和歌山競輪 特徴。 2020年 和歌山競輪 高松宮記念杯競輪(G1)の情報が丸分かり

和歌山競輪場(和歌山県)の基本情報とライブ、開催日程、場外発売、予想ほか

和歌山競輪 特徴

ヤマセイ杯とは? 和歌山競輪場で現在開催されている「サンケイスポーツ創刊65周年記念 日本名輪会カップ ヤマセイ杯」。 「ミスター競輪」と呼ばれた中野浩一氏が登場する以前に、輪界の第一人者であった「ヤマセイ」こと山本清治氏の名前を冠したこのシリーズは、大阪・岸和田競輪場を主戦場に活躍した同氏の功績を称えるために、2011(平成23)年に創設されたF1シリーズの競輪であり、今回は同競輪場が長期改修工事に入っている関係で、舞台を和歌山競輪場に移して行われているものです。 一昨日13日に初日を迎え、本日がその決勝。 ここではその決勝戦(第9レース)を展望すべく、予想を展開したいと思います。 メンバー紹介 今回、決勝に駒を進めたメンバーは、以下の7名です。 枠 番 名前 1 1 石塚輪太郎(和歌山・S1・逃) 2 2 古性 優作(大阪・S1・両) 3 3 近藤 保(千葉・S1・追) 4 4 野口 裕史(千葉・S1・逃) 5 5 藤田 勝也(和歌山・S2・両) 6 6 福永 大智(大阪・S2・逃) 7 7 小森 貴大(福井・S2・逃) 石塚輪太郎 初日特選では最終周回で、逃げる南関東勢を追い越そうとするも、途中でブロックされて逃げる野口裕史を追い越せずにズルズル下がってしまうが(7着)、2日目準決勝では、今野大輔(愛媛)に道中しつこく付きまとわれるものの、何とかその攻撃を交わして車列を捌き2着に入り込む。 地元和歌山の選手でもあり、ここは負けられない戦いか。 古性優作 初日特選では、前述石塚を利した戦いを企図するも、石塚が逃げ選手を追い越せず1センター付近で売り切れると、すかさず切り替えて自力で捲って1着。 2日目準決勝は、中部勢にインコースでフタをされるも、最終周回そのフタを破り、前を行く徳島両者の攻撃を跳ね返してバックで先頭に立つと、そのままゴールして強さを見せつけた。 決勝でも1番人気必至であり、完全優勝の目も見えてきた。 近藤 保 初日特選では、逃げる野口を利して前前でレースを展開し、迫り来る地元和歌山の石塚を抑え込んで有利な戦いを進めて2着入線。 2日目準決勝はラインの選手が不在で孤独の戦いを強いられるが、前を行く徳島勢の後ろに付けながらも、最終周回で車列がバラけたところを直線強襲して3着入線。 レース運びの上手さが垣間見られた。 決勝でも逃げる同県の野口を利しながら、道中流れを見て動くことが予想されるため、一番クサい選手としてマークしておく必要がありそうだ。 野口裕史 初日特選では果敢に先行して主導権を奪い、地元石塚の攻撃を抑えて同県近藤の2着をアシスト(6着)。 2日目準決勝では、打鐘周回・バックスタンド前で先頭を奪い、一気にそのまま1周半を凌ぎ切って1着入線。 最終周回2センターで、後ろを走る福永大智(大阪)の追撃を振り切っての勝利は、強さと地足の凄さを見せつけた。 決勝もバックから主導権を奪いに行く戦法と思われ、準決勝での強さを再現できるか注目される。 藤田勝也 初日予選では、逃げる福永の番手に付けて、後ろから追撃する四国勢を抑え込んでそのままレースの主導権を握り、直線で福永を差して1着入線。 2日目準決勝では、道中で他選手に競られながらも、力でこれを捻じ伏せた古性の番手に付け、直線で古性をあわや交わし去るかと思わせる勢いで2着入線。 決勝は逃げ争いが激化すると思われるため、道中どう車列を捌くかが注目される。 福永大智 初日特選では、最終周回で先頭に立ち、他車を寄せ付けない速さで突き放し、藤田とともに近畿勢ワンツーフィニッシュを決める。 2日目準決勝では、逃げる野口の番手がポッカリ空いた隙を突いて、形的には野口の番手に収まり、そのまま交わすかと思いきや、野口の抵抗に遭って2着止まり。 決勝は古性のアシストに回るべく、準決勝に続いて再び野口との対戦となるが、主導権争いをどう展開するかが楽しみだ。 小森貴大 初日予選では、打鐘周回・バックスタンド過ぎで先頭に立って主導権を奪い、ゴール前で番手の栗山俊介(奈良)に差されるも2着を確保。 2日目準決勝も同様にバックスタンド過ぎてから主導権を奪い、そのまま1周半先頭に立って1着入線。 決勝では野口・福永らとの主導権争いになると予想されるが、地元和歌山勢2車の後方支援が付く模様で、有利な戦いが展開できそうだ。 ラインと買い目 ラインとしては、以下の並びが予想されます。 6・2 4・3 7・1・5 恐らく今回もバック逃げを得意の戦法とする野口が、バックスタンド辺りで戦いを仕掛けそうですが、その戦法を知っている福永・小森両者も、そう簡単に逃がしてくれるとは思えず、先行争いが激化しそうです。 そうなると狙い目は車列捌きが得意そうな選手。 自在に動ける選手として、近藤保(千葉)を本命に挙げたい。 「ウマ」として同県の野口を利する戦いが見込まれるが、初日特選での戦いぶりを見てもわかるように、いざという時はその野口を捨てて戦える選手で、その老獪な戦術が混戦のレースでは必ず活きるはず。 相手は近畿の古性が筆頭も、3人で戦える有利さを持つ地元和歌山の石塚にも注意が必要でしょう。 買い目(3車単マルチ) 3=2=1,5,7 3=1=2,5,7 3=7=1,2,5 競輪ランキング.

