アンジェリカ 炎上 中。 【道端アンジェリカ】道端アンジェリカ活動再開 衝撃「ヌード写真集」で再出発|日刊ゲンダイDIGITAL

【悲報】道端アンジェリカが炎上wwwwwwwwww

アンジェリカ 炎上 中

モデルの(34)が、初ヌード写真集「Angelica」(双葉社)を8月7日に発売する。 抜群のスタイルと美貌で女性ファンから支持されてきたカリスマモデルは、30代の半ばにして、におい立つような大人の色香までプラス。 男性を悶絶させる肉体美に進化しているのだ。 そして、ついに乳首が…。 そんな写真集の秘密に迫った。 ほれぼれするほどの美乳のフォルム、キュッと引き締まったウエスト、プリップリのヒップ…。 本紙が入手した写真集のカットには、アンジェリカのセクシーすぎる姿があった。 さっそうとランウェイを歩いたカリスマモデルの衝撃ヌードだ。 撮影スタッフがこう話す。 「緊急事態宣言が解除されていた6月上旬に、都内近郊のスタジオで撮影しました。 カメラマンは巨匠・沢渡朔(さわたり・はじめ)氏です。 今回、出色なのが道端さん自らプロデュースしたところ。 随所に彼女のアイデアがちりばめられた自信作に仕上がっています」 道端といえば、昨年8月、飲食店経営の夫が知人男性を「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定口座に35万円を振り込ませたとして、同10月に逮捕された事件が記憶に新しい。 結局、疑いは晴れ、道端は夫とともに不起訴。 それ以来、芸能活動を休止し、現在離婚協議中だ。 「ようやく芸能活動を再開することが決まったので、今回写真集をオファーしたところ、快諾されたそうです」と同スタッフ。 すっかり前を向いている道端は、やる気に満ちあふれていたという。 「スタジオの目の前がプライベートビーチになっていたんですよ。 天気が良ければ海の撮影も行う予定でしたが、あいにくの曇り空。 潮風も吹いてかなり肌寒かったんです。 なので撮影中止の話が浮上したところ、道端さんの表情が一変。 『最後の写真集になるかもしれないし、ぜひ海はやりましょう!』と提案されたのです。 おかげで良い写真が撮れました」(別のスタッフ) T175・B86(Dカップ)・W60・H88というパーフェクトボディーもさることながら、大人の色香がそこかしこにプンプン。 初めてお目見えした乳首は小ぶりで、乳輪の大きさ・形・色もほどよい。 男性ならば思わず生ツバごっくんしてしまうことだろう。 道端本人は「今回、リスタートするにあたって、モデルである自分の美を生かして、今までしたことのない、思い切ったことをしたいなと思った」とコメントした。 新境地に至ったカリスマは前しか見ていない。 福井県出身。 97年モデルデビュー。 2005年から13年まで女性ファッション誌「S Cawaii!」の専属モデルを務め「東京ガールズコレクション」などファッションショーに多数出演。 タレントとしても活動する。 22日発売の「週刊大衆」でも掲載。 外部サイト.

