、そのために息子との間に確執が生じてしまったんですね。 そして息子たちが求めていた賢者の石は、ホーエンハイムそのものであるという事実はかなり衝撃的なもの。 最終的にエドワードたちと和解したホーエンハイムは、死闘を繰り広げ妻「トリシャ」が眠る墓の前で静かに息を引き取りました。 壮絶な人生を歩んだホーエンハイムは、まさに物語において欠かせない重要人物と言えるでしょう。 まとめ ここでは、 「鋼の錬金術師」の物語に隠された3つの謎をご紹介していきました。 鋼の錬金術師は、少し重たいストーリーが続くものの多数のファンを抱える人気作品です。 最終回は誰もが納得できるハッピーエンドとなっており、読者の多くから「満足できる最終回にしてくれてありがとう」との声があったほど。 実写映画は意見が割れていますが、続編の可能性も浮上しているので楽しみにしたいですね。

次の

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末!

ハガレン ホーエンハイム

このページの目次 OPEN• ネタバレ1:ファン絶賛の完璧すぎる最終回 鋼の錬金術師は、エドワードとアルフォンスのエルリック兄弟が、亡くなった母親を蘇らせようと人体錬成を開始。 しかし当時の2人には難しすぎたようで失敗し、その結果兄弟は大きな代償を支払うこととなります。 エドワードは片足と片手を失い、アルフォンスにいたっては体ごと持っていかれたので魂を鎧に付着させて「さまようよろい」状態。 家を焼いた2人は故郷を出発し、「 賢者の石」を求める旅が始まるのでした。 スポンサーリンク こうして鋼の錬金術師の旅がスタートする訳ですが、その結末はどうだったのか、以下からネタバレをしていきますね。 誰がラスボスになるのか読者の多くが様々な人物を予想していましたが、「お父様」であることが判明。 お父様との戦いにおいて、エドワードは右腕のオートメイルを失う結果に。 これでは錬金術が使えず敗北は目に見えており、どうしようか悩んでいたところアルフォンスのことを思い出します。 弟のアルフォンスは、自身の魂を定着させたときにエドワードの右腕を犠牲にしたことを思い出したのです。 そこでアルフォンスはエドワードに、自身の魂の定着を解除してエドワードの右腕を戻し、 自身が消える選択を取ります。 アルフォンスは錬金術師として最後の錬成に行くと伝え、エドワードは扉の前で対価を問われた際に自身の錬金術師としての能力を差し出すことを決意。 エドワードは「正解」と言われ、真理は負けたことを宣言。 扉の中にいたアルフォンスと共に、エドワードは皆のところに戻っていくのでした。 それから2年の月日が流れ、アルフォンスはシンに、エドワードは西に向かうことを誓います。 ウィンリィと将来を誓い、エドワードは新たな旅に出たのです。 こうして、鋼の錬金術師は最終回を迎えた訳ですが、そのあまりのハッピーエンドさに、「 これぞ最終回!」とファンから絶賛されました。 ネタバレ2:誰もが衝撃を受けた実写映画版の内容 鋼の錬金術師は2001年から2010年にかけて連載された人気作品であり、アニメーション制作も行い高い視聴率を記録しました。 連載が終了した後でも、コスプレをする人が登場したり、 二次創作に勤しむ人がいたりと大きな話題に。 スポンサーリンク そうした中、2017年12月に実写映画が上映されることとなり、原作ファンを中心に大きな関心事となりました。 試写会が終了した時点で、ネット上の有名レビューサイトでは、最高評価を付ける人が続出し、全体公開をしていない中において異例ともいえる評価を記録。 大きな期待がかかりながら公開された鋼の錬金術師の映画ですが、その内容には評価が大きく分かれています。 これは映画ではなく素人が多額の予算を投じて作った駄作である• 原作者はどうしてこの内容でOKを出したのかが気になる• 漫画を実写する流れをどうにかしてくれないだろうか• これはこれで素晴らしく面白かった• 実写だからこそ伝わる内容もあるし映画として最高の出来栄えだった このように評価が分かれている訳ですが、ではその内容とはどのようなものだったのかネタバレしていきますね。 実写映画化というだけあって、基本的には原作の通りに話は進んでいきます。 そして何より、世界観を壊さないためにCGが多く使われているのですが技術力が高く、アルフォンスが実に良い出来栄えでした。 また中性ヨーロッパのような背景を作り出すのにも、映像技術がふんだんに用いられています。 原作の内容通りに進み、ラスボスを倒してラストもハッピーエンドという形で終わりを迎えた訳ですが、 続編があるような含みを持たせている所が原作と少し違うところ。 興行収入などを考慮に入れて、続編を作るかどうか決めるのでしょうね。 ネタバレ3:ホーエンハイムに隠された事実 鋼の錬金術師に登場する「ヴァン・ホーエンハイム」は、物語に欠かせない登場人物の一人に数えられています。 謎が多く、何をしているのかも不明でありながら主人公兄弟の父親という立場のため、読者の間でも「 何か重大なカギを握る」と言われていました。 そしてストーリーが進んでいくと、彼には隠された事実が存在すると分かったので以下からネタバレしていきますね。 エドワードとアルフォンスの父親は、一人で旅を続けておりそのせいで母親が苦労して若くして死んでしまったと思い込んでいる兄弟。 そこから息子との確執などが生じる訳ですが、実は青年時代にとんでもない経験をしています。 ホーエンハイムは「クセルクセス」という、文明が非常に発達した国で奴隷として生活していました。 スポンサーリンク そんな時、彼はフラスコに入ったホムンクルスと出会い錬金術を使えるようになり、奴隷状態から抜け出します。 王が不老不死の力を手に入れたいと願っていたので、錬成陣を作り発動しようとしたとき、ホムンクルスはホーエンハイムを自身の入れ物として自立し、彼は賢者の石を体内に入れられ不老不死となりました。 独り旅することとなったのです。 その後、妻となる女性に一目惚れして結婚し、 2人の子供が誕生します。 元の体に戻るためにホーエンハイムは旅を続け、そのために息子との間に確執が生じてしまったんですね。 そして息子たちが求めていた賢者の石は、ホーエンハイムそのものであるという事実はかなり衝撃的なもの。 最終的にエドワードたちと和解したホーエンハイムは、死闘を繰り広げ妻「トリシャ」が眠る墓の前で静かに息を引き取りました。 壮絶な人生を歩んだホーエンハイムは、まさに物語において欠かせない重要人物と言えるでしょう。 まとめ ここでは、 「鋼の錬金術師」の物語に隠された3つの謎をご紹介していきました。 鋼の錬金術師は、少し重たいストーリーが続くものの多数のファンを抱える人気作品です。 最終回は誰もが納得できるハッピーエンドとなっており、読者の多くから「満足できる最終回にしてくれてありがとう」との声があったほど。 実写映画は意見が割れていますが、続編の可能性も浮上しているので楽しみにしたいですね。

次の