ニコレス マツキヨ。 アイコス専用NICOLESS(ニコレス)はコンビニでは買えない?販売店と味の種類やタールとは?

ニコレス販売店舗はドラッグストア「サツドラ」だけなのか調べてみた

ニコレス マツキヨ

は、加熱式タバコの 「アイコス」やその 互換器に使用できるタバコスティックの1つです。 ニコレスはその名の通りニコチンが含まれていないことが最大の特徴で、 「タバコを吸っている感覚を味わいたい」「タバコを本気で辞める事を考えている」という方に向いている商品です。 この先ではニコレスについて詳しく解説していきますので是非参考にしてみてください! ニコレスに害はある?成分について解説 ニコレスは普通の紙巻きタバコやアイコスのヒートスティックとは異なり、 タバコ葉の代わりに「茶葉」が使用されています。 そのためニコレスにはニコチンやタールが含まれておらず、タバコ製品には該当しない商品になります。 ニコレスの主な成分として中国産の茶葉を使用していますが、産地が中国なだけであって 製造・販売元は日本の企業が行っているので安全性は高いです。 また、日本国内で販売されている紙巻きタバコや加熱式タバコのタバコ葉も原産国は海外であることが主流ですので、中国産だからと言ってそこまで神経質になることはないでしょう。 ニコレスで考えられる健康被害とは? ニコレスは紙巻きタバコや加熱式タバコと違い食品で使用される茶葉が主成分なので、 有害物質であるニコチンやタールなどの成分は含まれないためタバコ製品よりも害が少ないと考えられます。 ただ、加熱式タバコ全体に言えることですが、まだ 加熱式タバコでどんな健康被害があるのか研究段階であるため、ニコレスに関しても全く健康被害がないとは言い切れません。 しかしニコレスは基本的には禁煙・脱タバコを目指している方のためのタバコと言えるので、 タバコやニコチンを断つことで健康被害のリスクを最小限に抑えられる代替品として人気があります。 禁煙の仕方は人それぞれなので、タバコの代替品で禁煙するという意味ではニコレスは新しく斬新なタバコスティックだと言えるでしょう。 ニコレスのフレーバーの種類をご紹介! 現段階で販売されている ニコレスのフレーバーは全2種類で、「メンソール味」と「ミント味」があります。 「メンソール味」 ニコレス販売当初から人気のある 「メンソール」は、アイコスのメンソールフレーバーのように吸い応えが強いのが特徴です。 茶葉独特の苦味はありますが、 強メンソールが上手く打ち消してくれているので意外にも違和感なく吸うことができます。 「ミント味」 2019年9月に新しく発売された 「ミント」は、メンソールよりも刺激や吸い応えを抑えたフレーバーになっています。 アイコスのミントフレーバーに酷似なので、女性に人気があります。 ニコレスにメリットはある?ない? 結論から言うと、禁煙目的以外でアイコスから移行しニコレスを常用するのであれば特にこれと言ったメリット少ないかもしれません。 ただしタバコ税が上がった今だからこそ禁煙する方も増えていますし、アイコスのヒートスティックよりも 100円近く安い値段で販売されているので、禁煙までとはいかなくても節煙・節約にはなります。 ニコレスはタバコ葉ではなく茶葉を使用しているので好き嫌いの分かれる味ですし、 「タバコを吸いたい」「ニコチンが欲しい」と思っている方からすれば満足できない可能性もあります。 しかし、そんな中でも 「ニコレスに移行して禁煙に成功した」という方がいるのも事実なので、案外効率の良い禁煙手段だったという口コミもあります。 というよりも、そもそもニコチンが含まれていないスティックなので、無理に禁煙を考えずとも 単に煙の出るタバコと考えて吸い続けるのも全然OKです。 ニコレスで禁煙は可能なのか? 記事の冒頭でもお伝えしましたが、ニコレスはいわゆる 「タバコ製品」には該当しません。 しかし、ニコレスの構造はアイコスのヒートスティックとほとんど変わらないので、普段から馴染みのあるアイコスを使うことで 「タバコを吸っている感覚」になりやすいと言えます。 