ラブエスカレーター ネタバレ。 東京ラブストーリー2020のあらすじと評判・口コミ!キャストまで徹底解説

ラブ・エスカレーター

ラブエスカレーター ネタバレ

通称「ラブエス」。 なお、本項では作『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)についても記述する。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 本作は、背徳感を煽る要素を加味されたシナリオ、による、による本編のセックスシーンにおける豊富な数のパターンを描写するアニメーションがプレイヤーから高い評価を受けたことの他に、延期に延期を重ねた果ての時代末期、同シリーズの専用に発売されたことでも有名である。 発売当時、市場はすでにへの移行を終えており、次期バージョンのの発売すら間近であった。 PC-9800シリーズ向けのゲーム市場に至っては、アダルト一般向けともにほぼ皆無であったため、本作の後にも他社から数作発売されたにもかかわらず、ファンから「PC98最後のエロゲー」と侮蔑の意味を込めた称号が付けられたこともある。 しかし本作は、そのような状況下でも高セールスを記録し、高い評価を受けた。 OS市場にあまり影響されなかったこの結果が、後年のジェリーフィッシュ作品『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(以後、『LOVERS』と表記)へ繋がることとなる。 スタッフ(ラブエス) [ ]• プロデューサー:bucci• 監督:• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:• 原画:• 音楽:Xacs石川、Tee D• プログラム: 不明 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年12月)() ある日、主人公の 黒崎崇はの 脇谷徹から、ある少女との仲を取り持ってくれるよう頼まれる。 その少女の名は、 河合理恵。 崇の中学時代のであり、かつて想いを寄せていた存在でもあった。 懸命に頭を下げる脇谷に対して頷くしかなかった崇は、親友のために自らの想いを押し殺し、彼の想いを伝えようと理恵に近付く。 ところが、話してみれば理恵も崇のことを中学時代から想っていた。 つまり、2人は両想いの事実を今日まで知らず、過ごしてきたのである。 互いの想いを知った2人は我慢できず、脇谷に内緒で交際を始めてしまう。 再び燃え上がった想いが2人の身体をも交わらせるのに、そう時間は掛からなかった。 脇谷に真実を告げられない背徳感の中、交際を続ける2人。 特に崇は親友との板挟みに苦しみながら、理恵の身体を求め続ける。 そんな彼に理恵もいつしか性の悦びに目覚め、自ら進んで身体を開くように。 場合によっては、 山本のり子や 大沢ひな子も崇とを結びつつ、事態はより混迷の方向へ向かう。 崇と理恵の恋心、崇と脇谷の友情が織り成すの行き着く先は…。 登場人物 [ ] 名は全て『LOVERS』のもの。 また、本作での学校表記は「高校」だが、『LOVERS』ではの規定に従って「学園」とされている。 黒崎 崇(くろさき たかし) 本作の主人公。 姓名は変更可能。 中学時代はに勤しむ一方で理恵のことを想っていたが、告白できない内に卒業を迎える。 高校に入ってからは悪友の脇谷達との日々を過ごしていたが、彼に理恵との仲を取り持つよう頼まれたことがきっかけで、彼女への想いが再燃。 脇谷への背徳感を抱えたまま、理恵との交際を始める。 河合 理恵(かわい りえ) 声: 誕生日:() 本作のヒロインで、崇とは中学校が一緒。 高校での所属はテニス部。 脇谷に惚れられるが、実は崇のことをずっと想っていた。 表向きは脇谷に優しく接しながらも、裏では崇と身も心も求め合う関係になる。 母の美奈代はであり、後年のジェリーフィッシュ作品『』にしている。 山本 のり子(やまもと のりこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 志望で、良質なプロポーションとそれに見合った色気を持つ短大生。 崇とのセックスもお手の物。 大沢 ひな子(おおさわ ひなこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 幼顔かつ幼児体型の系だが、精神年齢は高めな小悪魔で、会話の際もセックスの際も常に崇を蔑む。 田代 美紀(たしろ みき) 声: 尻軽な容姿をした茶髪娘だが、根は純情。 あることがきっかけで脇谷に惹かれていく。 佐倉 真由美(さくら まゆみ) 声: 誕生日:() 理恵の友人で、いわゆる優等生。 