特急しまんと 自由席。 四国バースデイきっぷで乗る! JR四国2000系特急しまんと グリーン車乗車記

【乗車記】北の大地を激走する特急「宗谷」「サロベツ」の車内、座席、車窓などを解説!安くお得に乗る方法もあります!|みずほさくらの日記

特急しまんと 自由席

(2020年3月2日作成) 名古屋・米原から福井を経由して金沢までを結ぶ特急「しらさぎ」を解説します。 名古屋と北陸を高速で結ぶ「しらさぎ」での旅を快適にするちょっとした工夫が満載です。 この記事はでは特急「しらさぎ」の車両や車内、座席や設備、お得なきっぷやバスとの比較など解説していきます。 特急しらさぎの車両と編成 特急しらさぎの使用車両 特急しらさぎはJR西日本所有の681系で運行しています。 (一部は683系8000番台)の列車もあります。 681系は1992年(平成4年)に誕生しました。 現在「しらさぎ」で運行している車両は2015年(平成27年)まで特急「はくたか」で運行していた車両です。 北越急行が所有していた681系2000番台も現在はJR西日本が買い取って「しらさぎ」で運行しています。 金沢方、名古屋方の1号車はグリーン車で流線形の形をしています。 「しらさぎ」用の車両は車両の帯にオレンジが入っています。 グリーン車以外の先頭車は分割や編号ができるように貫通扉が設置されています。 特急しらさぎの編成 特急「しらさぎ」は主に6両編成で運行します。 グリーン車が1号車で、そのほかは普通車です。 自由席と指定席の割合は図の通りです。 (JR西日本 HPより) 特急しらさぎの車内 グリーン車 1号車がグリーン車です。 濃いブラウン系の色の座席と赤いシートカバーで高級感があります。 座席の広さや間隔もゆったりしています。 しらさぎの681系にはコンセントはついていません。 普通車(自由席、指定席) 普通車はJR西日本の特急車両の楊淳仕様の座席です。 グレー系の座席とレッド系の座席があります。 こちらはレッド系の座席です。 色などで指定席や自由席と区別していることはありません。 座席はリクライニングする特急用車両としては標準の座席です。 コンセントはついていません。 車両の端の座席はテーブルが狭いので注意しましょう。 お手洗い等 多目的お手洗いは4号車にあります。 ベビーキープも設置されています。 多目的お手洗いにはベビーベッドも設置されています。 狭いながらもベビーキープが設置されています。 洗面台は鏡の横に間接照明があります。 JR西日本の特急の標準タイプの洗面台です。 WiFiなど 特急「しらさぎ」にはWiFiの設備はありません。 コンセントもありませんので、車内でネットを使って仕事をするなどを考えている場合は自前のネット環境が必要です。 特急しらさぎのおすすめ座席 特急「しらさぎ」では関ヶ原~米原間で伊吹山が見えます。 特に冬には雪をかぶったきれいな伊吹山を見ることができます。 伊吹山を見るには「A席」がおすすめです。 しらさぎには飲み物の自動販売機がある 特急「しらさぎ」には自動販売機はありません。 その他の飲み物や食べ物の車内販売もありません。 乗車前にコンビニや売店で買い物を済ませておきましょう。 特急しらさぎの停車駅、所要時間 特急しらさぎは下記の駅に停車します。 名古屋 米原 東京 (東京~米原間はひかり利用) 金沢 2時間58分~3時間02分 1時間51分~1時間58分 4時間10分~4時間20分 加賀温泉 2時間32分~2時間36分 1時間25分~1時間32分 3時間40分~3時間55分 芦原温泉 2時間21分~2時間25分 1時間14分~1時間21分 3時間30分~3時間45分 福井 2時間09分~2時間14分 1時間02分~1時間09分 3時間20分~3時間35分 武生 1時間56分~2時間 49分~56分 3時間10分~3時間25分 敦賀 1時間35分~1時間40分 28分~34分 2時間45分~3時間00分 時刻は名古屋駅基準で7時台〜19時台までおおむね1時間~2時間に1本。 米原駅基準で8時台から22時台までおおむね1時間に1本。 金沢駅基準で5時台~20時台までおおむね1時間に1本で運行しています。 