さくらももこ 死因。 さくらももこの死因は乳がんでいつから病気だった?アニメちびまる子ちゃんやちびしかくちゃんはどうなる?

さくらももこの死因は乳がんだった!ヘビースモーカーだった事が病気の原因?

さくらももこ 死因

さくらももこ さんと言えば「ちびまる子ちゃん」の漫画家として、あまりにも有名ですよね? そんな、さくらももこ さんが病気のため死去しました。 死因は乳がんでした・・・。 小林麻央さんの死で多くの人が検診に行ったという乳がん検診・・・。 さくらももこ さんの死因となった乳がんのステージは末期の4だったのでしょうか? ここでは、「ちびまる子ちゃん」の漫画家、さくらももこ さんの死因乳がんステージについて考えてみました。 さくらももこ 死因の乳がんステージは4だった? 死去してしまった今、さくらももこ さんの乳がんステージはどうでもいいのかもしれません・・・。 しかし、さくらももこ さんが今まで「ちびまる子ちゃん」で与え続けてきた感動と笑顔を思い出すと、どうでもいい・・・とは言えないような気もするのです。 今回は死因は乳がんと発表されているので、あと発表されていないのはステージだけ・・・。 nyugann. com様のサイトで掲載されている乳がんのステージ分類です。 理由は 53歳で死去したことから、他の臓器に遠隔転移し、転移先の臓器で死に到るほど悪化したのでは??と考えたからです。 始まりが乳がんだっただけで、最終的には肺や骨などに転移して死に至ったのではないでしょうか? そう思うのは、やはり小林麻央さんの思い出ですね・・・。 乳がんは転移がない場合、病巣を切除すれば完治します。 しかし、実際に完治できないのはリンパ節や他の臓器に転移するから・・・。 癌が一番怖いのは転移ですからね。 本来であれば、いろいろな状況証拠を元に、さくらももこ さんの乳がんのステージを説明したいところですが、全く情報がありません。 いつから乳がんと気づき、何年間治療を続けてきたのか??だけでも分かればヒントになるのですが、それすら分からないのです。 でも、それは難しいですよね・・・。 さくらももこ さんは名前こそ有名ですが、顔は意外と知られていません。 このツイッター画像は38歳当時の画像(今から15年前)ですが、最近の顔画像は一切スクープされていないのです。 なので、有名女優と病院ですれ違えば気づくかもしれませんが、さくらももこ さんとすれ違っても誰も気づくはずがない・・・。 そんな状態なので、さくらももこ さんの乳がんに関して論理的に説明することができないのです。 ですが・・・、なんとなく ステージ4の末期がんだったのでは??と思えて仕方ありません。 それにしても、なぜ乳がんが多いのでしょうか? 矢方美紀さん、恩田千佐子さん、北斗晶さん、そして小林麻央さん・・・。 有名人がブログをする時代になったから、そう感じているのもかもしれませんが、個人的には急激に増えているようさえ思えてしまうのです。 おそらく、抗がん剤やホルモン治療、そして放射線治療と・・・辛い治療に耐えてきたと思われます。 そんな彼女にお疲れ様でした、ゆっくり休んでください!と伝えたいです。 さくらももこ さんの漫画「ちびまる子ちゃん」は一生無くなることはない!と信じています。 さくらももこ さんのご冥福、心よりお祈り申し上げます。 スポンサーリンク.

