紫陽花 剪定方法。 紫陽花の剪定の時期や方法とは!2つの方法で初心者も簡単!

初心者が失敗しない!紫陽花の挿し木が確実に発根する6つのコツ

紫陽花 剪定方法

アジサイ(紫陽花)を育てる前に知っておきたいこと アジサイはガーデニング初心者におすすめの花木のひとつ。 上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。 アジサイ(紫陽花)の基本データ 学名:Hydrangea 科名:アジサイ科 ユキノシタ科 属名:アジサイ属 原産地:東アジア、南北アメリカ 和名:アジサイ 紫陽花 、シチヘンゲ 七変化 英名:Hydrangea 開花期:6~7月 花色:青、紫、ピンク、赤、白、緑 切り花の出回り時期:4~7月 花もち:5日程度 アジサイは、樹高1~2mの落葉低木です。日本では4月頃から鉢花が出回りますが、本来の開花期は6~7月です。額 がく 咲き、手まり咲きなどがあり、花色も豊富で、世界的に人気の高い花木です。 葉は先のとがった楕円形で、多くは光沢があり、秋から冬に落葉します。 若枝の先にたくさんの小花が集まった半球形の花をつけますが、花びらに見えるのは、実は「装飾花 中性花 」という実を結ばない花のガク。本当の花は、装飾花の中心にある小さな点のような部分で、額咲きのものは装飾花に取り囲まれた中央部におしべとめしべのある「両性花」がついています。手まり咲きのものは装飾花のみ、または両性花が装飾花の陰の目立たないところについています。 アジサイは種から育てることもできますが、挿し木や取り木をした苗や、園芸店などで鉢植えを購入して育てるのが一般的です。 アジサイ(紫陽花)には剪定が必要なの? アジサイは剪定しなくても花をつける花木です。しかし、放任するとだんだん背が高くなり、上の方にばかり花が咲くようになってしまいます。そのため、適切な樹高を保つように毎年剪定を行うのが一般的です。 アジサイには、以下のような剪定を行います。 花後の剪定 花が咲いた後に、枝を切り戻す剪定です。 休眠期の剪定 晩秋から冬の間に混み合った枝を整理する剪定です。 強剪定 大きくなりすぎたアジサイをコンパクトに仕立て直す剪定です。数年に一度、必要な株にだけ行います。 知りたい! アジサイ(紫陽花)を剪定する目的とメリット ここでは具体的に、アジサイにとって必要な剪定を詳しく紹介します。 花後の剪定の目的とメリット 来年もきれいに花を咲かせるための剪定で、アジサイ栽培で最も大切な剪定といえます。 アジサイは10月頃、今年伸びた枝の先端部に花芽ができます。この花芽は翌年に開花します。 花が咲き終わってすぐに剪定を行うと、切った枝のいちばん上の芽が伸長しますが、この芽は翌年大きく伸長して花芽をつけます。 花は翌々年となります。 花後の剪定を行わなくても花は咲きますが、枯れた花や枝を切ることで、翌年以降の生育を促し、より美しい花を咲かすために剪定します。 ただし「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた枝に花芽をつけるため、春までに剪定をすればOKです。 休眠期の剪定の目的とメリット 大きくなったアジサイに施す剪定です。必須ではありませんが、枯れた枝や混み合った枝を整理することで、すっきりとした姿になり、葉が展開したときの日当たりを改善し、蒸れにくくするメリットもあります。次年の花芽を切らないように注意しましょう。 ただし、実際には根元付近に葉がなく、何節目かは判断できません。 根元からの高さ30cm前後の付近でバッサリと切ります。 カシワバアジサイは葉をなくすと枯れることがあるので、いちばん下の葉の付け根の芽の上で切り、葉を少し残すようにします。 アジサイ(紫陽花)の剪定、枝の選び方は? 花後の剪定では、剪定するのは花が咲いた枝のみにします。花がつかなかった枝は翌年花が咲くので、そのまま残しましょう。 休眠期の剪定では、基本的に色が白っぽくなり乾燥した枯れ枝を切り取ります。手で曲げるとポキッと折れる枝は完全に枯れていますが、折れない場合はまだ生きている可能性があるため、芽が動き始める春まで様子をみてもいいでしょう。 強剪定は枝を選ばず、すべての枝を大胆に切り詰めます。翌年も花を見たいからと何本か枝を残すと、樹勢がアンバランスになり、短くした枝が枯れてしまうことがあるので注意しましょう。 アジサイ(紫陽花)の剪定には、コツがあります なんといっても適期を逃さないことです。もし花後の剪定をせずに秋を迎えてしまったら、冬季にアジサイは花から二節目までを枯らします。 無理に剪定しなくても、自ら枝葉を落とします。 花後の剪定はあくまでも翌年の株を少しでも充実させるために行います。 「アナベル」などのアメリカアジサイは、春に伸びた新しい枝に花芽をつけるので、3月までに剪定を行えば、枝のどこで切ってもかまいません。ただし、ある枝は強剪定、ほかの枝は弱剪定などとすると樹勢が乱れるおそれがあるので、バランスよく剪定しましょう。強剪定をするとコンパクトに育ち、花数は少なくなりますが、大きな花を楽しめます。一方、弱剪定にすると、翌年は枝がたくさん出て、大きな株に育ちます。そのぶん花数が多くなりますが、ひとつひとつの花は小さめになることが多いようです。育てるスペースに合わせて、翌年の株の大きさを想像しながら剪定を行うといいでしょう。 Credit 記事協力 監修/矢澤秀成 園芸研究家、やざわ花育種株式会社・代表取締役社長 種苗会社にて、野菜と花の研究をしたのち独立。 育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている。 全国の小学生を対象にした授業「育種寺子屋」を行う一方、「人は花を育てる 花は人を育てる」を掲げ、「花のマイスター養成制度」を立ち上げる。 NHK総合TV「あさイチ」、NHK-ETV「趣味の園芸」をはじめとした園芸番組の講師としても活躍中。 構成と文・中村麻由美.

