どんな とき も wifi 比較。 NomadSIMとどんなときもWiFiを徹底比較!!月額料金・通信容量・縛りなどをわかりやすく紹介します|今日はヒトデ祭りだぞ!

「どんなときもWiFi」と「GMOとくとくBB WiMAX2+」どっちがおすすめできるの!?

どんな とき も wifi 比較

5Mbps 下り 最大612. 0Mbps 上り 最大50. 0Mbps 下り 最大150. 縛りなしWiFiは期間縛りがなく、月額料金が安いところが特徴で、どんなときもWiFiは通信容量が完全に無制限と言うところが特徴です。 通信速度はそこまで大差なし!実測値は縛りなしWiFiのが速い? 【通信速度比較】 縛りなしWiFi どんなときもWiFi 上り 最大37. 5Mbps 下り 最大612. 0Mbps 上り 最大50. 0Mbps 下り 最大150. 0Mbps アップロード速度はどんなときもWiFiの方が有利で、ダウンロード速度は縛りなしWiFiの方が有利といった感じです。 ただし、これは実測値ではなく、あくまで機種の理論値の話です。 3日縛りない分、基本が低速なのかなと思いきや、夜自宅で数回測ったら平均30Mbpsは出てるから、制限かかってない時のwimaxよりも早くて、優秀すぎた。

次の

どこよりもWIFIとどんなときもWiFiを比較!どっちがお得?

どんな とき も wifi 比較

5Mbps 下り 最大612. 0Mbps 上り 最大50. 0Mbps 下り 最大150. 縛りなしWiFiは期間縛りがなく、月額料金が安いところが特徴で、どんなときもWiFiは通信容量が完全に無制限と言うところが特徴です。 通信速度はそこまで大差なし!実測値は縛りなしWiFiのが速い? 【通信速度比較】 縛りなしWiFi どんなときもWiFi 上り 最大37. 5Mbps 下り 最大612. 0Mbps 上り 最大50. 0Mbps 下り 最大150. 0Mbps アップロード速度はどんなときもWiFiの方が有利で、ダウンロード速度は縛りなしWiFiの方が有利といった感じです。 ただし、これは実測値ではなく、あくまで機種の理論値の話です。 3日縛りない分、基本が低速なのかなと思いきや、夜自宅で数回測ったら平均30Mbpsは出てるから、制限かかってない時のwimaxよりも早くて、優秀すぎた。

