優しいあの子歌詞。 【スピッツ/優しいあの子】の歌詞の意味を徹底解釈

なつぞらスピッツ主題歌の歌詞コタンって何?意味や理由!【優しいあの子】

優しいあの子歌詞

「優しいあの子」と「悪役」の繋がりについて スポンサーリンク 個人的な話をさせていただくと、一時期、スピッツ熱が冷めていた。 具体的に言うと、「とげまる」「小さな生き物」期のスピッツはそこまで聴いていなかったのだ。 少なくとも、昔ほどの関心はなくなってしまっていた。 このままだったら、スピッツを聴かなくなってしまうかも。 そんなことすら思ってしまうほどの下り方だった。 その理由をここでツラツラ書くつもりはないけれど、自分にとってのスピッツがそうなっていたことは確かだったのだ。 みなとから変わったスピッツ 事態が急変したのは、「みなと」をリリースしたくらいのタイミング。 というか、「みなと」が自分のなかで久しぶりにスマッシュヒットしたのだ。 スピッツの持つメ切なさと美しさが見事にパッケージされた感じで、歌詞においてもメロディーにおいてもサウンドにおいても自分のツボだった。 その後に続く「醒めない」というアルバムがこれまた良くて、一度冷め切っていたスピッツ熱が、再びぶり返したのだった。 2019年にリリースされた「優しいあの子」と「悪役」も、そんな今のスピッツの魅力がこれでもかと詰まった快作だと思う。 この記事では、なぜこの曲を快作と思うのか?というところに焦点を当てながら書き進めていきたい。 優しいあの子の話 そもそも、この歌はNHKの連続テレビ小説「なつぞら」のために書き下ろされた歌。 この曲を作るために、草野マサムネは北海道の地に何度も足を運んだそうな FM802のなんかの番組でDJさんがそう言ってました。 そのため、この歌について語るならば、ある程度は「なつぞら」の話を踏まえながら語る必要があるんだろうけど、生憎、僕はそのドラマを観ていない。 この記事では、そことは切り離して書かせてもらえたら幸いである。 この歌のモチーフは、「みなと」と通ずるものがあって、ベースにあるのは。 そういうニュアンスが強いように感じる。 最後のサビにふと挟まれる「日なたでまた会えるなら」のフレーズが、その予感をどことなく強くさせる。 この歌がポイントなのは、「優しいあの子」に対して、自分と一緒にその先を行こうと語りかけるのではなく、「教えたい」と言ってみせるところ。 おそらく、きっと自分と一緒に行くことはできないから、こういう言い方をするのだと思う。 ただし、「あの子」という言い方からもわかる通り、この歌の二人称はかなり限定的な立ち位置にしている。 君でもなく、あなたでもなく、あの子なのだ。 ここに必然的な意味があるように感じる。 おそらく、語り手は親のような立場であり、子どもに対して投げかけるように言葉を紡いでいるのではないか? それを示すかのごとく、最初のフレーズは「重い扉を押し開けたら 暗い道が続いている」。 人生の先輩として日々を生きてきたからこそ、こういうことが言えるんだろうなーなんて思うのだ。 どれだけ頑張って生きてみても、簡単には光は現れない。 人生がそういう過酷さであることを、この主人公は「既に」知っているのだ。 けれど、その後、このようにも言葉を紡ぐ。 「めげずに歩いたその先に 知らなかった世界」 この主人公はあの子にとって、この世界は生きにくいものであることを知っている。 時にその事実に絶望してしまうこともあるかもしれない。 