こはいかに 口語訳。 小式部内侍が大江山の歌の事・ 現代語訳・品詞分解・読み方

「古今著聞集(ここんちよもんじふ):能は歌詠み」の現代語訳(口語訳)

こはいかに 口語訳

[大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天の橋立] と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」 とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠みの世に覚え出で来にけり。 これはうちまかせての理運のことなれども、かの卿の心には、これほどの歌、ただいま詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 大江山の現代文 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合わせがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、 歌を 詠んだのを、定頼中納言がふざけて、小式部内侍が 局に いた時に、 「丹後 の母のもと へおやりになった人は 帰って 参りましたか。 どんなにか待ち遠しくお思いのことでしょう。 」 と言って、局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり 身を 乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 [大江山を越え、生野を通って行く道のりが 京から 遠いので、 母がいる丹後の 天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、 母からの 手紙もまだ見ていません。 ] と詠みかけた。 定頼は 思いもかけぬことに驚いて、 「これはまぁなんとしたことだ。 こんな =当意即妙に歌を詠む ことがあろうか、いや、あるはずはない。 」 とだけ言って、返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 こうしたことは、ごく普通の当然のことであったけれど、あの卿の心の中には、これほどの歌をすぐに詠み出すことができるとは、おわかりにならなかったのであろうか。 大江山の単語・語句解説 [妻にて] 妻として。 「にて」は資格を表す格助詞。 [遣はしける人] おやりになった人。 [参りたりや] 帰って参りましたか。 [心もとなく] 待ち遠しく。 [思す] お思いになる。 「思ふ」の尊敬語。 [局] 女房や女官のいる部屋 [御簾] すだれの敬称。 [遠ければ] 遠いので。 [かかるやうやはある] こんなことがあろうか。 [歌詠み] 歌を詠む人。 [覚え出で来にけり] 評判が高くなったということだ。 [うちまかせての] ごく普通の。 答え:小式部内侍が定頼中納言の袖をひかへた。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は十訓抄の大江山についてご紹介しました。 その他については下記の関連記事をご覧下さい。

