ネスカフェアンバサダー 無料 個人。 ネスカフェアンバサダーを自宅や個人で無料利用する方法!デメリットなども詳しく解説!|暮らしかる珈琲

ネスカフェアンバサダーは個人で登録できる!?【個人向け公式サービスを紹介】

ネスカフェアンバサダー 無料 個人

詳しくはこちら 今日は、 ネスカフェアンバサダーが『 個人でも登録できる条件』と『 家庭でも利用できる自宅用のサービス』についてお話したいと思います。 『個人』でも登録できるが『複数人でマシンを使うこと』が条件! ネスカフェアンバサダーは、 『個人』でも登録して利用できますが、『 条件』があります。 それは、 『 複数人でマシンを使うこと』! 『複数人でマシンを使う環境』であれば、 個人でもOKです。 例えば、 ・「個人」でお店を経営していて、お客さんがマシンを使う場合 ・「個人」で何かの教室をしていて、生徒がマシンを使う場合 などなど。 「個人経営」や「個人事業主」でも『複数人でマシンを使う環境』ならOK! 『個人』でやっている 「お店」や「教室」でもOKです。 具体的には、 ・美容院 ・接骨院 ・マッサージ店 ・ネイルサロン ・エステ ・料理教室 ・着付け教室 ・陶芸教室 ・フラワーアレンジメント教室 などなど。 「個人経営」や「個人事業主」としてやっている「お店」や「教室」でも、 『複数人でマシンを使う環境』であればOKです!! 仕事でなくても 『複数人でマシンを使う環境』ならOK! 仕事じゃなくても 『複数人でマシンを使う環境』ならOKです。 例えば、 ・サークル ・コミュニティー ・ボランティアの集まり などなど。 人が集まるところで、『複数人でマシンを使う環境』ならOK! 『自宅』でも『複数人でマシンを使う環境』ならOK! 自宅で、「お店」や「教室」をやってる人もいると思いますし、 自宅を職場にして仕事をしてる人もいると思います。 そんな場合でも、 『複数人でマシンを使う環境』ならOKです! 『複数人でマシンを使う環境』でも、「家族や家庭」で使う場合はNG! 個人でも『複数人でマシンを使う環境』であればOKですが、 『複数人でマシンを使う環境』でも ダメな場合があります! それは、 「家族」や「家庭」で利用する場合! 『複数人でマシンを使う環境』でも 「家族や家庭」で使う場合は NGになります! サービスの特徴• バリスタアイが「 無料でレンタル」できる• 詰め替えコーヒーが「 最安値」で買える• かかるお金は、 コーヒー代だけ• 申し込み条件は、 3回以上の継続だけ• もし故障しても「 修理代無料」• 解約金(違約金)なし• 解約時は、マシンの返却のみ• 自宅(家庭)でも利用可能 『バリスタ』は、 ネスレ定番のコーヒーマシン! 「1杯あたり約14円~」とネスレのコーヒーの中でも 一番安くコーヒーが楽しめます。 インスタントコーヒーと同じような値段で美味しいコーヒーの飲めるので大人気! コーヒー代を少しでも抑えたい人、節約したい人におすすめのマシンです。 バリスタの キャンペーン情報 サービスの特徴• ドルチェグストが「無料でレンタル」できる• 専用カプセルが 10%OFF「最安値」で買える• かかるお金は「コーヒー代」だけ• 申し込み条件は、3回以上の継続だけ• もし故障しても「修理代無料」• 解約金(違約金)なし• 解約時は、マシンの返却のみ• 送料無料• 自宅(家庭)でも利用可能 『ドルチェグスト』は、 カプセル式のコーヒーマシン! 「1杯あたり約50円~」で 約20種類のカフェメニューが楽しめます。 「バリスタ」よりも豊富なメニューで、 カフェで飲むコーヒーと同じようなコーヒーが楽しめるのが特徴。 インスタントやドリップコーヒーに飽きて、いろんなメニューが飲みたい人におすすめのマシンです。 ドルチェグストの キャンペーン情報 サービスの特徴• 4種類のマシンが「無料でレンタル」できる• ネスレ商品(コーヒーなど)が「最安値」で買える• かかるお金は「商品代」だけ• 申し込み条件は、「ウェルネス抹茶」を定期購入だけ• もし故障しても「修理代無料」• いつでも解約OK• 解約金(違約金)なし• 解約時は、マシンの返却のみ• 自宅(家庭)でも職場でも利用可能 『ネスカフェアンバサダー』に 一番近いサービスはこれ!『ウェルネスアンバサダー』! ネスカフェアンバサダーとの違いは、 「ウェルネス抹茶」の定期購入が条件なところと、自宅(家庭)でも利用できるところ。 