東京 都 大田 区 羽田 旭 町 11 1。 SUVACO羽田E(東京都大田区)の賃貸物件情報|タウンハウジング f

東京都大田区羽田旭町11

東京 都 大田 区 羽田 旭 町 11 1

大田区は、田園調布や山王といった高級住宅地を有していると同時に、庶民的な雰囲気をもつ工業の町でもあります。 そのため、東京23区のなかでは比較的少ない費用で老人ホームを利用できることが特徴です。 また、充実した電車・バス・道路の交通網に加え空港もあるため、大田区以外の地域からも来所しやすいエリアです。 東京23区のなかで最も広い面積を有する大田区の人口数は、平成29年(2017)年5月1日時点で72万人を超えており、23区のなかでは第3位です。 その人口の多さにともない高齢者も多く、年を追うごとにその数は増えつづけています。 大田区といえば数多くある小さな町工場が有名です。 そして、世界各国のさまざまな場所やもの、宇宙ロケットに至るまで、数々の重要なパーツづくりを担っている大田区の町工場は、昔ながらの職人さんたちに支えられています。 しかし、高齢でありながら元気に働く職人さんたちも、いずれは引退するときが訪れます。 そのようなことから、老人ホームの整備は大田区にとって重要な課題なのです。 大田区の大きな特徴といえば、町工場とならび、世界の玄関口として人や貨物が往来する羽田空港(東京国際空港)があることではないでしょうか。 羽田空港には法務省、財務省、国土交通省、厚生労働省、農林水産省などの出張所や事業所、支社などもあり、日本の重要な拠点であることがうかがえます。 なお、大田区はJR線、東急線、京浜線、東京モノレールといった鉄道や路線バスの公共交通網が充実しています。 ほか、第一京浜、第二京浜、湾岸道路など主要道路が多いので、車でのアクセスも便利です。 もちろん空港があるので地方からアクセスしやすいエリアでもあります。 また大田区には、庭園でコンサートなども開かれる「池上本門寺」や、日本画壇の巨匠・龍子の作品を展示している「龍子記念館」、「大森貝塚」など、地域に受け継がれてきた多くの文化財や史跡があります。 そのほか、ピクニックやスポーツ、長いすべり台や海苔の資料館などを楽しめる「大森ふるさとの浜辺公園」も人気です。 大田区は、常に500人を超える高齢者が入居待ちをしているという現状をふまえ、2018年度までに介護保険施設の定員を3000人に増やすとしています(2010年の時点では2160人)。 また、民間事業者が老人ホームやグループホーム事業へと参入する際の支援、職員への研修などにも積極的に取り組んでいます。 さらに、区役所が閉庁している夜間や休日に、介護の悩みや福祉に関する電話相談をしたいときは、「高齢者ほっとテレフォン」にて看護師やケアマネージャーが対応してくれるというシステムが整えられています。 そのほかにも、大田区では平成24(2012)年6月から高齢者の相談窓口となる地域包括支援センター(さわやかサポート)に高齢者見守りコーディネーターを配置し、高齢者のみの世帯などに対する「高齢者見守り・支え合いネットワーク」を推進しています。 例えば、ご近所の高齢者への声がけ、ちょっとしたお手伝いだい、異変に気づいたら窓口に連絡するなど、地域の皆さまが、日常生活や仕事のなかで地域の高齢者を見守っていくシステムです。 統計によると、大田区の65歳以上の人口は、平成29(2017)年の時点で163,895人となりました。 高齢化率(総人口に占める割合)は 22. 75%です。 また、また、75歳以上の人口は79,609人で高齢化率は11. 05%です。 区民9人に1人が75歳以上の高齢者となっています。 ちなみに平成26年度「大田区高齢者福祉計画」によれば、平成22(2010)年の高齢単身世帯数は34,690世帯となっており、平成2年の世帯数から比べると約2. 9倍増加しています。 このように大田区は、高齢者人口、高齢化率が増加傾向にあります。 そのうえ、23区のなかでは費用をおさえられてアクセスも便利なことから、区外からの流入も少なくはないでしょう。 そのため、これからさらに老人ホーム探しが困難になっていくエリアとも言えます。 しかしながら、高齢者施設に精通するプロフェッショナルであれば、一般の方に比べて情報量が圧倒的に違います。 大田区で老人ホームを探したいけれど、人気があるから難しいだろうと最初から諦めずに、お気軽にご相談ください。 大田区の人口数は平成29年(2017)年5月1日時点で72万人を超えており、23区のなかでは第3位。 面積においては23区のトップです。 世界に誇る製造技術をもつ町工場と、高級住宅街という2面性をもち、世界の玄関口である羽田空港も有しています。 陸・空いずれの交通アクセスも良いため、他県から訪れる際にも、区内で移動する際にも便利なエリアです。 高級住宅街もありますが、工場の町という庶民的なエリアでもあるため、老人ホームの費用は23区のなかでは低めに設定されています。 平均的に月額利用料が月20万円を切るものが多く、なかには、入居一時金0円、月額利用料が15万円前後というグループホームなどもあります。 地域に受け継がれてきた多くの文化財や史跡があります。 庭園でコンサートなども開かれる「池上本門寺」や「大森貝塚」などのほか、スポーツや遊具などを楽しめる「大森ふるさとの浜辺公園」も人気です。