次の

大江山(古今著聞集) 原文

こはいかに 口語訳

【作者】 未詳( 六波羅二臈 ろくはらにろう 左 ざ 衛門 えもん 入道 にゅうどう ともいわれている) 【成立】 鎌倉時代(1252年)〔鎌倉時代は1185~1333年〕 【ジャンル】 説話集(民間に伝わる話や物語のこと) 【別タイトル】 「大江山の歌」など 「大江山」は高校生の教科書にはほとんど載っており、文章の難易度はそれほど高くまりません。 ここでは和歌の修辞法である 掛詞についてしっかりと学んでほしいと思います。 教員の方はコピペ等で教材づくりに有効活用してください。 概要 和泉式部が夫の保昌と丹後に下っていたときに、前夫との娘である小式部内侍が、京での歌合せに選ばれた。 京では、定頼中納言が、小式部内侍のいる 局 つぼねを通るときに、ちょっかいをかけたが、小式部内侍が即興で詠んだ歌に驚き、返答もせずに逃げて行った。 これより小式部内侍は歌詠みの世界で評判になった。 解説 本文 和泉式部 いづみしきぶ 、 保 やす 昌 まさ が 妻 め にて 丹後 たんご に下りけるほどに、京に 歌合 うたあわせ ありける に、 小式部内 こしきぶない 侍 し 、歌詠みにとられて詠みけるを、 定頼 さだよりの 中納言 ちゅうなごん たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなく 思 おぼ すらむ。 」と言ひて、 局 つぼね の前を過ぎられけるを、 御簾 みす よりなからばかり出でて、わづかに 直衣 なほし〔のうし」 の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず 天 あま の 橋立 はしだて と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるようやはある。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 これはうちまかせての 理 り 運 うん のことなれども、かの 卿 きやう の心には、これほどの歌、 ただいま詠み出だすべしとは知られざりけるにや。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 『和泉式部日記』を書く。 なお前夫は 橘 たちばなの 道 みち 貞 さだ。 このころ 丹後 たんご 守 のかみ であった。 今の京都府の北部。 公 きん 任 とう の子。 外から見えないようにする。 どれほど。 じれったい。 あきれる。 「やは」の形のときは反語になることが多い。 「~であろうか」など訳す。 現代語訳 【現代語訳のみ】 和泉式部が、保昌の妻として丹後に下っていたころに、京で歌合せがあった(のだが、その)とき、(和泉式部の娘の)小式部内侍が歌詠みに選ばれて詠んだところ、定頼中納言がふざけて、(局に)小式部内侍がいたときに、「(お母様に歌を詠んでもらうために)丹後へ遣わした人は参上しましたか(=帰ってきましたか)。 (あなたはその手紙を)どれほど待ち遠しくお思いでしょう。 」と言って、局の前を通り過ぎなさったのを、(小式部内侍は)御簾から半ば身を乗り出して、すこし(定頼中納言の)直衣の袖を引きとどめて、 大江山を超えて生野を通っていく道は遠いので、まだ天の橋立へ踏み入ってみたこともありませんし、母からの文も見ていません。 と詠みかけた。 (定頼中納言は)意外なことで驚いて、「これはどういうことでしょうか。 このようなことがあるのでしょうか、いやないでしょう。 」とだけ言って、返歌もできずに、袖を引っ張って逃げなさった。 小式部内侍はこのときより歌詠みの世界に評判が広まった。 このことは(小式部内侍にとっては)ありふれた当然なことなのですが、この定頼卿の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとはお分かりにならなかったのでしょうか。 【現代語訳と本文】 和泉式部が、保昌の妻として丹後に下っていたころに、京で歌合せがあった(のだが、その)とき、(和泉式部の娘の)小式部内侍が歌 和泉式部 いづみしきぶ 、 保 やす 昌 まさ が 妻 め にて 丹後 たんご に下りけるほどに、京に 歌合 うたあわせ ありけるに、 小式部内 こしきぶない 侍 し 、歌 詠みに選ばれて詠んだところ、定頼中納言がふざけて、(局に)小式部内侍がいたときに、「(お母様に歌を詠んでもらうために)丹後へ遣わ 詠みにとられて詠みけるを、 定頼 さだよりの 中納言 ちゅうなごん たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣は した人は参上しましたか(=帰ってきましたか)。 (あなたはその手紙を)どれほど待ち遠しくお思いでしょう。 」と言って、局の前を通り過ぎなさったのを、 しける人は参りたりや。 いかに心もとなく 思 おぼ すらむ。 」と言ひて、 局 つぼね の前を過ぎられけるを、 (小式部内侍は)御簾から半ば身を乗り出して、すこし(定頼中納言の)直衣の袖を引きとどめて、 御簾 みす よりなからばかり出でて、わづかに 直衣 なほし〔のうし」 の袖をひかへて、 大江山を超えて生野を通っていく道は遠いので、まだ天の橋立へ踏み入ってみたこともありませんし、母からの文も見ていません。 大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず 天 あま の 橋立 はしだて と詠みかけた。 (定頼中納言は)意外なことで驚いて、「これはどういうことでしょうか。 このようなことがあるのでしょうか、いやないでしょう。 」とだけ と詠みかけけり。 思はずに、あさましくて、「こはいかに。 かかるようやはある。 」とばかり言って、返歌もできずに、袖を引っ張って逃げなさった。 