フランク プラマー。 コロナウイルスは、自然発生か人工的、どちらと思いますか? ...

武漢肺炎ウイルス専門家突然死

フランク プラマー

世界的な微生物学者フランク・プラマー(Frank Plummer)が2月4日、ケニアで行われた研究会に出席中に心臓発作で死亡した。 享年67歳。 彼はSARS・H1N1亜型・エボラウイルスの権威ある専門家だった。 インドのメディアは「武漢肺炎が流行する中、恐らく彼の死因は単純ではない」と伝えている。 英国BBC、カナダCBCなどの報道によると「プラマー氏の世界の公衆衛生への影響は莫大であり、中でもエイズ(HIV)の感染に対する 革新的な研究において著名であり、さらにSARS、H1N1亜型、エボラウイルスの権威ある専門家でもあった。 プラマー氏は2月4日、ケニアでマニトバ大学(University of Manitoba)とナイロビ大学(University of Nairobi)の共同研究による 『エイズ撲滅協力40周年記念会議』へ出席中に死亡し、死因は心臓発作」と発表された。 インドメディア『Great Game India』は、「プラマー氏はカナダのウィニペグで生まれ育ち、地元のNML(カナダ国立微生物学研究所) に勤務していた。 又、以前SARSコロナウイルスを武漢ウイルス研究所に密輸した中国裔のウイルス専門家の邱香果氏(55歳)とプラマー氏とは同僚であった」と報じた。 NMLはカナダで唯一のバイオセーフティーレベル4 (P4)実験室であり、SARS・エボラウイルス・コロナウイルスなど、世界で最も 致命的な疾患に対処できる北米でも数少ない施設である。 インド政府はすでに『武漢ウイルス研究所』の調査を開始しており、プラマー氏は新型コロナウイルスが生物兵器であるかどうかを 調査するための主要人物であった。 あの一瞬Twitterでも論文が出回った(何故かデマだデマだと騒ぐ奴多かったが)HIVがウイルスに入ってるの発見した立派なインド人科学者暗殺されたらしいですね。 カナダのウイルス学者もアフリカで暗殺w ジャーナリストも打倒中共も皆んなバンバン消されてる。 jien =お知らせ= 【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa ・会話不能などがアク禁対象です (アク禁依頼・解除はレス番で!!) -------------------------------------.

次の

マイクロソフトの詐欺商売でで金を稼いだビル・ゲイツが背後にいた武漢のコナウイルス拡散事件の隠れた真相 バルバロッサ

フランク プラマー

世界的な微生物学者フランク・プラマー(Frank Plummer)が2月4日、ケニアで行われた研究会に出席中に心臓発作で死亡した。 享年67歳。 彼はSARS・H1N1亜型・エボラウイルスの権威ある専門家だった。 インドのメディアは「武漢肺炎が流行する中、恐らく彼の死因は単純ではない」と伝えている。 英国BBC、カナダCBCなどの報道によると「プラマー氏の世界の公衆衛生への影響は莫大であり、中でもエイズ(HIV)の感染に対する 革新的な研究において著名であり、さらにSARS、H1N1亜型、エボラウイルスの権威ある専門家でもあった。 プラマー氏は2月4日、ケニアでマニトバ大学(University of Manitoba)とナイロビ大学(University of Nairobi)の共同研究による 『エイズ撲滅協力40周年記念会議』へ出席中に死亡し、死因は心臓発作」と発表された。 インドメディア『Great Game India』は、「プラマー氏はカナダのウィニペグで生まれ育ち、地元のNML(カナダ国立微生物学研究所) に勤務していた。 又、以前SARSコロナウイルスを武漢ウイルス研究所に密輸した中国裔のウイルス専門家の邱香果氏(55歳)とプラマー氏とは同僚であった」と報じた。 NMLはカナダで唯一のバイオセーフティーレベル4 (P4)実験室であり、SARS・エボラウイルス・コロナウイルスなど、世界で最も 致命的な疾患に対処できる北米でも数少ない施設である。 インド政府はすでに『武漢ウイルス研究所』の調査を開始しており、プラマー氏は新型コロナウイルスが生物兵器であるかどうかを 調査するための主要人物であった。 あの一瞬Twitterでも論文が出回った(何故かデマだデマだと騒ぐ奴多かったが)HIVがウイルスに入ってるの発見した立派なインド人科学者暗殺されたらしいですね。 カナダのウイルス学者もアフリカで暗殺w ジャーナリストも打倒中共も皆んなバンバン消されてる。 jien =お知らせ= 【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa ・会話不能などがアク禁対象です (アク禁依頼・解除はレス番で!!) -------------------------------------.