また、ニコレスはタバコを辞められない原因である ニコチンが含まれていないので依存性もなく、自然とニコチン断ちできて禁煙に成功したとの口コミもありました。 禁煙方法は人それぞれ合う合わないがありますが、1つの禁煙手段としてニコレスを選択するのもアリだと思います。 ニコレスで禁煙することに向いている人 ニコレスで禁煙することに向いている人はズバリ 「禁煙の意志が固い人」でしょう。 アイコスやタバコの代替品として非常に優秀なニコレスですが、 あくまで禁煙をサポートする代替品・禁煙補助具ですので過信しすぎる・期待しすぎることはあまり良くありません。 結局アイコスやタバコを辞められてもその後ニコレスを辞めることができなければ意味がありませんので、 禁煙の意志を固く、自分自身で禁煙期間・目的をはっきりさせておく必要があるでしょう。 しかしニコレスはアイコスやタバコに近い吸い応えで無理なく禁煙を目指せる素晴らしい商品ですので、禁煙の第一歩として試す価値があるスティックと言えます。 ネット通販なら「アマゾンや楽天」などの販売店 まず一番手軽なのは ネットの販売店を利用する事。 ネット通販と言えば、主に 楽天や アマゾンなどの大手通販サイトを利用して入手するのが一般的だと思うので、普段利用している通販サイトを利用して購入するのもいいかもしれません。 もちろんでも購入可能です。 その他にも、 Yahoo! ショッピングや ヨドバシなど通販サイトでも販売されているようですので、自分が使い慣れている通販サイトで価格を比較してみるのもいいかもしれません。 店頭で買うなら「サツドラ」などの販売店 通常、アイコスのタバコスティックはセブンイレブンやファミマなどのコンビニエンスストアでも販売されていますが、ニコレスの公式サイトによると 現段階ではコンビニでの取り扱いはないようです。 では、ニコレスを店頭の販売店で買いたい場合はどうすればいいのか? いろいろな販売店を調べてみた結果、 確実にニコレスを取り扱っている販売店は 「サツドラ」のようです。 「サツドラ?どこそれ?」と思う方の為にお伝えすると、サツドラは札幌市を中心としたドラッグストアで現在はマツモトキヨシグループに所属しています。 全国展開しているわけではないので知らない方も多いかもしれませんが、 個人的に調べた段階で確実にニコレスを取り扱っている販売店情報はサツドラのみ、という結果になりました。 【最新版】ニコレスの販売店一覧 2019年10月に行われたタバコ税の増税を機に、アイコスで禁煙できるニコレスは順調に売り上げを伸ばしており、サツドラ以外にも 店頭購入できる販売店が増えてきています! ここで、ニコレスの 公式サイトの情報を元に2020年1月現在のニコレスの販売店舗情報をまとめてみました。 タバコスティックの販売店は地域によって異なる? 今回紹介しているニコレスのように、新しく発売される加熱式タバコのスティックは 全国展開になるまでに時間がかかる事が多いです。 ここでは タバコスティックの販売店が地域によって異なる理由と、 ニコレスを購入できる地域別の販売店やニコレスの販売店に関する噂について解説していきます。 タバコスティックの販売が地域によって異なる理由 加熱式タバコのスティックやタバコ製品は まず最初に一部の地域で試験的に販売し全国展開に踏み切るケースが多く、その地域で売れなければ廃盤になることも珍しくありません。 ニコレスの少し前に発売されたアイコス用のタバコスティック 「ヒーツシリーズ」も同様でした。 ヒーツシリーズに関しては、2018年10月下旬から北海道、中国、四国、九州エリアを中心にテスト販売を開始して、今では全国展開となっています。 ヒーツの販売が行われた都道府県 北海道、鳥取県、島根県、山口県、岡山県、広島県、香川県、徳島県、高知県 愛媛県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 このように、タバコ業界はいきなり新商品を販売してしまうのではなく、 一部の地域で販売しても人気がでるのか?売れるのか?