でも、それは決して捨てたものじゃないんだよということを、人生の先輩である主人公はあの子に教えているように感じる。 メンバー全員が50歳を越えたスピッツだからこその視座だと思うし、単に頑張れよとか、背中を押すわけでも、単に痛みに寄り添うだけでもない、本当の意味でのが、この歌には宿っている。 もっと言えば。 この歌に出てくるとは、スピッツ自身の、昔の自分なのではないか? 昔に自分に向けての捧げた、そんな歌てはないか?という感じたりするのだ。 というのも、一番に出てくる「氷を散らす風すら 味方にもできるんだなあ」とか、二番に出てくる「芽吹きを待つ仲間が 麓にも生きていたんだなあ」は、まるで自分自身に語りかけている言葉のように見える。 でも、そのフレーズは、最終的にに言いたかった言葉に収斂していく。 自分自身に対して投げている言葉なのに、優しいあの子に集約されていくところに、微妙な違和感を覚えた。 その違和感を一本の筋で繋げるのが、この説。 「優しいあの子」は、ピュアだった頃の自分自身という説だ。 だから、この歌は代入可能な「君」でも「あなた」でもなく、限定的な「あの子」なのではないか? 実際に「優しいあの子」の代わりに「昔の自分たち」という言葉を代入しても、綺麗に意味が通ずる。 しかも、だ。 この歌に出てくる、目の前に広がる大空はと形容している。 丸いというモチーフはスピッツの歌詞でよく出てくるんだけど、このイメージは平たくいえば、起点も終わりもない繋がりを意味した言葉となる。 今いる自分と優しいあの子は、同じ円の中で結ばれた存在だからこそ、空は「丸い」のではないか? そんなことを思うのだ。 もちろん、本当の解釈は違うのかもしれないし、前提としてこの歌はドラマのために書き下ろされた歌なのだから、ドラマを無視した解釈は野暮なのかもしれない。 けれど、ドラマ主題歌でありながらも、自身のことを歌っているように感じる歌詞構築そのものに、僕はスピッツの真髄を見たし、単なるオーダーに応えただけのドラマ主題歌ではないからこそ、この歌には独特の魅力が満ち溢れているのだ。 星野源の「アイデア」なんかもそうだけど、本当に作家性のあるアーティストは、タイアップソングだからこそ、自身のアイデンティティに通ずるものを歌うことができる。 スピッツの「優しいあの子」にも同じものを感じたというわけだ。 スポンサーリンク サウンドの話 この歌は、メロディーやリズム割も面白い。 まず、この歌の構成をメロ部分とサビ部分の構成に分けるのだとしたら、メロ部分はギターもドラムも跳ねたリズムをキープしている。 ギターは音を鳴らした後にすぐにミュートして、「ちゃ、ちゃ、ちゃ、」という音を響かせる。 ドラムもそんなギターに合わせて、陽気にメロディーを奏でる。 で、一般的な楽曲ならこの陽気なリズムのままサビに突入しがちだが、スピッツはここでリズムパターン変える。 というか、人によっては「これ?サビじゃなくてBメロじゃね?」っていうくらい、さらっとサビに入る。 サビの最後に回収する「ルールールー」という言葉が、リズムが変わった始めからバックコーラスで流れているので、たぶんここからがサビなんだと思う。 言いたいのは、この捻くれっぷりの凄さである。 J-POPの基本としてあるのは、サビをいかに盛り上げるかである。 盛り上げ要素を強めるため、メロとサビの間にちょっとした間を作ったり、サビで一気に音圧を上げるパターンが常套句になっているなか、スピッツはそんなしゃらくせえ真似は一切しない。 