ネスプレッソマシンはレンタルできませんが、 それ以外は 同じサービス内容です。 『ネスカフェアンバサダー』と同じように、いろんなマシンが使いたい人は、この『ウェルネスアンバサダー』がおすすめです。 でも、 『ウェルネスアンバサダー』なら、 いつでも解約OK! もし利用してみて、 イメージと違ったら、 すぐに解約すればいいだけです。 「バリスタ」や「ドルチェグスト」など、 いろんなマシンを お試し感覚で使うこともできるので、断然『ウェルネスアンバサダー』がおすすめです! デメリットは「ウェルネス抹茶」の購入!? 『ウェルネスアンバサダー』の条件は、 「ウェルネス抹茶」の定期購入です。 「ウェルネス抹茶」に興味がない人には、いらない出費になるので「デメリット」に感じる人もいるかもしれませんが、 「2ヶ月ごとのお届け」にすれば、 1ヵ月あたりの出費は、 たったの『 729円』! 「ウェルネス抹茶」は、 最低「1箱」買えばいいだけなので、大した出費ではありませんよね! それに、 「ウェルネス抹茶」で 栄養補給できるわけですから、 ムダなお金というわけでもないですよね。 「野菜ジュース」や「青汁」の代わりみたいなものだと思えば、 何のデメリットでもありません! ネスカフェアンバサダーのキャンペーン情報.

次の

【比較解説】ウェルネス アンバサダーとネスカフェ アンバサダーの違いとは?

ネスカフェアンバサダー 無料 個人

一応コーヒーを入れる機械は、 ゴールドブレンド バリスタ、 ドルチェグストだけだったんですが、最近、 スペシャル. Tというお茶を淹れるものも増えています。 アンバサダーになると、これらの 3種類のマシンを無料で使用できるんですよ! ゴールドブレンド バリスタだけ必須で、 他は任意に追加できます。 実は昨年の5月まで務めていた会社でアンバサダーを利用していました。 いや、正しくはみんなで社長をいいように言いくるめて利用しましたw 更に派遣されて常駐してた勤務先でもアンバサダーを利用していました。 たまたま見かけた広告で2,000円分のポイントくれるってあったので覗いてみたら Q. 何人から使えますか? A. 1人の職場からOKです。 美容室や病院など、少人数の職場でも広くご利用いただいております。 まじか!となって真剣に アンバサダーなるか検討してみて、その結果アンバサダーになりましたと言うお話です! 実際にはPTAやゼミ、サークルみたいな集会でもOKのようです。 とりあえず集会名や屋号のようなものを掲げれば良いっぽい。 私がなれたのだからきっとそうなのでしょうw 私みたいな1人個人事業主じゃなく、サラリーマンの人でも自分の職場で上を説得して、無料or格安で美味しいコーヒー飲める環境をゲットしたりできるかもしれませんので凄くおすすめです! スポンサーリンク ランニングコストについて 気になるお値段を先に! 通常の ゴールドブレンドのコーヒーであれば 一杯約14円!(税込) これは1杯あたり2gのコーヒー粉を使用していて、110gのエコ&システムパックが768円(税込)だからです。 96…円 私の場合を例にすると、ほとんど毎日3杯以上は飲んでいるので、 単純に 毎日3杯で月に90杯。 14円をかけて 月額1,360円(税込)くらいです。 とは言え、飲んだ分だけ後から請求するというスタイルではありません。 コーヒーを定期的に購入する必要がある アンバサダーになって、コーヒーマシンを無料で使うためには、1~3ヶ月周期で定期購入する「 楽ラクお届け便」を頼む必要があります。 通販で配達してもらうわけなので、商品の 合計が4,000円以上(税込)でないと送料450円(税込)がかかります。 送料がかかって割高になっても良いと思う人はそういないですよね。 そういう人は3ヶ月コースで4,000円ちょい買い物して届けてもらうと良いでしょう。 一応上の写真で エコ&システムパック110gの768円を 5本と、 ブライト267円を足して 4,107円(税込)です。 ブライトをシステムパックを変えた場合は、6本で4,608円 (税込)になります。 私のような利用スタイルだと3ヶ月でおおよそ4,000円くらいにはなるので、 3ヶ月コースにしておけば1人でもいい感じに利用できます。 ちなみに基本的には1~3ヶ月周期で定期的に届けられますが、 お届け日を早回ししたり遅らせたり出来ます。 