こおりのつぶて 剣盾。 【ポケモン剣盾】マニューラの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾/鎧の孤島】ロコン(アローラ)夢特性の入手方法

こおりのつぶて 剣盾

ダブルバトル用パーティ構築の前提 まず、なんでシングルバトルに加えてダブルバトルでもマスターボール級を目指すことにしたのかというと、 シーズン1の終了時の報酬がおいしかったからです。 自分はシングルバトルのみマスターボール級だったので、600BPときんのおうかん3個がもらえましたが、これがダブルバトルにおいても同様にもらえる(つまり2倍もらえるようになる?)らしいということなので、報酬目当てで頑張ってみることにしました。 ここで、新たにポケモンを育成しなおすのは面倒だし、今使っている個体に愛着もあるため、自分に対し「 ダブルバトル用に新たにポケモンを育成しない」という縛りを課して挑戦を行うことにしました。 ちなみにパーティ構築時点での育成済みのポケモンは以下です。 ポットデス• サダイジャ• ジャラランガ• タルップル2体• アップリュー• ドラパルト• ウインディ• エレザード• ミロカロス• アーマーガア• ラプラス この中から選んでパーティを構築していきます。 ラプラス• ミロカロス• ウインディ• エレザード• アーマーガア• やることは単純で、頃合いを見てダイマックスし、威力140のダイストリームや威力120のダイアイスを撃ち込むだけです。 何故それをラプラスでやるのかというと、ダブルバトルの環境にドサイドンやバンギラスやトゲキッスが多いからですね。 彼らは大体ダイマックスしてじゃくてんほけんを発動させて殴ってくるので、非常に厄介な存在です。 場合によっては横のサポート役がトリックルームなどで支援をしてきたりするんですよね。 そうなると非常に危険です。 特に特性ハードロックで弱点攻撃のダメージを弱めてくるドサイドンは本当に厄介。 特防が低いし、4倍弱点の関係上、一番倒しやすいのは特殊水か特殊草の攻撃なんですよね。 そのため特殊水を得意とするラプラスをメインアタッカーとしています。 ただそれでも、モタモタしてしまうとダイアースで特防がどんどん上がっていくので、本当に手が付けられなくなってしまいます。 なのでじゃくてんほけんや後述するミロカロスの「てだすけ」をうまく使って一撃で確実に葬れるようにしました。 じゃくてんほけんにダイマックスを合わせる戦術は結構流行っていますが、素の耐久が高く、主に氷タイプのせいでそこそこ弱点が多い(でも4倍弱点はないからちょうどいい) ラプラスもその戦術に向いていると思ってやってみましたが、実際まさにその通りでしたね。 まぁダイウォール枠としてあってもいいかも。 こおりのつぶてはやはり強いです。 ひかえめなので攻撃がダウンしているにも関わらず弱点を付ければ結構ダメージが出ますね。 ただ、当たり前ですがダイマックスとの相性は良くないところが悩みどころです。 まぁひかりのかべを貼れればダイマックスが枯れるまでラプラスが生き残っていることも結構あるので使う機会は意外とあります。 氷技はフリーズドライにしていますが、これのおかげで水技をよびみずで無効にしてくる天敵「トリトドン」を一撃で倒せるので重宝しています。 10万ボルトとは完全に範囲が被っている気がするので、フリーズドライがあれば不要ですね。 れいとうビームに変えればダイアイスの威力が10上がるのですが、やっぱりトリトドンやギャラドスやペリッパーやルンパッパを一撃で倒せる爽快感には代えられないです。 フリーズドライもやはり、ダイマックスしてしまうと水に弱点を付ける効果が無くなってしまうため相性が良くないですね。 みがわりの枠をじならしにしていた時期もありました。 