小式部内侍はこのときより歌詠みの世界に 言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠みの世に 評判が広まった。 おぼえ出で来にけり。 このことは(小式部内侍にとっては)ありふれた当然なことなのですが、この定頼卿の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、 これはうちまかせての 理 り 運 うん のことなれども、かの 卿 きやう の心には、これほどの歌、 即座に詠むことができるとはお分かりにならなかったのでしょうか。 ただいま詠み出だすべしとは知られざりけるにや。 (あなたはその手紙を)どれほど待ち遠しくお思いでしょう。 (定頼中納言は)意外なことで驚いて、「これはどういうことでしょうか。 このようなことがあるのでしょうか、いやないでしょう。 」 と詠みかけけり。 」 とだけ言って、返歌もできずに、袖を引っ張って逃げなさった。 小式部内侍はこのときより歌詠 とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部、これより歌詠 みの世界に評判が広まった。 品詞分解 単語 品詞等 和泉式部、 名詞 保昌 名詞 が 格助詞 妻 名詞 にて、 格助詞 丹後 名詞 に 格助詞 下り 動詞・四段・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 ほど 名詞 に、 格助詞 京 名詞 に 格助詞 歌合 名詞 あり 動詞・ラ変・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 に、 格助詞 小式部内侍 名詞 歌詠み 名詞 に 格助詞 とら 動詞・四段・未然形 れ 助動詞・受身・連用形 て 接続助詞 詠み 動詞・四段・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 を、 格助詞 定頼中納言、 名詞 たはぶれ 動詞・下二段・連用形 て、 接続助詞 小式部内侍 名詞 あり 動詞・ラ変・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 に、 格助詞 丹後 名詞 へ 格助詞 遣はし 動詞・四段・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 人 名詞 は 格助詞 参り 動詞・四段・連用形 たり 助動詞・完了・終止形 や。 係助詞・疑問 いかに 副詞 心もとなく 形容詞・ク・連用形 思す 動詞・四段・終止形 らむ。 助動詞・現在推量・連体形 と 格助詞 言ひ 動詞・四段・連用形 て、 接続助詞 局 名詞 の 格助詞 前 名詞 を、 格助詞 過ぎ 動詞・上二段・未然形 られ 助動詞・尊敬・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 を 格助詞 御簾 名詞 より 格助詞 なから 名詞 ばかり 副助詞 出で 動詞・下二段・連用形 て、 接続助詞 わづかに 形容動詞・ナリ・連用形 直衣 名詞 の 格助詞 袖 名詞 を 格助詞 ひかへ 動詞・下二段・連用形 て、 接続助詞 大江山 名詞 いくの 掛詞 の 格助詞 道 名詞 の 格助詞 遠けれ 形容詞・ク・已然形 ば 接続助詞 まだ 副詞 ふみ 掛詞 も 係助詞 見 動詞・上一段・未然形 ず 助動詞・打消・終止形 天の橋立 名詞 と 格助詞 詠みかけ 動詞・下二段・連用形 けり。 助動詞・過去・終止形 思はずに 形容動詞・ナリ・連用形 あさましく 形容詞・シク・連用形 て、 接続助詞 「こ 代名詞 は 係助詞 いかに。 副詞 かかる 連体詞 よう 名詞 やは 係助詞・反語(係) ある。 」 動詞・ラ変・連体形(結 と 格助詞 ばかり 副助詞 言ひ 動詞・四段・連用形 て、 接続助詞 返歌 名詞 に 格助詞 も 係助詞 及ば 動詞・四段・未然形 ず、 助動詞・打消・連用形 袖 名詞 を 格助詞 引き放ち 動詞・四段・連用形 て 接続助詞 逃げ 動詞・下二段・未然形 られ 助動詞・尊敬・連用形 けり。 助動詞・過去・終止形 小式部、 名詞 これ 代名詞 より、 格助詞 歌詠み 名詞 の 格助詞 世 名詞 に 格助詞 おぼえ 名詞 出で来 動詞・カ変・連用形 に 助動詞・完了・連用形 けり。 助動詞・過去・終止形 これ 代名詞 は 係助詞 うちまかせて 副詞 の 格助詞 理運 名詞 の 格助詞 こと 名詞 なれ 助動詞・断定・已然形 ども、 接続助詞 か 代名詞 の 格助詞 卿 名詞 の 格助詞 心 名詞 に 格助詞 は、 係助詞 これ 代名詞 ほど 副助詞 の 格助詞 歌、 名詞 ただいま 副詞 詠み出だす 動詞・四段・終止形 べし 助動詞・可能・終止形 と 格助詞 は、 係助詞 知ら 動詞・四段・未然形 れ 助動詞・尊敬・未然形 ざり 助動詞・打消・連用形 ける 助動詞・過去・連体形 に 助動詞・断定・連用形 や。 係助詞 和歌の修辞法 【修辞法】 〇掛詞 「いくの」…地名の「生野」と「行く」 「ふみ」…「文」と「踏み」 〇四句切れ 〇倒置法…四句目と五句目が倒置 〇体言止め…「天の橋立」 〇縁語…「踏み」は「橋」の縁語 参考 ・教科書『新編古典B』(2015)東京書籍 ・教科書『古典B古文編』(2017)数研出版 ・『明治書院版教科書ガイド新精選古典B古文編』(2019)真珠書院 ・『原色小倉百人一首』(2016)文栄堂 無料教材 自己の責任のもとでご使用ください。 著作権を放棄するものではありません。 教育目的に限りご使用ください。 教材等の中身に不備があった場合、みかたんごまでご連絡ください。 内容に不備がある場合がありますので、一応、内容を精査したのちのご使用をお勧めします。