恐らく調整できる期間は1ヶ月コースの場合は最大1ヶ月、2ヶ月コースは2ヶ月、3ヶ月コースは3ヶ月となっています。 2ヶ月コースの人が最大で2ヶ月伸ばせたというのを何処かで見ましたし、私の場合は 3ヶ月コースで最大3ヶ月伸ばせられました。 逆に短くする分には5日後?くらいまでには早回し出来るので、3ヶ月コースにしておくとライトユーザーにはいい感じですね。 あまり飲まない人なら 半年で4,000円とかに出来そうです。 また、 ドルチェグストやスペシャルTは1杯あたり約50円(税込)するので、 毎日1日1杯飲んで月に1,500円(税込)といった感じです。 倍の値段する高いものもあるので、物によります。 営業日の20日間だけ、毎朝ゴールドブレンドを一杯飲んで14円、お昼か夕方にドルチェグストやスペシャルTを1杯飲んで50円。 これだと月に1,280円程度です。 他の通販ショップなどでも エコ&システムパックが安く売られているのですが、実際のところ 賞味期限切れかけのものが送られてきたり、大量に購入しないと送料無料にならない。 そもそも 税抜きだから安く見えていただけということが多いので注意が必要です。 他でうまく安く購入出来るのであれば、楽ラクお届け便では最低限の数だけ注文して、足りない分は他で買うといった方法でランニングコストを多少なり抑えられると思います。 私の近所のスーパー(万代)の特売で 税抜き698円、 税込みで754円で売っていました。 「楽ラクお届け便」の768円(税込)とほとんど差はない感じです。 若干は安いので足りなくなったらこっちで買いますw 「楽ラクお届け便」の値段が市場最安値級と言うだけあって、スーパーの特売日に買うのとそう変わらないような値段でいつでも購入できてしまうわけです。 忙しい人にはかなり便利ですね。 コーヒーを入れる機械が無料で使える 普通に買えばコーヒーマシンは旧式のものでも結構します。 アンバサダーになって送ってくるタイプは色々と進化した新しいタイプの可能性が高いと思います。 ただ色や機種は選べませんと書いているので、何を送ってこられても文句は言えません。 ゴールドブレンド バリスタ こちらは今のところ旧式のタイプになるそうです。 一応コールセンターに問い合わせしたら現在の内容についてはある程度教えてくれそうな雰囲気ではあるので、申込時にどうしても気になる人は問い合わせて見ても良いかと思います。 事前に何になるか知れるだけで結果は変わりませんけどね ゚A゚; もしアンバサダー辞めたいとなった時はマシンを返却する必要があるので、その時の送料は負担しないといけません。 (Web上で見てると1年以上使っていた場合は返却しなくていいようになるとか、見かけましたが実際のところは不明) 重さは バリスタが3. 5kgくらい、 ドルチェグストが5kgくらい、 スペシャル. Tが3kgくらいなので、はこBOONとか使えば2台くらいならまとめて1,000円ちょいで送れます。 なので単純にコーヒーマシンがどんなものか試してみたい、という方にもおすすめですね! あとキャンペーンもしていればおまけがついてるかもしれません。 例えば2月末まではドルチェグストに宇治抹茶が1箱ついてましたし、3月末まではスペシャル. Tにカップとソーサーがついてました。 ちなみに使用中のマシンを増やした場合、そのマシンで使うカプセルなどは「楽ラクお届け便」で1品以上の購入をお願いしていますとのこと。 ただ、カプセルの在庫が大量に残っているという場合は削除して頂いても構いませんという回答も頂けました。 また、レンタル中は保証期間が過ぎても 故障時の修理などは無料で受けられます。 入会時に特典がある その時のキャンペーン次第ではありますが、3月時点の現在だと 自宅用マシン1台か、ネスレ通販で使える 2,000円分のショッピングポイントが貰えたりします(3月末まで) 知り合いを紹介すると特典を受けられる 知り合いに「ネスカフェ アンバサダー」プログラムを紹介して、知り合いがアンバサダーになると、 2,000円分のショッピングポイントや、お菓子の詰め合わせ、ドルチェグスト、スペシャル. Tなどから好きなものを貰うことが出来ます。 これが私にとって1番の魅力ですね!w 別の記事で詳細を書こうと思ってますが、アンバサダー限定で楽しめる ネスカフェアプリというスマホのアプリが存在します。 