ラプラスの素早さを相対的に高めつつ、相手のきあいのタスキやばけのかわを剥ぎつつ、ミロカロスのかちきを発動させて特攻が2段階上昇するという素敵な効果があって良かったのですが、なるべくラプラスを削られたくない(なので早くダイマックスしたい)のでやめました。 ミロカロスは能力ランクが上下しがちなダイマックス環境でかちきが強いんじゃないかと思って育成していたのですが、シングルバトルではそれほど発動機会がなく、ラプラスにメンバー交代していました。 ダブルバトルの環境ではシングルバトル以上に能力ダウンを受けることが多く、かなりかちきも発動するので育成して大正解でしたね。 例えばこごえるかぜやじならしですばやさダウンを受けたり、いかくでこうげきダウンを受けたり、ダイドラグーンなどで発動することも結構多かったです。 まぁ実際に発動しなかったとしても、 いかく持ちの選出を抑制させたり、該当技を使わせないようにしたりするだけでも仕事をしているとも言えますね。 ちゃんととくこうに努力値を割いていることもあって、かちきが発動してからは自身もメインアタッカーとして動くことが可能となっています。 技については、まずはダブルの環境でトゲキッスやリザードン、ブリムオンなどの特殊アタッカーに苦しめられることが多かったのでひかりのかべをチョイス。 できればリフレクターも持たせたかったけど残念ながらミロカロスは覚えないのですね。 なみのりはラプラスの隣で撃つ場合は相手両方にダメージを与えつつ、ちょすいを発動させて回復を図ることが可能です。 まぁ昔からある戦法かもしれませんが、ハマれば本当に強いですね。 ラプラスでダイストリームを撃って雨にしてからは更に強力な全体攻撃になります。 全体攻撃は結構ダブルバトルでよく見るこのゆびとまれ対策にもなりますし、よびみずもしきれないので有効ですね。 ただしワイドガードに注意です。 ただ、なみのりは横のラプラスが落ちてしまった後は味方を巻き込むため撃ちにくくなります。 なのでそこからはれいとうビームやてだすけを主体に戦います。 てだすけは優先度が高い技なので、ミロカロスが落ちそうなときに先制技感覚で撃てるところも強いですし、他のアタッカーの火力補助もできるところもいいんですよねー。 持たせる道具は良いものが思いつかなかったのでオボンのみにしています。 相手の確定数をずらせるので良い感じですが何かもっといい持ち物があるかもしれません。 合計555とかいう恵まれすぎている種族値と単タイプによる弱点の少なさ、そしていかく持ちゆえの物理耐久に加え、チョッキで特殊耐久も兼ね備えており、出す時に安心感があって 万能に活躍してくれる遊撃手のような存在になっています。 シングルバトルのときと技を全く変えていません。 試合後半に出し、しんそくで弱った敵を安全に処理したり、インファイトでバンギラスを確1にしたりで頼りになる相棒です。 ただし、ラプラスの雨とは相性が良くないのでうまく運用していきたいところですね。 相手の晴れをうまく利用できればいのちのたま無しでも超火力で押せます。 今作でいかくの効かない敵が増えている点には注意が必要ですね。 特にアーマーガアに対してはタイプ的には有利なものの、いかくを反射されてしまうと苦戦を強いられることになるので厳しいです。 もちろんかちきやまけんきにも注意。 何も変えていません。 雨で使うならミロカロスのなみのりも吸えるし、かんそうはだのほうが良さそうですがとくせいカプセルが勿体ないのでそのままで使っています。 サンパワーが夢特性なのでもう戻せなくなってしまいますしね。 やっぱりスカーフ持ちは安心して攻撃できるので使いやすいですね。 とはいえ倍率はそんなに高くないので相手のおいかぜにはかなわず、油断は禁物ではあります。 シングルバトル同様、 はかいこうせんで試合を決めるのは爽快感があって癖になりそうです。 10万ボルトでは微妙に火力が足りないので、雨とも相性がいいし思い切ってかみなりに変えるのもありかもしれませんね。 相手のエレキフィールドにただ乗りできると結構な火力になります。 