特急しらさぎの運賃、料金等 通常の運賃、料金は次の通りです。 名古屋 米原 東京 (東京~米原間はひかり利用) 金沢 7,460円 6,930円 5,810円 5,280円 16,300円 15,510円 加賀温泉 6,690円 6,160円 4,700円 4,170円 15,800円 15,010円 芦原温泉 6,140円 5,610円 4,370円 3,840円 15,470円 14,680円 福井 5,810円 5,280円 3,420円 2,890円 14,920円 14,130円 武生 5,810円 5,280円 3,250円 2,720円 14,590円 13,800円 敦賀 4,700円 4,170円 2,150円 1,620円 13,820円 13,030円 (上段:指定席、下段:自由席、新幹線・特急料金は通常期) しらさぎに安く乗るには 特急しらさぎに利用できる割引きっぷには次のものがあります ・名古屋往復割引きっぷ、北陸往復割引きっぷ ・名古屋指定席特急回数券 ・東京往復割引きっぷ 名古屋往復割引きっぷ、北陸往復割引きっぷ はJR西日本が発売する往復タイプの割引きっぷです。 はJR東海が発売する往復タイプの割引きっぷです。 特急「しらさぎ」、「能登かがり火」の普通車指定席と新幹線の米原~名古屋間では普通車自由席が利用できます。 米原~名古屋間ではしらさぎの指定席と新幹線の自由席が選べます。 高岡、富山、黒部宇奈月温泉からは北陸新幹線の自由席も利用できます。 有効期間は福井県発着は4日間、石川・富山県発着は6日間です。 GW、お盆、年末年始以外は利用できます。 北陸エリア、名古屋エリアの主な駅のみどりの窓口で購入できます。 JR西日本のインターネット予約「e5489」でも予約できます。 きっぷの値段は次の通りです。 特急「しらさぎ」の普通車指定席と新幹線の米原~名古屋間では普通車自由席が利用できます。 米原~名古屋間ではしらさぎの指定席と新幹線の自由席が選べます。 高岡、富山、黒部宇奈月温泉からは北陸新幹線の自由席も利用できます。 有効期間は3か月です。 GW、お盆、年末年始以外は利用できます。 北陸エリアの主な駅のみどりの窓口で購入できます。 きっぷの値段は次の通りです。 特急「しらさぎ」と新幹線「ひかり」「こだま」が利用できます。 (「のぞみ」は利用できません) 普通車用とグリーン車用があります。 有効期間は7日間です。 GW、お盆、年末年始以外は利用できます。 北陸エリアの主な駅のみどりの窓口で購入できます。 きっぷの値段は次の通りです。 また羽田空港から小松空港まで飛行機ののって、リムジンバスで福井に行くこともできます。 名古屋~金沢、名古屋~福井、東京~福井の交通機関の比較をまとめました。 名古屋~金沢の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR(しらさぎ) 6,280円~7,460円 2時間58分~3時間02分 16往復 (1時間~2時間間隔) (米原からは1時間間隔) 高速バス 3,600円~4,500円 3時間53分~4時間03分 10往復 (1時間~2時間間隔) 名古屋~福井の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR (しらさぎ) 4,820円~5,810円 2時間09分~2時間14分 16往復 (1時間~2時間間隔) (米原からは1時間間隔) 高速バス 2,850円~3,300円 2時間50分 8往復 (1時間~2時間間隔) 東京~福井の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR (新幹線+しらさぎ) 13,030円~14,920円 3時間20分~3時間35分 1日16往復 (約1時間間隔) 飛行機 (ANA,JAL) 11,270円~27,370円 3時間30分 ~3時間40分 10往復 (ANA4往復、JAL6往復) 各交通機関の解説 金沢~名古屋線 は北陸鉄道、名鉄バス、西日本ジェイアールバス、JR東海バスが共同運行する高速バスです。 