簡単に言うと バリスタでコーヒーを飲むたびにルーレットが回って、当たるとキットカットが貰えるというものです。 アンバサダーPARKで遊ぶとプレゼントが貰える 毎日1回サイコロを振れて、その他に色々と活動するともっと振れるようになります。 一定の歩数進むと イベント応募券、 サプライズ小包、 選べるグッズなどのプレゼントが貰えます。 イベント応募券 イベントは毎月の様に開催されていますが、全国でやっているので実質1年に1回程地元のものに参加出来るかな?といった感じ。 たぶん5歩進んだ時に開放されたと思います。 (6歩進んでから気づいた) サプライズ小包 時期によって届くものが変わるらしいので何が届くか分かりませんw 私は2月10日に申し込んで、エスプレッソカップが2つ届きました。 10歩進んだ時に1回目のチェックポイントを通過したと思います。 (11歩進んでから気づいた) 選べるグッズ ネスカフェ赤マグ、お菓子詰め合わせ、オリジナルTシャツ、オリジナルエコバッグ、エクスペディア割引クーポン3,000円分から選べます。 赤マグにするか迷いましたが、お菓子詰め合わせにしました! 20歩進んだ時に1回目のチェックポイントを通過したと思います。 スペシャルゲストによるエンタメステージ&ライブ• 参加者全員に嬉しいお土産• 新製品・サービスをいち早くお試し• 無料で食事付き! 流石に参加できる枠が無制限ではないので、抽選で当選しないと参加出来ません。 一応私も2016春のサンクスパーティーに応募しました!もし当選していたらレポートします! 他にも キットカットClubから特別なキットカットや、 ステーショナリーセットなどが貰えたりします! デメリットや悪い所はない? 良いことばっかりあげてきましたが、悪い部分もあるにはあります。 メリットのところでも述べましたが、 好きなマシンや色を選べません。 あと、 定期的にコーヒー等を購入する必要が出てきます。 一応レンタル品なので、 エコ&システムパック以外の粉などを入れたり出来ません。 よく他社の安物のコーヒーを入れて安く済ませるといったことをしているのを見かけますが、そんなことをして壊した場合に最悪は損害賠償責任が発生するかもしれません。 さすがにマシンの新品価格が請求されるくらいだろうとは思いますが、変な使い方はしちゃだめです! すぐ確実に手に入る訳ではない アンバサダーは申し込んだら誰でもなれるというものではありません。 Webから申し込んで数日の内に 審査が行われて、問題がないと判断されれば 一次選考通過のメールが来ます。 この審査で落ちたという話を見たことが無いので、一度辞めて再度申し込むとか、明らかに怪しいことを書いたりしなければ問題無いはずです。 私も 一般の住宅街の一軒家で、 個人事業の「はぴすぷ」として申し込みました。 部署なんてないのでもちろん空欄。 」の問いに対しては、一般オフィスにした気がしますが、その他にしたかもしれません。 そして無事に 一次選考通過のメールが届いたら数日後に「 ハッピーコール」という電話がかかってきて、「ラク楽お届け便」の案内と、マシンのお届けについての説明があって、 「ラク楽お届け便」をWeb上から注文して無事完了です。 なので、申し込みからコーヒーマシンが手元に届くまで 最短でも2週間程かかります。 そんなところですかね。 コップがでかい時とかに外したり、洗いやすいように受け皿は簡単に取り外せます。 後ろのタンクは1リットル入って、普通のコーヒーだと5杯分くらい。 コーヒー粉のタンク。 上に穴があいてるので残りの量の確認も出来ちゃう。 色々分解できてお手入れも簡単っぽい。 色々と洗浄も兼ねて5回位、エスプレッソ作るボタン押してねってことなので説明書の通りに従う。 「 ウィーン!ギュギュギュ!ビュッビュッビュッ!」 思ってた以上にうるさいw これは23~7時位は使うのためらう…w 確実に近所の人はコーヒー作ってるとは思わない音です ゚A゚; 洗浄が終わったらタンクにコーヒーの粉を入れる作業。 上にかぶさってる1枚のフィルムだけ剥がす。 タンクのフタを締めてから本体にガチャリ。 私は砂糖とミルクが必須なお子ちゃまなので、ブライトと砂糖投入。 そして電源を入れて、カフェラテボタンを押すと「 ギュイーン!」と頑張って作ってくれました。 牛乳とかでも代用可能だけど、若干冷めます。 ちょっとだけチンしておくといい感じです。 