次の

【バイオハザード】すでに欧米では武漢のコロナウィルスのアウトブレイクの犯人探しが始まった!?欧米人「中国人のせい!」→俺「NWOのせい!」 : Kazumoto Iguchi's blog 3

フランク プラマー

炭素菌攻撃は隠された内部仕事 インサイド・ジヨッブ であり、武漢のコナウイルス拡散事件の背後にビル・ゲイツがいたらしい。 それを告げるこんな記事を貼りつける。.. ボイル教授の専門知識:アメリカの生物兵器プログラムと1989年の生物兵器反テロリズム法。 テロ対策、マリオン「スパイク」ボウマン.... 後にFBIは炭素菌データベースの破壊を承認した」とボイル教授は述べた。 炭素菌の恐怖の間、下院は共和国の歴史上初めて公式に閉鎖され、米国愛国者法はロン・ポール下院議員(R-Texas)の証言によって攻撃されました。 チャック・グラスリー上院議員(アイオワ州)は、そのような名誉を授与するための組織を非難しています。 内からアメリカを破壊する秘密の陰謀? コロナウイルスは、1960年代に米国で初めて特定されました。 そして、通常の「疑わしい」起源を持っています。 フォート・デトリックは、1969年までは確かに忙しい場所でした。 しかし、それは決して終わらない、変化しない、または移動しませんでした。 「2010年代初頭、フォート・デトリック(490ヘクタール)のキャンパスは、生物医学の研究開発、医療資材管理、グローバルな医療コミュニケーション、外国の植物病原体の研究を行う多政府コミュニティをサポートしています。 以下の場所です。 米国陸軍医学研究・資材部隊(USAMRMC)は、生物防御機関とともに、 米国陸軍感染症研究所(USAMRIID)。 また、国立がん研究所(NCI-Frederick)もホストしています 国立省庁間連合生物学研究(NICBR)の本拠地• 生物防御国家省庁キャンパス(NIBC)。 」 コロナは、重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群、エボラ、エイズ、ライムなど、他の米国製のバイオ兵器とリンクされています。 そして、それはLSDの開発、クラック・コカインとは別です。 これらすべての武器の初期開発は、フォート・デトリックの米国の研究所で行われました。 フォート・デトリックからは、次の政府機関の実験室に行きました。 ロックフェラーはもともとカナダ、米国、および英国からの隠された政府資金とともにカナダに資金を提供しました。 フランスとオランダもつながりました。 ウィニペグ微生物学研究所のフランク・プラマー部長は、ゲイツ財団からの830万カナダドルの譲渡の記録によってさらに資金提供されました。 コロナは、米国の施設から、ワクチンとして包装されたエイズの予防接種と一緒に送られました。 ブランク・プラマーに連絡し、2013年5月4日に隔離されたサウジアラビア[の患者]からコロナのサンプルを送付しました。 武漢コロナのサンプルは、当初2019年にロッテルダムの施設に運ばれました。 それらが特定された場所。 サウジアラビアは、中東およびアフリカ諸国で、宗教的浄化の形でジェノサイドを行うためにこの武器を使用したことを意図しています。 ウィニペグ施設の実験には、エボラとウラシンに関する実験が含まれていました。 フランク・プラマーは、2020年2月4日にナイロビで「連れ去られた」。 1999年の創業以来、2014年に解任されるまで、ウィニペグ微生物学研究所の所長だった。 ジェフ・ソウルは、ウィニペグのNML(国立生物学研究所)からも姿を消しました。 プラマーの研究の1つは、翔国 Xiangguo Qiu の中国諜報潜入捜査工作員でした。 彼女は2019年7月に連れ去られ、その後姿を消しました。 2019年3月、彼女は、エボラ、ヘニパ、コロナのサンプルを運送業者に送り、武漢の政府研究所に送り、そこでさらに兵器化され、「偶然」リリースされました。 