地域性も併せて喫煙者の反応を見ているようです。 特に加熱式タバコは各社の競争率も高く、人気のない商品は販売終了することも多くあります。 新商品の取り扱いが一部の販売店のみの取り扱いになってしまう理由は タバコ業界の思惑よるものと考えられます。 都道府県別のニコレス販売店 ニコレスに関しても最初はサツドラや一部の販売店でしか取り扱いがありませんでしたが、最近では徐々に全国各地の ドラッグストア・薬局・量販店などの販売店で拡大中ですので、いずれは全国のコンビニで販売されるのではないかと思います。 という訳で、 ニコレスの都道府県別の販売店舗を一覧にしてまとめてみましたので是非参考にしてみてください! 北海道のニコレス販売店 ニコレスがドンキやファミマで手に入る?! 最近では、ニコレスの公式サイトで公表されている正規取り扱い店以外にも ニコレスを取り扱っている販売店が多数登場しているようです。 ツイッターなどの情報によると、 ファミリーマートなどのコンビニで入手したという情報もゲットしました。 ドンキなどの大手ディスカウントストアではまだ取り扱いがないようですが、もう少し待てば身近に購入できるようになるかもしれません。 とりあえず今すぐ欲しいという方は、まずはお近くの薬局やドラッグストア、量販店などの販売店舗でニコレスを探してみてはいかがでしょうか? 新宿・花園神社近くのファミマにニコレス売ってた。 もしレジ前になければ 禁煙グッズコーナーに置いてあることもありますので確認してみてください。 販売店によってニコレスが置いてある場所は異なりますが、 紙巻きタバコが売っている場所に置いてあることもあるそうですよ! それでもニコレスが置いてある場所が分からなければ販売店の店員さんに聞いてみてくださいね。 毎日コンビニやドラッグストアなどの販売店で購入している方も、 買い方次第で安く手に入るので是非利用してみてはいかがでしょうか? ニコレスの定期購入に回数縛りはありませんし、禁煙に成功すればすぐに解約してしまっても問題ありません! ニコレスのアマゾンや楽天での口コミ 続いて、 アマゾンや楽天でニコレスを購入し、実際に喫煙した方の口コミやレビューを紹介していきます。 久々にタバコを吸ったらしんどかった タバコを吸ってる感覚で禁煙に成功してるので、脱タバコの感覚すらない奇跡。 ありがとうございます。 元からメンソールの紙巻きタバコを吸ってましたが、この商品は吸ったという満足感も感じるほどで紙巻きに勝らぬとも劣らずという感想です。 これなら無理なく禁煙出来そうな感じがします。 全く合わなかったので、ミントをアマゾン購入。 これなら何とかいけそうで、現在家でタバコが欲しくなったらコレです。 徐々に前面切り替えの予定。 何とかなりそうです。 禁煙?というかニコチン断ち継続中。 これを吸いながらタバコ仲間たちとも話せますので、すごく良いですね。 ただ禁断症状の時に吸いすぎると舌がザラザラになるので注意が要ります。 香りもお茶を急須にそそいでる時に出る香りに似ていると妻が申しておりました。 評判上々。 メンソール感は、元々IQOSのミントを吸っていた私には、きつい印象でしたが、メンソールを吸っていた人は、問題ないようです。 後は慣れですかな。 煙草って、ニコチン、タールがなくても、煙があればかなりの満足が得られることを実感。 お財布にもちょっと優しくなりますね。 もともと持っているiQOS本体で問題なく使用できるので嬉しいです。 ただ、吸い口と差し込む方が少し柔らかい気がするので差し込むときは気を使いながら差し込むようにしています。 是非参考にしてみてくださいね。 ニコレスのツイッターでの反応 今更ですが、ニコレス買ってみました。 吸ってみた感じは最初はお茶、最後はスモークチーズ。 って感じでしたね、でも美味いよこれ。 その名もニコレス。 茶葉だそうです。 キック感もあって、お茶の香りもして、これかなり良いです。 メンソール吸ってる人なら禁煙成功するのでは? Amazon注文で3箱届いたのでしばらくこっち吸ってみます。 