たぶん、初めて聴いた時だと「え??サビどこ??」ってなるくらい、さらっとサビに突入して、さらっとサビが終わる。 普通のアーティストがこんなことやったら違和感まみれになる。 スピッツだからこそできる芸当だし、スピッツほどメロディーが洗練されているから聴けるものになっているのだと思う。 挙句、一番のキモとなるはずのサビのラストセンテンスでは、音数を減らすという構築までしているわけで。 NHKの連続テレビ小説の主題歌という、超大きな場で、こんな歌をさらっと作り、納品できるのはスピッツだけだと思う。 本当にすごい。 それを超える凄さの悪役 今回のスピッツのシングル、何が良いって、A面は「優しいあの子」という柔軟剤のような手触りの歌なのに、そのカップリングは「悪役」はタイトルもなかなか、激しくてヘビーというそのギャップ。 このシングルにスピッツの魅力の全てが詰まっていると言える所以は、そこなのである。 「悪役」は誰が聴いても、ヘビーでゴリゴリなサウンドである。 スピッツの場合、セルフでプロデュースすると、サウンドがゴリゴリになりがちなのだが、「悪役」も見事にそうなっている。 バンドとしてすっぴんのスピッツが、そこにある。 また、ドラムのスネアの打ち方にも味があって、途中までは一定間隔で音をうつのに、時たま、ダダダと連続して音をうつ 聴いてもらったらわかると思う。 こういうところにも、ロックな匂いを感じる。 なんとなくエロさを感じさせる歌詞も良い。 狙ったのか狙ってないのかはわからないが、「果実」とか「ぶち込んで」とか「キメる」 ここがカタカナ表記がすごく良い とか、どことなくエロさを感じさせる単語がいくつも登場していて、その塩梅が良いのだ。 あと、この歌の二人称は「君」なんだけど、その君に対してわりとドSな態度で示してくるのも良い。 君に問いかけるときの語尾が「ぜ」になっているところも、グッとくるのだ。 二つの楽曲の注目ポイント で、「悪役」を聴いて思ったのは、サビの「い」の音である。 「うれしい時も 悲しい時も」の「い」の音がすごく印象に残る。 また、「優しいあの子」でも「優しい」や「教えたい」という「い」の母音が印象に残る。 最近のロックバンドの歌はメロディーを詰め込みがちで、そのゆとりのなさこそが、この歌で言うところの「優しくない世界」に通ずる。 けれど、スピッツはそんな世界にNoを突き付けるがごとく、メロディーひとつひとつを綺麗に聴かせる。 その証拠に、ほとんどの言葉の母音を大切にして発音している。 だからこそ、「い」の音が、ここまで象徴的に残るのである。 音楽シーンだけでみても、今のシーンって生きにくい世界になっているんだけれど、それにただ絶望するだけでもないんだよという道を示しつつ、自分がシーンにおける「悪役」になって、リスナーという君をHAPPYな終わりに誘う。 そんなスピッツの心意気を、この2作を通じて感じたのだった。 まさしく、今のスピッツのモードが反映されたメッセージソングのように僕は思えたのだ。 まとめ とにかく言いたいのは、スピッツの今作には、スピッツの魅力が全て詰まっているということ。 そして、この2作を通じて聴けば、「みなと」以降のスピッツのメッセージが全て凝縮しているのだということ。 50歳を超えてもなお、爽やかさとダークさの両方に磨きをかけるスピッツ。 本当に尊い存在だと思う。 関連記事: 関連記事: スポンサーリンク.

