アマゾンプライムビデオ ミラーリング 制限。 Fireタブレットの画面をテレビにミラーリングする方法

【無期限で保存】Amazonプライムビデオの動画を録画する方法

アマゾンプライムビデオ ミラーリング 制限

不可思議絵の具です。 Fireタブレットの画面をミラーリングする方法 (Fireタブレットの表示内容をそのままテレビに映す方法) を説明します。 ミラーリングでは Fireタブレットの表示内容がそのままテレビに表示されるので、まるで Fireタブレットとテレビをケーブルでつないだような状態になります。 Fireタブレットの画面をミラーリングするとこんな事ができるようになります。 大画面で動画を観る (画質が若干悪いので、その辺にこだわる方は「」がオススメ)• 大画面でゲームする• 発見した面白ネタを人と一緒に見る• 撮りためた写真を他の人と一緒に見る• PowerPoint等でプレゼンする• Fireタブレットも本当はテレビにつながる! 2016年版(第6世代)以降のFireタブレットはHDMI端子・Miracast機能が無い(意図的に機能削減している)ので、 仕様上はテレビに接続できないことになっています。 Amazonとしては「テレビではFire TVシリーズを使って」ということなのでしょう。 参考 Amazon 関連記事 でも実は、Fire TV Stickにアプリを入れれば Fireタブレットの画面を無線でテレビにミラーリングできるんです。 接続方法は2通り FireタブレットとFire TV Stickの無線接続には「」「」という接続方法が使えますが、それぞれ特徴があります。 また、接続に失敗することが多かったり(何度か試すと上手く行く)、接続を切ったあとは少し時間を置かないとつながらないなど、 接続の安定性に難があるのが弱点です。 通常は、こちらで良いでしょう。 AirPlayの特徴 画質はとても良いのですが、 Fireタブレットだと音が出ないのが致命的です。 写真を人に見せるときに使うと良いでしょう。 それぞれ利点・弱点がありますので、使い分けると良いと思います。 準備 準備としては下記2手順になります。 Fire TV Stick側に 受信ソフトをインストール• Fireタブレット側に 送信ソフトをインストール• 「Chromecast」を使うなら…「Google Home」をインストール• 「AirPlay」を使うなら…「AirServer Connect」をインストール それぞれ説明してゆきます。 Fire TV Stick側に受信ソフトをインストール まずは、この記事を参考にFire TV Stickに「」をインストールしてください。 具体的な手順は下記記事を参照ください。 Fireタブレット側に送信ソフトをインストール Google Home 「Chromecast」を使う場合は「Google Home」をインストールします。 Google HomeはAmazonアプリストアには置いていないので、Google Play経由でインストールしてください。 Google Playのインストール方法はこちらです。 Google Homeはこちらです。 使い方 Google Home Chromecast• テレビの電源を入れて、入力切替でFire TV Stickにします。 Fireタブレットのホーム画面にある「Google Home」をタップします。 なお、初めての時はGoogleアカウントを選択する画面が表示されます。 『使ってみる』をタップ• アカウントを選択し、『OK』をタップ• 「デバイスの検出中」画面になるので、待つ• 「Google Homeへようこそ」画面になったら、画面左端を右にスワイプしてメニューを表示し、『画面や音声をキャスト』をタップします。 なお、メニュー内の『デバイス』をタップすると、Google Homeアプリに認識されている接続先の一覧を確認できます。 「画面や音声をキャスト」画面にて『画面や音声をキャスト』ボタンをタップします。 「キャストするデバイス」と表示されますので、AirReceiverをインストールしたFire TV Stickを選択します。 「この端末では画面のキャストが最適化されていない~」というメッセージが表示されたら、『OK』をタップします。 (次回から~表示しないにチェックを入れておけば、もう聞かれません) この瞬間から、Fireタブレットの画面がテレビに表示されているはずです。 なお、接続を切った後は、数分は再接続できないので、少し待ってからやり直しましょう。 AirServer Connect AirPlay• テレビの電源を入れて、入力切替でFire TV Stickにします。 Fireタブレットのホーム画面にある「AirServer Connect」をタップします。 接続先の一覧が表示されますので、AirReceiverをインストールしたFire TV Stickを選択します。 音声を飛ばすためには Audio と書かれた方もチェックしなければなりませんが、残念ながら Fireタブレットでは音声を飛ばせません。 チェックを入れようとするとエラーメッセージが表示されます。 音声が飛ばせたら、Chromecastよりコッチの方が圧倒的に使いやすくて画質が良いのに…残念です。 チェックを入れた瞬間にFireタブレットの画面がテレビに表示されているはずです。 私はFire TV Stickを1台しか持っていないので試していませんが、この画面の作りからすると、複数チェックを入れることで 複数の画面に同時出力できるようです。 切断する時はFireタブレットの画面上を下にスワイプして表示されるメニューから、AirServer Connectの切断ボタンを押します。 AirServer Connectの画面でチェックを外しても同じです。 まとめ 本当は動画を交えると分かりやすいのですが、上手く撮れないので断念…。 みんなとサクッと写真を見る• ふと大画面で観たくなった動画をテレビに切り替える• 大画面でゲームする こういった用途に、とても向いています。 Fire TV Stickはコンパクトですので、Fireタブレットと一緒に持ち運べば、 安価なプレゼンテーションの道具としても使えるようになりますね。 Miracastだと表示できないYouTubeも、こちらの方法だと表示できるので、Androidを使っている人にもオススメです。 なお、タブレット側で 選んだ動画・写真・音楽をテレビで再生するには「キャスト」します。 都度送信する手間がありますが、 画質・音質が良いので、場面に応じて使い分けると良いでしょう。 下記記事はYouTube動画をキャストする例です。