instagram. ということで、 実際にニコレスを購入して吸ってみることにしたので、この先で辛口レビューしていきます! パッケージはヒートスティックそのもの まずは ニコレスのパッケージから紹介していきます。 ヒートスティックと並べてみましたが、見た目はヒートスティックそのもの。 ニコレスの作り自体に安っぽさは感じませんし、 デザインもそこまで悪くないと思います。 表面のパッケージをアップで。 裏面です。 ニコレスはタバコ製品ではないと注意書きが記載されていました。 また、アイコス非公認のスティックだからか 「加熱ブレードを挿入するタイプのデバイスで使用できる」というような記述になっていました。 開封してみた様子はコチラ。 パッケージの内側はアイコスのヒートスティックが銀紙なのに対し、 ニコレスはプラスチック素材のフィルムになっています。 ニコレスのスティックを出してみました。 これが噂の茶葉です。 アイコスのヒートスティックのように 筒状になっていますね。 フィルター部分です。 見た目も作りに関しても、 アイコスのヒートスティックに全く劣っていません。 気になる吸いごたえは… そんなわけで実際にニコレスを吸ってみたのですが、個人的な感想としては 「吸いごたえが強い!」という印象を受けました。 ニコチンが入っていないのにしっかりとキック感もあります。 アイコスでミントやメンソールを好んで吸ってる方にはアリなんじゃないかなぁと感じています。 もちろん茶葉を使用しているのでお茶の風味は感じます 笑 一口目はさすがに違和感を感じましたが、お茶の味自体メンソールで押さえられているので 慣れることができれば問題なく吸える方も多いと思います。 気に入ったのでカートンでゲットしてみた 個人的には意外とニコレスいけるなぁ…と思ったので カートンでゲットしてみました。 自宅近くのドラッグストアでも販売されていたのですが、人気なのかいつも在庫数が少ないんです… 泣 発送も早かったですし、 長期的に考えてもやっぱり定期購入で購入したほうがお得ですね!ニコレスの定期購入はお届け日を指定できるのが有難かったです。 個人的に禁煙する気はなかったのですが、ニコレスならタバコを吸っている感覚に本当に近いので、 自然とニコチン断ちできているような気がしています。 このまま継続して禁煙できていったらベストですね! この記事の要点まとめ• ニコレスはアイコスやアイコス互換機で使用できる新しいタバコスティック• ニコチンなしでタバコの風味を堪能するならニコレスがおすすめ• ニコレスのリアル店舗での販売店はサツドラだけだった 2019年7月まで• ファミマやその他のドラッグストアでも順次販売開始 2019年7月以降• ニコレスを購入するなら公式サイトの定期コースが一番お得 ニコレスの購入に関してですが、手軽に手に入れるならドラッグストアやコンビニなどでその都度購入するのも1つの手ではありますが、やっぱりタバコに関しては コスパを重要視する方も多いと思うので 「とにかく安く買いたい」という方は、の定期コースで購入するのがおすすめです。 国内で大流行中の「DR. VAPE」が今一番おすすめ! 発売開始から1年足らずで累計販売本数100万本を突破した DR. VAPE ドクターベイプ は、日本国内で今最も勢いのある最先端の電子タバコです! ドクターベイプを永久保証付きで超お得に手に入れるのであれば、公式オンラインショップの「プレミアムプラン」を利用するのが断然おすすめ!今なら 下の「公式サイトで購入」ボタンから通常価格8,500円のスターターキットと交換カートリッジが3,500円 税抜 で購入可能なんです! 5,000円も安く購入できるのは公式サイトだけ!Amazonや楽天など、他の販売店では絶対に真似できない価格を実現しているのは公式サイトだからこそです。 さらに送料も無料なので、この機会に利用しないと絶対に勿体ないですw ドクターベイプは吸い応えや満足感も非常に強く、コストパフォーマンスも抜群! 禁煙にも節約にもなるドクターベイプを今すぐゲットするのであれば、公式サイトを要チェックです!.