次の

あじさいの花が咲かない原因って?育て方と剪定方法から徹底チェック|生活110番ニュース

紫陽花 剪定方法

Contents• あじさいについて あじさいは、普段6月から7月にかけて花を咲かせます。 このあじさいの発芽は、新しく伸びた枝には発芽しないようになっています。 1年以上たってから発芽するのがあじさいの特徴です。 このあじさいの特徴を踏まえて剪定をしなければいけません。 あじさいは、2年後に花を咲かせる特徴があります。 寒い地域など冬の気温が低かったり雪が降ったりする場所では、発芽自体が傷んでしまって翌年花が咲かない可能性があります。 剪定だけではなく屋内に入れて冬越しをさせる必要もあります。 あじさいはなぜ剪定するの!? あじさいの剪定は必要なのか、まずはこの点から見ていきます。 剪定する必要がなければ毎年無駄な作業をする必要もありません。 ただ、あじさいは落葉樹で何もしないとどんどん成長します。 あじさいの樹形を整えてり、きれいな花を咲かせるには、定期的な剪定は必要です。 あじさいの花は芽先に咲かせるので、何もしないで放置していると目線より高い位置に花を咲かせてしまいます。 折角の花を観賞できないので、できれば剪定してきれいな花を観賞したいものです。 あじさいの剪定について見ていきます。 あじさいはいつ剪定すればいいの? あじさいの剪定はいつすればいいのでしょうか?いつ剪定すればきれいなあ花を観賞できるのか、その剪定は夏の7月の中旬くらいまでには済ませておきましょう。 あじさいの花は、花後に勝手に散るようなことをしないでそのまま残っています。 次の年にきれいな花を咲かせたいのであれば、花後の枝を剪定してきれいにする必要があります。 あじさいのおすすめの剪定方法• 花後の剪定方法• 休眠期の剪定方法• 樹形を整える剪定方法 花後の剪定方法 あじさいの花後の剪定には2種類あります。 1つは、来年も花を咲かせたいと思っているときは、花後の下の節2つ分のところで切り落とします。 切り取った節から新しい芽が出て翌年にはまたきれいな花を咲かせます。 翌年に花を咲かせたくない場合は、花後の下の節4つ分のところで切り落とします。 そうすると、翌年に花を咲かせることもなく葉だけのあじさいとなります。 このように花後の剪定をする場所で翌年の状態を調整できるわけです。 休眠期の剪定方法 あじさいの剪定は7月中旬までに1回行えばOKですが、あじさいを害虫や病気などから守るためには、11月から3月にかけて剪定するといつまでも丈夫なあじさいを保ち続けることができます。 その時の剪定は、発芽のついていない枝や細い枝を剪定して、風通しを良くします。 樹形を整える剪定方法 あじさいは成長の力が非常に強いため、樹形を整える剪定も必要となります。 あじさい全体の樹形をきれいな景観にするためには、樹形を整える剪定は重要です。 強剪定を行うと翌年に花を咲かせない可能性が高くなります。 翌年も花を咲かせたいのであれば。 強剪定はしないほうが賢明です。 ただし、あじさい全体の樹形をきれいにしたいときは、翌年に発芽しなくても剪定は必要です。 あじさいの形別の剪定• あじさいの高さを生かす剪定• あじさいの高さを低くする剪定• 葉がつかないあじさいの剪定 あじさいの高さを生かす剪定 あじさいの高さを生かす剪定方法というものがあります。 あじさい全体の樹形から見た場合、高さを生かす剪定方法とは、夏と秋の2段階剪定を行います。 