所要時間と本数は次の通りです。 名鉄バスセンター(名古屋駅)~金沢駅東口:約3時間53分~4時間03分 1日10往復運転 金沢駅行きは名古屋駅新幹線口からも乗車できます。 降車はできません。 運賃は次の通りです。 福井~名古屋線 は京福バス、名鉄バス、福井鉄道、JR東海バスが共同運行する高速バスです。 所要時間と本数は次の通りです。 名鉄バスセンター(名古屋駅)~福井駅東口:約2時間50分 1日8往復運転 運賃は次の通りです。 東京~福井で羽田空港~小松空港を飛行機利用 航空機は羽田空港から小松空港まで就航しています。 羽田空港~小松空港 JAL、ANAが就航しています。 運行本数:1日10往復(JAL6往復、ANA4往復) 所要時間は次の通りです。 羽田空港~小松空港:約1時間05分~1時間10分 東京駅~福井駅:約3時間30分~3時間40分(JR、京急、リムジンバスの時間を含む) 運賃は次の通りです。 このほかに羽田空港までのJR、京急の運賃と小松空港から福井駅までのリムジンバス運賃が必要です。 (東京駅~羽田空港:580円(JR・京急) 小松空港~福井駅:1,400円、合計1,980円) 運賃 ANA JAL 通常運賃 23,890円 25,390円 バリュー3(ANA 得便割引3(JAL 12,290円~13,290円 12,290円~13,290円 スーパーバリュー28(ANA 先得割引(JAL 9,660円~11,790円 10,090円~11,790円 スーパーバリュー55(ANA) スーパー先得(JAL 9,390円~11,490円 9,290円~11,390円 フライトの時刻やリムジンバスの情報については次のページもご覧ください。 しらさぎにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン 特急しらさぎから乗り換えできる列車 名古屋駅 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 特急「」、特急「南紀」、快速「みえ」 尾張一宮駅 岐阜駅 特急「」 大垣駅 米原駅 新幹線「ひかり」、「こだま」 、 金沢駅 北陸新幹線「かがやき」、「はくたか」、「つるぎ」 特急「能登かがり火」、特急「花嫁のれん」 特急しらさぎとは 特急「しらさぎ」は名古屋、米原から敦賀や福井を経由して金沢でを結ぶ列車です。 1964年(昭和39年)に運転を開始しました。 当初は名古屋~富山間の列車で車両は485系の1往復の設定でした。 米原駅では新幹線に接続するダイヤとなっており、東京から福井へはしらさぎを利用するのがもっとも速いルートとなっています。 特急「しらさぎ」の設定前は急行「能登」や準急「ゆのくに」が運転されていました。 「しらさぎ」は1往復の設定だったので、「能登」や「ゆのくに」はそのまま残ります。 その後、「しらさぎ」は本数を増やしていきます。 1975年(昭和50年)には湖西線開業に伴い「雷鳥」が米原を通らなくなったため、新幹線連絡列車として米原~金沢・富山間に特急「加越」が設定されます。 1985年(昭和60年)には急行「くずりゅう」が快速に格下げされ、この区間の昼間の優等列車は特急のみになります。 1988年(昭和63年)には米原~金沢間に新幹線連絡の速達特急として「きらめき」が設定されます。 1991年(平成3年)には七尾線電化完成に伴い「しらさぎ」も和倉温泉までの乗り入れを開始します。 1997年(平成9年)に「きらめき」は「加越」に統合されます。 2003年(平成15年)には485系から「しらさぎ」用に新製された683系2000番台に車両が変更になります。 また「加越」が「しらさぎ」に統合され、名古屋・米原~金沢・富山間の全列車が「しらさぎ」となり、16往復の運転となります。 2015年(平成27年)に北陸新幹線が金沢まで開業。 「しらさぎ」は運転区間が金沢まで短縮され、名古屋・米原~金沢間の列車となります。 車両は683系2000番台から「はくたか」で使用されていた681系(一部683系8000番台)が使用されるようになります。 特急しらさぎの関連商品.

