鹿児島 県 ちびっこ ソフト ボール 大会 2020。 鹿児島県/鹿児島県内競技団体等ホームページ一覧

鹿児島県北薩-7月~8月のイベント-祭・花火大会・催し

鹿児島 県 ちびっこ ソフト ボール 大会 2020

20日ぶりの練習で汗を流す選手たち=11日午後、姶良市の加治木工高 鹿児島県内の高校で11日、休校期間が明けたことに伴い、部活動も一部再開された。 グラウンドでは野球部員らが久々に快音を響かせた。 新型コロナウイルス感染拡大で、3月の選抜大会に続き、春季九州大会、同県大会が中止。 夏の甲子園大会の開催も危ぶまれている。 練習試合もままならないなど、取り巻く状況は例年になく厳しい。 昨秋8強の加治木工は20日ぶりの練習となった。 全校を2グループに分けた分散登校のため、約半分の25人が参加。 シートノックやマシンを使ったバッティング練習に取り組んだ。 走り込みなど自主練習をしてきたが、「マシンはいつもより速く感じたし、キャッチボールも感覚が違った」と小薗恭佑投手。 北園隼磨副主将は「動きにくさがあった。 けがをしないようにしないと」としながらも「みんなと練習できたのが一番」と晴れやかな表情を見せた。 例年、週末や大型連休を使って遠征や練習試合を組む学校が多い。 今年は感染防止のために県教委が出した通達により、学校再開以降も練習は登校日に限られるため週2、3回程度。 他校との練習試合も認められず、実戦経験を積む見通しも立たない。 田村正和監督は暑さや梅雨も頭に入れ「どうピークを持っていくか。 いつもと違う状況でどうするか考えないと」。 8日にはNHK旗の中止も決まり、集大成となる夏への思いはより強くなった。 北園副主将は「大会はあってほしい。 全員で一つでも上にいく」。 今春から導入予定だった1週間500球の球数制限も、実戦で試せないままになっている。 昨秋ベスト8に入った大島の塗木哲哉監督は「十分な練習量をこなせない状況で1人で完投できるほどの体力がつかない。 必然的に複数投手で戦う想定になってくる」と話す。 「島をどうやって出るか、宿泊はどうするか考えなければ」。 大会開催時のリスク回避にも気を配る。 今夏の全国高校総体は既に中止が決定。 日本高野連は20日の運営委員会で、夏の大会の開催可否を協議する。 昨秋の県大会で優勝した鹿児島実の宮下正一監督は「一戦一戦が勝負という緊迫感の中でゲームをさせてあげたい」と胸の内を明かす。 「大会をやるぞという気持ちで諦めずにもがいて最後までやりぬく」。 信じて待つ。

次の

中山ソフトボールスポーツ少年団 のホームページ

鹿児島 県 ちびっこ ソフト ボール 大会 2020

ステージイベントや焼酎の振る舞い。 本祭は14日午後3時半、同商店街。 午後6時半、市中流し踊り。 各町を出た四つの山車が浜田屋伝兵衛に集結、競演する。 前日夕、前夜祭があり。 約1500発の花火やステージイベント。 太鼓踊りなどの行列が練り歩く。 国の重要民俗文化財。 夜は川上小学校で納涼大会。 流し踊りや50連発、100連発の花火。 子どもみこし、夜はステージイベント、花火。 同5時40分、ステージイベント。 同8時半、海中・海空など多彩な打ち上げ花火が1000発。 打ち上げ花火や水中花火、湖面に映る大ナイアガラなど約4000発の花火,同7時からステージイベント。 電波望遠鏡などの施設公開や親子科学実験、星空観望会。 船団パレードや船こぎ競争。 夜は盆踊りや打ち上げ花火。 約1万発の打ち上げ花火や長さ1000メートルの巨大ナイアガラ。 約1000発の打ち上げ花火。 3日午後6時から宮之城屋地の八坂神社境内で前夜祭。 4日午後3時半〜9時20分、国道328号沿いで巡行パレードや手踊り、五ツ太鼓、ねぶた巡行、花火。 郷土芸能の披露やちびっこ夏祭り。 午後5時半、パレードとハンヤ総踊り。 27日午後6時、夏祭り納涼大会。 28日はブリつかみ捕り大会 1人2500円 、ビーチバレー大会。 ともに事前申し込みが必要。 新港水揚げ場。 魚のつかみ取りやマグロ解体ショー、水産物の販売、抽選会。 28日は総合運動公園多目的グラウンドで、午後3時半からフリーマーケットと演芸大会、8時から7000発の花火打ち上げ。 雨天時は花火は29日に順延。 午後6時から子どもみこし、総踊り、演芸大会。 花火大会は9時から3000発を予定。 雨天時花火は5日に順延。 午後6時から子どもみこし、総踊り、演芸大会。 花火大会は8時半から500発を予定。 雨天時は花火のみ18日に順延。

次の

ソフトボールを愛する仲間の掲示板!

鹿児島 県 ちびっこ ソフト ボール 大会 2020

20日ぶりの練習で汗を流す選手たち=11日午後、姶良市の加治木工高 鹿児島県内の高校で11日、休校期間が明けたことに伴い、部活動も一部再開された。 グラウンドでは野球部員らが久々に快音を響かせた。 新型コロナウイルス感染拡大で、3月の選抜大会に続き、春季九州大会、同県大会が中止。 夏の甲子園大会の開催も危ぶまれている。 練習試合もままならないなど、取り巻く状況は例年になく厳しい。 昨秋8強の加治木工は20日ぶりの練習となった。 全校を2グループに分けた分散登校のため、約半分の25人が参加。 シートノックやマシンを使ったバッティング練習に取り組んだ。 走り込みなど自主練習をしてきたが、「マシンはいつもより速く感じたし、キャッチボールも感覚が違った」と小薗恭佑投手。 北園隼磨副主将は「動きにくさがあった。 けがをしないようにしないと」としながらも「みんなと練習できたのが一番」と晴れやかな表情を見せた。 例年、週末や大型連休を使って遠征や練習試合を組む学校が多い。 今年は感染防止のために県教委が出した通達により、学校再開以降も練習は登校日に限られるため週2、3回程度。 他校との練習試合も認められず、実戦経験を積む見通しも立たない。 田村正和監督は暑さや梅雨も頭に入れ「どうピークを持っていくか。 いつもと違う状況でどうするか考えないと」。 8日にはNHK旗の中止も決まり、集大成となる夏への思いはより強くなった。 北園副主将は「大会はあってほしい。 全員で一つでも上にいく」。 今春から導入予定だった1週間500球の球数制限も、実戦で試せないままになっている。 昨秋ベスト8に入った大島の塗木哲哉監督は「十分な練習量をこなせない状況で1人で完投できるほどの体力がつかない。 必然的に複数投手で戦う想定になってくる」と話す。 「島をどうやって出るか、宿泊はどうするか考えなければ」。 大会開催時のリスク回避にも気を配る。 今夏の全国高校総体は既に中止が決定。 日本高野連は20日の運営委員会で、夏の大会の開催可否を協議する。 昨秋の県大会で優勝した鹿児島実の宮下正一監督は「一戦一戦が勝負という緊迫感の中でゲームをさせてあげたい」と胸の内を明かす。 「大会をやるぞという気持ちで諦めずにもがいて最後までやりぬく」。 信じて待つ。

次の