次の

十訓抄『大江山』現代語訳

こはいかに 口語訳

古今著聞集 「衣のたてはほころびにけり」 伊予守 源頼義の朝臣、貞任(さだとう)・宗任を攻むる間、陸奥に十二年の春秋を送りけり。 鎮守府を立ちて、秋田の城に移りけるに、雪、はだれに降りて、 軍の男どもの鎧みな白妙になりにけり。 衣川の館、岸高く川ありければ、盾をいただきて甲に重ね、筏を組みて攻め戦ふに貞任ら耐へずして、つひに城の後ろより逃れ落ちけるを、一男八幡太郎義家、衣川に追ひ たて攻め伏せて、 「きたなくも、後ろをば見するものかな。 しばし引き返せ。 もの言はむ。 」 と言はれたりければ、貞任見返りたりけるに、 「衣のたてはほころびにけり」 と言へりけり。 貞任くつばみをやすらへ、しころを振り向けて、 「年を経し糸の乱れの苦しさに」 と付けたりけり。 その時義家、はげたる矢をさしはづして帰りにけり。 さばかりの戦ひの中に、やさしかりけることかな。 【口語訳】 伊予の守源頼義が阿倍貞任や宗任らを攻めるうちに、陸奥で十二年の年月が流れた。 鎮守府を出発して秋田の城に移れば、雪ははらはらと降って、軍の武士たちの鎧(よろい)がすっかり白くなってしまった。 衣川の館は、川岸が高かったので、楯を頭の上に乗せて兜に重ね、筏を組んで攻めると、貞任らは堪えられなくて、遂に城の後ろから逃げ出したのを、源義家が衣川に追いつめて攻撃をして、 「卑怯にも、後ろ姿を見せることだなあ。 ちょっと引き返せ。 言いたいことがある」と声を掛けた。 すると、貞任が振り返ったので、義家は、 「衣のたてはほころびにけり」 と言った。 貞任は馬のくつわを緩め、かぶとを振り向けて、 「年を経し糸の乱れの苦しさに」 と付けた。 その時、義家は弓につがえていた矢をはずして帰ってしまった。 あれほどの戦闘の中で風流であったことだよ。 「たて」は掛詞、縦糸の縦とやかたの館を掛ける。 衣の縦糸はほころんでしまった。 (衣川の館は陥落してしまった)となる。 すると、貞任は間髪(かんはつ)を入れず上の句、「年を経し糸の乱れの苦しさに」を付ける。 「いと」は掛詞、意図と糸を掛ける。 何年も経った糸の傷みが激しいので(長期にわたる作戦の乱れが甚だしいので)となる。 激しい戦闘の中でも、武士としての意地や誇りを忘れず、恥をさらすことを忌避した武士の姿がある。 ここに武士道の系譜の一端がある。 令和元年10月31日 記 古今著聞集 (能因法師と白河の関) 能因法師は、いたれるすきものにてありければ、 「都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関」 とよめるを、都にありながらこの歌をいださむことを念なしと思ひて、人にも知られず久しく籠もり居て、色をくろく日にあたりなして後、 「みちのくにのかたへ修行のついでによみたり」 とぞ披露し侍りける。 【口語訳】 能因法師は、とても風流人で、 「都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関」 と詠んだのを、都にいてこの歌を披露することは残念であると思って、人知れず家に籠もって日に当たって肌を焼いてから 「みちのくに修行したついでに歌を詠みました。 」と披露した。 現代と違い当時は、都を春に立っても秋に着くのであるから、まさしく「みちのおく」である。 福島県には、奥州三関の一つである「勿来の関」もある。 源義家はここで、「吹く風をなこその関と思へども道もせにちる山桜かな」(『千載和歌集』)と詠んでいる。 日本人の自然を畏敬する念が感じ取れる。 