次の

特急しおかぜの車両、座席、お得なきっぷなどについて解説。岡山~松山を結ぶ特急列車は瀬戸内海沿いを走り眺めもよいです【乗車記】|のぞみは西へ、みずほは九州へ

特急しまんと 自由席

特急料金には、ご利用になる座席により指定席特急料金と自由席特急料金があります。 指定席特急料金はシ-ズン別となっており、ご利用になる日によって、通常期・繁忙期・閑散期に分けられ、おねだんが異なります。 自由席特急料金やグリ-ン車、寝台車をご利用になる場合の特急料金は、通常期の指定特急料金の530円引きです。 こどもの特急料金は、おとなの半額(は数は切捨て)です。 指定席特急券は、指定された列車に限って有効です。 自由席特急券は、1列車1回に限り1日間有効です。 シーズン別の指定席特急料金 閑散期に特急の普通車指定席をご利用の場合、通常期の指定席特急料金から200円引きとなります。 繁忙期の場合は、通常期の指定席特急料金に200円増しとなります。 閑散期 1月16日~2月末日・6月・9月・11月1日~12月20日の期間の月~木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除きます)。 繁忙期 3月21日~4月5日、4月28日~5月6日、7月21日~8月31日、12月25日~1月10日。 通常期 閑散期、繁忙期以外の日です。 特定特急料金 適用区間・種別 料金額 JR四国内の25キロまでの 特急料金 指定席料金(通常期) 1,070円 自由席料金 330円 JR四国内の50キロまでの自由席特急料金 530円 岡山~児島間または同区間とJR四国内にまたがる場合の50キロまでの自由席特急料金 560円• グリーン料金は実際にお乗りになる区間の営業キロによって計算しますが、特急と快速(普通)では料金が異なっています。 また、特急列車のグリーン車をご利用の場合は、特急と一緒にグリーン券をお求めください。 「おとな」と「こども」は同じ料金です。 〈JR四国内とJR会社間の特急のグリーン料金〉 営業キロ 100キロまで 200キロまで 400キロまで 600キロまで グリ-ン料金 1,300円 2,800円 4,190円 5,400円 〈快速・普通列車のグリーン料金〉 営業キロ 50キロまで 100キロまで 150キロまで 151キロ以上 グリ-ン料金 780円 1,000円 1,700円 1,990円• 特急券・グリ-ン券は特急列車ごとに必要です。 ただし、次の区間内相互発着となる特急券・グリーン券について、指定の駅で改札口を出ないで特急列車を乗り継ぐ場合、通しの料金でご乗車になれます。 《新幹線と在来線の乗継割引》• 岡山駅、坂出駅または高松駅で新幹線と在来線の特急列車を乗り継ぐ場合は、在来線の特急料金が半額になります。 特急グリーンをご利用になる場合も、特急料金分が半額になります。 なお、10円未満のは数は切り捨てとなります。 出発前に乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります。 乗車後はこのお取り扱いはいたしません。 新幹線をはさんで、在来線の特急・急行列車を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高いほうの料金が割引となります。 《サンライズ瀬戸号と在来線の乗継割引》• 寝台特急《サンライズ瀬戸》とJR四国内の特急列車とを坂出駅または高松駅で、はじめに乗る列車の乗車日かまたはその翌日に乗り継ぐ場合、JR四国内の特急料金、指定料金が半額になります。 出発前に乗り継ぐ列車双方の特急券などを同時にお求めの場合に限り割引になります。 乗車後はこのお取り扱いはいたしません。 寝台料金は「おとな」と「こども」同額です。 特急列車の寝台車をご利用の場合の特急料金は、通常期の指定席特急料金から530円引きになります。 また、特急列車の寝台車(個室を含む)をご利用の場合は、特急券といっしょに寝台券をお求めください。 おとな2人で(交互にであっても)1つの寝台を利用することはできませんが、おとな1人とこども1人またはこども2人で1つの寝台を利用することはできます。 サンライズ瀬戸の寝台券 タイプ 1 人 用 2人用 シングルデラックス シングルツイン シングル ソロ サンライズ ツイン 種 別 A寝台個室 B寝台個室 B寝台個室 料金 1人当り 13,980円 9,600円 7,700円 6,600円 7,700円.