次の

マツモトキヨシ通販サイト [e!マツモトキヨシ]

ニコレス マツキヨ

話題のニコレス、レビューしてみました! アイコスさん しかも、どのメディアサイトよりも早く、そして多く吸っている自信があります(当サイトでニコレスを取り上げたのは2019年初旬頃)。 そこには、試し続けたからこそわかる感想がありました。 フィリップモリスの加熱式たばこ「アイコス(IQOS)」は、有害性物質である『タール』が発生しません。 だからこそ、「タールを起因にした健康被害が低下する」ということで人気が出ていますよね。 そんなアイコスが更に健康的に感じられる、 ニコチンまでも発生させない、IQOSで吸えるヒートスティックのような商品が発売されています。 「あんまり美味しくない・・」という声も聞きますが、話題のニコレスを手に入れられたので、実際に吸ってみたレビュー記事をお届けします。 期待値が低かったのかもしれない。 ちゃんと吸っていくと物足りなさはやっぱり出てくるな。 アイコスさん はじめは、「思ったより悪くないじゃん!」と思ったものの、確かになるべく味わって味わいを確認すると、 薄めであることに間違いはありません。 と、ずっと吸っていると なんかぬるい印象を受けます。 後味が問題かも? 更にその後数本吸って思ったのは、 ニコレスの後味はヒートスティックのそれとは全然違うということでした。 ぬるい煙がきて• メンソールで冷える というのが、ニコレスの吸った時に受ける感覚で、 悪く言ってしまえば 「ただのぬるいメンソール水蒸気を吸っているだけ」と評価できるかもしれない。 しかし一方で、この味わいを 「後味スッキリ!イガイガ的なものがない」とも言えそう。 とも思いました。 後味にタバコならではの コクみたいなものを求める場合、ニコレスには難しいかもしれませんね。 全然吸えないとかはなかった 味を総評すると…ニコチンが含まれないので「もう全然吸えたもんじゃない!」となったら嫌だなーと思っていましたが、 そんなことはありませんでした。 その後数箱吸っていますが、ヒートスティックやヒーツと味わいはもちろん違いますが、 これでニコチンが含まれないなら、アリだと思います。 どっちかというとアリ ではなく、 全然アリ! な、アリです。 なんとなくですが で、クリーンにアイコスを吸いたい時 にニコレスを利用しがちな気がしています。 ヒートスティックを分解したものをズームアップ 考えてみれば、「たばこ葉」と「茶葉」では、それは仕組みは違いますよね。 茶葉だとどうしてもタバコ葉より味が落ちるであろうところを、こういったフィルターの仕組みなどを改良することで強めているのがニコレスなのでしょう。 一見、同じような外見ですが中身はだいぶ差異があることがわかりました。 販売会社を調べてみた 味わったり分解したりして改めて思いましたが、この互換たばこを作り上げたのはなかなか凄いんじゃない?ということです。 簡単につくれる代物ではありません。 そこで気になるのが、ニコレスの メーカーですね。 作りからも気になりますが、重要な話だと思います。 吸うというからには、少なくとも体内に摂取するわけです。 信頼できないものは極力摂取したくありません。 自然な考えかと思います。 その点例えば、正規の「ヒートスティック」や「ヒーツ」であれば、フィリップモリスがメーカーなので 安心感があります。 では、このニコレスのメーカー・販売会社はどこなのか。 実は少しややこしい。 ですが、答えを書いてしまうと、、 株式会社I-ne(アイエヌイー) が販売会社となります。 もしかしたら知っている人いるかもしれません!結構有名なアレを製造販売している会社です。 BOTANISTのメーカー なんとI-ne、超有名なスキンケア系アイテム「BOTANIST」ブランドのメーカーでした。 