次の

さくらももこ死去乳がん闘病53歳で「76歳まで漫画かきたい」ちびまる子ちゃん作者

さくらももこ 死因

さくらももこさん訃報 漫画「ちびまる子ちゃん」で知られる、漫画家さくらももこさんが15日、乳がんのため死去した。 53歳。 葬儀は近親者で営んだ。 引用元:毎日新聞 さくらももこ プロフィール 名前:さくらももこ 本名:非公開 旧姓:三浦 生年月日:1965年5月8日(53歳) 出身地:静岡県静岡市清水区 職業:漫画家、エッセイスト、作詞家 血液型:A型 身長:159cm 経歴 さくらももこさんといえば、知らない人はいないくらいに有名なアニメ「ちびまる子ちゃん」の作者です。 自身の幼少期の体験を漫画やアニメにし、子供から大人まで楽しめる作品に仕上がっています。 多くの人々は共感したことがあるのではないでしょうか? その他にもエッセイストとしても優秀で、「もものかんずめ」や「さるのこしかけ」「たいのおかしら」はいずれもミリオンセラーの大ヒットを記録していました。 死因は? さくらももこさんの死因ですが、 乳がんと公表されていました。 どうやら、以前から闘病生活をしていたのでしょうね。 乳がんの原因は飲酒や喫煙が挙げられていました。 調べてみると、さくらももこさんはそのどちらも好んでやっていたようです。。。 漫画家というのは身体も動かさずにひたすら頭からネタを振り絞るという職業ですから、喫煙などリラックスの一環として好んでいたのかもしれません。 旦那はいてバツイチ? さくらももこさんの結婚歴について調査しました。 調べてみて驚いたのですが、さくらももこさんは バツイチだということが!! さくらももこさんが25歳の1989年「リボン」編集者である「宮永正隆」さんと結婚しました。 幸せな結婚生活が続くと思われたのですが、1998年に突如離婚を発表。 どうやら旦那の亭主関白や金遣いの荒さ、女性関係などの問題から離婚という決断に達したそうです。 その後2003年に再び婚期が訪れます。 インストレーターの「うんのさしみ」さんと再婚を果たしました。 その後は現在2018年まで結婚生活を送っていることから、さくらももこさんを大切にするいい旦那さんだったのでしょう。 恐らくさくらももこさんの闘病生活の際も寄り添って看病していたものと思われます。 スポンサーリンク 子供はいるの? さくらももこさんはバツイチの経歴がありますが、子供はいるのでしょうか? 調べてみるとWikipediaにも長男がいることが公表されていました。 一人目の旦那さんである宮永正隆さんとの間に1994年に長男が生まれています。 さくらももこさん同様、顔出しなどは全くありませんでしたが、ペンネームでは「さくらめろん」、そして本名は「陽一郎」さんと言うようです。 ちびまる子ちゃんはどうなる? さくらももこさんの訃報で、ちびまる子ちゃんの放送が終了!?という声も多数上がっています。 しかし、放送局のフジテレビは、今後も放送継続を発表しているようです! 番組開始当初のメンバーがさくらももこさんの意思を引き継いで制作していくということでした。 ちびまる子ちゃんファンとしては一安心ですね。 まあ、筆者もその一人なのですが。。。 笑 因みに、ちびまる子ちゃんのお姉ちゃん役の水谷優子さんの命日は2016年5月17日。 そして、そのお姉ちゃんが大好きだった西城秀樹さんの命日が2018年5月16日と水谷優子さんの1日前。 そして同じ年にさくらももこさんがお亡くなりになるというのは偶然なのでしょうか? 何か強い繋がりがあったことのように思えて仕方がありません。 Twitterでも悲しみ声 さくらももこさん、早すぎだよ。 そんなに急がなくてもよかったのに。 今はただ、冥福を祈ります。 — いしかわじゅん ishikawajun わたしはちびまる子ちゃんと一緒に育ちました。 コジコジはわたしのバイブルです。 さくらももこさんから生まれる温かでひょうきんな世界に何度も何度も救われました。 一度でいいからお会いして、直接お礼が言いたかった。 ご冥福をお祈りします。 — マナミ manamimushiii どうやら幼い子がいる母親世代からのツイートが殺到していますね。 年齢的にも今のお母さん世代の方が幼少期に観ていたアニメのようで、丁度自身と重なる部分が多くあり、思い入れのある作品だったのかもしれません。 スポンサードリンク まとめ さくらももこさんの訃報をお伝えいたしました。 まだ53歳という若い年齢で悲しみの声が多数寄せられていますが、さくらももこさんと、ちびまる子ちゃんは多くの方の心の中で生き続けることでしょう。 さくらももこさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