ただ、環境にでんきタイプがほとんどいない割には、意外とでんき対策をしているパーティが多い気がするので油断できませんね。 じめんタイプを複数入れていたり、まさかのひらいしんドサイドンとかも見るので選出できない機会も多いです。 流石に いのちのたままで持たせると結構な火力が出ますね。 この記事を書いていて気付きましたが、てっきりB振りかと思っていたらH振りでした。 どおりでボディプレスの火力が出ないわけだ。 なのでボディプレスの枠を別の技にするのもアリですね。 環境にフェアリーが多いのでアイアンヘッドがかなり刺さるのですが、絶妙に倒しきれない場面が結構あったので、ミロカロスのてだすけをうまく使っていきたいところです。 ブレイブバードは強いけど反動が痛い痛い、加えていのちのたまのダメージもありますし。 たまにいるローブシンなどにぶっ刺さります。 ダイマックスさせるとダイジェットになり、自身は元よりすばやさが遅いのであまり恩恵がないものの、隣の味方を助けることも可能です。 ボディプレスのダイナックルも同様ですね。 リフレクターはもちろん決まれば強いんですが、すばやさが遅いのでわざわざアーマーガアでやる必要はないんですけどね。 まぁ相手のまもる読みでうまく決まれば強いです。 そして特性ミラーアーマーはやっぱりイカれた性能ですね。 シングルバトルよりダブルバトルで更に凶悪になります。 シングルバトルでは敢えて一度も選出しないでプレイしてみましたが、流石に育成済み個体が足りなすぎてダブルバトルでは積極的に選出してみました。 やっぱり強いですね! ダブルバトルにおけるドラゴンアローはなんか挙動が面白くて、普段は相手2体に当たるのですが、片方がフェアリータイプであればそちらに飛ばず、フェアリータイプじゃない相手に2発飛ぶようです。 あと良く分かりませんがまもる中の相手も避けてくれている気が。 なのですごく使いやすい技です。 命中も100あるしイカれてますね。 ダイマックスさせたときは全て相手の能力ダウンか味方の能力アップのダイマックス技になるので、ダブルバトルではどれもかなり強力ですね。 うまく使って相手の確定数をずらせたりすればかなり有利になれます。 ドラパルトのきあいのタスキは結構強いと思っています。 積み技対策にもなりますし。 相手のウオノラゴンのおさきにどうぞ+逆鱗をタスキで耐えて返しのドラゴンアローで倒せたときは思わずニヤりとしてしまいました。 ふいうちも多分読まれていないようで、ガンガン決まりました。 もちろんサイコフィールド下では注意ですけどね。 そして自分以外に使っている人がいるのかわからない特性「のろわれボディ」ですが、これまた面白いくらいに発動するんですよ。 発動さえさせてしまえばかなり有利に。 相手がもしこだわっていればダイマックスかわるあがきしかできなくなりますしね。 ただし、すりぬけもクリアボディもかなり有用なので悩んじゃうところではありますねー。 ダブルバトルでもマスターボール級に上がってみての感想 シーズン2において、シングルバトルに加えてポケモン剣盾のランクバトルのダブルバトルでもマスターボール級に上がることができましたが、シングルバトルよりも 戦略性がかなり増していて、頭を使うことが多くて楽しめました。 バトル中は考え過ぎて持ち時間が足りないくらいでした。 マスターボール級に上がりたての同じ日の順位が、シングルバトルでは79,687位でダブルバトルでは11,036位だったので、それぞれのプレイ人口にだいぶ差があることが分かりました。 確かにランク10のときは結構連続して同じ人と当たることもありましたね。 マッチングするのは体感的に、外国人が8割日本人が2割くらいな気がしました。 もっと日本でもダブルバトルが流行るといいですよね。 このパーティのようにみずタイプを2体並べるような構築は、環境にでんきやくさの強力なアタッカーが皆無な今だからこそ通用する戦術ではありそうです。