ショップで見かけたことありません? 増税値上げしないから更に人気が! さて話がメーカーから戻りまして、、現在IQOS公式からは二種類の銘柄(専用たばこ)が発売されています。 ヒートスティック• ヒーツ ここに、ニコレスが大きく食い込む形に、もしかしたらなるかもしれません。 価格…安さから人気上昇中!リアルでも拡大 価格は一箱418円。 ヒートスティックは520円なので、 なんと100円も安い。 その点も人気の秘密かも。 これが、更にニコレスの人気を急上昇させています。 絶対お得だもん。 現在、ニコレスは在庫と販売経路拡大も積極的に行っているようで、そのプレスリリースも発表していました。 ドラッグストアを始めとした実店舗での販売も進んでいるようです。 購入方法 通販でも取り扱いが増えており、Amazonと楽天での取扱のみだったものが、最近ではこともできました。 (ありがたい!) 購入ちなみに、通販の購入時には1カートンか3箱かを選択できます。 私のおすすめは3箱購入です。 1カートンで買っても味がどうしても合わなくて・・ということも普通にあると思います。 気に入ったら1カートン購入が良いでしょう。 ニコチンが含まれていないので、ニコレス公式では「禁煙中の新習慣」と表現しています。 あくまで互換たばこなので、煙を出すことは間違いないのでなんとも難しい表現ですが・・ニコチンもタールも摂取しないことに違いはありません。 もちろん、今後たばこ増税などがあったとしても ニコレスは無傷です。 そう考えるとその点でもお得ですね。 その考えだとVAPEに近い考えたで接すると良いのかもしれませんね。 「タールもニコチンも含まれない」という面では、も一気に人気が出ています(コンビニ展開も進行中)。 ニコレスもマイブルーに続くヒットとなるでしょうか? より販売経路の拡大など、ニコレスについての続報があればSNSでもすぐにお伝えしていきます。

次の

ニコレスで禁煙できるの?成功させるための3つのコツ

ニコレス マツキヨ

話題のニコレス、レビューしてみました! アイコスさん しかも、どのメディアサイトよりも早く、そして多く吸っている自信があります(当サイトでニコレスを取り上げたのは2019年初旬頃)。 そこには、試し続けたからこそわかる感想がありました。 フィリップモリスの加熱式たばこ「アイコス(IQOS)」は、有害性物質である『タール』が発生しません。 だからこそ、「タールを起因にした健康被害が低下する」ということで人気が出ていますよね。 そんなアイコスが更に健康的に感じられる、 ニコチンまでも発生させない、IQOSで吸えるヒートスティックのような商品が発売されています。 「あんまり美味しくない・・」という声も聞きますが、話題のニコレスを手に入れられたので、実際に吸ってみたレビュー記事をお届けします。 期待値が低かったのかもしれない。 ちゃんと吸っていくと物足りなさはやっぱり出てくるな。 アイコスさん はじめは、「思ったより悪くないじゃん!」と思ったものの、確かになるべく味わって味わいを確認すると、 薄めであることに間違いはありません。 と、ずっと吸っていると なんかぬるい印象を受けます。 後味が問題かも? 更にその後数本吸って思ったのは、 ニコレスの後味はヒートスティックのそれとは全然違うということでした。 ぬるい煙がきて• メンソールで冷える というのが、ニコレスの吸った時に受ける感覚で、 悪く言ってしまえば 「ただのぬるいメンソール水蒸気を吸っているだけ」と評価できるかもしれない。 しかし一方で、この味わいを 「後味スッキリ!イガイガ的なものがない」とも言えそう。 とも思いました。 後味にタバコならではの コクみたいなものを求める場合、ニコレスには難しいかもしれませんね。 全然吸えないとかはなかった 味を総評すると…ニコチンが含まれないので「もう全然吸えたもんじゃない!」