次の

歌詞 「優しいあの子」スピッツ (無料)

優しいあの子歌詞

スピッツのニューシングル『優しいあの子』が6月19日にリリースされる。 スピッツがシングルをリリースするのは、2016年の『みなと』以来、約3年2か月ぶり。 ファンにとって特別な一枚になるだろう。 それと同時に、NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌を収めたこのシングルは、多くの人にとってもスピッツの魅力を再認識する絶好の機会になりそうだ。 4月1日からスタートしたドラマは、9月28日まで全156話が放送される予定。 令和元年の日本の風景に刻まれる一曲になるはずだ。 スピッツ『優しいあの子』ジャケット() 「あの娘」ではなく「あの子」。 草野マサムネの言葉は「朝ドラ主題歌」の枠を飛び越える 草野マサムネ(Vo,Gt)によるもはや現代詩の粋に達する豊かな歌詞世界も健在で、とくにサビの歌詞の<優しいあの子にも教えたい>というフレーズは、夢見るようにスローダウンするメロディーと相まって、強烈に耳に残る。 2番の歌詞にある<寂しい夜温める 古い許しの歌を/優しいあの子にも聴かせたい>というラインも良い。 「あの娘」ではなく、「あの子」という言葉選びが秀逸だ。 「あの娘」という言葉は、スピッツの楽曲の歌詞はたびたび登場している。 しかし「あの子」という言葉がこれまでのスピッツ楽曲に登場した記憶は、少なくとも筆者にはない。 この「あの子」とは一体誰なのか。 「あの娘」よりも普遍性をもつのが「あの子」なのだと解釈することもできる。 『なつぞら』を観ていない人にも聴かせたい 朝ドラのファンだという草野マサムネは、主題歌発表時に次のようなコメントを発表している。 ドラマタイトルが「なつぞら」なのに詞がかなり冬っぽい仕上がりになってます。 これには理由がありまして、お話をいただいてから何度か十勝を訪ねました。 そこで感じたのは、季節が夏であっても、その夏に至るまでの長い冬を想わずにはいられないということ。 「なつぞら」は厳しい冬を経て、みんなで待ちに待った夏の空、という解釈です。 広く美しい北海道の空の力で書かせてもらいました! 注目したいのは、草野マサムネがドラマの主人公の心情を表現したとか、脚本のあの場面をイメージしたとかそういったスタンスではなく、「なつぞら」という言葉を独自に解釈して楽曲を制作したと語っている点。 と同時に、この曲は主題歌オファーがあったからこそ生まれた楽曲でもあることもわかる。 『なつぞら』を観ていない人にも、もしかしたらまだスピッツを知らない人にも、この歌を聴かせたい。 こちらも人気曲になりそうだ。 パフォーマンス動画を募る「あなたの優しいあの子」キャンペーンなど、参加型企画も。 TwitterやInstagramにハッシュタグ「 あなたの優しいあの子」「 優しいあの子」をつけてパフォーマンス動画を投稿することで参加できる『「あなたの優しいあの子」キャンペーン』や、DAMのカラオケと連動した『あなたの「優しいあの子」カラオケ選手権』といったリスナー参加型の企画に加えて、全国ラジオ局やCDショップでのプロモーション展開を追う『「優しいあの子」プロモーション最前線』という企画も用意されている。 『「優しいあの子」プロモーション最前線』は、ラジオ局やCDショップなどのスピッツへの愛情が伝わってくる企画。