次の

道端アンジェリカ、勘違い発言に批判殺到「お金ない人は性格悪い」「結婚相手は年収5千万」

アンジェリカ 炎上 中

本紙のインタビューに明らかにしたもので、夫とは別居し、離婚協議に入ったことも涙ながらに告白。 仕事復帰の理由は1歳11カ月の長男の存在で「私が育てます。 シングルマザーとして頑張ります」と明かした。 「夫とは離婚協議中で、離婚届は1カ月前に判を押して送ってます。 小さい子供がいるので生活していかなきゃならない。 私一人で育てていくので仕事を再開したいと思うようになったんです」 メディアへの登場は8カ月ぶり。 この間に新型コロナの感染拡大もあり「芸能人の友達がSNSでメッセージを出して社会貢献している中、それをやっちゃいけないような存在になっている自分がつらかった」と明かした。 事件があったのは昨年8月。 飲食店経営の夫(38)が会社役員の知人男性を「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定口座に35万円を振り込ませた疑い。 2カ月後に夫は逮捕されたが、恐喝現場に道端も同席していたことが判明。 「あれは全くの誤解で事実ではありません」と、疑惑の当事者である道端が初めて真相を明かす。 「友人女性を含めた4人でランチに行き、その後カラオケに行こうとなり、夫のお店に4人全員で行ったんです。 だから部屋には夫も何度も来たし、密会なんかしていない」と強調。 男性とイチャついていたことは「イチャついていたのではなく子供を産んでからほとんどお酒を飲んでいなかったので、はっちゃけ過ぎてしまった。 夫はそんな私の姿を初めて見たので怒ったんです。 その場で夫婦ゲンカになり、それを見てみんな帰っちゃったんです。 その一部始終が写った部屋の防犯カメラを警察に提出したので、私は事件に一切関係がないとして不起訴になりました」。 その場では、お金を請求する場面は一切なかったそうで「録音が全部残っていたので、夫も不起訴になったのだと思います。 でも、私が夫を怒らせたことが原因であることに変わりはないです」と反省。 ただ、離婚にまで発展したことには「夫にケータイを取られ、連絡先も全部消され、彼が逮捕されるまでの2カ月間は夫の怒りで大変でした。 詳しいことは協議中なので…」と声を震わせ、涙がこぼれ出た。 既に出版社から仕事の依頼が来ているという。 その言葉を胸に歩んでいきたい」と話した。 事件の端緒となった同8月6日に、この男性と道端が夫の経営する飲食店でイチャついていたことが判明。 美人局疑惑が報じられたものの「なぜ、わざわざ夫の店で密会したのか」などの疑問が浮上。 夫との共謀が疑われた道端も、逮捕された夫も不起訴に。 道端は育児に専念したいなどの理由で休業した。 アルゼンチン人の父親と日本人の母親を持ち、全員がモデルとして活躍する「道端3姉妹」の三女。 05年から起用された雑誌「S Cawaii!」で人気に。 日本テレビ「ヒルナンデス!」などのテレビでも活躍。 夫とは17年12月に結婚。 外部サイト.

次の

【ラストイデア】『アンジェリカ炎上中!?』イベント開催!詳細まとめ

アンジェリカ 炎上 中

最近テレビ番組で「結婚相手に求める年収は5000万円以上」と発言し大炎上しました。 その後年収2000万円と速攻で下方修正したものの、「何様やねん!」と総スカンを食らっている彼女。 そんなアンジェリカがまたしてもInstagramでやらかしました。 なんと自身のInstagramに金髪刈り上げの人物とのキス写真をアップ、実は数日前に彼氏はいますと公表した直後だったため、噂の彼氏かと、またしても世間をザワつかせたのでした。 ハーフモデルの中でも郡を抜いてスタイルが良く、姉妹と言うキャラクターで存在感も十分な彼女ですが、どうしてこうも最近炎上発言や過激な行為が目立つのか、今日は彼女を炎上へと走らせる3つの理由について考えたいと思います。 道端アンジェリカの姉ジェシカ(30)は、昨年F1レーサーのジェンソン・バトン氏(35)と結婚しまし、正真正銘のセレブの仲間入りをしました。 本心は定かではありませんが、年の近い姉が先に結婚し、自身もまさに適齢期となると心中穏やかではないのが想像できます。 そして相手が正真正銘のセレブです。 祝う気持ちと格差に凹む気持ちが混在し、彼女を女性として変に焦らせても不思議ではないでしょう。 元々ハーフタレントの出演枠は1番組に1名と言われています。 にも関わらず現在ハーフタレントは男女どちらも飽和状態。 彼女には抜群のプロポーションとモデル時込みのセンスがあると言う方もいますが、タレントとして活動する上で、プロポーションはそこまで武器になりません。 むしろハーフタレントにモデル出身者が多いため、アンジェリカに特別有利な状況ではないのです。 現在ハーフタレント枠は激戦とお話しましたが、国民的タレントのベッキーは別格として、ローラ(25)、ダレノガレ明美 25 、マギー 23 辺りに現在勢いがあります。 オネエに毒舌がワンセットなように、ハーフタレントにはぶっちゃけ力が今やワンセット。 そこでアンジェリカの炎上発言に戻るのですが、年収を高く宣言したりシッターさんがいないと子育てはしたくないと公言すること、Instagramにキス写真をアップすることは全て彼女なりのぶっちゃけ力のアピールなのかもしれません。 それらが残念ながらいい感じに発動していないのは、アンジェリカの発信力の未熟さ故ですが、こうした目線で見ると、彼女の最近の活躍も、温かい目で見られるのではないでしょうか。 しかし知名度的に見ると長女カレン<三女アンジェリカ<次女ジェシカの順番に知名度があるようです。 つまり一人の女性モデルでありタレントとしてアンジェリカが人生を歩むためには、このハーフタレントの激戦を生き抜くことと、姉妹のくくりから抜けることが、現在最重要課題なのかもしれません。

次の