崇や脇谷のような劣等生を蔑視しているため、崇が理恵と付き合うことも認めていない。 のり子を上回る。 実はであり、理恵に密かに恋愛感情を抱いている。 脇谷 徹(わきや とおる) 崇の悪友。 根は良い人物だが、時として結構な無茶振りも押し付けてくる。 理恵に惚れており、自分との仲を取り持ってくれるよう、崇に頼む。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)は、にジェリーフィッシュより発売された18禁恋愛アニメーションアドベンチャーゲーム。 かつてジェリーフィッシュが旧名の海月製作所で発売し高い評価を得た、『ラブ・エスカレーター』(以降、『ラブエス』と表記)のリメイク作である。 以上のことから注目された本作であったが、重ねた延期の果てに発売されてみれば、最大の注目を集めた崇と理恵のセックスシーンは、当初の触れ込みとは違ってフルに描き直されてはおらず、初体験シーンのみが完全新作。 他は、大半がを『ラブエス』から流用してCG化のみをやり直しただけに留まっている。 とはいえ、初体験シーンのアニメーションが当時としては高いクオリティだったのは事実であり、『ラブエス』には実装されていなかったによる音声も加わって、現在、同社作品の『』(以降、『GREEN』と表記)などと共に、高評価を受けている。 本作はオリジナルの『ラブエス』や『GREEN』同様に何度も発売日延期を繰り返し当初の秋予定から約2年も延びたために、一時期はなどの検索サイトにおいて「延期」でキーワード検索を行うと、本作の発売日延期の発表ページが1件目に表示されてしまうほどの話題になった。 また、『GREEN』の時に頻発したプレイヤー間でのセーブデータ転用が、本作ではできないようになっている。 には、メディアをに変更してへの対応や豪華特典の収録などを施した『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 PREMIUM PACK』が発売された。 には、を皮切りに上の各ショップでのが開始された。 には、 PSP 向けに一部仕様を変更した版『 LOVERS UMDPG Edition』が発売された。 スタッフ LOVERS [ ]• プロデューサー:bucci• 監督:• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:• 作画監督:、• 作画監督協力:• 原画:十重五重• 原画協力: 他• 音楽:ham、TeeD• プログラム:Production Starhole• 販売:シューティングスター 関連商品 [ ] 音楽CD [ ] キャラクターミニアルバム 全てレーベルは。 LOVERS featuring 河合理恵 2000年10月19日発売 OMCP-14• LOVERS featuring 佐倉真由美 2000年10月19日発売 OMCP-15• LOVERS featuring 大沢ひな子 2000年11月21日発売 OMCP-17• LOVERS featuring 山本のり子 2000年11月21日発売 OMCP-18• LOVERS featuring 田代美紀 2000年12月21日発売 OMCP-21 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 ドラマCD 2002年11月30日発売 OMCP-20 2002年10月にのa-FANFAN3にて放送されたラジオドラマのCD化 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 サウンドトラック 2002年7月20日発売 OMCP-10 LOVERS・その後 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 オリジナルサウンドトラック2 2004年1月28日発売 OMCP-29 書籍 [ ] ラブ・エスカレーター 2000年7月発売、刊 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 2003年11月発売、刊 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 REVERSE 2004年11月25日発売、高橋ショウ 著、刊 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 アンソロジーコミック 2004年2月25日発売 刊 外部リンク [ ] 全て18歳未満閲覧禁止。 この項目は、に関連した です。