次の

【ホームズ】大田区の賃貸「マンション1階の部屋」 物件一覧

東京 都 大田 区 羽田 旭 町 11 1

この節のが望まれています。 地名の由来 [ ] 『』では未詳とするが 、• を挟んだ土地の形が鳥の羽のように見える、肥沃なだったこと。 低湿地を意味する「埴田」(はにだ)、あるいは開墾地を意味する「墾田」(はりた)から転じた。 鳥の羽が落ちる田地だった。 など、さまざまな説が挙げられている。 催事 [ ] 羽田の祭りは大々的に行われており、地元ケーブルテレビ局のによる中継もある。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 羽田一丁目 1,156世帯 2,357人 羽田二丁目 1,074世帯 1,943人 羽田三丁目 1,373世帯 2,489人 羽田四丁目 1,585世帯 2,586人 羽田五丁目 1,914世帯 2,894人 羽田六丁目 1,262世帯 2,335人 計 8,364世帯 14,604人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 羽田一丁目 1〜4番 その他 羽田二丁目 全域 羽田三丁目 全域 大田区立羽田小学校 大田区立羽田中学校 羽田四丁目 全域 羽田五丁目 全域 羽田六丁目 全域 施設 [ ]• 本社(セガ羽田1号館・2号館)• 脚注 [ ] []• 大田区 2017年12月4日. 2017年12月15日閲覧。 2017年12月15日閲覧。 総務省. 2017年12月15日閲覧。 、P12~13。 、P8~9。 [ ]• 大田区 2016年5月30日. 2017年12月15日閲覧。 参考文献 [ ]• 『京急グループ110年史 最近の10年』、2008年。 「羽田村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ40ノ2、内務省地理局、1884年6月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

大田区ホームページ:創業支援施設

東京 都 大田 区 羽田 旭 町 11 1

地理 [ ] 大田区の南東部に位置する。 町域西部から北部にかけてに接する。 東部はに接し、になる。 南部はに接し、これを境にに接する。 町域北部から西部の境界上をが通っている。 羽田旭町は主にとして利用されている。 河川 [ ]• 歴史 [ ]• (昭和13年) - 羽田工場が置かれる。 (昭和42年) - を実施する。 (平成25年) - 荏原製作所羽田工場跡地にが竣工する。 町名の変遷 [ ] 実施後 実施年月日 実施前 羽田旭町 羽田旭町の一部 五丁目 羽田六丁目の全域、羽田旭町の一部 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 羽田旭町 318世帯 472人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 番地 小学校 中学校 全域 交通 [ ] 町域内にはないが、南部方向にあるの他、からの路線の利用ができる。 施設 [ ]• 本社・羽田事業所• 羽田東京• - 北部から西部の東糀谷との境界部にあたる。 脚注 [ ] [].

次の