次の

【どんなときもWiFi】vs【縛りなしWiFi】の比較でビックリ

どんな とき も wifi 比較

安く使えるのはどっち!? モバイルWiFiを選ぶ際、初期費用や月額料金などは非常に重要な要素のひとつですよね。 より安く使えるのであれば、それに越したことはありません。 そこで、まずは両者の金額を比較してみました。 縛りなしWiFiの料金プランなど 縛りなしWiFi 月額 初期手数料 縛りなしプラン 契約年数なし 月額3,300円 1,980円 縛っちゃうプラン 3年契約 月額2,800円 1,980円 通信量 無制限 回線 WiMAX or ソフトバンク 詳細 どんなときもWiFiの料金プランなど 項目 支払い方法 月額料金 1~24ヶ月目 月額料金 25ヶ月目以降 初期手数料 データ放題 プラン クレジットカード払い 3,480円 3,980円 3,000円 口座振替 払い 3,980円 4,410円 3,000円 通信量 無制限 回線 ドコモ・au・ソフトバンク 契約期間 2年契約 ざっと見ただけでも分かる通り、 より安いのは縛りなしWiFiの方です。 縛りなしWiFiは初期費用が安い• 月額料金も縛りなしWiFiのほうが安い• 金額ではどんなときもWiFiが勝っている点なし 縛りなしWiFiは解約金0円! 縛りなしWiFiは、「縛りなしプラン」であれば、いわゆるで使うことができます。 対するどんなときもWiFiは、必ず2年縛りかつ、2年以内に解約したら1万円以上の解約金を取られてしまいます。 どんなときもWiFiの解約金 使用期間 解約料金 0ヶ月目~12ヶ月目 19,000円 13ヶ月目~24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 更新月 0円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月の周期 26ヶ月目以降は 24ヶ月ごとに更新月 「縛っちゃうプラン」では解約金15,000円 縛りなしWiFiには、3年契約の「縛っちゃうプラン」もあります。 これを契約すると、月額が2,800円とさらに安くなる反面、36ヶ月目以外の解約で15,000円の解約金がかかってしまうので注意しましょう。 縛りなしWiFiを契約する場合は、いきなり3年契約をするのではなく、まずは 縛りなしプランを選んで様子見をするのがおすすめです。 これなら契約後に不満があっても、気軽に解約することができます。 また、縛りなしプランから縛っちゃうプランへの変更も可能なので、特に不便はないはずです。 本記事では、縛りなしWiFiの料金プランについては、縛りなしプランであることを前提に話を進めていきます。 どんなときもWiFiはトリプルキャリア! どんなときもWiFiは、• ドコモ• ソフトバンク の回線を使い分けるトリプルキャリアに対応しています。 これは「クラウドSIM」という技術によって実現したもので、理屈の上ではこれ以上につながりやすい回線はないと言えるでしょう。 縛りなしWiFiはWiMAXかソフトバンクかランダム 画像引用元: 縛りなしWiFiの回線は、 WiMAXもしくはソフトバンクとなり、原則どちらかを選ぶことはできません。 ただし、「今住んでいる地域は、WiMAXが圏外」など、特殊な事情がある場合は、相談を受け付けてくれるようです。 WiMAXでもソフトバンクでも基本的には全国つながるとされていますが、やはり トリプルキャリアには敵わないと言わざるを得ないでしょう。 なお、縛っちゃうプランを契約した場合は、ソフトバンク回線のみとなります。 速度制限が緩いのもどんなときもWiFi どんなときもWiFiも縛りなしWiFiも、月間のデータ使用量には制限がありません。 ただし、 短期間で大量にデータを消費した場合は、速度制限がかかることがあります。 どんなときもWiFiのサイトには、速度制限について以下のように記載されています。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 引用元: 要は、「 著しくネットワークを占有したら、通信会社から制限がかかることもありますよ」ということです。 「つまり、どういうこと?」とさらに疑問が増えた方も多いかと思いますが、このようなことは滅多に起こらないので、普通に使っている以上は何も問題ありません。 どんなときもWiFiの「 よくある質問」でも、以下のように回答しています。 例えば、「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といったご利用では制限がかかることはございません。 引用元: 縛りなしWiFiの速度制限は厳しい 画像引用元: 一方の縛りなしWiFiは、速度制限の基準について具体的に記しています。 引用元: 「1日2GB以上使うと速度制限」というのは、人によってはかなり厳しい条件です。 例えば、 YouTubeの動画を高画質で3時間以上視聴したら、2GBに達してしまうでしょう。 また、ゲームのダウンロードなどを繰り返していたら、それだけで速度制限に引っかかる可能性が高いです。 使い方にもよりますが、モバイルWiFiをメインのインターネット回線として考えている場合、この時点で縛りなしWiFiは敬遠したほうがいいでしょう。 次の章では海外での利用について解説します。 初期費用も月額も安いのは縛りなしWiFi• ただし、1日2GBを超えたら速度制限• どんなときもWiFiは通常利用なら速度制限なし• おまけに海外でも使える 安いのは です。 初期費用にせよ月額にせよ、かなり良心的な価格設定となっています。 「縛りなしプラン」であれば、文字通り縛りも解約金もなしになるというのは、非常に大きなメリットです。 しかし、 1日2GBを超えると速度制限がかかるという致命的な弱点もあります。 これではメインのインターネット回線としては、ちょっと心許ないです。 一方、どんなときもWiFiは、ネットワーク占有レベルの大容量通信を行った場合のみ、制限がかかります。 「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といった利用での制限はありません。 この時点で勝負ありです。 おまけに、どんなときもWiFiなら海外でも使えます。 一見、どちらも優れているモバイルWiFiではありますが、細かく見たら結果的には、どんなときもWiFiのほうがおすすめです。

次の