次の

特急しまんとの座席、料金、車内設備、お得な乗り方やきっぷなどについて解説。高松~高知を結ぶ特急列車は山中を爆走して景色も見ごたえあり【乗車記】|さくらひかり

特急しまんと 自由席

「南風」「しまんと」の運賃・料金 特急「南風」「しまんと」の通常価格は以下の通りです。 「南風」「しまんと」主要区間の運賃・料金(大人・通常期) 区間 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車 岡山〜丸亀 1,570円 2,300円 3,070円 岡山〜阿波池田 3,130円 3,660円 4,430円 岡山〜高知 5,540円 6,070円 8,340円 高松〜阿波池田 2,670円 3,200円 -- 高松〜高知 4,990円 5,520円 -- まず、大人1名が通常期に特急「南風」の普通車指定席で岡山〜高知を乗車する場合の運賃・料金は片道6,070円(往復1,240円)です。 「しまんと」の普通車指定席で高松~高知を乗車する場合は片道4,990円(往復9,980円)です。 この価格を頭に入れておきましょう。 「朝倉~高知~土佐山田の各駅」~岡山の間に設定されています。 有効期間は3ヶ月間です。 割引率が4割以上と格安の割引きっぷです。 4枚で12,600円で、片道1枚あたり3,150円と激安です。 岡山自由席トク割回数券の価格 区間 価格 1枚当たり価格 「朝倉~高知~土佐山田の各駅」~岡山 12,600円 3,150円 岡山指定席トク割きっぷ 岡山指定席トク割きっぷは、JR四国が発売している特急用の指定席往復きっぷです。 「朝倉~高知~土佐山田の各駅」~岡山の間に設定されています。 有効期間は6日間です。 往復で7,230円で、片道1枚当たり3,615円です。 岡山指定席トク割きっぷの価格 区間 価格 片道当たり価格 「朝倉~高知~土佐山田の各駅」~岡山 7,230円 3,615円 土日・祝日に利用する場合は、岡山自由席トク割きっぷより、次の岡山週末指定席トク割きっぷのほうがお得です。 岡山週末指定席トク割きっぷ 岡山指定席トク割きっぷは、JR四国が発売している特急用の指定席往復きっぷです。 上記「岡山指定席トク割きっぷ」と似ていますが、往路の出発日が土休日でなければなりません。 また、有効期限は2日間です。 「朝倉~高知~土佐山田の各駅」~岡山の間に設定されています。 往復で6,660円で、片道1枚当たり3,300円です。 岡山週末指定席トク割きっぷの価格 区間 価格 片道当たり価格 「朝倉~高知~土佐山田の各駅」~岡山 6,600円 3,300円 広告 トク割2枚回数券(指定席用) トク割2枚回数券(指定席用)は特急「しまんと」の指定席に乗車できる格安チケットです。 2枚綴りの回数券で、有効期間は3ヶ月です。 高松~高知・朝倉に設定されています。 価格は6,480円で、1枚あたり3,240円と激安です。 トク割2枚回数券(指定席用)の価格 区間 価格 片道当たり価格 高松~高知・朝倉 6,480円 3,240円 トク割2枚回数券(自由席用) トク割2枚回数券(自由席用)は特急列車の自由席に乗車できる格安チケットです。 2枚綴りの回数券で、有効期間は3ヶ月です。 高知~徳島に設定されています。 価格は6,600円で、1枚あたり3,300円と激安です。 「南風」「しまんと」と「剣山」を阿波池田駅で乗り継ぎます。 トク割2枚回数券(自由席用)の価格 区間 価格 片道当たり価格 高知・朝倉~徳島 6,600円 3,300円 トク割4枚回数券(指定席用) トク割4枚回数券(指定席用)は特急「しまんと」の指定席に乗車できる格安チケットです。 4枚綴りの回数券で、有効期間は6ヶ月です。 高松~高知・朝倉に設定されています。 価格は12,600円で、1枚あたり3,150円と激安です。 トク割4枚回数券(指定席用)の価格 区間 価格 片道当たり価格 高松~高知・朝倉 12,600円 3,150円 トク割4枚回数券(自由席用) トク割4枚回数券(自由席用)は、四国内の特急列車の自由席に乗車できるチケットです。 4枚綴りの回数券で、有効期間は6ヶ月です。 