紹介された場合は普通の特典に上乗せしてショッピングポイントが貰える 今って普通にアンバサダーになるだけで、2,000円分のショッピングポイントか自宅用マシンが貰えるので、招待キャンペーンは二重に適用されないんじゃないかと心配でした。 頂いた回答によると、招待によって貰える特典は別枠になっているので、合計で最大4,000ポイントのショッピングポイントを貰えるとのことです! 出張デモサービスを頼んでも紹介キャンペーンの特典は貰える 2月末の時点では招待する時に出張デモを頼むと無効になるっぽかったのですが、大丈夫とのことです。 昨日まで紹介する時はこういうメールを送って、特別なURLから申し込んで貰う形でした。 差出人の方が、あなたに「ネスカフェ アンバサダー」プログラムを紹介しています! 「ネスカフェ アンバサダー」になると、「バリスタ」をはじめとする3種類のマシンを、職場で無料で使用できます。 先ほど申し込みフォームを確認すると、以下の様に紹介者のメールアドレスを入力するようになっていたので、他の広告URLを踏んで招待が無効になるといったことを防ぐ仕様に変わったのだと思います。 ご紹介者がおられる場合は、ご紹介者の方のメールアドレスをご入力ください。 あらかじめご了承ください。 出張デモサービスを頼んでも加入特典のショッピングポイントや自宅用マシンは無くならない 出張デモを利用して不利になることは無いようです。 なぜここまで出張デモサービスについて突っ込んでいるかというと、 出張デモを頼むと色々と商品を貰えたりする上に「キャンペーンコード」も貰えるからです。 只でさえ専門のサービスマンを派遣してコストがかかっているのに、普通に申し込むより特典が多いんです。 なのでその分のしわ寄せが、今までは招待キャンペーンが適用されなかったり、アフィリエイトの報酬対象外にされていたりしたようです。 一番お得な申し込み方法 上記の内容を踏まえると、出張デモサービスを頼んで、色々商品をもらいつつ、キャンペーンコードを入手し、キャンペーンコードによる特典、加入特典、招待キャンペーンの特典全てを受けるのが、1番お得で美味しいということになります! とは言え、出張デモサービスの日程調整にも時間がかかりますし、実際に申し込んだタイミングでやっているキャンペーンが適用されることになるので、出張デモを待ってモタモタしていたら目当てのキャンペーンが終わってしまった…。 と言ったことになるかもしれません。 更に言うと、出張デモに来たサービスマンが、この人達は加入させたらダメな人だと判断して、実際の申し込みの審査で落とされてしまうリスクも背負うことになります。 紹介されて下さい。 jp 迷惑メールは覚悟の上で はそのままです。 手間はかけさせません! この部分です。 お申し込みはこちらから。 それなりの規模の職場の説得方法 最後にネスカフェ アンバサダーの本来のターゲットであろう層に向けての情報です。 アンバサダープログラムに加入するに当たって、社内を説得する為の資料が用意されています。 福利厚生費や消耗品費として全額負担して貰えるようにうまく言いくるめましょうw 一杯あたりに徴収する金額や、それぞれの人が飲んだ回数を管理するような資料なども用意してくれていたりするので、そういうものも合わせて持っていけばうまく交渉出来るのではと思います!「一部は利用者が負担するよ!」もしくは逆に「利益が出る金額に設定して運用するよ!」みたいな感じに。 導入してしまえばこっちのもんです  ̄ー ̄ ニヤリ 終わりに ネスカフェ アンバサダーになって1ヶ月が経過しました。 少し前までは安いインスタントコーヒーをただの眠気覚まし用に飲んでいました。 それも毎回ヤカンで少しだけお湯を沸かすという手間をかけて…。 それが今ではバリスタの電源ボタン押してから、コップにクリームと砂糖を入れて、準備の出来たバリスタのボタンを押すだけ。 私の庶民の舌で分かる最高ランクのコーヒーですw 単にスターバックスとか本格的なコーヒー店に行って飲んだことが無いからかもしれませんが! ドルチェグストとかのコーヒー飲んだらやっぱりハマってしまうのかな。 一杯あたりの値段が3~4倍ですからね…! 今度ドルチェグストで色んな種類のカプセルが入ったボックスをプレゼント、とかしてくれるキャンペーンがあったら頼んでみようと思います。 - , , , , , ,• カテゴリー• 172• 134• 114• アーカイブ アーカイブ.

