ツイステ トレイ 夢小説。 ツイステッドワンダーランド (ついすてっどわんだーらんど)とは【ピクシブ百科事典】

『涙が出るほどの優しい世界で 【ツイステッドワンダーランド】』

ツイステ トレイ 夢小説

オクタヴィネル贔屓。 フロイド・ジェイド沼。 R-18あり。 様々なキャラクターあり カリム多め 恋愛の話で女監督生。 原作沿い。 レオナ トレイetc. サクッと読める短編夢が多いです。 ジャミル、トレイ、レオナ辺りを贔屓に満遍なく。 not監督生ヒロイン、ご都合主義設定メインなので苦手な方はご注意下さい。 善逸と実弥が多めです。 キメ学連載とR18始めました。 騰様贔屓ですが他の軍長も増えつつあります。 その他、名探偵コナン 完結済み 進撃の巨人 凍結中 の長編あり。

次の

【ツイステ】私、魔法士になります!

ツイステ トレイ 夢小説

| | |始めまして。 作者のていていてと申します。 こちらは小さなワンダーランドの続編となっています。 以下全編の方でも書いた注意書きもどきです。 基本的に闇・病み成分多めで気の赴くまま妄想を書き連ねていこうと思います。 何かリクエスト等ありましたら、コメント欄で書いて下さったら、出来る分は対応させて頂きたいので、よろしくお願い致します。 作者の推しは、だいたい全員です。 最推しはレオナさんです。 夢主は大体監督生になると思います。 追記 遅れましたが高評価・コメント・順位諸々有難うございます。 励みになります。 少しでも刺さる方が居たら嬉しいなと思いながら自分のペースで更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。 追記 遅くなって申し訳です。 色々と用事が終わったのでぼちぼちとまた更新していきます。 4月17日 2時 id: - とっても素敵なお話ばかりで切なくなったり背筋が冷えたり楽しいです!よければジャミル先輩のを書いてください!お願いします。 4月16日 18時 id: - 本当に最高のお話でした..

次の

twstの夢|夢物語

ツイステ トレイ 夢小説

翌日、昼休み。 食堂でエースとデュースと共に食事をとっていたサユ。 今日は朝から、昨夜リドルに付けられたキスマークが見えてしまわないかと気になるところであったが、誰も触れてこないので見えていないのだと安心していた。 昼食も半ばに差し掛かった時、食堂にトレイとケイトがやってきた。 「隣いいかい?」 トレイとケイトはサユ達の隣へ座ると、今運んできた昼食を食べ始める。 「昼休み、これからっすか?」 「あぁ、さっきリドルと話し込んでしまってね。 少し出遅れた」 「リドルくん、昨日帰って来なかったから、分からない書類があってね」 ケイトの言葉に、サユがビクッと身体を震わせた。 目ざといトレイがそれを見て、クスッと笑う。 「えっ?寮長、夜に外出してたんですか?」 「あぁ、そういう事になるかな」 「あの厳格な寮長がルールを破るとは……」 エースたちの会話に耳を立て、リドルがルールを破ったことで何か罰が与えられたのではないかと不安になるサユ。 そんな彼女にトレイはそっと耳打ちをした。 「君の心配は無用なものだよ」 「えっ?」 「リドルはちゃんと外泊届を出したから、ルールは破っていないからね」 トレイのその言葉を聞きサユは、ほっと胸を撫で下ろす。 その時背後から伸びてきた手が、サユに肩を寄せていたトレイの頭を押し退けた。 「トレイ、何をしている?」 「いや、特には」 そうして、サユの隣をリドルに引き渡したトレイ。 ハーツラビュル寮の面々と食べる昼食は今日も楽しいものになったのでした。 食後の紅茶には特性のはちみつを用意しましょう……。

次の