次の

AmazonプライムビデオやHuluを「車」で見る方法

アマゾンプライムビデオ ミラーリング 制限

具体的なやり方は参照。• ああ、なるほど。 そういう疑問ですね。 記事を見て、そう思った人も多いと思うんですよ。 そうですね。 そもそも「AmazonビデオやHuluなどの動画配信サービスを、スマホアプリで再生し、それをミラーリングで車の画面に映したい」という要望はけっこうあります。 アプリをミラーリングすれば、わざわざファイヤーTVスティックを買う必要もないわけでしょう?• そうなんですが、 iPhoneアプリに関して言うと、そういった 動画配信サービスアプリからの映像出力が、制限されている場合が多いんです。 そうなんだ!• 例えば「YouTubeは観られるけど、Huluは観られない」などの制限があったりする。 Amazonプライムビデオも、通常のミラーリング出力では信号を出せません。 スマホの画面でしか観られないように、ロックされているんですね。 しかし、ファイヤーTVスティックなどのデバイスの力を借りれば、そのあたりの問題をクリアできます。 では、 Androidアプリのミラーリングだとすると?• ミラーリングと違って、着信して切れるということもないです。 ミラーリングだと、電話がかかってきた時はどうなるんですか?• 映像が止まりますね。 しかし、そうなるとスマホミラーリングよりファイヤーTVスティックを活用するほうが、断然良いみたいですが……• 動画コンテンツの再生に特化して考えるのであれば、そういうことになると思います。 では、ミラーリングの立場はどうなるの?• スマホのミラーリングの場合は、スマホの中に入っている手持ちの音楽も聴けたり、カーナビアプリを映したりといったことができますので、より多用途です。 そっか。 ただ、音楽のことを言うと、Amazonミュージックというのもありまして、これもプライム会員だといろいろな音楽とか聴き放題のサービスです。 そんなのも活用できるんですね〜。 結論として「動画&音楽配信サービスを楽しむ」だけでいいならば、通常のミラーリングよりファイヤーTVスティックのようなデバイスを併用するほうが、使い勝手は段違いにいいと思いますよー。 自分の用途に合わせて選びましょう、ということですね。

