モンハン ワールド アイス ボーン 新 モンスター。 『モンハン:アイスボーン』参戦希望No.1は「バルファルク」! 熾烈なベスト10を一挙紹介─読者の要望が叶うか否か、新発表が目前に迫る【アンケート】

【MHWアイスボーン】アップデートの最新情報|新モンスター【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン ワールド アイス ボーン 新 モンスター

『モンスターハンター:ワールド』が世界的な大ヒットを遂げ、人気シリーズが新たな転換期を迎えました。 本作の発売から2年が経過するも、昨年リリースされた大型追加コンテンツ『アイスボーン』で更なる盛り上がりを見せ、今も多くのユーザーを魅了しています。 『アイスボーン』リリース以降も、様々なイベントクエストなどを配信。 また、3月23日には「無料タイトルアップデート第3弾」を行いし、「猛り爆ぜるブラキディオス」「激昂したラージャン」を実装する予定です。 そして、5月に配信予定の「無料タイトルアップデート第4弾」では、過去作に登場したモンスターが『モンハン:アイスボーン』に参戦。 加えて、6月以降もモンスターの追加などが予定されています。 この参戦モンスターの発表に先駆け、『モンハン:アイスボーン』に追加して欲しいモンスターを調査したアンケート結果を公開! 1500件近く寄せられた回答をまとめ、ユーザーが要望するモンスターのランキングを1位~10位まで紹介させていただきます。 果たして、あなたが望むモンスターは何位に食い込んでいるのか。 気になる結果を、ご覧ください。 凍土の洞窟などに潜むことが多く、『アイスボーン』の環境にも難なく適応出来そうです。 もし実装されれば、その「キモ可愛さ」が新大陸を席巻することでしょう。 【読者の声】 ・やはりあの見た目のインパクトさを、ワールドのグラフィックで見たいからですかね。 ・アイスボーンという、氷雪地帯が舞台になっている作品において、これ以上ない当該地帯適応モンスターだと思ったから。 ・コイツ初見時インパクトがある姿がとても印象的で、新規や古参の人でも良い狩りを楽しめるのでは。 ・アイツの事が忘れられない! ・初めてプレイしたゲームがMHP2で、その時になかなか勝てなかったモンスターがフルフルであり、容姿などがとても怖く、出してくる技もトリッキーなものが多く、自分が初めてトラウマになったモンスターなので推薦させていただきました。 出演作品の数は「フルフル」におよびませんが、圧倒的な存在感でシリーズファンの記憶に残っているようです。 寄せられたコメントには「かっこいい」という声が多く、だからこそ『モンスターハンター:ワールド』の世界で見てみたいものです。 【読者の声】 ・モンハン3rdで出たかっこよく、強いモンスターだから。 また、武器も厨二心をくすぐるクオリティだったため。 ・武器がカッコいいのと、禁忌種の中で四属性を操れるという二点。 ・また、「神への挑戦」がしたい、、、。 ・自分が始めたシリーズの最強モンスター。 ワールドでのクオリティを見て見たい。 ・全作中一番やりこんでいて、火事場TAや貫通ハメなどのテクニックを知り、にわかからガチ勢の世界に足を踏み入れたtriで一番思い出深いから。 長く活躍するモンスターとして、今回も高い人気を集めました。 もし実装されたら、リアルな描写に提供がある『ワールド』の世界で擬態能力をどのように活かすのか、非常に興味深いところです。 【読者の声】 ・ステルスの敵と戦う時の緊張感や、毒の厄介さがたまらない。 ・ワールドベースのグラフィックのオオナズチはやばそう。 なかなかの害悪モンス。 ・古代樹の森との相性も良さそう。 ワールドは古龍がテーマですし、もう一度あの勇姿を見てみたい。 ・クエスト的にも難しいと思うし、武器と装備が4Gの時に特にかっこよくて毒も付いてるから、オオナズチ来て欲しいなぁってとても思います! ・クシャルダオラ、テオ・テスカトル そしてオオナズチ。 古龍といえばこの三体だったので、オオナズチだけが出ないのはおかしいと思っていました(笑)。 あいつの舌には困らせられましたが、吐くブレスで見えなくなって「どこだどこだ」って探してる時はすごく楽しかった。 今ではいい思い出です。 あと流れるBGMも今でもすごく好きで、たまに聴いてます。 「オオナズチ」との差はわずか1票で、熾烈な争いを「アマツマガツチ」が制しました。 『MHX』や『MHXX』など、『モンスターハンター:ワールド』より少し前の作品にも登場しており、その活躍は記憶にも新しいところ。 「アルバトリオン」と同様、その見た目の良さに言及する声が多数届いています。 【読者の声】 ・なんといってもあのビジュアル! 綺麗でかっこいい、もう一度アイスボーン の地で戦いたい! ・アマツガマツチとクシャルダオラの縄張り争いが見てみたい。 ・PS4のグラフィックで再現されれば、あの神々しさ、かっこよさがより際立つと思うため。 ・倒した後の空が晴れる所がものすごくいい。 ・キャラクターのデザインが格好よく、自分の周りでも非常に人気でした。 攻撃のモーションや天候の変化などにもすごく丁寧に設定されていて、体力が少なくなると空が赤くなったりアマツマガツチの動きも激しくなったり、狩猟だけではなく風景の変動がすごく綺麗で戦っていて飽きないモンスターです。 歴代のモンスターたちも魅力的ですが、まったく新しい相手を求める意見も多数寄せられています。 『モンハン:ワールド』や『アイスボーン』で初登場した新モンスターたちも、本作を語る上で欠かせない存在。 そこに新たな面子が加わって欲しいと望むのも、自然な流れでしょう。 【読者の声】 ・既存のモンスターも復活してほしいが、折角新大陸と呼ばれている地域での話なので、新しいモンスターを登場させてほしい。 ・新大陸なのに在来種の方が多いから。 ・新しいシリーズなので新しい体験をさせて欲しい。 ・期待していたアイスボーンでは新ストーリーが短く感じ、今ではカスタム強化素材集めで只々狩るだけ。 新モンスター新ストーリーで、新たに楽しみたいです。 ・復活枠も今作をシリーズ決定版に定着させるための大切な役割を担っていると思いますが、やはり新しい体験はワクワクしますので。 ネルギガンテ、ヴァルハザク、ネロミェールどれも期待を裏切らない素晴らしいモンスターでした。 《臥待 弦》.