となったら嫌だなーと思っていましたが、 そんなことはありませんでした。 その後数箱吸っていますが、ヒートスティックやヒーツと味わいはもちろん違いますが、 これでニコチンが含まれないなら、アリだと思います。 どっちかというとアリ ではなく、 全然アリ! な、アリです。 なんとなくですが で、クリーンにアイコスを吸いたい時 にニコレスを利用しがちな気がしています。 ヒートスティックを分解したものをズームアップ 考えてみれば、「たばこ葉」と「茶葉」では、それは仕組みは違いますよね。 茶葉だとどうしてもタバコ葉より味が落ちるであろうところを、こういったフィルターの仕組みなどを改良することで強めているのがニコレスなのでしょう。 一見、同じような外見ですが中身はだいぶ差異があることがわかりました。 販売会社を調べてみた 味わったり分解したりして改めて思いましたが、この互換たばこを作り上げたのはなかなか凄いんじゃない?ということです。 簡単につくれる代物ではありません。 そこで気になるのが、ニコレスの メーカーですね。 作りからも気になりますが、重要な話だと思います。 吸うというからには、少なくとも体内に摂取するわけです。 信頼できないものは極力摂取したくありません。 自然な考えかと思います。 その点例えば、正規の「ヒートスティック」や「ヒーツ」であれば、フィリップモリスがメーカーなので 安心感があります。 では、このニコレスのメーカー・販売会社はどこなのか。 実は少しややこしい。 ですが、答えを書いてしまうと、、 株式会社I-ne(アイエヌイー) が販売会社となります。 もしかしたら知っている人いるかもしれません!結構有名なアレを製造販売している会社です。 BOTANISTのメーカー なんとI-ne、超有名なスキンケア系アイテム「BOTANIST」ブランドのメーカーでした。 ショップで見かけたことありません? 増税値上げしないから更に人気が! さて話がメーカーから戻りまして、、現在IQOS公式からは二種類の銘柄(専用たばこ)が発売されています。 ヒートスティック• ヒーツ ここに、ニコレスが大きく食い込む形に、もしかしたらなるかもしれません。 価格…安さから人気上昇中!リアルでも拡大 価格は一箱418円。 ヒートスティックは520円なので、 なんと100円も安い。 その点も人気の秘密かも。 これが、更にニコレスの人気を急上昇させています。 絶対お得だもん。 現在、ニコレスは在庫と販売経路拡大も積極的に行っているようで、そのプレスリリースも発表していました。 ドラッグストアを始めとした実店舗での販売も進んでいるようです。 購入方法 通販でも取り扱いが増えており、Amazonと楽天での取扱のみだったものが、最近ではこともできました。 (ありがたい!) 購入ちなみに、通販の購入時には1カートンか3箱かを選択できます。 私のおすすめは3箱購入です。 1カートンで買っても味がどうしても合わなくて・・ということも普通にあると思います。 気に入ったら1カートン購入が良いでしょう。 ニコチンが含まれていないので、ニコレス公式では「禁煙中の新習慣」と表現しています。 あくまで互換たばこなので、煙を出すことは間違いないのでなんとも難しい表現ですが・・ニコチンもタールも摂取しないことに違いはありません。 もちろん、今後たばこ増税などがあったとしても ニコレスは無傷です。 そう考えるとその点でもお得ですね。 その考えだとVAPEに近い考えたで接すると良いのかもしれませんね。 「タールもニコチンも含まれない」という面では、も一気に人気が出ています(コンビニ展開も進行中)。 ニコレスもマイブルーに続くヒットとなるでしょうか? より販売経路の拡大など、ニコレスについての続報があればSNSでもすぐにお伝えしていきます。

次の