次の

Fireタブレットを買ったら最初にやっておくべきこと

アマゾンプライムビデオ ミラーリング 制限

不可思議絵の具です。 Fireタブレットの画面をミラーリングする方法 (Fireタブレットの表示内容をそのままテレビに映す方法) を説明します。 ミラーリングでは Fireタブレットの表示内容がそのままテレビに表示されるので、まるで Fireタブレットとテレビをケーブルでつないだような状態になります。 Fireタブレットの画面をミラーリングするとこんな事ができるようになります。 大画面で動画を観る (画質が若干悪いので、その辺にこだわる方は「」がオススメ)• 大画面でゲームする• 発見した面白ネタを人と一緒に見る• 撮りためた写真を他の人と一緒に見る• PowerPoint等でプレゼンする• Fireタブレットも本当はテレビにつながる! 2016年版(第6世代)以降のFireタブレットはHDMI端子・Miracast機能が無い(意図的に機能削減している)ので、 仕様上はテレビに接続できないことになっています。 Amazonとしては「テレビではFire TVシリーズを使って」ということなのでしょう。 参考 Amazon 関連記事 でも実は、Fire TV Stickにアプリを入れれば Fireタブレットの画面を無線でテレビにミラーリングできるんです。 接続方法は2通り FireタブレットとFire TV Stickの無線接続には「」「」という接続方法が使えますが、それぞれ特徴があります。 また、接続に失敗することが多かったり(何度か試すと上手く行く)、接続を切ったあとは少し時間を置かないとつながらないなど、 接続の安定性に難があるのが弱点です。 通常は、こちらで良いでしょう。 AirPlayの特徴 画質はとても良いのですが、 Fireタブレットだと音が出ないのが致命的です。 写真を人に見せるときに使うと良いでしょう。 それぞれ利点・弱点がありますので、使い分けると良いと思います。 準備 準備としては下記2手順になります。 Fire TV Stick側に 受信ソフトをインストール• Fireタブレット側に 送信ソフトをインストール• 「Chromecast」を使うなら…「Google Home」をインストール• 「AirPlay」を使うなら…「AirServer Connect」をインストール それぞれ説明してゆきます。 Fire TV Stick側に受信ソフトをインストール まずは、この記事を参考にFire TV Stickに「」をインストールしてください。 具体的な手順は下記記事を参照ください。 Fireタブレット側に送信ソフトをインストール Google Home 「Chromecast」を使う場合は「Google Home」をインストールします。 Google HomeはAmazonアプリストアには置いていないので、Google Play経由でインストールしてください。 Google Playのインストール方法はこちらです。 Google Homeはこちらです。 使い方 Google Home Chromecast• テレビの電源を入れて、入力切替でFire TV Stickにします。 Fireタブレットのホーム画面にある「Google Home」をタップします。 なお、初めての時はGoogleアカウントを選択する画面が表示されます。 『使ってみる』をタップ• アカウントを選択し、『OK』をタップ• 「デバイスの検出中」画面になるので、待つ• 「Google Homeへようこそ」画面になったら、画面左端を右にスワイプしてメニューを表示し、『画面や音声をキャスト』をタップします。 なお、メニュー内の『デバイス』をタップすると、Google Homeアプリに認識されている接続先の一覧を確認できます。 「画面や音声をキャスト」画面にて『画面や音声をキャスト』ボタンをタップします。 「キャストするデバイス」と表示されますので、AirReceiverをインストールしたFire TV Stickを選択します。 「この端末では画面のキャストが最適化されていない~」というメッセージが表示されたら、『OK』をタップします。 (次回から~表示しないにチェックを入れておけば、もう聞かれません) この瞬間から、Fireタブレットの画面がテレビに表示されているはずです。 なお、接続を切った後は、数分は再接続できないので、少し待ってからやり直しましょう。 AirServer Connect AirPlay• テレビの電源を入れて、入力切替でFire TV Stickにします。 Fireタブレットのホーム画面にある「AirServer Connect」をタップします。 接続先の一覧が表示されますので、AirReceiverをインストールしたFire TV Stickを選択します。 音声を飛ばすためには Audio と書かれた方もチェックしなければなりませんが、残念ながら Fireタブレットでは音声を飛ばせません。 チェックを入れようとするとエラーメッセージが表示されます。 音声が飛ばせたら、Chromecastよりコッチの方が圧倒的に使いやすくて画質が良いのに…残念です。 チェックを入れた瞬間にFireタブレットの画面がテレビに表示されているはずです。 私はFire TV Stickを1台しか持っていないので試していませんが、この画面の作りからすると、複数チェックを入れることで 複数の画面に同時出力できるようです。 切断する時はFireタブレットの画面上を下にスワイプして表示されるメニューから、AirServer Connectの切断ボタンを押します。 AirServer Connectの画面でチェックを外しても同じです。 まとめ 本当は動画を交えると分かりやすいのですが、上手く撮れないので断念…。 みんなとサクッと写真を見る• ふと大画面で観たくなった動画をテレビに切り替える• 大画面でゲームする こういった用途に、とても向いています。 Fire TV Stickはコンパクトですので、Fireタブレットと一緒に持ち運べば、 安価なプレゼンテーションの道具としても使えるようになりますね。 Miracastだと表示できないYouTubeも、こちらの方法だと表示できるので、Androidを使っている人にもオススメです。 なお、タブレット側で 選んだ動画・写真・音楽をテレビで再生するには「キャスト」します。 都度送信する手間がありますが、 画質・音質が良いので、場面に応じて使い分けると良いでしょう。 下記記事はYouTube動画をキャストする例です。

次の