次の

優しいあの子(スピッツ) / コード譜 / ギター

優しいあの子歌詞

優しい光に包まれ、きらきらと輝いて見える存在も、 実は芯があり、力強い。 初めて楽曲を聞かせていただいたときに感じたのは 真夏のような強く、青い空ではなく、まだ光も淡い、 春の霞んだ青空でした。 一歩一歩確実に寒かった冬から、春、夏へと近づく、 そんな映像表現になればと思い製作しました。 朝のひとときと共に、楽しんでご覧いただけたらと思います。 上記のコメントから力自慢のような外面的強さではなく、 内面から湧き上がる強さを作品の中で伝えているようですね。 そして四季の移り変わりの情緒と哀愁なども含まれているの だと筆者は感じました。 MV全体を見てみると四季を連想させる雪、紅葉、緑の芝生な どが観察できます。 そしてコメントにも述べられていたように太陽のギラギラした 真夏のような青い空は出てきませんでした。 淡く光る、春の霞んだ青空が最後に映って曲は終わっていまし た。 ボーカルの草野マサムネさんの温かな歌声にも注目です。 それはまるで春の木漏れ日のように聴く人たちを包んでくれま す。 タイアップとなるドラマ内容にも少し触れておきましょう。 「なつぞら」とは連続テレビ小説第100作の記念作品です。 1937年(昭和12年)に東京に生まれ、戦争で両親を失い父の戦友に引き取られ た戦災孤児の少女・奥原なつが、北海道・十勝で広大な大自然と開拓者精神溢れ る強く優しい大人たちに囲まれてたくましく成長し、上京後北海道で育んだ想像 力と根性を活かして当時「漫画映画」と称された草創期の日本アニメの世界でア ニメーターを目指す姿を描いています。 一年を通して風雪が少ない十勝の大地に 豊かな実りをもたらす「十勝晴れ」と呼ばれる突き抜けた青空のような、清々し い生きざまを描いた作品で、連続テレビ小説の原点に立ちかえるような「困難に 負けないヒロイン」像を描きたいとして誕生した作品です。 上記の内容から主人公なつとその後の成長について理解することができます。 なつには夏の青空のようなわかりやすい力強さはないものの、周囲の人たちと触 れ合うことで徐々に春の空のような内面的な力強さを身に着けていくのです。 その点を含めさっそく歌詞の意味を考察していくことにしましょう。 タイトル『優しいあの子』とは 今回のタイトルが持つ意味については非常に頭を悩ませました。 なぜならば全く異なる2つの解釈が生まれたからです。 1つは戦災孤児の少女・奥原なつを「優しいあの子」とする解釈です。 ドラマを見ていてもなつは優しくタイトルの子にぴったりです。 この場合、それ以外の歌詞はなつを支える人たちの生活を綴っている ことになります。 しかし歌詞全体を考慮すると別の解釈もできることに気がつきます。 もう1つは「優しいあの子」をなつに大切なことを教えてくれた人に するという解釈です。 この場合、それ以外の歌詞がなつの体験談になりますからこちらの考 え方の方が的を射ている印象を筆者は受けました。 散々迷ったあげく今回は「あの子」をなつに大切なことを教えてくれ た人にすることにしました。 戦争孤児であるなつは心を閉ざしたことでしょう。 さらに新たな家庭に引き取られそこでの環境に慣れ ていくのは「重い扉を押し開ける」ように感じたに 違いありません。 多くの人にとって学校や仕事など生活環境が変わる とストレスになったり心痛になるものです。 それでもそんな未知の世界をなつはめげずに歩んで いきました。 「氷を散らす風すら 味方にもできるんだなあ」と は文字通りの「雪」であったり周囲からの冷たい態 度などが含まれているのでしょう。 実際になつは引き取られた先で富士子の父・泰樹に 厄介者扱いされる辛い経験をしました。 それでも懸命に働くなつを見て泰樹は見方と態度を 改めていきます。 まさに「氷を散らす風すら味方にした」のです。 ふと見上げればなつの目の前には青空が力強く広が っていました。 それは誰にも切り取られて奪われることがないほど 高く広々とした存在でした。 なつはこの景色を自分の大切な人に教えてあげたい と強く願うのでした。 なつは引き取ってもらった家の稼業を継ぐのを断念し憧れのアニメーターに なることを決意しました。 なつは「東洋動画」作画課のアニメーター採用試験を受けて不合格になったり能 力審査に挑んで不合格になった経験があります。 「口にする度に泣けるほど 憧れて砕かれて」とはその点に触れているのだと思 いました。 「コタン」とはアイヌ語で「部落や集落」を指します。 ですから憧れが冷め始めたときに田舎の仲間たちが自分を励まし支えてくれたこ とに感謝している歌詞だと筆者は理解しました。 みんなの励ましや慰めが古くからの歌となりなつの耳と心に聞こえてきます。 それは一人孤独の夜を味わっていたなつを温めるには十分な働きがありました。 なつはそれをとても喜び自分の大切な人にもこの歌の存在を伝えたいと切望した ようです。 たくさんの有難うを「あの子に」 怖がりで言いそびれた ありがとうの一言と 日なたでまた会えるなら 丸い大空の色を 優しいあの子にも教えたい ルルル… 小さい頃のなつは発言力も今より乏しく、環境に慣れる だけで精一杯でした。 ですからお世話になった人たちに「ありがとう」を言い そびれてきたことが気がかりなようです。 なつは自分を内面から強くしてくれた人たちに感謝し、 そのことを片時も忘れません。 そしてその感謝のことばを大切な人にも伝えたいと願う のでした。 なつの心は春の空と完全に重なって見えました。 ギラギラした光ではなく淡い光を放ち、清々しく染める 青の空は、控え目でありながら優しく強いなつの心その ものだったのです。。 まとめ いかがだったでしょうか。 逆境から学んだなつの魅力溢れる特質を観察することが できましたね。 辛いことに匙を投げたり無活動になることは誰にでもで きることです。 それでもなつは幼い時から「あきらめる」ことを決して しませんでした。 筆者も何かの分野で諦めそうになった時にはなつと今作 の歌詞を思い出して、逆境を乗り越えたいと思いました。 また自分が教えられたことや大切だと認識したことを、 他の人に伝える重要性も教訓的に学びましたね。 この点でも努力を傾けていきたいと思います。 スピッツの今後の活動と次回作に期待し注目していきた いと思います。

次の