次の

和歌山市

和歌山競輪 特徴

KEIRINひろば 競輪おもしろ講座 全国バンク情報 中・四国地区 玉野競輪場(61 ) 岡山県玉野市築港5-18-1 見なし直線距離 47. 3m バック幅員 9. 3m センター幅員 7. 広島競輪場(62 ) 広島県広島市南区宇品海岸3-6-40 見なし直線距離 57. 5m バック幅員 8. 5m センター幅員 7. 西風が強くなる冬はバックで向かい風になることが多い。 防府競輪場(63 ) 山口県防府市国分寺町8-2 見なし直線距離 42. 2m バック幅員 9. 1m センター幅員 7. 競りはインが多少有利。 しかし、好位回りでも差し脚のスピードがないと番手回りでも2着、3着に・・・。 早めの捲りは最終ホームから、2センターから直線は中バンクが伸びるので捲り追込みが有効。 高松競輪場(71 ) 香川県高松市福岡町1-4-46 見なし直線距離 44. 0m バック幅員 9. 0m センター幅員 8. 傾斜角度はきつく、コーナーで登る感じが強い。 観音寺競輪場(72 ) 香川県観音寺市琴浪町2-1-3 見なし直線距離 54. 0m バック幅員 9. 0m センター幅員 7. 西風が強くなる冬はバックで向かい風になることが多い。 小松島競輪場(73 ) 徳島県小松島市横須町5-57 見なし直線距離 55. 3m バック幅員 9. 3m センター幅員 8. 逃げ・捲りが同じように決まるし、特に伸びるコースもない。 競りは外側が若干有利。 高知競輪場(74 ) 高知県高知市大原町45 見なし直線距離 52. 0m バック幅員 10. 5m センター幅員 6. 500バンクにしては先行選手が逃げ残るバンクである。 松山競輪場(75 ) 愛媛県松山市市坪西町796-6 見なし直線距離 58. 3m バック幅員 9. 3m センター幅員 7. 高速バンクで、タイムもかなり出るため回転型の自力選手には有利である。 川沿いの上にバック側に建物がないため、風がかなり影響すると思われる。 Copyright C 2007 KEIRIN-HIROBA All Rights Reserved.