フランク・プラマー博士は、カナダのウィニペグにある国立微生物学研究所の元科学ディレクターであり、PHACの国立微生物学研究所の設立と世界クラスの研究機関の設立を支援した科学者です。 2019年10月18日、ニューヨークで「イベント201」が開催されました。 ゲイツ財団が資金提供した国際会議です。 [健康保障]のジョンズ・ホプキンス・センターおよび世界経済フォーラムが関与しています。 世界のパンデミックが最初に約6500万人を殺すと決めました。 ジョンズ・ホプキンスは豚を実験し、そのデータを外挿していた。 フランク・プラマー、67歳は2020年2月4日火曜日にケニアのナイロビで死亡した。 ブランク・プラマーの研究の1つは、武装の政府研究所へのエボラ、ヘニパ、およびコロナのサンプルに関する中国の隠蔽工作です。 誰が新しいワクチンで経済的に利益を得られるのでしょうか? より深い外観 承認と生産に向かって急いでいる、いくつかの新しいワクチンは完全に実験的です。 それで舞台は整いました。 これらすべてのワクチンRNA品種のワクチンは、自己免疫反応を引き起こす可能性があります。 つまり、体はそれ自体に対して戦争をします。 コロナは、ワクチンとして包装されたエイズの予防接種と共に、米国の施設から送られました。 米国国立衛生研究所(NIH)は、中国コロナウイルスに対するワクチンを開発するためのラッシュプログラムを開始しています。 目標?前例のない90日間で、人間の検査に備えてワクチンを用意してください。 NIHは、米国のワクチン会社であるModerna、Inc. と提携しています ワクチンはRNAと呼ばれる新しいタイプです。 「通常のワクチンとは異なり、RNAワクチンは、疾患をコードするmRNAシーケンス(細胞に何を構築するかを伝える分子)を導入することで体内で生成され、機能します。 製薬会社モデナ Moderna は、メッセンジャーRNAの開発を加速するために、CEPIからの資金提供賞を発表します それはセピですか? 「CEPIは、ノルウェーとインドの政府、ビル&メリンダゲイツ財団、ウェルカムトラスト、および世界経済フォーラムによってダボスに設立されました。 」 そして、あなたはそれを持っています。 米国政府によって…最大限に活用されているワクチン…その国立衛生研究所の下で…製薬会社モデナを通して…公の前で決して使われなかった。 公的な使用は許可されていません。 エリート派の部族が人口を「制御」するために、バイオ戦争が数の選択になる可能性はありますか? 政府は法律を制定し、無制限の制限を作成し、人類に対する中央管理を行うことができますか? 多くの点で、それは究極の偽旗ですか?! フランシス・ボイル博士(ネットに隠されている)は研究者でした。 彼は逃げ去りました。 彼は米国政府の微生物学者であり、進行中の議題の一環として、「致命的で遺伝子操作された生物兵器の開発」を暴露しました。 FVEY [Five Eyes五つの目]。 オーストラリアが関与しています すべてのサンプルは、ATCCにより盗まれた国連の世界保健機関の天然痘株です。 ATCCは、世界で最も優れた生物文化リポジトリです。 そこから、サンプルはBSL(Biosafety Levelバイオセーフテーイ・レベル)4の指定研究所に送られます。 ゲイツとグローバリスト・エンティティは、通常の疑わしい政府とともに、バイオセーフテーイ・レベル4の BSL-4 研究所に資金を提供しています。 武漢は1つです。 ボリビア出血、マールブルク、エボラ、ラッサ、クリミアコンゴ、壊死性筋膜炎(NF)などとして、致死、攻撃生物兵器を開発し、識別、管理、およびワクチン開発のために設立されました(Don RicklesはNFによって削除されました)。 米国には13のBSL-4施設(つまり、生物兵器研究所)があり、これは化学兵器研究所、原子放射線研究所および兵器庫とは別です。 私が以前書いたように、サウジアラビアとフロリダとしての武漢は、主に事故です。 ジョージWブッシュとチェイニ時代の炭素菌は偽旗でした。 これはすべて虐殺戦争犯罪です。

次の