次の

ネスカフェ ドルチェグストは購入するよりも『本体無料の定期便』にすべき5つのメリット

ネスカフェアンバサダー 無料 個人

大きな変革の時代。 企業でも、さまざまな取り組みが進む。 では、海外に本社を持つ外資系企業では、どんな取り組みが推し進められているのか、探ってみる。 第3回は、ネスレ日本の「新事業」だ。 日本発のコーヒーマシンの開発 最近ではテレビCMでもすっかりお馴染みかもしれない。 ネスレ日本の「ネスカフェ アンバサダー」。 だが、どのくらいの人が、その詳しい仕組みを知っているだろうか。 そしてまた、 スタートしてわずか4年で28万人もの人が「ネスカフェ アンバサダー」となり、ネスレ日本のビジネスを大きく躍進させていることをご存じだろうか。 「ネスカフェ アンバサダー」は、これまでになかった、まったく新しいチャネル、まったく新しいコミュニティとして機能しているのだ。 コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」のマーケティング担当として「ネスカフェ アンバサダー」プログラムを立ち上げ、現在は通販事業の責任者をしている、ネスレ日本Eコマース本部ダイレクト&デジタル推進事業部部長の津田匡保氏に聞いた。 まず背景にあるのが、ネスレ日本という会社の基本的な考え方だ。 例えば、もともとネスレは乳児用シリアルの会社としてスタートしましたが、これは1人の薬剤師が乳幼児の栄養問題を解決しようとしたところから始まっています。 また、日本ではコーヒーの『ネスカフェ』ブランドで知られている会社ですが、これもブラジルで起きた問題を解決するところから始まった事業でした。 コーヒー豆が大豊作になり、このままでは価格が暴落してしまうと海洋投棄が増加。 この問題に対して、液体を粉にする技術をコーヒーにも応用したんです」 世の中の問題解決に軸足を置いて事業を展開している姿勢は、今も変わらない。 これが、企業としてのDNAになっている。 「ネスレは全世界に35万人の従業員を持って事業展開していますが、国ごとに問題は違うんですね。 それを掘り下げて解決することによって、イノベーションになり、新しい価値を作り出すことができる。 それは、結果的にビジネスにつながっていく、という考え方なんです」 グローバルでは150年、日本でも100年の歴史がある。 「私たちは日本での事業を担っています。 だから、海外に出て行くことはできないんです。 日本がどんな状況にあっても、日本で成長していかないといけない。 だから、日本における問題を掘り下げていくことが必要なんです」 例えば、高齢化。 単身世帯の増加。 デフレ。 人口減少…。 こうした日本の変化、問題点は、日本のコーヒー文化にも影響を与え始めていた。 「 コーヒーメーカーで一度に数杯分のコーヒーを淹れても、家族が少ないわけです。 もっと簡単に、おいしいコーヒーが飲める方法はないか。 一人でも気軽に入れられるものが必要になっているのではないか。 そんな考えのもとで、2009年に発売したのが、 コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」でした。 「ネスカフェ ゴールドブレンド」などの専用カートリッジで、一杯分ずつおいしいコーヒーが淹れられるマシンです。 日本の問題を掘り下げた結果だったからこそ、日本発のイノベーティブな商品が生まれたのだ。 そして、このコーヒーマシンが、爆発的にヒットする。 「家庭用に販売を始めましたが、驚くほどの売れ行きでした。 2010年には年間50万台を超えたんですが、日本のコーヒーマシンの市場は年100万台だったんです。 販売台数で、いきなり1位に躍り出ました」 そして翌年、転機が起こる。 東日本大震災である。 コーヒーマシンのまわりに人が集まってくる ネスレ日本の本社は神戸にある。 1995年の阪神淡路大震災で被災経験を持っていたこともあり、東日本大震災後、いち早く支援に立ち上がった。 その取り組みのひとつが、 仮設住宅を回って本を貸し出す移動図書館に同行し、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を被災地に贈ることだった。 「簡単にあったかくておいしいコーヒーが飲める、と好評をいただきました。 しかも集会所などでは、コーヒーマシンのまわりに人がどんどん集まってくるんです。 