次の

【ポケモン剣盾攻略】事前知識編、先制技とは?優先度という言葉が鍵

こおりのつぶて 剣盾

SM時代に一時期使用率30位以内に食い込んだ実力者 とりあえず吹雪を撃つマシーンで、炎と鋼が環境に少ない現在雑に強かった。 後述するインテレオンと違ってAに振ったのは、タイプ一致礫がドラパに思いのほか入ることに気付いた為。 2の素早さを持つ御三家。 珠は捨ててきた。 とりあえず吹雪を撃つマシーン2号で、最速吹雪使いであることに加え、Cに補正をかけて雫以上を持つと、重くなりがちなH振りを狙い撃ちにて確定1発で葬れる為採用された。 後述するに礫を打ち込むためAの0をパワーで遺伝し、銀の王冠を惜しげもなく使用することで鍛え抜かれた体を得た。 あまごいはとを意識。 高いSから繰り出される雨は刺さる相手には非常に強かった。 コンボ、火力、妨害と多くの役割を持たせたため守るも珠も入らなかった。 のにヘイトがとても高く、場持ちしないのが気になった。 技スぺ5個くれ。 PTのメインを張るスター枠。 しながら横のバニラかインテレオンから氷の礫を受けて保険を発動、2倍になった攻撃と素早さで塩試合を無限に生成する。 さいっきょ Sについては今でも決め切れていない。 既に2回ほど振り直している。 ASぶっぱにして最速100族まで抜いたほうが良い場面も多くあったし、Sを殆ど振らずHに振ったから耐えたという場面も同様にあった。 今以上にが増えそうならASぶっぱが丸そう。 この辺は環境見て調整が必要。 走攻守揃ったパーフェクト 上3体で重くなった系列 現在はほとんどいないが 、及びジュラルドンと、トリル、辺りに対抗するために入れた。 とても強いであることは間違いないが、霰と軽業ギミックを両立した選出をすると自然に選出から外れてしまうので、試合での活躍は少なかった。 その上、選出しても裏からが出るときには相手のが追い風を展開済みであることが多かった為、スカーフである必要性も薄かった。 多分オッカが正解。 苦手なを見る限り、ここもジュラルドンに変えた方が強くなりそうではある。 SM時より威嚇が減り、数少ないギャラは自信過剰などが大量発生しているので泣く泣く耐久に振った。 でも霰ダメ込みで落ちるので、更にCも削るべきだったかもしれない 前作とほとんど変わらず取り回しのいい。 とりあえず出て吹雪か濁流で殴ってるだけで強い。 とりあえず軽業ギミックが通らないPT、もしくは迷ったらとりあえずの初手で出ていける固さと火力がある為、選出の機会は多かった。 そしてそれならHBに振るべきだった 要因としては ・今作はックスによってトリルの制圧力が格段に上がっているため、命を懸けて展開を通してくる。 変えるならココ。 威嚇が貰えたら濁流か吹雪で押し流し続ける。 も大胆に切って良い。 何を失ってでも、晴れ下でを絶対に動かさせないよう行動する。 選出がかなり歪み、主要ギミックが裏に行くため弱い。 猫だましor先送りor日本晴れの3択に勝つだけのゲーム。 晴れてなければ珠ダイソウゲンでもは耐えられる。 の枠を変えていい感じにしたい理由No. 危ない橋を渡りたくない場合は を初手で出し、すれば何とかなる。 読み外しは負けで。 を主体とした追い風スタン。 大方軽業発動したの方が早い為。 サンパワー自身の火力と、横のの猫だましや、手動「日本晴れ」やS操作 猫or先送りor追い風orほっぺすりすり が超強い。 負け 基本的に1手目。 安定処理択が欲しい。 本当にテストプレイをしたとは思えないほど強くなった今作。 それを避雷針と猫だまし それに麻痺 で保護する並び。 当然超強い。 ダイジェットで落とされるとASが1段階上がって負けが見える。 のやの、のックスで何とかする。 の並びほど絶望ではないので、何とか頑張ろう。 やを選出したり、凍らせたりして何とかしよう。 上2つの並びよりは対処が簡単だが、トリパでもスタンパでも初手の変形で出してくることがある為、頭の片隅で警戒をしておく必要がある並び。 霰は超強かった。 もそれに並ぶぐらい強いし、砂に強く出れることのかみ合い方もよかった。 であるからこそやの枠がもう少し練り直せたかなという所と、トリル対策が甘いのが良くなかった。 先述の通り、トリパは死ぬ気でトリルを通してくる。 なのでこれに中速ポケでわざわざ付き合うのではなく、守る等でターンを稼ぐか、見てからトリル返しをした方が良さそう。 それはガラルがキツイと言い続けたS1トリパでの学びが構築に生かされてなかったのがちょっと残念。 全体を振り返るとトリパは封印をするんじゃなくて、トリラーやアタッカーを凍らせて勝った試合の方が多かった。 これがeスポーツですか。 このままのPTか、をにでも代えるかすればもうちょっと上に行けそう。 でも2桁の大台に乗ることができたので既に満足。 忙しくて潜る時間も少なくなりつつあるので公開して解散。 シーズン終わりにまたちょっとやるかなぐらい。 今後は2月にHOMEが来てしまうため、今からはガッツリ新規の天候PTを育成するやる気が起きない。 poponp.