次の

和歌山市

和歌山競輪 特徴

和歌山競輪場は、和歌山市の中心にあります。 交通機関も充実しており、南海電鉄「和歌山市駅」から徒歩で行くこともできるので、大阪方面からも気軽に行きやすいのが特徴です。 今回は、和歌山競輪場の歴史や特徴、周辺のおすすめ情報をご紹介します。 和歌山競輪場の歴史・概要 和歌山競輪場は1949年に開設され、全国21番目、近畿では6番目の競輪場として誕生しました。 1999年には日本最後となったクロソイド曲線のバンクを改修し、現在のマコンネル曲線のバンクに全面改修しました。 開設記念競輪として「和歌山グランプリ」が開催されています。 また、開催2日目のシード優秀競走は、世界遺産に認定された和歌山の名所「熊野古道」にちなんで、「熊野古道賞」と呼ばれています。 和歌山競輪ファンクラブ「わかちゃんファンクラブ」に加入すると、 初心者&上級者向けセミナーや競輪場バックヤードツアーといった貴重な体験ができる会員限定イベントに参加できます。 和歌山競輪場のバンク・コースの特徴・決まり手 見なし直線59. 9mと長めの400mです。 クセがなく、どの脚質の選手にもチャンスが訪れやすく、逃げが有利のバンクといわれています。 1着決まり手:逃げ20%、捲り36%、差し44% 2着決まり手:逃げ15%、捲り19%、差し28%、マーク38% 和歌山競輪場の施設紹介 ・メインスタンド 入口すぐに1993年に完成したメインスタンドがあります。 開放的で広々としたスペースを確保しました。 メインスタンド前がスタート・ゴール地点なので、レースの臨場感を間近で味わうことができます。 2階にはわかちゃんスタジオがあり、CS放送で競輪情報を発信しています。 3階には有料の特別観覧席があります。 冷房完備の室内で、各席テーブルとソファーが付いているので、ゆったりとくつろぎながら競輪が楽しめます。 また、1階には第2投票所、お客様相談室、特別観覧席の指定券売所があります。 ・新投票所 2016年にできた新投票所は、建物すべてに紀州材を使用した大規模木造建物です。 最大800人が収容可能なワンフロア空間で、大型100インチモニター4台を設置。 空調完備の快適な空間で、大画面で映し出される迫力のあるレース映像を楽しめます。 ・レディースルーム&ファミリールーム メインスタンド左側の施設には、入場無料のレディース・ファミリールームと子供が遊べるキッズルームが併設されているファミリールームがあり、 女性だけの来場や子供連れの家族も安心して観戦できるスペースとなっています。 女性専用トイレがあるのも嬉しいポイントです。 ・わかちゃんホール メインスタンドのバンクに向かって右手側には、わかちゃんホールという大きな施設があります。 特設ステージがあるので著名人を招いたショーや抽選会などの、場内イベントを行う際に使用されています。 また、救護室もわかちゃんホール内にあります。 ・ガイダンスコーナー 南門と東門の間にあります。 初心者の方から競輪上級ファンも知っておきたい和歌山競輪情報を教えてもらえます。 また、ガイダンスコーナーの隣には、食堂・手荷物預かり所があります。 和歌山競輪場の駐車場・駐輪場情報 無料で利用できる隣接駐車場があり、610台駐車することができます。 和歌山競輪の主な地元所属選手(S級1班) 石塚 輪太郎・稲毛 健太・椎木尾 拓哉・中西 大・中野 彰人 など。 和歌山競輪の主なガールズケイリン選手 山本 知佳。 和歌山競輪のマスコット 和歌山競輪のマスコットキャラクターは、「わかちゃん」です。 現在では、和歌山放送ラジオで「夕暮れわかちゃん倶楽部」という5分番組の放送や場内イベントの他、 わかちゃんにまつわるイベントが数多く行われています。 和歌山競輪場やその周辺の食事・グルメ・観光スポット 和歌山競輪場の近辺ではおすすめの観光スポットとグルメがあります。 その中からいくつかご紹介します。 ・和歌山城 和歌山へ行く際はぜひ和歌山城へ行ってみてはいかがでしょうか。 和歌山市の中心地にあり、「和歌山市駅」からも徒歩10分で行けるので、競輪帰りにもすぐに立ち寄ることができます。 和歌山城は、江戸時代には水戸・尾張と並ぶ「徳川御三家」の城として栄えたといわれている由緒正しき建物で、 戦後に一部改修されましたが、天守台の石垣などは400年ほど前のものがそのまま残っていると考えられています。 当時、藩主と付き人だけが渡るための橋として作られた「御橋廊下」が復元されており、 全国的にも珍しく、多くの歴史ファンからも注目を集めています。 ・和歌山県の特産品「梅干し」 和歌山県は、梅の代表品種である紀州梅「南高梅」の発祥の地として有名です。 上質な梅の香りと甘酸っぱくもやさしい味わいが、全国でも人気を呼び、お土産として購入する方も多いです。 和歌山県内ではお土産探しにもおすすめの梅専門店や、梅バーガーといったここでしか味わえない風代わりなメニューを取り揃えるお店もあります。 和歌山県で梅グルメ巡りをするのも楽しめるのではないでしょうか。 和歌山競輪場は県内の中心地にあり、競輪観戦後に楽しめる観光やグルメの幅も広いので、1日かけて巡るのがおすすめです。 ぜひ和歌山競輪場へ行く際は、競輪と一緒に近辺の魅力的なスポットを訪れてみてはいかがでしょうか。

次の