次の

【MHWI】トロフィー「モンスター大博士」獲得!対象モンスターについての情報まとめ【モンハンワールドアイスボーン】

モンハン ワールド アイス ボーン 新 モンスター

大型タイトルアップデート第4弾の配信日 7月上旬に配信決定! 新型コロナウイルスの影響で配信が未定となっていた 無料大型タイトルアップデート第4弾の配信日が7月上旬に決定しました。 いよいよ禁忌モンスター「」が実装されるので、今のうちに装備の強化や装飾品集めなどをして準備しておきましょう。 5月22日のアップデート内容 鳴神上狼と燻火堆然の報酬が上方修正 封じられた珠の排出が1個から2個に変更 重鎧玉・王鎧玉の排出率がUP 2020年5月22日より「延期しているアルバトリオンへの準備」という名目で、イベントクエスト「」と「」の報酬が調整されました。 鑑定武器の収集と強化ができるチャンスですので、持っていない方はぜひ挑戦しましょう。 なお、配信終了日は未定となっています。 4月23日 木 にタイトルアプデVer13. 50 にて マスターランクのマム・タロトを討伐するイベントクエスト「」が期間限定のイベントクエストとして開催されています。 また、 5月1日から 歴戦王のネロミェールを討伐するイベントクエスト「」が期間限定のイベントクエストとして配信中です。 マスターマムの報酬素材でマム武器 鑑定武器 の強化、新防具「」の作成、新オトモ装備「」の作成が可能です。 マスターランク初の歴戦王モンスターであり、通常種よりかなり強化されているので対策をして狩りに行きましょう。 ・武器に装着するチャームが複数追加。 ・オプションのGAME SETTINGに新規オプション項目「アイテム再入手時の並び位置の設定」を追加。 ・特定の条件で他のプレイヤーのマイハウスに、ペナルティで入室できない状態が継続してしまう不具合を修正。 ・モンスター図鑑において、マスターランクのリオレウスの翼破壊報酬として、確率の高くないアイテムが表示されていた不具合を修正。 ・特定の手順で、ワンセット防具を装備中に重ね着装備の設定を反映できてしまう不具合を修正。 ・集会エリアで特定のジェスチャーを行ったとき、プレイヤーの表示が一部おかしくなる不具合を修正。 ・身だしなみを整える画面での一部髪型の項目番号について、自分の性別によって番号が変わってしまう不具合を修正。 ・特定の条件で、クエスト「失われた幽世線」をクリアした後、集会エリアの受付嬢から次の偵察任務が受けられなくなる不具合を修正。 ・特定の条件を満たすと、観察記録の確認画面で、画像の登録が無い箇所にクリアマークが表示されてしまう不具合を修正。 ・特定の条件で、猛り爆ぜるブラキディオスの切断した部位が侵入できないエリアに行ってしまい、取得できなくなってしまう不具合を修正。 ・通信プレイ中、特定のモンスターにおいて、爆破属性の爆発エフェクトが正しく同期されない不具合を修正。 ・激昂したラージャンの拘束攻撃の最後に、特定状況で崩れる床に叩き付けられると挙動がおかしくなる不具合を修正。 ・ムフェト・ジーヴァのクエストにおいて、特定の手順を踏むことで、クエスト中に達成項目が正しく達成されないことがある不具合を修正。 ・男性で重ね着「【ウルファ】衣装・頭」を設定している時、特定の髪型にしていると表示がおかしくなる不具合を修正。 ・「不動の装衣」を使用中に激昂したラージャンの拘束攻撃を受けると、不自然な方向に吹き飛ぶことがある不具合を修正。 ・砕竜派生改のランスとガンランスの説明文にあった誤字を修正。 ・片手剣「鬼神棍グランジャ」の納刀時の位置を調整。 ・導きの地の氷雪地帯の一部の壁について、クロー張り付きが強制的に解除されてしまいやすい不具合を修正。 ・斬竜派生、硫斬竜派生の操虫棍を装備中に、特定の武器ポーズを行うと不自然な見た目になる不具合を修正。 ・通信プレイ中、双剣の特殊なクラッチクロー攻撃を大型モンスターにヒットさせた際、先に張り付いているプレイヤーの張り付きが解除されてしまう事がある不具合を修正。 ・毒状態で飲み物アイテムを使用した際に、まれにキャンセルされる事がある不具合を修正。 ・特定の条件を満たすと、抜刀した際にプレイヤーがガードモーションをとってしまう不具合を修正。 ・特定の条件で、導きの地の「集会エリア内のクエストに参加」のクエスト一覧画面にて、プレイヤーのいないクエストセッションに別クエストの参加メンバーが表示されてしまう不具合を修正。 ・まだ開催されていないイベントで追加される予定の観察依頼が解放されてしまう不具合を修正。 ・不正なアイテムを取得した際、アイテムショートカットに情報が残ってしまう不具合を修正。 ・オフライン環境で追加コンテンツの確認処理を行うと、エラーが発生してしまう不具合を修正。 ・その他、一部の不具合を修正。 アイスボーンの無料大型アップデート第3弾 特殊個体2体追加 3月23日から大型アップデート第3弾が配信されました。 特殊個体である「」と「」が登場します。 連続パンチなど強烈なモーションを持っています。 ハンターを掴んで投げ飛ばすのではなく、そのままビームを直接吐きつけるなど行動が原種より暴れ狂っています。 防具の強化レベル上限UP カスタム強化で、強化レベルの上限解放している防具がレベル20以上に強化可能となりました。 一度強化レベルの上限解放済みであれば、誰でも行うことが出来ます。 武器重ね着の追加 一部 一部の武器に重ね着が実装されました。 今現在できるものとしましては、所謂「皮ペタ」武器と言われるもののみみたいです。 一部の護石に強化先が追加 「」や「」「」「」にさらなる強化先が追加されました。 導き専用の新アイテム「退散玉」 導きの地専用のアイテム「退散玉」が追加されます。 これをモンスターに当てると、エリアからの撤退ではなく導きの地からいなくなるようです。 非常に便利なアイテムですが、これを使えるのは クエストリーダーのみなので注意しましょう。 蒸気機関のさらなる自動化 今までも「R2」ボタンを押し続けているだけで自動化はできましたが、今回のアップデートではさらに、上限まで回しきった後も自動で動かしてくれるようになりました。 MRお助け報酬 封じられた珠、王鎧玉 マスターランク同士のお助けでも追加報酬がもらえるようになりました。 報酬獲得の条件は、 自分よりもマスターランクの低いハンターを助けることです。 任務クエストかそれ以外かで報酬の確率が異なり、前者では「刻まれた珠」が、後者では「王鎧玉」がそれぞれ出やすくなっています。 4月10日からセリエナ祭【満開の宴】開催 2020年4月10日からセリエナ祭【満開の宴】が開催されています。 セリエナ祭恒例となっていますが、特別な装備や武器の作り忘れなどが無いようにしましょう。 PC版の最新情報 3月20日にムフェトジーヴァ配信決定! 2020年3月20日 金 からPC版モンハンアイスボーンに「ムフェトジーヴァ」の配信が行われます。 ムフェトジーヴァの緊急任務の報酬で「」を入手すると様々な強化ができるので、自分好みの最強の武器を作りましょう。 導きの地に「氷雪地帯」が追加 2020年3月12日 木 にPC版モンハンアイスボーンのタイトルアップデートで導きの地に「氷雪地帯」が追加されました。 「」や寒冷地に出るモンスター「」などが登場します。 3月12日からジンオウガ亜種登場 2020年3月12日 木 からPC版モンハンアイスボーンに「ジンオウガ亜種」が登場しました。 原種とは違う「蝕龍蟲」による攻撃で手強い相手となっており、新技も非常に強力なので注意して戦いましょう。 