焼肉ライク 池袋。 「焼肉ライク」の全メニューまとめ・味・ランキング!業界初の焼肉ファストフード!進撃のグルメ(デカ盛り・メガ盛り・特盛・大盛りetc)世界一のデカ盛り・大盛りグルメサイトを目指しています!!!

焼肉ライクで利用可能な電子マネーやクレジットカード・クーポンをまるっと紹介

焼肉ライク 池袋

「欲しかった、1人で行ける焼肉屋」 ぱっと焼肉を食べたい時に、1人で行きにくいのが焼肉屋。 だからつくりました、1人1台ロースター。 自分のペースで、自分の好きな焼き加減で。 無煙ロースターなので臭いや煙の気になるサラリーマンや女性の方にも安心です。 「TASTY! QUICK! VALUE! 焼肉のファストフード」 焼肉屋定番の冷麺やユッケ等は置きません。 シンプルに焼肉とごはん、ワカメスープ、キムチのみ。 シンプルメニューにより注文を受けてから3分以内にご提供。 お肉の原価も通常の焼肉店より高く、おいしい焼肉をどこよりもリーズナブルに提供することができます。 「選べる部位、選べる量、選べるたれ。 自分だけのカスタム焼肉。 」 焼肉の楽しみの一つは色々な部位を食べられる事。 焼肉ライクではあなた好みの部位、量、たれを選べます。 You Like! な組み合わせを探してみてください。

次の

一人焼肉「焼肉ライク」の利用方法や食べ方を解説!タッチパネルで簡単注文

焼肉ライク 池袋

さっそく新橋へ👍 新橋駅から 2分程度。 ほぼ駅前。 新しいお店に行列ができているということで、通りすがりの人も足を止めることが多かったです。 お店に到着時の様子。 7人ほど並んでいましたが、10分ほどで店内に入れました。 新店舗なので当然ですが、店内は清潔感があり、確かに焼肉店のワリにはニオイが抑えられていました。 もちろん、ニオイが「ゼロ」ではなく「控えめ」というだけなので、さすがに人と会う直前だと厳しそう。 一人一台 用意されている無煙ロースター。 おしぼりやメニューは、デスクの引き出しに入っています。 一般的な焼肉店よりはメニューの数が限られるものの、塩やタレ、ハーフサイズなども選べるので、物足りない印象は受けませんでした。 普通に美味しい!👍 注文してから、食事が到着するまでのスピードが実に速い。 「いま食べたい!!」そんな気持ちを裏切らないスピードです。 比較的高いメニューを選択しましたが、たったの 1,480円。 しかも、ライスの大盛りは無料。 焼肉ライクでの注文内容(お肉はすべてハーフサイズ) 豚トロ ¥230 国産牛カーペット ¥350 ザブトン(上ロース) ¥350 和牛上カルビ ¥580 牛タン ¥480 ごはんセット(中) ¥200 ごはんセット(大) ¥200 消費税 ¥191 合計(税込) ¥2,581 普通に美味しすぎて、思わず追加注文。 各メニューにハーフサイズが用意されているので、様々な部位を少しずつ楽しめます。 安くて早くて大満足!👍 牛タンが美味しすぎたので、キレイじゃないですが掲載しちゃいます。 話題性で足を運んでみた「焼肉ライク」でしたが、普通に満足。 もともと牛角のバッグボーンがあるおかげか、お肉も普通に美味しかったです。 開店してから、まだ 5日も経過していないハズですが、店員さんの対応もスムーズ。 1人焼肉だ…と言いながらも、2人で行ってしまったのですが、横並びで対応してくれました。 注文やお会計も、元気に笑顔で対応。 ドリンクや追加注文などしても、1人 2,000円以下。 まさに、早い!安い!美味い!が揃う、焼肉界のファーストフード。 支払いに現金しか利用できないのが残念ですが、焼肉が気軽に食べられるのは嬉しい限り。 新橋に来る機会があれば また食べに来ようかと思います。

次の

1人焼肉「焼肉ライク」開業5年で国内300店舗必達へ、9月から月間5店舗をオープン|食品産業新聞社ニュースWEB

焼肉ライク 池袋

オーダーカットのステーキチェーン『いきなり!ステーキ』が飲食業界にもたらした影響はあまりに大きい。 ステーキをファストフード化したことはもちろんのこと、おひとり様向けの食事の在り方を根本から変えたといって良いだろう。 そんななか、高級焼肉店『KINTAN』などを運営するダイニングイノベーションは、東京・新橋に手軽に焼肉を食べられる『焼肉ライク』を2018年8月にオープンした。 そして新橋店に続いて、11月29日には西新宿に新宿西口店をオープン。 実際に行ってみたところ、これは 焼肉のファストフード化が加速しそうな予感。 ・新宿西口店はあまり知られていない? 新橋店は開店当初、オープン記念価格で焼肉を提供していたこともあり、入店待ちの長い列ができていた。 ひょっとして新宿西口店も行列か? と思いきや、まだまだ知られていないらしく、スムーズに入店することができた。 席に着くと、焼肉に集中できる席のつくりをしている。 1人1台の無煙ロースターだ。 卓上にはタレが6種常備してあり、これを自分好みにアレンジするのだとか。 実はこのお店の席は、新橋店と異なる点が2つある。 1つは、席にウォーターサーバーが設置されていること。 そしてもう1つは、タッチパネルで注文ができることだ。 ちなみにメニューの「サービス」をみると、 網の交換が30円。 無料じゃないんだ……。 箸と紙おしぼりは引き出しに入っている。 ・焼き加減に注意 今回注文したのは、うす切りカルビセット300グラム(1190円)、スープとキムチ付き。 注文時にご飯の量を選ぶことができる。 今回はご飯少なめでお願いした。 それにサイドメニューでミニチョレギサラダ(280円)を付けた。 肉を焼くにあたって、1つ注意点がある。 ロースターは肉が出てくるより前に着火するのだが、焼く段階で火加減を「中」くらいにしておいた方が良さそうだ。 というのも、 火力強めなので、「強」にしていると肉を焼いた時にすぐに焦げ付いてしまう。 中くらいから焼き始めて、様子を見ながら火加減を調整すると良いだろう。 ・仕組みも雰囲気もいい! 実際に利用してみたところ、誰に気兼ねすることもなく、焼肉に没頭できるのが非常に良い! しかも、まるで一蘭の味集中カウンターのように、焼肉に全神経を注ぐことができる。 なおかつ! 無骨な男臭い店舗ではなく、ハンバーガーチェーンやカフェを思わせるようなカジュアルな店構え。 女性が1人で入ってもまったく違和感がない。 とはいえ、焼くのは自分。 食べるのも自分。 うかつに焼き過ぎると、肉が取り皿で渋滞を起こすので、ペース配分に気を付けよう。 シメは当然焼肉丼だ。 なお、肉は50グラム単位でカスタマイズできる。 単品注文も可能なので、慣れてきたら自分好みのセットを開発するのもアリかも。 今後、このお店のようなファスト焼肉のお店が増えそうだ。 2019年はファスト焼肉元年になるのかも? ・今回訪問した店舗の情報 店名 住所 東京都新宿区西新宿7-11-17 ブレステン西新宿1F 営業時間 11:00~23:00 Report: Photo:Rocketnews24.

次の