次の

『バレット・オブ・ラブ』☆☆☆ 意識高い系スカスカ映画 ネタバレ映画レビューブログ

ラブエスカレーター ネタバレ

韓国大人気ドラマ、キム秘書はいったいなぜ?第9話です。 前回は…兄ソンヨン イ・テファン の帰国で憂鬱なヨンジュン パク・ソジュン だがミソ パク・ミニョン の説得により自身の両親やソンヨンと食事を囲むことになった。 しかし食事のあと兄弟喧嘩に発展し、カッとなったソンヨンから殴られてしまう。 その場を離れ、ミソの元に向かったヨンジュンはミソの自宅で殴られて血が出た傷口を手当てしてもらう。 理由は聞くなというヨンジュンを怪訝に思いながらも甲斐甲斐しく手当てをし、ヨンジュンにラーメンを作ると張り切るミソ。 ヨンジュンを部屋に上げるため急いで掃除をしたミソは、見られたくない場所に触れようとしたヨンジュンを阻止しようと飛び込むがヨンジュンをベッドに押し倒してしまい、急いで離れようとするもヨンジュンから抱き寄せられる。 君のことを。 」と言いミソを驚かせますが「あの幼稚な本にそう書いてあった。 」とミソの愛読書であるモルぺウスの本のセリフを引用したことを伝える。 「記憶力がさすがです。 」と戸惑いつつも褒めるミソは足早にキッチンへ去っていく。 韓国では、女性から「ラーメンを食べていって」と言われることは愛の告白だとみなされる。 そのことをユシク カン・ギヨン から聞いたヨンジュンは思わず笑みがこぼれるが「まさかキム秘書と…?」と疑うユシクに「いとこの友達の話だ」というお粗末すぎる人物設定をして誤魔化す。 ヨンジュンが帰った後ミソの自宅に訪ねてきた長姉のキム・ピルナム ペク・ウネ からヨンジュンのことが好きなのかと尋ねられ、庶民と財閥は同じ世界に住んでいない、ミソが傷つく姿を見たくないと言われる。 「これはわたしの問題よ」と真剣な顔でピルナムに返し、自分の気持ちに気づくミソだった。 夢の中。 廃墟の一室で「ママ パパ」と助けを呼ぶ幼い少年の声。 部屋の中には古びたぬいぐるみ、蜘蛛の巣、壊れたハンガーが見える。 「どこなの?怖い」「怖い!」と叫んだところで目を覚ましたソンヨン。 ソンヨンもまた、悪夢にうなされていた。 出勤前のミソを車で迎えに来たヨンジュンに驚くミソはその後も連発されるヨンジュンからのサプライズ攻撃に違和感を感じながらもすっかり彼のペースにハマってしまう。 兄弟でいがみ合っているヨンジュンとソンヨンをどうすることもできず落ち込む母ヘラン キム・ヘオク の様子を見兼ねた父イ・ドンス キム・ビョンオク はソンヨンに「ヨンジュンに謝って母を安心させてやれ」「会社の運命はヨンジュンの腕に掛かっているから今後はヨンジュンに配慮しろ」と忠告をする。 客人からの呼び出しを受け、会社のロビーに向かったミソ。 待っていたのは先日しつこく連絡先を聞いてきた男だった。 どんどん人間化するヨンジュン 変なタイトルつけてごめんなさい。 この章は妖怪人間の話ではありません。 