仮設住宅では、家に籠もってしまう人たちも少なくないと言われていました。 しかし、コーヒーが飲める、ということで人々が集まってきたんです。 しかもマシンの使い方をめぐって、会話のきっかけが生まれたりもする。 集会場がカフェのように笑顔で賑やかになった。 「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」には、こんな力もあるんだ、と気づきました」 震災後、日本全体が沈んでいた。 集会場を元気にできたように、日本の職場を元気にできたら、と考えた。 「職場でコミュニケーションが薄れ、心を病む人も出るなど社会問題も起き始めていました。 「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」で、コミュニケーションが活性化できるのではないか。 人が集まる場所をつくり、笑顔で賑やかにすることができるのではないか」 日本で消費されるコーヒーは年間約500億杯。 このうち家庭が約6割。 その4割のシェアを、ネスレ日本は持っていた。 ところが、 家庭以外では、ネスレ日本のシェアはわずか3%。 家庭以外の市場の6割はオフィスだった。 調べてみると、日本には600万の事業所があった。 そのほとんどが、20人以下のオフィス。 大きなオフィスでは自動販売機なども充実していたが、小さいオフィスではそうはいかない。 だが、9割はそうした小さなオフィスだった。 「コンビニコーヒーがヒットしたのは、こうした小さなオフィスの人たちが買っていったことも大きいと感じました。 外で買えばコーヒーは数百円。 しかし、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を使えば、1杯30円程度の単価でコーヒーを提供することができる。 しかも、職場のコミュニケーションを円滑化させられる。 もちろん私たちのビジネスの市場として魅力的ですが、職場を活性化するという問題解決にもつながる。 お互いにウインウインの関係をつくることができると考えたんです」 だが、600万の事業所を一つひとつ営業していくわけにはいかない。 もとより、コーヒーマシンの導入を提案するとすれば、各事業所の総務のセクション。 とても対応してもらえるとは思えなかった。 実際、多くの会社がこうしたスモールオフィス向けのビジネスに挑もうとして苦労していた。 大きなマーケットがあるとわかっていても、どう入っていくか、難しさがあったのだ。 「みなさん本当に忙しいんです。 これ以上、仕事は増やしたくない。 新しいことはやりたくないわけですね。 だから、私たちも最初からコーヒーのベンダーになるつもりはなかったんです。 そして同時に、デジタルで解決をしたいと考えていました」 こうしてで生まれたのが、「ネスカフェ アンバサダー」だったのである。 面倒見のいい人を職場で輝かせられる どの職場でも、世話好きな職場のムードメーカーがいたりするもの。 面倒見がよく、いろんなことに気づき、自発的に動いていく。 職場のみんなのサポートを積極的にしたり、仲間からの信頼も厚い。 そういう人たちに、「職場のみんなで飲めるコーヒーマシンを無料で提供するので使いませんか」という提案をしてみたらどうだろうか…。 「ネスカフェ ゴールドブレンド」などの専用カートリッジは有料。 その決済をするのは、アンバサダーの役割。 コーヒーを飲んだ同僚は、1杯30円を支払う。 それをまとめて、自分のクレジットカードで精算する。 コーヒーの注文も担う…。 「そんな人たちが本当にいるのか、という思いもありました。 そこで、50台限定でオフィスモニターを募ることにしたんです。 そうしたら、大した告知もしてないのに、1000を超える応募があって。 しかも驚いたのは、モニターしてもらい、お願いしていたレポートが、本当に丁寧に書かれていたことです。 これには、私も感動しました。 実はこのレポートは、今もオフィスで大切に保管しています。 私の宝物なんです」 会社を窓口にするのではなく、個人で「私がやります」と手を上げてくれる人に窓口をお願いする。 職場のために、みんなに喜んでもらえたら、と一生懸命にやってくれる人。 そんな人にアンバサダーになってもらえたら、より職場で輝いてもらえるかもしれない。 職場で主役になる応援ができるかもしれない。 