高松~高知・朝倉間の価格は12,240円で、1枚あたり3,060円と激安です。 このほか、高知~徳島間にもあります。 トク割4枚回数券(自由席用)の価格 区間 価格 片道当たり価格 高松~高知・朝倉 12,240円 3,060円 高知・朝倉~徳島 12,600円 3,150円 学生トク割2枚回数券(自由席用) 学生トク割2枚回数券(自由席用)は、特急「しまんと」の自由席に乗車できる学生限定チケットです。 2枚綴りの回数券で、有効期間は3ヶ月です。 高松~高知・朝倉の価格は5,540円で、1枚あたり2,770円と激安です。 購入時と乗車時に学生証の提示が必要です。 学生トク割2枚回数券(自由席用)の価格 区間 価格 片道当たり価格 高松~高知・朝倉 5,540円 2,770円 高知・朝倉~徳島 5,860円 2,930円 広告 Sきっぷ Sきっぷは、四国内の特急列車の自由席に乗車できるチケットです。 往復券と4枚回数券、10枚回数券の設定があり、往復券の有効期間は4日間、4枚、10回数券は3ヶ月です。 土讃線方面では、高知~佐川、須崎、土佐久礼、窪川に設定されています。 高知以北の設定はありません。 価格は、高知~須崎が往復券2,600円、4枚回数券4,760円などとなっています。 Sきっぷ(自由席用)の価格 区間 往復券 (1枚あたり) 4枚回数券 (1枚あたり) 10枚回数券 (1枚あたり) 高知~佐川 2,000円 (1,000円) 3,800円 (950円) 6,800円 (680円) 高知~須崎 2,600円 (1,300円) 4,760円 (1,190円) 8,900円 (890円) 高知~土佐久礼 4,320円 (2,160円) 7,800円 (1,950円) 15,300円 (1,530円) 高知~窪川 4,900円 (2,450円) 9,160円 (2,290円) 19,400円 (1,940円) くろしお指定席Sきっぷ くろしお指定席Sきっぷは、土讃線の特急列車の指定席に乗車できるチケットです。 高知・後免~中村、高知・後免~宿毛間に設定があります。 高松方面~中村間の設定はありません。 くろしお指定席Sきっぷの価格 区間 価格 片道当たり価格 後免・高知~中村 8,160円 4,080円 後免・高知~宿毛 9,640円 4,820円 広告 阪神往復フリーきっぷ 阪神往復フリーきっぷは、四国内の各駅から特急列車と山陽新幹線を利用した大阪・神戸方面の往復と、阪神地区のJRフリー区間がセットになったきっぷです。 「しまんと」では、高知ゾーン(伊野駅~土佐山田駅間の各駅)、窪川ゾーン(窪川駅~波川駅間の各駅)、中村・宿毛ゾーン(宿毛駅~若井駅間の各駅)の各エリアから設定があります。 往復は特急と新幹線の指定席を利用できます。 4日間用と土休日2日間用があります。 価格は高知ゾーン発が4日間用17,080円、土休日2日間用が16,030円です。 大阪・神戸エリア発はありません。 「阪神往復フリーきっぷ」の主な区間の価格は以下の通りです。 広告 新幹線の乗り継ぎ割引を利用する 山陽新幹線と特急「南風」を岡山駅で乗り継ぐ場合、「 乗り継ぎ割引」が適用され、特急「南風」の特急料金が半額になります。 指定席の場合は、指定席特急料金が半額になります。 このルールの適用を受けるためには、新幹線と「南風」の特急券をセットで購入しなければなりません。 新幹線と「南風」を乗り継ぐ場合、チケットは同時購入しましょう。 たとえば東京・名古屋〜岡山〜松山などの区間に乗車する場合、新幹線と「南風」のきっぷを同時に買うようにしましょう。 「南風」「しまんと」号の格安チケット、割引きっぷまとめ 特急「南風」「しまんと」の格安チケットは、四国内や、四国エリア発の阪神方面は多数あります。 「 Sきっぷ」や 回数券類、「 阪神往復フリーきっぷ」を選んで使えばいいでしょう。 一方、大阪や東京発の格安チケットはほとんどありません。 東京、大阪から新幹線と乗り継いで「南風」に乗車する場合は、「 乗り継ぎ割引」を活用するといいでしょう。 新幹線と「南風」特急券を同時に買うだけですので、簡単です。

次の