1回目は夏までに花の2節下の部分で切り落とします。 2回目は秋になってから夏に剪定した切り口のすぐ下に新しい芽が出ています。 そのうえで切り落とします。 そうすることで、あじさいの高さを生かした剪定ができます。 あじさいの高さを低くする剪定 あじさいの花がその年咲かなかった場合は、できるだけ低くするための剪定をお勧めします。 2段階剪定を行うときに、1回目の夏の剪定で切る場所をもっと節を多くして下のほうでバッサリと切り落とします。 これで、あじさい全体の高さを低くします。 葉がつかないあじさいの剪定 別途、花が咲かなかった枝を見てみると、下のほうで木質化している部分があります。 この木質化した部分のこと古枝や不要枝と呼びます。 古枝や不要枝は花が咲きません。 そんな古枝や不要枝をバッサリと切り落とします。 あじさいの剪定後の処理 あじさいを鉢に植えている場合は、剪定後に大きな鉢に植え替えすることをお勧めします。 年々あじさいは大きく成長するので、同じ大きさの鉢では成長を妨げてしまいます。 剪定後に鉢植え替えを行うことであじさいの成長を促進します。 まとめ いかがでしたか!?今回は、あじさいの剪定時期、剪定方法等について【まとめ】てみました。 是非、参考にしてみてください。 お庭に関する人気コラム記事• 芝生は、正しくお手入れをしないと枯れてしまう場合があります。 この場合、芝生を復活させるために、芝生の再... 53,749ビュー• ぶどうの木を剪定するときのポイントは ぶどうの木の剪定をするときのポイントは、品種ごとに剪定... 46,154ビュー• みかんの剪定は必要なの?剪定する前の準備 普段みかんをほったらかしにしている人は多いのではな... 30,778ビュー• 山茶花(サザンカ)の剪定をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、その山茶花(... 29,426ビュー• 芝生の根切りの方法が分からないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか!?そこで今回は、その根切りに... 27,036ビュー カテゴリー•

次の

アジサイの剪定方法

紫陽花 剪定方法

咲かなかったアジサイの枝は剪定してもいいのでしょうか? 去年鉢植えで購入した紫陽花を、ひとまわり大きな鉢に植え替えて育てていましたが、剪定に失敗したらしく今年は花をつけてくれませんでした。 温暖な九州在住です とても綺麗なあじさいだったので、来年は花を咲かせたいです。 体験談などよろしければお教えください。 ベランダで鉢植えなら、剪定なさって樹形を整えた方がいいです。 昨年の花後に元気よく伸びて今年花をつけなかった枝(シュート)から今年伸びた枝に、来年の花が咲きます。 花芽が出来るのは秋口ですが、それまでに新しく伸びる枝をできるだけ充実させたいので、今のうちに各枝の上三分の一程度を目安に、全体の樹形や芽の伸びる方向を考慮して剪定してください。 株の大きさや鉢の大きさが判りませんが、ギリギリの大きさだとすぐに根詰まりします。 根鉢の様子を確かめて、鉢増しなさった方がいいかも知れません。 種類や株の大きさにも寄りますが、できれば8号は欲しいところです。 この時期の施肥(盛夏までに肥効が切れる量)と水やりで新枝の充実度が決まります。 たっぷり水をやってくださいね。

次の