次の

【訃報】さくらももこ死去、死因の乳がん怖すぎ…(顔画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

さくらももこ 死因

Contents• さくらももこが乳がんで死去 さくらももこさんが亡くなったのは8月15日。 53歳という若さでした。 さくらさんが死去されたという発表は、さくらさんの公式ラインブログで発表されました。 死去の発表は、さくらプロダクションのスタッフによるものですが、7月2日まではさくらさんご自身が更新されています。 最後の更新となったのは、 サッカーW杯を見ていたという記事ですね。 侍ジャパンがだんだん地味な進み方になったけど、決勝トーナメントに進出したことは運がいいのでしょうか。 とにかくベルギー戦頑張って欲しいです。 ドイツが負けてしまいましたからね。 メキシコとドイツの戦いはグループリーグ前半の試合の中でもいい試合だったと思ってます。 メキシコといえば、GKのオチョア選手がフジテレビのまる子のプロデューサーの狩野君に似ていると、息子とミッチャンと私の間で評判で、見かけるたびに大笑いです。 狩野君なんでワールドカップに出てるのって。 そんな狩野君がドイツをやっつけて決勝トーナメントに行くんだからたいしたもんです。 いつものさくらさんの文章のような気がするので、ご本人が更新されていると思います。 記事の最後には、大人まる子が登場するダイハツのCMについても触れています。 5月17日のブログには西城秀樹さんのご冥福をお祈りしますとの記事も。 ちびまる子ちゃんのお姉ちゃんが大好きだった西城秀樹さん。 秀樹さんが天国に行かれた後に、まるでそれを追うようにさくらさんも天国へと旅立たれてしまいました・・ それにしても、30年前に連載がスタートしたちびまる子ちゃんがこれだけ長く愛されているってすごいことですよね。 また、さくらさんは2度結婚されていますが、最初の結婚で授かった1人息子のめろんさんは、現在24歳。 まだ若いので、さくらさんの死去を悲しんでいらっしゃるだろうなと思います。 ビール酵母やプロポリスなど健康について、かなりたくさん試している印象です。 ただ、タバコはストレスに良いという記述があり、さくらさん自身はタバコを吸われていたようです。 タバコと乳がんに関係があるのかはわかりませんが、 タバコはいい!と言っちゃうさくらさんなのでさくら流の健康基準があったのかもしれないと思ったり。 ネット上でも、さくらさんは健康に気を使っているイメージだったという声がたくさん上がっています。 さくらももこさん、健康オタクなのにおっちょこちょいで乳がん検診を受け忘れてた…とか? もしくは、「そういう風にできている」で魂と肉体について考えを書かれていたけど たしか 自然な死を受け入れ手術しなかったのかな? 色々考えちゃう。 53才で旅立たれるなんて…あまりにも早すぎる。 会社員ではなくフリーランスの立場なので会社で健康診断の受診を強制される事が無い。 さくらももこは健康診断を受けるのが後回しになりがちだったのではないか。 個人事業主は指示する上司がいないので、健康管理にはサラリーマン以上に気を配らないと。 長生きして欲しかった。 もしかしたら、健康的な生活を送っているから大丈夫とあまり検査をしていなかったという可能性もありますし、 毎年検査をしていたとしてもわからない場合もあるので見つかったときには進行してしまっていたのかもしれません。 いづれにしても、周りに迷惑や心配をかけたくなくて自身の闘病生活は公表しなかったのかもしれません。 また、さくらさんが闘病生活を公表してしまうと、ちびまる子ちゃんのお気楽なイメージが崩れてしまうと思ってしまったのかもしれませんね。 死去原因となった乳がんのステージは? 闘病生活以外に気になったのは、さくらさんの 乳がんのステージ。 53歳という若さで亡くなってしまったので、もしかしたらステージもかなり進んでいたのかもと思ってしまいました。 乳がんは初期であれば、治療や手術という手もあったと思うのですが、もしかしたらかなりステージが進行していて他の臓器への転移などもあったのかもしれません。 以前、北斗晶さんが乳がんになったときに、検診は受けていたけど検診では発見見つけられないこともあるとおっしゃっていたので、 さくらさんの場合も乳がんが見つかったときには、かなり進行していた可能性も。 そうなると、リンパ節や他の臓器への移転が見られるステージ3や4くらいだったりするのかなと思いました。 さくらさんは漫画家としてデビューされてから、結婚、出産、再婚と公私ともに忙しく過ごされていたので、体も酷使されてきたのかもしれません。 それにしても、あのちびまる子ちゃんのさくらももこさんが亡くなってしまったんだと思うと本当に悲しいです。 どうぞ、天国でも安らかにお過ごしください。

次の