平成30年1月10日 記 古今著聞集「小式部内侍(こしきぶのないし)よみける」 和泉式部、保昌(やすまさ)が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに小式部内侍歌よみにとられてよみけるを、定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、 「丹後へつかはしける人は参りにたるや。 」 と言ひ入れて、局(つぼね)の前を過ぎられけるを、小式部内侍、御簾(みす)よりなかば出でて、直衣(のうし)の袖をひかへて、 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天橋立 とよみかけけり。 思はずにあさましくて 「こはいかに」 とばかり言ひて、 返しにも及ばず、袖をひきはなちて逃げられにけり。 小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。 思いもよらず驚いて 「これは何としたことか」 とだけ言って、返歌もできず、つかまれた袖を振り払ってお逃げになった。 小式部内侍はこれによって歌人としての世の評判が出てきたという。 小式部内侍の父親は橘道貞、和泉式部は彼と離婚後、藤原保昌と再婚している。 小式部内侍は26歳(異説あり)で亡くなってしまう。 和泉式部の悲しみは計り知れず、下記のような哀切な挽歌を詠んでいる。 「もろともに苔の下には朽ちずしてうづもれぬ名を見るぞ悲しき 」 「とどめおきて誰をあはれと思ふらむ 子はまさるらむ子はまさりけり」 この文章は、藤原定頼が小式部内侍をからかおうとして(和泉式部から添削した短歌が届いたかと揶揄した)、反対にやり込められたことを書いたものである。 小式部内侍は、母親の才能を引き継いでいたのである。 平成29年7月22日 記 古今著聞集(小式部内侍のわずらい) 同じ式部がむすめ小式部の内侍、この世ならずわづらひけり。 限りになりて、人の顔なども見知らぬほどになりて臥したりければ、和泉式部かたわらにそひゐて、ひたひたおさへて泣きけるに目をはつかに見あげて、母が顔をつくづくと見て、いきのしたに、 「いかにせむ行くべきかたもおもほえず親にさきだつ道を知らねば」 と弱りはてたるこゑにていひければ、天井のうへにあくびそしてやあらんとおぼゆるこゑにて、「あらあはれ」といひてけり。 さて、身のあたたかさもさめて、よろしくなりにけり。 【口語訳】 和泉式部の娘小式部内侍が、大変重い病になった。 もはやこれまでという状態になって、人の顔なども見分けられないほどになって臥せていた。 和泉式部が傍らにいて額を押さえて泣いていると、目をわずかに見上げて和泉式部をつくづくと見て、息の下で 「いかにせむ行くべきかたもおもほえず親にさきだつ道を知らねば」 (私はもはや生きられそうにありません。 親に先立って死ぬ不幸を思うと、どうした らよいか途方にくれるばかりです。 ) と弱った声で歌を詠んだ。 すると、天井からあくびをかみ殺したような奇妙な声で 「あらかわいそうに」 という声が聞こえた。 すると、熱もなくなって病が治ってしまった。 歌が神仏に奉納されて、慈雨を降らせ重病が治り、所有が安堵されるなど様々な功徳が与えられた。 ここにも和泉式部が娘の病を落胆し悲しむ母親の姿がある。 娘、小式部内侍は、和泉式部と共に一条天皇の中宮・彰子に出仕した。 そのため、和泉式部と区別するために、「小式部」という女房名で呼ばれるようになった。 和泉式部により先に亡くなってしまう。 彼女は、その悲しみを歌に残している。 「もろともに苔の下には朽ちずして埋もれぬ名を見るぞかなしき」 平成27年5月14日 記.

次の