自宅へやってきたヨンジュンにインスタントラーメンを御馳走するミソ。 「食品添加物の塊は食べない主義だが誠意を受け取ろう。 」「 辛いラーメンにキムチをトッピングしたミソに 塩分に塩分を重ねるようなものだが」と言いながらキムチ全乗せして全部完食するヨンジュン。 帰り際、「ごちそうさま」というヨンジュンに、「炭水化物の塊と言いつつ完食しましたね」と満足げなミソでしたが、ミソが作ってくれた初めての手料理だったから完食したとヨンジュンは言う。 そして少しためらった後「今日はありがとう」と言い残し帰っていった。 ミソと触れ合う場面でヨンジュンはいつも彼らしさを取り戻しているよね。 それと同時にどんどん人間らしく感情をきちんと表に出せるようにもなっていてミソがヨンジュンに与える影響力を感じます。 翌日は大暴走のヨン様です。 秘書室でヨンジュンの唇の傷口を手当てするミソを見つめたり、整理しようとした書類で指を切ってしまったミソの血を拭き取ってあげたり 舐めそうな勢いだった …。 「書類はPCで確認する、紙は危ない。 」と言うヨンジュンですが、海外ドラマちゃんから言わせてもらうと危ないのはあなたw大好き行為が止まりません。 ヨンジュンとミソが見つめ合うシーンがいちいちスローモーションになるのは韓国ラブコメディならではでしょうか?! 非凡な男の、平凡な告白作戦、始まる。 このイイ感じの、このままの空気を壊さないでお願い…と願ってやまないのですが、あの男がミソの前に姿を現して自体は急変を迎えます。 モルぺウス登場。 彼の狙いとは? ミソとモルぺウスことソンヨンは実はこれまでに2回会っているんですよね。 1回目は第7話。 帰国したソンヨンがヨンジュン邸に向かう直前に、ヨンジュン邸から帰宅途中だったミソにぶつかってしまったのが最初の出会い。 ソンヨンはぶつかった衝撃でスマートフォンを落としてしまうのだけれど、それよりもミソのスニーカーの靴ひもが解けていることに気づき、サッとかがんで直してあげる、という、ジェントルマンのような手慣れているような人によって判断が…もとい、好みが分かれそうな行為をしております。 2回目は第8話。 ヨンジュンを訪ねて会社にやってきたソンヨンと、ヨンジュンがミソをソンヨンに会わせまいとランチを買いに行かせたとき、玄関で会っているんです。 このときソンヨンは、「また会えたね」と往年の辻仁成を彷彿とさせる言い回しで ごめんなさい、ちょっと盛ってます。 ミソから強引に連絡先を聞き出しています。 2回目にあったときの行動からすっかりソンヨンの印象が悪くなったミソはソンヨンからロビーに呼び出されるとあからさまに迷惑そうにしますが彼が実はモルぺウスだったと知り、無礼な態度を詫びます。 打ち合わせのため食事に出かけた2人。 そこでミソはソンヨンのさりげない気遣いに感心します。 アートセンターの作家の集い企画の返事がすぐに欲しいミソでしたが、ソンヨンから少し考えさせてと言われ、返事を待つことにします。 \登録すると第9話も無料で観られます/.

