13 星座 占い。 13星座早見表!誕生日ごとに区分け

へびつかい座(13星座目)とは?へびつかい座の神話や性格について

13 星座 占い

3000年以上も昔、地球に住んでいたバビロニア人。 彼らは黄道上で光り輝いている星座を12等分し、『黄道十二星座』を作りました。 バビロニア人は12ヶ月周期のカレンダーを使用していたので、各月に星座を当てはめたのです。 しかし、実際には黄道に13星座が存在していました。 12ヶ月分のカレンダーに数が合わないため、バビロニア人はへびつかい座を除外します。 その後も、へびつかい座は除外され続け、現在に至るのです。 ーより引用 へびつかい座を含めた『13星座占い』というコンテンツも存在しているため、知っている人は「なにを今さら!」と思うかもしれませんね。 ですが、テレビや雑誌で目にするものは12星座ばかり…。 「初めて知った!」という方も多いのではないでしょうか。 星座によって期間が大幅に違いますが、本来の星座占いは12等分したもの。 それに対し13星座占いは、黄道上での各星座の範囲をそのまま星座の期間としているためです。 『13星座占い』の場合、各星座の期間は以下の通り。 おひつじ座…4月19日~5月13日• おうし座…5月14日~6月20日• ふたご座…6月21日~7月19日• かに座…7月20日~8月10日• しし座…8月11日~9月15日• おとめ座…9月16日~10月29日• てんびん座…10月30日~11月22日• さそり座…11月23日~11月29日• へびつかい座…11月30日~12月17日• いて座…12月18日~1月18日• やぎ座…1月19日~2月15日• みずがめ座…2月16日~3月10日• うお座…3月11日~4月18日 へびつかい座は、11月に当てはまるのですね! それにしても、へびつかい座が加わることで結構星座の時期がズレましたね。 筆者はうお座だったのですが、13星座占いではみずがめ座でした。 ちなみにへびつかい座の主な性格は、こんな感じなんだとか。 おだやかで、おとなしそうなイメージを持たれることが多い。 しかし心の中では熱く、強い意志を持っている。 正義感が人一倍強く、善を貫くためにとんでもない行動を起こすことも…? 13星座占いができたのは、いつ? へびつかい座が『星座占い』に含まれるようになったのは、1995年。 イギリスの天文学博士ジャクリーン・ミットンさんが「12星座で占う星占いは間違い。 占うなら13星座を採用するべき」と発言したのが発端です。 当時は賛否両論だったそうですが、現在はメジャーではないとはいえ、『13星座占い』というコンテンツとして定着しています。 星座が作られた当初、人々にとって星座占いは国の将来や人間の生きる道を判断する、とても重要なもの。 それゆえ、一度決めた12星座をやすやすと変えるわけにはいかなかったのかもしれませんね。 ですが、現在はその日の運勢を知る占いですし、13星座占いを信じるも12星座占いを信じるも自由だと思います。 それに、「アナタの星座って何座?」と聞かれた時、こう返したらカッコいいかも…?.

次の

13星座占いとは|星座を見つけよう

13 星座 占い

今回の占いで登場する星座は、実は12ではなく「13」。 13星座占いではへびつかい座がプラスされ、12星座とは違う星座運命を占うことができるのです。 そんな13星座占いで、生涯モテ続けちゃう女性をランキング形式で占います。 運命のモテ女星座は、はたして一体……!? 12星座とは生年月日の期間が異なります。 自分の生まれた日が含まれる期間の星座を捜してください。 12位から2位、13位、1位の順での発表です。 つい引き寄せられる男性も多いのですが、気の強さに逃げ出す人も。 男性を癒やす気持ちを養いましょう。 友だちや仲間として人気者なのはそのままですが、恋愛対象ではないかも。 でも、衰えない恋のハンター気質を発揮するので、恋愛は充実します。 好きな男性に一点集中で愛を注ぐというスタンスは、一生変わりません。 その一途さは、多くの男性陣から「重い」と感じられてしまうでしょう。 気楽な付き合いを心がけて。 いつ見てもゆったり穏やか、男性も安心します。 地味にモテ続ける恋愛運を持っているのですが、地味すぎて気づかない男性もいそうです。 ときにはアピールを。 そんな自分に正直な生き方は魅力的で、その気がなくてもモテるでしょう。 そんなやぎ座に頼りたい男性が、年上にも年下にも幅広く出現する模様。 でも、やぎ座本人はあまり恋愛に興味がなくなっていくでしょう。 しかし、モテることにさほど興味がなく、あえて恋愛の場には行かないかも。 それは、男性の永遠の憧れ。 いつ見ても清楚な雰囲気が醸し出されていて、イイ!と男性からモテ続けるでしょう。 憧れのマドンナとしてモテ続けるでしょう。 画面の中の女優さんがモテるような感じです。 また、話し上手なところもモテポイントに。 若いときよりも年を重ねた方が、よっぽどモテるといっていいでしょう。 ステキに年を取るという言葉がピッタリなのです。 びっくりするほど年下の彼氏ができたり、高齢同士でのお付き合いをしたりすることも多そう。 若い時ほど、彼女にしたい、結婚したいとモテますが、だんだんと年齢が「お母さん」になっていくと、モテとは違う雰囲気に。 そんなうお座にとって、気にいった男性と一緒に過ごすことはとても大切なのです。 男性の心をキュンキュンさせる甘えたいオーラで、生涯モテ続けるでしょう。 なぜ13かというと、じつは天空の占星術ライン上の星座を見ると、星座は13あるのです。 しかし、地球の暦を組み込んだ運命学・予知学としての占いでは、13という区分は不適格だったという経緯から、空の星を見てきた占い師と世界の人々の多くは、12の星座を選択しました。 とはいえ、こちらもひとつの見方です。 いつもとは違った星座占いを楽しんでみてくださいね! (芦田イングリット/占い師) (愛カツ編集部) あなたのモテ度はどれくらい?チェックしてみよう!.

次の

13星座誕生日早見表・へびつかい座の誕生日と性格とは?

13 星座 占い

黄色の線が太陽の通り道「黄道」、青い線は星座の境界線です。 へびつかい座が黄道に入っているのがわかりますね。 こういう現状に基づいてできたのが、 13星座占いです。 そもそも13星座占いとは、とある天文学者が「黄道上にはへびつかい座もあるのだから、星座を元にするなら13星座で占うべきだ」というようなことを発言したのがきっかけとか。 実はこの発言は、 星占いを否定する意図だったらしいのですが、なぜかそれに占星術業界? が反応し、 実際に13星座占いができてしまったということのようです。 むー、まるで冗談みたいな話です。 発言した方も、さぞビックリされたことでしょう… 昔読んだ星の本の中に、「実はアナタはへびつかい座かも?」という冗談めかしたコラムがあったのですが、まさかそれが本当になってしまうとは。 しかしいずれにしても、星占いと天文学は、現在は全く別のものです。 どちらも楽しむ程度に考えましょう。

次の