「自信を得て、北海道でテストを行うことにしました。 すると、大変な数のご応募をいただいて」 これは今もそうだが、アンバサダーに手を上げてもらった職場には、ネスレ日本のスタッフが一台一台、設置に出向いている。 ここで、いろんなコミュニケーションを直接、交わすのだという。 「オフィスで一番盛り上がるのは、このマシンの設置のときなんです。 社内から大勢、人が集まってきて、人だかりができる。 我先にコーヒーを手に取っていかれますね。 「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」で、もう買いに行く必要はなくなった、と喜ばれた。 北海道のテスト販売で手応えを得て、一気に全国展開へと舵を切った。 「オフィスといっても、実際には本当にいろんな形態があることも知りました。 一般のオフィスは4割ほどで、お店のバックヤード、サロン、カルチャースクール、船の操舵室や神社など、本当に幅広いんです。 始めたことで、わかったことがたくさんありましたね。 コーヒーはどこでも飲まれますから、日本中、どんなところでも広げていけるチャンスがあるということもわかりました」 しかも、アンバサダーからは日々、さまざまな情報が寄せられる。 それはそのまま、ネスレ日本のビジネスの改善に、さまざまな問題の解決につながっていくのだ。 「私たちはサービス自体をどんどん良くしていきたいと考えています。 そのための声をたくさんもらうことができるようになりました。 しかも、その場だけのモニター、というようなものではないんです。 一緒に取り組みを共創し、絆もある仲間のような感覚で、声をもらうことができるんです」 極めて貴重なマーケティングの場を手に入れることができるようになったのだ。 アンバサダーのコミュニティが生まれている 「ネスカフェ アンバサダー」がスタートしたのは、2012年。 以来、わずか4年で約28万人ものアンバサダーが生まれた。 驚異的な数字である。 アンバサダーは報酬がもらえるわけではないのだ。 言ってみれば、職場のボランティアなのである。 そして今なお、1日平均数百件の応募が続いているという。 「テレビでのプロモーションも行っていますが、 最も多いのは口コミを経由してのものです。 認知は高まっていて、なんとなくは知っていたが、まわりに聞いてぜひやってみたいと思った、という声が多い。 評判が、応募を呼んでいるということです。 それだけに、サービスの中身がますます大事になっていると考えています」 そしてこのアンバサダーは、もうひとつの進化を見せている。 それが、アンバサダーのコミュニティが生まれていることだ。 ホテルでの会合、アウトドアイベント、工場見学、コーヒー豆の産地ツアー、ワークショップなど、さまざまなプログラムが組まれ、多くのアンバサダーが参加している。 「アンバサダー同士の自発的なつながりも、たくさんあるようです。 フェイスブックやLINEのグループもあったりする。 「ネスカフェ アンバサダー」に手を上げる人たちである。 おそらく似たところが、たくさんあると思うのだ。 同じような考え方、同じような哲学を持った人たちと、たくさん出会うことができる。 実際、イベントの場はとても熱いという。 「アンバサダーという場をつくってもらえてうれしい、と感謝の声をいただくこともあります。 そしてみなさん、私たちをとても応援してくださる。 『キットカット』はどうすればもっと職場で受け入れられるか、なんてテーマでワークショップを進めてもらったら、本当に真剣に素晴らしい意見がたくさんもらえました」 ネスレ日本が手がけているボランティア活動にも、呼びかけたら、たくさんの申し出があったという。 「ボランティアには興味はあるけど、何をしていいかわからなかった、機会がなかった、という声をたくさんもらいました。 「ネスカフェ アンバサダー」としてのボランティアなら、安心してできる、と」 集会からイベント、ツアー、ボランティアまで、言ってみれば、 大人の文化祭のような取り組みが、「ネスカフェ アンバサダー」の間で繰り広げられているのである。 「これからも、日本の課題を解決していきたい。 できることは、まだまだたくさんあると考えています。 実はまだ約5%でしかない。 この仕組みは世界に出始めている。 企業とのコラボレーションもスタートした。 大変なビジネスが、実は生まれているのだ。

次の