セリエナ祭【万福の宴】終了 開催期間 2020年2月28日 金 〜3月13日 金 追加要素 ・特殊な防具や重ね着 ・万福チケット ・特殊なオトモ装備 2020年2月28日からPC版モンハンアイスボーンで開催されていたセリエナ祭【万福の宴】が3月13日に終了しました。 アジアンテイストな雰囲気の特殊な装備や重ね着などが登場しました。 PS4版のアップデートスケジュール WEB生放送まとめ 2020年1月19日のモンハンフェスタWEB生放送まとめ記事です。 2020年のロードマップが公開されていますので詳細が知りたい方はぜひ御覧ください。 5 ・歴戦王の追加 ・あるモンスターのMR化 5月 大型タイトルアップデート第4弾 Ver14. 0 ・人気復活モンスター 6月以降 ・継続してアップデート 4月のアップデート内容 4月には 歴戦王の追加と、ある 既存モンスターがMRで登場します。 歴戦王は上位の時点で個体、防具共にかなりの強さだったので、MRで狩れるのようになるのが楽しみですね。 10のタイトルアップデート内容 配信日・アプデ容量 アップデートの配信日 2020年1月23日 木 9:00配信 アップデートに必要な容量 約240MB程 今回のアップデートのみの場合 不具合修正・バランス調整 ・導きの地の溶岩地帯を開放していない状況にて、特殊痕跡の解析状況が正しく表示されないことがある不具合を修正。 ・条件を満たしても、クエスト「失われた幽世線」が解放されないことがある不具合を修正。 ・緊急任務【ムフェト・ジーヴァ】に参加した際、正しく任務項目が反映されないことがある不具合を修正。 ・緊急任務【ムフェト・ジーヴァ】のムフェト・ジーヴァ情報にて、特定の操作でボタンガイドが表示されなくなる不具合を修正。 ・緊急任務【ムフェト・ジーヴァ】の達成度の最大値が、Lv. 16で止まってしまっていた不具合を修正。 ・緊急任務【ムフェト・ジーヴァ】の報酬受け取り画面にて、特定の状況で「全て売却する」へカーソルを合わせることができなくなる不具合を修正。 ・緊急任務【ムフェト・ジーヴァ】の報酬で特定の操作を行うと、マム・タロトの素材等が排出される不具合を修正。 ・クエスト「赤き龍」出発時に、ストップする場合がある不具合を修正。 ・クエスト「赤き龍」を受注する前に、イベント開催期間外となった際に不自然な位置に表示画面が残る不具合を修正。 ・クエスト「赤き龍」において、特定の条件で覚醒武器にポイントが追加されないことがある不具合を修正。 ・特定の条件で、クエスト「赤き龍」のリザルトで表示される、緊急任務の達成度を示すゲージの表現が正しく表示されない不具合を修正。 ・「緊急任務確認」の表示内容が正しく反映されないことがある不具合を修正。 ・覚醒強化でシリーズスキルを上書きしようとした際の装備詳細の文字色の変化ルールを調整。 ・弓の覚醒強化で対応するビンを追加する覚醒能力を追加しようとした際、装備詳細の装着可能なビンの文字色が、一部正しく反映されない不具合を修正。 ・一部覚醒能力の説明文を修正。 ・武器をソートした際、強化した覚醒武器の並び順が変わってしまう不具合を修正。 ・観察依頼22「飛毒竜の晩餐」にて、達成条件が正しくチェックされない不具合を修正。 ・素材アイテムをソートした際のムフェト・ジーヴァ素材の並び順を調整。 ・一部のモンスターフィギュアを拡大した際に、解像度が正しく切り替わらない不具合を修正。 ・他プレイヤーが食事券を使用したタイミングで、食事場のメニューを選択するとストップする場合がある不具合を修正。 ・特定の条件において、蒸気力限界突破の際に得られるアイテムの個数が正しく表示されない不具合を修正。 モンスター ・ムフェト・ジーヴァ情報に表示されている各階層のエネルギー状況が、特定の状況にて正しく表示されない不具合を修正。 ・特定の条件で、緊急任務【ムフェト・ジーヴァ】の各階層毎の地脈エネルギーの減少が反映されない不具合を修正。 ・クエスト「赤き龍」をオフライン状態でプレイした際、リザルト画面にてエネルギー残量ゲージが正しく表示されないことがある不具合を修正。 ・ムフェト・ジーヴァが討伐された際、他パーティが任務項目を達成した状況が正しく共有されないことがある不具合を修正。 ・ムフェト・ジーヴァの敵視状態の見た目が同期されないことがある不具合を修正。 ・特殊闘技場で一部のモンスターが壁にぶつかっても反応しないことがある不具合を修正。 プレイヤー関連 ・チャージアックスの乗りのフィニッシュ攻撃にスキル「龍脈覚醒」「真・龍脈覚醒」の効果が反映されない不具合を修正。 ・ボウガンや弓の射撃、スラッシュアックスやチャージアックスの攻撃などで、攻撃してからヒットするまでに納刀状態になると、スキル「龍脈覚醒」「真・龍脈覚醒」の効果が反映されない不具合を修正。 ・ストームスリンガー 逸品 の特殊弾である「ストームボルト」の発射の操作ガイドが正しく表示されていない不具合を修正。 ・トレーニングエリアで力尽きた時、拠点に戻れば再度食事をすることができるように修正。 ・ゾンビ状態で強爆破やられになった際、粘液のエフェクトが不自然に動いて見える不具合を修正。 ・特定の手順で、ヘビィボウガン発射時にストップする場合がある不具合を修正。 ・特定の状況で閃光羽虫を使用した際、ストップする場合がある不具合を修正。 その他の修正 ・ポーズセット「武器構え」をした際の、チャームの向きを修正。 ・古代竜人に話しかけた際、ストップする場合がある不具合を修正。 ・セリエナで「遥かなるローレライ」のクエストが発生している際、ギルドカードのキャラクターの画質が悪くなる不具合を修正。 ・クエスト「狂乱のエルドラド」に途中参加するとBGMが再生されない不具合を修正。 ・覚醒武器のLVが23になった際にトロフィー「すべてを討ち払う攻め」の取得条件を満たしてしまう不具合を修正。 ・その他、細かなゲームバランスの調整及び一部の不具合を修正。 【PS4版】Ver11. 50のタイトルアップデート内容 配信日・アプデ容量 アップデートの配信日 2019年11月7日 木 9:00配信 アップデートに必要な容量 約0. 50アップデートに準じた内容になるようです。 「狩王決定戦」に出場予定のチームの皆様は注意しましょう。 PC版 スチーム のアップデートスケジュール PC版のロードマップ 2020年のPC版 スチーム のロードマップです。 「」に溶岩や氷雪地帯が追加され、「」と「」が登場予定です。 集会場が特別な装飾に飾られ、ほぼ全てのクエストが開催されました。 大型アップデート第1弾 配信日 2020年2月6日 2020年2月6日には、大型アップデート第1弾が配信され、「」の実装や導きの地に溶岩地帯が追加されました。 また、バイオハザードコラボ「」の開催やデザインコンテスト武器の「」が作成可能です。 大型アップデート第2弾 配信日 2020年3月12日 2020年3月12日には、大型アップデート第2弾が配信予定です。 追加モンスターで「」と「」が登場し、 導きの地に「氷雪地帯」が追加されます。 大型アップデート第3弾 2020年4月には、大型アップデート第3弾が配信予定です。 大型アップデート第4弾 2020年5月には、人気モンスターの復活などが予定されています。 登場を期待されている、過去作に登場した禁忌モンスターの「ミラボレアス」や「アルバトリオン」でしょうか。 楽しみに待ちましょう。 PC版 スチーム のタイトルアップデート一覧 【PC版】Ver12. 00のタイトルアップデート内容 配信日 アップデートの配信日 2020年3月12日 木 9:00配信 アップデートに必要な容量 ゲーム本編:約2. 3GB High Resolution Texture Pack:約1. ・新たな武器派生、新装備、新スキルを追加。 ・「ジンオウガ亜種」を追加。 (ジンオウガ亜種はMHW:Iストーリークリア後、導きの地にて発生するイベントで登場します) ・新モンスター「ムフェト・ジーヴァ」を追加。 ・「悉くを殲ぼすネルギガンテ」の歴戦の個体が登場。 ・片手剣のクラッチクローアッパーヒット時に肉質軟化の効果を適用。 ・片手剣のジャストラッシュの攻撃力を調整。 ・双剣アクションの各種補正値を調整。 ・双剣の回転斬り上げによってスリンガー弾が落ちなくなる代わりに、より傷つけやすくなるよう調整。 ・ヘビィボウガン装備時、拡散弾のリロード速度が「普通」且つ照準状態でリロードが行えない不具合を修正。 ・狩猟笛の体力継続回復効果をスリップダメージ中でも得られるように仕様を変更。 ・スリンガー装填数UP効果発動中、スリンガー全弾発射時の弾消費量を調整。 ・操虫棍の乗り中の移動攻撃で冰気錬成ゲージが消費されていたため、消費されないように仕様を変更。 ・セリエナのマイハウス内で聴くことができる演奏ボックス用BGMを複数追加。 ・武器に装着することができるチャームを複数追加。 ・防具強化時、最大強化レベルまでに必要な強化値を所持している鎧玉から自動で使用個数を選択する機能を追加。 ・重ね着装備の生産ラインナップを追加。 ・ポーズセットに「武器構え」を追加。 武器構えを実行すると装備している武器に応じて自動的にポーズが変わります。 ・マカ錬金の「アイテム錬金」のラインナップに、一部、導きの地で得られる素材を追加。 トレーニングエリアの荷台にて、操虫棍を使用時に取得できる猟虫のエキスが赤、白、橙の3色まで可能となるよう調整。 下記装飾品の出現条件を緩和。 ・マカ錬金において、導きの地で入手したラージャンの素材を「アイテム錬金」で作成することができない不具合を修正。 ・セリエナのマイハウスにおいて、演奏ボックスが表示されない場合がある不具合を修正。 ・武具の飾り台において、一部の双剣を飾った際にゲームがストップする場合がある不具合を修正。 ・ルームサービス「環境生物の配置」にて、特定の手順でエラーが発生する不具合を修正。 ・演奏ボックスの追加BGM「飛来せし気高き非道 〜バゼルギウス」の解放条件を緩和。 ・食事場にて食事を行った際に、スタミナの減少時間がリセットされない不具合を修正。 ・観察依頼22「飛毒竜の晩餐」にて、達成条件が正しくチェックされない不具合を修正。 ・一部のモンスターフィギュアを拡大した際に、解像度が正しく切り替わらない不具合を修正。 ・他プレイヤーが食事券を使用したタイミングで、食事場のメニューを選択するとストップする場合がある不具合を修正。 ・マルチプレイの際に、歴戦個体のブラキディオスが設置した粘菌の爆発するタイミングがプレイヤー間で同期されない不具合を修正。 ・「モンスターハンター:ワールド」の下位クエストにおいて、古代樹の森に出現するモンスターの情報が、特定のモンスター表示のまま固定されてしまう不具合を修正。 ・ジンオウガの頭部を破壊した際の報酬を見直し、破壊段階に応じた報酬を追加。 ・渡りの凍て地のエリア4において雪崩が発生後、レイギエナが飛行せず歩行し続けてしまう不具合を修正。 ・パオウルムー亜種が特定のモンスターと縄張り争いを行った際、落し物を落とさないことがある不具合を修正。 ・イヴェルカーナと悉くを殲ぼすネルギガンテが縄張り争いを行った際、悉くを殲ぼすネルギガンテが攻撃してもイヴェルカーナにダメージが入らないことがある不具合を修正。 ・リオレイア希少種に乗り攻撃中、スタミナが減少しない場合がある不具合を修正。 ・マスターランクのナナ・テスカトリが、「フレア」を使用しない場合がある不具合を修正。 ・リオレイア希少種が劫炎ブレスを使用後、着地までに時間がかかる場合がある不具合を修正。 ・陸珊瑚の台地において、ネロミェールが本来移動しない場所へ落下してしまう不具合を修正。 ・一部のモンスターの攻撃において、二重にヒットしてしまう場合がある不具合を修正。 ・モンスターの一部アクション中に、本来行えないクラッチが行えてしまう不具合を修正。 ・紅蓮滾るバゼルギウスの頭部の強化段階と、ウロコの色の変化が紐づかない場合がある不具合を修正。 ・ネロミェールが水たまりを設置後、電気纏いの攻撃を行っても水たまりが反応しない場合がある不具合を修正。 ・リオレイア希少種を龍結晶の地の特定のエリアへ誘導した際、その場で咆哮を繰り返してしまう不具合を修正。 ・導きの地に出現するウラガンキンやラドバルキンの背中からアイテムを採取した際、解析済みの特殊痕跡を入手してしまう場合がある不具合をVer. 00にて修正。 ・導きの地において、古龍種と特定のモンスターが同一エリアに滞在し続ける状況を一部緩和。 ・特殊闘技場で一部のモンスターが壁にぶつかっても反応しないことがある不具合を修正。 ・ハンターノート内、導きの地の項目において、ナナ・テスカトリの情報が特定の条件で開放されない不具合を修正。 ・観察キットを未所持かつ特定の条件下で老練の獣人族学者に話しかけた際、観察キットの初回説明が開始されず観察キットが入手できないことがある不具合を修正。 ・陸珊瑚の台地の特定の場所においてクラッチクローを用いてモンスターを壁にぶつけた際、二重床やられになることがある不具合を修正。 ・スキル「体力増強」による体力上昇の表示が、マルチプレイ時の他プレイヤーに正しく表示されない不具合を修正。 ・ヘビィボウガンの自動装填を完了後に、特定の場面で効果音だけが再生される不具合を修正。 ・武器の強化時に表示されるアイコン色が一部適正に表示されない不具合を修正。 ・装備マイセットに登録している装衣を更新時に、強化状態が更新されない不具合を修正。 ・モンスターにクラッチ中、特定の状況で武器攻撃を行った際に、スリンガーの弾が壁などに埋まってしまう場合がある不具合を修正。 ・スキル「採集の達人」の効果が、ピッケルによる採掘時には適用されていない不具合を修正。 ・クラッチクローを用いてモンスターを壁にぶつけた際、意図しない自動定型文チャットが表示されてしまう不具合を修正。 ・片手剣にて後ろ回避を行った際に、攻撃の派生と操作ガイドの表示が一致していない不具合を修正。 ・イヴェルカーナの出す霧に抜刀攻撃が触れた際、抜刀術系のスキル効果を消費してしまう不具合を修正。 ・モンスターにクラッチした際に、ボタン入力が無い状態でスリンガーが全弾発射される場合がある不具合を修正。 ・片手剣にてクラッチクローアッパーをヒットさせた後、張り付き時の傷つけ攻撃において、会心エフェクトが表示されてしまう不具合を修正。 ・双剣の一部の属性補正の上方修正ならびに回転斬り上げについて調整。 ・モンスターの一部の攻撃をガードした際に属性やられ・状態異常になることがある不具合を修正。 ・一部の武器で納刀時の位置がズレていたのを修正。 ・特定条件で救難検索をした際、方向キーで2ページ目に移ることができない不具合を修正。 ・チャージアックスの斧強化時のエフェクトが残り続ける不具合を修正。 ・段差付近の空中でゾンビやられが発症するとプレイヤーキャラの挙動が不安定になる不具合を修正。 ・ゾンビ状態を解除した際に一部のプレイヤーのスキンカラーが正しく表示されないことがある不具合を修正。 ・重ね着「【ガスト】衣装」にて、デフォルトカラーが不自然な色になってしまう不具合を修正。 _装備生産、変更時に防御力上昇スキルが発動していると数値が正しく表示されないことがある不具合を修正。 ・オトモ道具を変更した後に、アイテムウィンドウにおいてオトモ命令の順番が変わってしまう不具合を修正。 ・プレイヤーの操作において左スティック入力状態でのボタン押し先行入力が先に成立していた場合に後からボタン入力をするとハンターがアクションを行わなくなる不具合について緩和。 ・ポーズセット「武器構え」を複数人で用いた際に意図していない挙動となる不具合を修正。 ・トレーニングエリアで力尽きた時、食事効果が終了しないように修正。 ・ゾンビ状態で強爆破やられになった際、粘液のエフェクトが不自然に動いて見える不具合を修正。 ・特定の手順で、ヘビィボウガン発射時にストップする場合がある不具合を修正。 ・特定の状況で閃光羽虫を使用した際、ストップする場合がある不具合を修正。 ・オプションのアイテム操作設定を「タイプ2」に設定時、遠距離武器の武器操作指南において「弾の選択」「ビンの選択」の項目が表示されなくなる不具合を修正。 ・オプションの操作設定にてLBボタン、RBボタンを入れ替えた状態で観察キットを使用した際に、複数の操作が同時に利いてしまう不具合を修正。 ・陸珊瑚の台地において、フィールド外へ落下してしまう場合がある不具合を修正。 ・解析途中の特殊痕跡と同種別の解析済特殊痕跡を入手した際に、解析ゲージが表示されなくなる不具合を修正。 ・モギーが地面を掘っている状態になり続ける不具合を修正。 ・他プレイヤーの装備を閲覧した際、属性値が上昇するスキルの発動条件が正しく表示されない場合がある不具合を修正。 ・マルチプレイ時、モンスターが瀕死となる状態の表示情報の同期がプレイヤー間で正しく行われないことがある不具合を修正。 ・オタカラ情報について、大蟻塚の問題「大盾をつくった男05」、渡りの凍て地「ボワボワの知恵試し06」のヒント内容に誤りがあった個所を修正。 ・クエスト中に、複数のモンスターのBGMが頻繁に切り替わり鳴ってしまう場合がある不具合を修正。 ・アプリケーションを終了するとアイテムポーチの並び順が意図せず変更される不具合を修正。 ・アカウントが削除されたユーザーがランキングに登録されていた場合、ランキング情報を取得できない不具合を修正。 ・セーブデータが破損した際に表示されるメッセージ内容を適切な内容へ修正。 ・ポーズセット「武器構え」をした際の、チャームの向きを修正。 ・古代竜人に話しかけた際、ストップする場合がある不具合を修正。 ・セリエナでクエスト「遥かなるローレライ」が発生している際、ギルドカードのキャラクターの画質が悪くなる不具合を修正。 ・クエスト「狂乱のエルドラド」に途中参加するとBGMが再生されない不具合を修正。 ・DirectX 12 APIを有効にするにはVRAM容量4GB以上のGPUが必須のため、グラフィックオプションで「DirectX 12 API」を有効にした場合、VRAM使用量が3. 50GB以下なら3. 50GB使用される表示を行い注意を促す仕様を追加。 なお、あくまでUI表示のみで内部的な挙動に変更はなく、VRAM使用量が増えることはない。 ・キーボード&マウス操作専用のCONTROLSオプション「クラッチ中の入力キー入れ替え」を追加。 ・近接武器種と遠距離武器種間で武器変更を行った場合、ゲームパッド操作に依存するモンスターにしがみついた後の「武器攻撃」と「スリンガー全弾発射」の入力キーが異なる配置になってしまう問題を解消し、操作を統一することが可能。 キーボード設定の近接武器種と遠距離武器種に「クエスト帰還先設定選択」を追加。 初期割り当ては【Tab】キーです。 他のキーに変更することで【Tab】キーに「スタートメニューを開く」等を割り振ることが可能。 なお、他のキー割り当てと重複可能になっていますので注意。 キーボード設定のメニュー操作に「観察依頼を確認する」を追加。 初期割り当ては【F】キーです。 観察キット使用時限定のキーコンフィグのため、他のキー割り当てと重複可能。 ・マウスをゆっくり動かすとカメラがカクつく不具合を修正。 ・キーボード&マウス操作にて、武器だし中に照準を出し、カメラを動かしながら前方向以外に移動するとプレイヤーの動きがカクつき移動速度が低下する不具合を修正。 ・キー設定にて一個の操作に対してメインキーとサブキー両方にマウスのボタンを割り当てた場合、サブキーに設定したマウスのボタンが機能しない不具合を修正。 ・キーボード操作時のテーブルアクション、足湯、ベッドで休むをやめる時のキー操作が、ゲームパッド用オプション「決定ボタンの選択」の影響を受けてしまう不具合を修正。 ・遠距離武器種を装備中にバリスタを操作すると、「照準操作」の操作ガイドに近接武器種で設定したキーが表示されてしまう不具合を修正。 ・プライマリグループリスト中の「Steamのグループ情報を確認する」という表記がマウスクリックで操作できそうな見た目になっていたので削除。 なお、Steamのグループ情報の確認は、以前と変わらずボタン入力もしくはキー操作で行うことができる。 ・FPSが60以上出ているときに蒸気機関管理所で「施設を手伝う」を行うと、3番目にボタンを入力した際のエフェクトが表示されない不具合を修正。 ・Ver. 00より前のセーブデータからセーブデータコンバートを行った後、意図しないタイミングで「キーボード設定のマイセットのデータが破損しています。 」等のエラーメッセージが表示される場合があった不具合を修正。 ・その他、細かなゲームバランスの調整及び一部の不具合を修正。 【PC版】Ver11. 50のタイトルアップデート内容 配信日・アプデ容量 アップデートの配信日 2020年2月6日 木 9:00配信 アップデートに必要な容量 約2. 0GB 今回のアップデートのみの場合 機能追加・仕様変更 ・新たなモンスターを追加。 ・導きの地に「溶岩地帯」が開放されるイベントを追加。 ・武器のカスタム強化、パーツ強化を拡張。 ・新たな武器派生、新装備、新スキルを追加。 ・セリエナのマイハウスを他のプレイヤーに公開することが可能。 ・セリエナのマイハウス内のBGMを変更できる演奏ボックスを追加。 ・セリエナのマイハウス内に設置できる家具を複数追加。 ・オトモダチ探検隊で指定できる行先の「導きの地」にて、持ち帰る報酬のラインナップを追加。 ・重ね着装備の生産ラインナップを追加。 ・導きの地のモンスターの出現確率を変更。 ・導きの地でおびき出したモンスターが出現した際に自動で導虫のガイド対象にできるように変更。 ・導きの地でクエストリーダーのターゲット設定が更新された場合、ログが表示されるように変更。 ・導きの地でモンスターをおびき出した際、既に出現しているモンスターがフィールドから立ち去りにくくなるように変更。 ・猟虫をウィッシュリストに登録できるように変更。 ・集会エリアの募集文にマイハウスの公開設定用の項目を追加。 スキルの内容に合わせて装飾品の並び順を調整し、以下の施設機能で変更。 ・蒸気機関管理所にて、ガイド役のアイルーが誤ったタイミングでジャンプすることがある不具合を修正。 ・太刀の「太刀・爆鎚竜パーツ」について、強化素材が「歴戦の爆鱗」となっている箇所を「歴戦の耐熱殻」に修正。 ・モンスターを麻痺やスタンで拘束したクエスト受注者がクエストをリタイアし、その間に他のハンターが乗り攻撃の蓄積を溜め、拘束が解ける瞬間にクエスト情報画面を開いていると、乗り状態に移行し行動不能になる不具合を修正。 ・ベリオロスが壁を使って跳躍する際の行き先が、誤った方向へ向くことがある不具合を修正。 ・イヴェルカーナが空中にいる状態で撃龍杭砲に当たってもクエストクリアにならない不具合を修正。 ・イヴェルカーナの視線 首振り がプレイヤーに向かない不具合を修正。 ・闘技大会にてジンオウガから超電雷光虫を取得でき、持ち帰ることができてしまう不具合を修正。 ・怒り喰らうイビルジョーが登場するクエストにおける乱入確率を調整。 ・ナナ・テスカトリがヘルフレアを使用した際、ベースキャンプにいるプレイヤーにも当たってしまう不具合を修正。 ・リオレウス亜種が、古代樹の森のエリア内にて通路の外縁に埋まってしまう場合がある不具合を修正。 ・特定の状況において、クシャルダオラの頭部を部位破壊できない場合がある不具合を修正。 ・プレイヤーが設置した罠に、ディノバルドがかからない場合がある不具合を修正。 ・転身の装衣を着た状態で、チャージアックスの斧モード、高出力属性解放斬りの動作終盤に転身の装衣による回避が発生し攻撃動作派生をすると不自然な武器表示になる不具合を修正。 ・スキル「冰気錬成」について、太刀の兜割りや、狩猟笛の演奏攻撃の追加ヒット時にゲージのみ消費されて効果が発生していない不具合を修正。 ・モンスターに乗っている状態でクロー張り付きへ移行した際に、クロー攻撃が機能していない状況があったため機能するように修正。 ・クラッチ中にプレイヤーが地面に埋まると、クラッチクローの機関竜弾の攻撃判定が消失する不具合を消失しないように修正。 ・クラッチクローによりモンスターに張り付く際の、張り付く場所の優先を調整し、クラッチクローを当てた場所に張り付きやすくなるように修正。 ・イヴェルカーナが設置した氷の壁の上から、ヘビィボウガンの「狙撃竜弾」ならびに、ライトボウガンの「反撃竜弾」を使用時に、氷の壁に遮られないように修正。 ・イヴェルカーナの氷霧で、プレイヤーのスライディングがホスト側でしか発動していない不具合をゲスト側でも発動するように修正。 ・狩猟笛において、響音攻撃から直接ストックされた旋律を演奏できない不具合を演奏できるように修正。 ・ハンマーにおいて、クラッチクローによりモンスターに張り付いた直後に、未操作にも関わらずスリンガーが全弾発射されることがある不具合を修正。 ・ヘビィボウガンについて、特殊照準の適正距離表示における不具合を修正。 ・鉱脈から採取を行う際に、プレイヤーのモーションに応じたアイテムが排出されない不具合を修正。 ・アイテムマイセットを呼び出した際に、救援のろしの指笛の位置が保存されていない不具合を修正。 ・お食事券、高級お食事券を使用した際、日替わりスキルが変更されないように修正。 ・オトモが不正な位置へ移動する場合がある不具合を修正。 ・オトモアイルーの武器にて会心率がマイナスの状態で攻撃しても、プラス会心が発動してしまう不具合を修正。 ・探索中に全域マップから「渡りの凍て地」へ移動する際に「RETURNING TO BASE」と表示されてしまう不具合を修正。 ・釣りにより入手可能な一部の魚が通常サイズしか抽選されなくなってしまう不具合を修正。 ・一部の環境生物において、サイズの変動が正しく機能していない不具合を修正。 ・スキル「ネコの生物博士」を発動させた際に、モギーの出現率が大幅に上昇してしまう不具合を修正。 ・観察依頼「水上を行く葉船」の達成条件である「葉っぱの船に乗っているところ」について、特定の状況において達成扱いにならない不具合を修正。 ・導きの地において特定のエリアで不必要なエフェクトが表示される不具合を修正。 ・導きの地にて、おびき出したモンスターとの戦闘中に元からいたモンスターが合流するとターゲットカメラやロックオンカメラのロック対象が勝手に切り替わってしまう不具合を修正。 ・ガイドレベル3の状態のモンスターの瀕死行動中である事を示すレーダーのアイコンが正しく表示されない不具合を修正。 ・「グラフィックス設定」を「解像度優先」にして観察キットを利用した際、お題の撮影判定範囲が狭くなってしまう不具合を修正。 ・スリンガーの閃光弾や閃光羽虫などのエフェクトについて発生時の画面内の輝度を調整。 ・その他、細かなゲームバランスの調整及び一部の不具合を修正。 ・キーボード&マウス操作にて、照準中にアイテム選択モードに入った際に「照準をキャンセルする/しない」を任意に選べるCONTROLSオプション「アイテム選択時の照準解除(近接用)」「アイテム選択時の照準解除(遠距離用)」を追加。 ・キーボード&マウス操作にて、アイテム操作設定が「タイプ3」以外のときにアイテム選択モードを起動すると、マウス入力はゲームパッド操作時と同様にカメラ操作よりゲームパッド用ショートカットの操作が優先される仕様が、マウス中ボタンをクリックしてゲームパッド用ショートカットを起動しない限り、カメラ操作を優先する仕様に変更。 ・複数のGPU(CPU内蔵GPUからの画面出力も含む)から、それぞれ別のディスプレイに画面出力しているとき、ディスプレイオプションの「出力ディスプレイ設定」で出力先ディスプレイを変更するとクラッシュする不具合を修正。 ・コア数が多く、クロック数の低いCPUの環境で、フルスクリーンモードからウィンドウモードに切り替える際にクラッシュする可能性がある問題を修正。 ・ウィンドウモードのとき【Win】+【D】キーで最小化後、再度【Win】+【D】キーで開いたときゲーム画面をクリックなどしてもアクティブにならない不具合を修正。 ・オプション「方向指定タイプ」を「タイプ2」にしているとき、ランスの後ろ方向へのガードダッシュがキーボード&マウス操作では発動できない不具合を修正。 ・キーボード&マウス操作にて、キー設定「しゃがむ/回避行動」にマウスのボタンを割り振った場合、クエストを受注後、出発準備画面を開くことができない不具合を修正。 ・キーボード&マウス操作にて、アイテム操作設定が「タイプ3」のとき、アイテム選択モードを起動するとカメラ操作の挙動がおかしくなる不具合を修正。 ・キーボード&マウス操作にて、拠点内(セリエナとアステラと研究基地)と集会エリアでのみ、横方向のカメラの操作に対して違和感のある補正がかかる不具合を修正。 ・ビューモード時にマウスでカメラ操作を行うとカクつきが発生する不具合を修正。 ・ビューモードもしくは観察キット使用中に、チャットウィンドウから定型文やスタンプ等の選択ウィンドウを開いた場合、ウィンドウのページ切り替えをマウスホイール操作で行おうとすると、カメラの倍率も同時に変化してしまう不具合を修正。 ・ゲームパッド操作で「カメラのマウス操作」をOFFにすると特定の手順を行うまでウィンドウの外にマウスカーソルを移動できない不具合を修正。 ・オプション「マウス操作時のロックオンカメラ」を「タイプ2」に設定してもゲームを起動する度に「タイプ1」に変わってしまう不具合を修正。 ・2018年9月20日にマウス操作の見直しを行ったアップデートより前のバージョンから、Ver. 00にアップデートした場合、セーブデータコンバート直後、マウスの感度がゼロになってしまう不具合を修正。 ・キーボード設定の「メニュー操作」の内、以下の項目にマウスのボタンを設定しても動作しない不具合を修正。 ・オトモ管理画面で、特定の操作を行うとオトモの向きを意図せず変えることができてしまう不具合を修正。 ・オプション「アスペクト比」を「ウルトラワイド(21:9)」設定時、マイハウスの伝統的な部屋にてカメラが表示物に埋まる等の現象を改善。 ・英語の「スリンガー装填数UP(Slinger Capacity)」のスキル名がゲーム中に表示されない不具合を修正。 ・狩猟笛「ストライプドラゴング改」と「轟鼓【虎鐘】」の説明文に「ハイネスリコーダー」と表示されている不具合を修正。 ・キーボード用カスタムショートカットで表示されるショートカット用テキストについて、登録したジェスチャーやアイテムの文字数が多い場合に、フォントのスケール調整を追加し、テキスト末尾がカットされないように修正。 ・特別調査クエスト「狂乱のエルドラド」にて、ゲストがクエストに途中参加するとBGMが再生されなくなる不具合を修正。 ・PCのタスクバーやウィンドウに「モンスターハンター:ワールド」のアイコンが正常に表示されない不具合を修正。 ・その他、細かなゲームバランスの調整及び一部の不具合を修正。 この緊急任務クエストではゼノ成体の素材が入手できる他、「覚醒武器」という特殊な武器も入手することができます。 「覚醒武器」の追加 「ムフェトジーヴァ」討伐クエの追加に伴い、報酬で「覚醒武器」がもらえるようになりました。 覚醒武器は全武器種にいずれかの属性が付与されている武器です。 入手時の性能はさほど差がありませんが、覚醒能力を付与していくことで自分好みの強化ができるようになる新たな種類の特殊武器となります。 ムフェトジーヴァ装備を作成可能に 12月13日に追加された「ムフェトジーヴァ」緊急任務クエは、ムフェトジーヴァの素材が入手できるようになり、この素材で装備が作成できるようになります。 ジンオウガ亜種参戦! 無料アップデート第2弾で「ジンオウガ亜種」が参戦しました!原種とは違う「蝕龍蟲」による攻撃で手強い相手となっており、新技も非常に強力なので注意して戦いましょう。 新モンスター「ムフェトジーヴァ」 第2弾アプデで新モンスター「ムフェトジーヴァ」が追加されます。 クエストの演出やモンスターの行動などが非常に凝ったものになっており迫力満点です! 導きの地に「氷雪地帯」追加! 導きの地に「氷雪地帯」が追加されました。 「ジンオウガ亜種」や寒冷地に出るモンスター「ベリオロス」などが登場するようになっています。 全地帯で登場の可能性があるモンスターとなっています。 アステラ祭り開幕! 2019年12月に「アステラ祭」が開催されました。 12月には「万福の宴」、2020年1月24日のアステラ祭【大感謝の宴】が開催され、新しいポーズセットやヘアスタイル、ジェスチャーが追加されます。 防衛隊派生武器追加決定! 12月5日の無料アップデートでストーリークリアに役立つ「防衛隊派生武器 14種 」が追加されました。 簡単に生産でき、マスターランクの序盤でも役立つ武器性能です。 生産には「」1つと少しのゼニーで作成でき、強化はストーリー中に入手できるモンスター素材で可能です。 武器調整実施 調整内容のまとめ ・片手剣のクラッチクローアッパーの出だしにダメージのリアクションがなくなる効果を適用 ・片手剣のクラッチクローアッパーヒット時に肉質軟化の効果を適用 ・片手剣のジャストラッシュの攻撃力を調整 ・ガンランスの起爆竜杭誘爆によって他プレイヤーが転倒する仕様を変更 ・双剣アクションの各種補正値を調整 ・双剣の回転切り上げによってスリンガー弾が落ちなくなる代わりに、より傷つけやすくなるよう調整 ・ヘビィボウガン装備時、拡散弾のリロード速度が「普通」且つ照準状態でリロードが行えない不具合を修正 ・狩猟笛の体力継続回復効果をスリップダメージ中でも得られる仕様を変更 ・スリンガー装填数アップ効果発動中、スリンガー全弾発射時の弾消費量を調整 DLCアイテム多数追加 有料DLCに多数アイテムが追加されました。 「和風家具」や「演奏ボックスBGM」、「モンスターフィギュア」さらに「チャーム」が追加されました。 アイスボーンの無料大型アップデート第1弾 アップデート内容まとめ アップデートの配信日 2019年10月10日配信 データ容量 【 PlayStation4】 約1. 【 PS4の空き容量が足りない】 本体の空き容量が足りない場合は確保する必要があります。 今作のラージャンは闘気硬化状態というパワーアップ状態が非常に危険であるとのことです。 ラージャンの追加とともに「ラージャン装備」も装備に追加されたので、ぜひ作りましょう。 金レイア銀レウスの歴戦個体追加 「導きの地」にて「リオレウス希少種」と「リオレイア希少種」の歴戦個体が出現するようになりました。 熔岩地帯が追加されることで、今までの導きの地に登場しなかったモンスターが登場するようになりました。 10月、12月でアップデートされた導きの地の仕様調整では、特に 地帯レベルの固定の調整が大きな変更点となりました。 マイハウスに新要素が追加 セリエナの拠点にある「マイハウス」に多数の要素が追加されました。 特に大きな追加要素は「マイハウス公開」です。 他プレイヤーに「マイハウス」を公開できる新たな機能となります。 お気に入りの曲をマイハウスに流して楽しむことが可能です。 ワールドのモンスターの重ね着が追加 無料アップデート第1弾でモンスターハンターワールドに登場した装備の重ね着が一部実装されました。 導きの地の素材を入手することで加工屋のラインナップに追加されていく仕様となっています。 関連リンク 攻略データベース 装備・スキル クエスト・素材など お役立ち関連の記事 アプデ.

次の

『モンハンワールド:アイスボーン』はどれを買えばいい? 違いや値段を解説するタイプ別購入ガイド

モンハン ワールド アイス ボーン 新 モンスター

スポンサーリンク 1モンハンワールド新DLC「アイスボーン」が配信決定! 追記* 発売日は2019年9月6日に決定しました! 種類がたくさんあるので、どれを買うべきか迷うかと思います。 以下に簡単にまとめます。 2019年9月6日世界同日発売 ダウンロード版:4444円(税抜) 既にモンハンワールド本編を持っていて、インターネット環境がある方はこちらで良いと思います。 モンスターハンターワールド:アイスボーン デジタルデラックス 5370円(税抜) こちらはダウンロードプラスデラックスキットがついたものです。 マスターエディションはモンハンワールド本編プラスアイスボーンとなっています。 私はアマゾンの予約特典と重ね着ユクモノが欲しいので、こちらを購入予定です。 詳しくはアマゾン「アイスボーン」をご覧ください。 モンスターハンターワールド:アイスボーン コレクターズパッケージ 14444円(税抜) フィギュアやサントラなどが同梱された豪華版もあります。 『モンスターハンター:ワールド』ゲーム本編(製品版)をお持ちの方は、大型拡張コンテンツを追加購入していただくことでアップグレードすることが可能です。 ディノバルド、レイギエナ新個体」が既に決定しています。 詳細は以下にまとめています。 新たなストーリー、 上位ランクを超えるマスターランクが登場します。 これは従来のG級のクエストランクに相当するものです。 新フィールド:渡りの凍て地』が登場 雪が降っていて非常に寒いエリア、雪の表現にはかなりこだわっているとのこと。 場所によっては雪が深く降り積もった道を移動する。 寒さを凌ぐため、トウガラシを採取してホットドリンクとして利用するといった、新たな狩りの知恵が活きるだろう。 寒冷地には、長毛の草食獣「ポポ」も生息している。 温厚な性格で攻撃されると群れごと逃げていくが、雄の成体は子を守るべく巨大な牙で果敢に反撃してくる。 全武器種で、抜刀中のスリンガー使用が可能に! 抜刀中でもスリンガーを交えながらいろんなアイテムを使っていくことができ、アクションの幅が広がる。 効果は、武器のタイプによって異なるようだが…詳細は続報を待とう。 壁にぶつけて隙を作ったり、設置した落とし穴にはめたり、新たな立ち回りを可能とする。 クラッチ/しがみつく 発射したクローをヒットさせることで、モンスターにしがみつける。 しがみついている間、スタミナを消費するが、ここからいくつかの行動が可能となる。 モンスターライド ハンターの移動手段として利用できる便利な要素を追加。 オトモとオトモダチになった小型モンスターが目的地に連れて行ってくれ、行きたい場所を指定(生態マップにピンを打つ)すれば目的地まで連れて行ってくれる。 