次の

【ポケモン剣盾】マンムー育成論 最高のタスキ使いはこいつだ!

こおりのつぶて 剣盾

ラプラスの基本データ HP 130 タイプ みず こうげき 85 こおり ぼうぎょ 80 特性 ちょすい とくこう 85 シェルアーマー とくぼう 95 夢特性 うるおいボディ すばやさ 60 ラプラスの特徴 専用技「キョダイセンリツ」が強力 キョダイマックスラプラスのみが使用できるキョダイセンリツは追加効果でオーロラベールを貼ることができます。 これにより、味方を含めた耐久をしばらくの間高めることが可能です。 ラプラス自身の耐久も高いため、長く居座ることができます。 ラプラスの技 有用な攻撃技 ハイドロポンプ タイプ一致技。 高威力だが命中不安。 うたかたのアリア タイプ一致技。 味方を巻き込んでしまう点に注意。 ふぶき タイプ一致技。 高威力。 れいとうビーム タイプ一致技。 命中が安定している。 フリーズドライ タイプ一致技。 みずタイプに弱点をつける効果が優秀。 かみなり ダイサンダーのベースとして。 雨状態では必中となる。 10まんボルト ダイサンダーのベースとして。 命中安定。 こおりのつぶて 先制技。 じゃくてんほけん発動後は火力が上がる。 ぜったいれいど キョダイセンリツになると威力130となる。 有用な変化技 ほろびのうた 詰め筋として強力な技。 まもる 大事に扱いたい場合に。 ねむる 特性「うるおいボディ」+ダイストリームですぐにねむり状態を回復できる。 ふぶきベースのキョダイセンリツで丁度耐久無振りのダイマックスドラパルトを倒すことができます。 ダイマックスが切れたあとは ぜったいれいどや ほろびのうたで相手を倒すことを狙います。 また、 特性「うるおいボディ」によって、天候が雨であればねむるを使用したターンの終了時にねむり状態を回復することが可能です。 ラプラスの使用率 当サイトが集計した、ランクバトル(ダブル)の使用率の記事からラプラスの順位を参照しています。 集計期間 順位 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 9位 6位 11位 12位 20位 12位 20位 15位 18位 19位 30位 ラプラスとの主な組み合わせ マホイップ デコレーションや うそなきで ラプラスの火力をサポートします。 特性「スイートベール」で味方と自身がねむらなくなるため、シーズン4から解禁され数を伸ばしているフシギバナを筆頭としたポケモンの催眠系の技に耐性がある点が優秀です。 ライチュウ、トゲデマル 特性「ひらいしん」 で相手のでんき技からラプラスを守りながら、ボルトチェンジなどでラプラスのじゃくてんほけんを発動させる立ち回りが有名です。 あまえるや かいでんぱ、 ほっぺすりすりなどでラプラスのサポートをします。 ラプラスの対策 パッチラゴン 特性「はりきり」と高威力のでんげきくちばしでラプラスに大ダメージを与えることができます。 ですが、 はりきりで技が外れる可能性があることや特性「ひらいしん」持ちがラプラスの隣にいる場合はでんき技が通らない点 には注意が必要です。 ナットレイ ナットレイであればラプラスから大ダメージをもらうことがなく、タイプ一致のくさ技で大きく削ることができます。 バークアウト、かいでんぱ ラプラスのとくこうを下げる技があれば、ダイマックスしたラプラスからの攻撃は脅威ではなくなります。 マホイップが採用されている場合はデコレーションで毎ターンラプラスのとくこうを強化してくることが予想されるため、先にマホイップを倒すようにします。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2020. 14 目次 1. はじめに2. 会場の雰囲気3. 参加してみて4. オフ会の情報はこちらから はじめに ぽ […][…]• 2020. 29 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. キュウ […][…]• 2020. 09 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. トゲキ […][…]• 2020. 26 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. イエッ […][…]• 2020. 21 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. ミミッキュ3. ミロカロス3. ナット […][…].

次の