新モンスター:猛牛竜バフバロ アイスボーンの序盤で登場する新モンスターです。 無印で言うボルボロスのような感じでしょうか。 猛牛竜 バフバロ 大きな2本の角と突進力を備えた獣竜種モンスター。 地面を角で削りながら突進し、ときには木をも巻き込み突っ込んでいく。 普段は温泉の水を飲んだり、日光浴をするといった比較的のどかな生態行動が目立つが、好戦的な一面も併せ持つ。 『新モンスター:凍魚竜ブラントドス』 アイスボーンでハンターが初めて出会う大型のモンスターです。 凍魚竜 ブラントドス 尖った頭で雪をかき分け、凍土の雪の中も自由に泳ぎ回る魚竜種のモンスター。 獲物に向けて脚ヒレで雪を飛ばす姿が頻繁に目撃される。 また、「ポポ」の捕食や、「バフバロ」と激しい縄張り争いをする様子も確認されている。 新モンスター:迅竜ナルガクルガ』 ナルガクルガがやはり来ました! ストーリー中盤で登場するとのこと。 迅竜 ナルガクルガ 全身を獣のような漆黒の体毛に覆われた飛竜。 素早い攻撃やトリッキーな立ち回り。 暗がりに身を潜め、恐るべき素早さで獲物を狙う特徴は残しつつ、古代樹の森で「リオレウス」との縄張り争いなどならではの豊かな生態表現も見られる。 ちなみに ナルガクルガ装備もすでに出ています。 ティガ骨格が追加されるので、 ベリオロス、ギギネブラも期待大ですね! 実はpvの最後の泣き声はティガで確定しました。 今まで痕跡が発見されなかったモンスター「轟竜 ティガレックス」が登場!原始的な風貌を色濃く残す飛竜で、強靭な脚力から繰り出される凄まじい突進と苛烈な咆哮が特徴。 新モンスター:冰龍イヴェルカーナ アイスボーンのメインモンスターとして初登場! 冰龍 イヴェルカーナ 万物を凍てつかせる古龍。 古い伝承によれば冷気を自在に操るとされ、極低温のブレスを放つ。 「イヴェルカーナ」は、ストーリーにも関わってくるメインモンスター、どのような生態なのか現在調査中である。 古龍種なのは間違いなさそう…めちゃくちゃかっこいいです。 黒龍ミラボレアス(左上) リオレウス ネルギガンテ ゴアマガラ バルファルク ラギアクルス ジンオウガ ティガレックス確定 ディノハルド確定 セルレギオス ナルガクルガ確定 ブラキディオス アイスボーンのモンスターがこの通りになるのかは未定ですが、期待大! アイスボーンは有料ダウンロードの超大型DLCです。 実質、これまでのG級に相当するレベルのボリュームになるとのこと。 新モンスター、新ステージだけではなく、新アクションと新クエストランク、新武器も追加されます! 「受付嬢」 情報統括のエキスパートである編纂者。 常にハンターと行動し、膨大な調査内容をまとめ上げる。 パートナーであるハンターと古代樹の森を調査中、 レイギエナの大群が海の彼方へ向かうのを目撃した事が新たなる調査の発端となった。 ちなみに受付嬢は変わりませんが、ある意味よかった・・・。 さらに、 調査拠点のセリエナでは、平地構造となり、アステラのように(ややこしい)作りにならないようです。 本当に、一か所にまとめてほしいし、猫飯食べて、装備作って、補充して、そのままクエストに行けるようにしてほしいです。 モンハンワールド無印のエンディング以降につながる物語であり、以前ご紹介した地図の半分(大陸半分がまだ未開)を考えてもかなりボリュームがある内容になりそうです。 以前ご紹介していた「雪山」ステージのリークはある意味本当でした・・・。 最初の特別任務は、キツネを追い払うことです。 その後、彼女は北に逃げ、ツンドラにプレーヤーを導くでしょう。 最後の2つの任務はキツネと錆びたたクシャルダオラをたおすことです。 とのリークをそのまま信じるなら、 他にも新モンスターとして、ザボアザギル、錆びたクシャルダオラを含めて5体追加となるのでしょうか。 オトモ武器・防具とハンターの武器が世界各地でデザイン募集。 詳細は画像をご覧ください。 4今後のモンハンワールドのイベントまとめ!アイスボーンまでのイベント 以下、辻本Pのインタビューです。 また、皆さんはどんなモンスターが登場するのか、気になっていると思います。 発表したばかりですので具体的なことは言えないのですが、もちろん新モンスターも収録します。 これまでの「モンスターハンター」シリーズを遊んでいた方ならおわかりになると思うのですが、今回発表した映像の最後に、そのヒントを入れています(ナルガクルガのこと)。 プレイヤーが継続して『モンスターハンター:ワールド』をプレイするためのアップデートや拡張は予定されていますか? 『アイスボーン』の発表と合わせて、『モンスターハンター:ワールド』におけるアップデートの情報も発表させていただきました。 やり込むことによってマム・タロトの真の力を体験でき、よりよい報酬を得られるクエストです。 また、『モンスターハンター:ワールド』の1周年を迎える2019年1月には、記念イベントとして「アステラ祭【感謝の宴】」を開催する予定です。 さらに驚いた方も結構いると思いますが、『ウィッチャー3 ワイルドハント』とのコラボレーションも発表させていただきました。 「ウィッチャー」シリーズの主人公「ゲラルト」が、なんと調査団たちのいる新大陸にやってきます。 コラボ専用のクエストで、非常にユニークな内容になっています。 『ウィッチャー3 ワイルドハント』におけるRPGの体験を『モンスターハンター:ワールド』のゲームシステムに組み込むことにより、今までの「モンスターハンター」シリーズにはなかったような、新たな遊びを皆さんにお届けできる予定です。 このコラボレーションコンテンツは、2019年の初頭に配信を予定しています。 「ウィッチャー」シリーズを開発したCD PROJEKT REDさんと話し合いながら、「ウィッチャー」のファンの方にも楽しんでいただけるように開発していますので、ぜひ楽しみに待っていただけたらと思います。 ぜひ『モンスターハンター:ワールド』をプレイして、超大型拡張コンテンツの発売に備えていただけたらと思います。 多くの皆さんに『モンスターハンター:ワールド』プレイしていただきまして、本当にありがとうございます。 『アイスボーン』のさらに詳しい情報は2019年春ごろにお伝えできる予定となっていますので、それまで少々お待ちください。 また、『モンスターハンター:ワールド』をまだプレイされたことのない方は、先に紹介した序盤体験版をぜひ一度触っていただければと思っています。 それでは皆さん、『モンスターハンター:ワールド』と『アイスボーン』をよろしくお願いいたします! 以上、今後のモンハンワールドのイベントをまとめると、 1 12月20日から「歴戦王マムタロト」配信 2感謝の宴が1月に配信 3春にウィッチャー3コラボ配信 4歴戦王ネルギガンテが配信5月11日 ここでモンハンワールド本編のアプデは終了。 5 2019年9月6日に「アイスボーン」DLCが超大型拡張DLCとして有料配信!実質G級に近いボリュームになる! ということです。 とりあえず、歴戦王マムタロトだけでもかなりお腹いっぱい(期待通り)ですが、 歴戦王ネルギガンテに、新イベントのウィッチャー3コラボ、 そして、G級相当ともされる「超大型」DLC「アイスボーン」の発表。 これは予想をはるかに超えて、最高の発表でした。 最後にナルガクルガの演出は良かった…。 楽しみすぎる・・・。 私の(女性の)転職体験も載せていけたらと思います。 その他PCやPS5など基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 256• 236• 1 スポンサーリンク.

次の