次の

『バレット・オブ・ラブ』☆☆☆ 意識高い系スカスカ映画 ネタバレ映画レビューブログ

ラブエスカレーター ネタバレ

通称「ラブエス」。 なお、本項では作『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)についても記述する。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 本作は、背徳感を煽る要素を加味されたシナリオ、による、による本編のセックスシーンにおける豊富な数のパターンを描写するアニメーションがプレイヤーから高い評価を受けたことの他に、延期に延期を重ねた果ての時代末期、同シリーズの専用に発売されたことでも有名である。 発売当時、市場はすでにへの移行を終えており、次期バージョンのの発売すら間近であった。 PC-9800シリーズ向けのゲーム市場に至っては、アダルト一般向けともにほぼ皆無であったため、本作の後にも他社から数作発売されたにもかかわらず、ファンから「PC98最後のエロゲー」と侮蔑の意味を込めた称号が付けられたこともある。 しかし本作は、そのような状況下でも高セールスを記録し、高い評価を受けた。 OS市場にあまり影響されなかったこの結果が、後年のジェリーフィッシュ作品『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(以後、『LOVERS』と表記)へ繋がることとなる。 スタッフ(ラブエス) [ ]• プロデューサー:bucci• 監督:• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:• 原画:• 音楽:Xacs石川、Tee D• プログラム: 不明 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年12月)() ある日、主人公の 黒崎崇はの 脇谷徹から、ある少女との仲を取り持ってくれるよう頼まれる。 その少女の名は、 河合理恵。 崇の中学時代のであり、かつて想いを寄せていた存在でもあった。 懸命に頭を下げる脇谷に対して頷くしかなかった崇は、親友のために自らの想いを押し殺し、彼の想いを伝えようと理恵に近付く。 ところが、話してみれば理恵も崇のことを中学時代から想っていた。 つまり、2人は両想いの事実を今日まで知らず、過ごしてきたのである。 互いの想いを知った2人は我慢できず、脇谷に内緒で交際を始めてしまう。 再び燃え上がった想いが2人の身体をも交わらせるのに、そう時間は掛からなかった。 脇谷に真実を告げられない背徳感の中、交際を続ける2人。 特に崇は親友との板挟みに苦しみながら、理恵の身体を求め続ける。 そんな彼に理恵もいつしか性の悦びに目覚め、自ら進んで身体を開くように。 場合によっては、 山本のり子や 大沢ひな子も崇とを結びつつ、事態はより混迷の方向へ向かう。 崇と理恵の恋心、崇と脇谷の友情が織り成すの行き着く先は…。 登場人物 [ ] 名は全て『LOVERS』のもの。 また、本作での学校表記は「高校」だが、『LOVERS』ではの規定に従って「学園」とされている。 黒崎 崇(くろさき たかし) 本作の主人公。 姓名は変更可能。 中学時代はに勤しむ一方で理恵のことを想っていたが、告白できない内に卒業を迎える。 高校に入ってからは悪友の脇谷達との日々を過ごしていたが、彼に理恵との仲を取り持つよう頼まれたことがきっかけで、彼女への想いが再燃。 脇谷への背徳感を抱えたまま、理恵との交際を始める。 河合 理恵(かわい りえ) 声: 誕生日:() 本作のヒロインで、崇とは中学校が一緒。 高校での所属はテニス部。 脇谷に惚れられるが、実は崇のことをずっと想っていた。 表向きは脇谷に優しく接しながらも、裏では崇と身も心も求め合う関係になる。 母の美奈代はであり、後年のジェリーフィッシュ作品『』にしている。 山本 のり子(やまもと のりこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 志望で、良質なプロポーションとそれに見合った色気を持つ短大生。 崇とのセックスもお手の物。 大沢 ひな子(おおさわ ひなこ) 声: 誕生日:() サブヒロインの1人。 幼顔かつ幼児体型の系だが、精神年齢は高めな小悪魔で、会話の際もセックスの際も常に崇を蔑む。 田代 美紀(たしろ みき) 声: 尻軽な容姿をした茶髪娘だが、根は純情。 あることがきっかけで脇谷に惹かれていく。 佐倉 真由美(さくら まゆみ) 声: 誕生日:() 理恵の友人で、いわゆる優等生。 崇や脇谷のような劣等生を蔑視しているため、崇が理恵と付き合うことも認めていない。 のり子を上回る。 実はであり、理恵に密かに恋愛感情を抱いている。 脇谷 徹(わきや とおる) 崇の悪友。 根は良い人物だが、時として結構な無茶振りも押し付けてくる。 理恵に惚れており、自分との仲を取り持ってくれるよう、崇に頼む。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) 『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜』(ラヴァーズ 〜こいにおちたら…〜)は、にジェリーフィッシュより発売された18禁恋愛アニメーションアドベンチャーゲーム。 かつてジェリーフィッシュが旧名の海月製作所で発売し高い評価を得た、『ラブ・エスカレーター』(以降、『ラブエス』と表記)のリメイク作である。 以上のことから注目された本作であったが、重ねた延期の果てに発売されてみれば、最大の注目を集めた崇と理恵のセックスシーンは、当初の触れ込みとは違ってフルに描き直されてはおらず、初体験シーンのみが完全新作。 他は、大半がを『ラブエス』から流用してCG化のみをやり直しただけに留まっている。 とはいえ、初体験シーンのアニメーションが当時としては高いクオリティだったのは事実であり、『ラブエス』には実装されていなかったによる音声も加わって、現在、同社作品の『』(以降、『GREEN』と表記)などと共に、高評価を受けている。 本作はオリジナルの『ラブエス』や『GREEN』同様に何度も発売日延期を繰り返し当初の秋予定から約2年も延びたために、一時期はなどの検索サイトにおいて「延期」でキーワード検索を行うと、本作の発売日延期の発表ページが1件目に表示されてしまうほどの話題になった。 また、『GREEN』の時に頻発したプレイヤー間でのセーブデータ転用が、本作ではできないようになっている。 には、メディアをに変更してへの対応や豪華特典の収録などを施した『 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 PREMIUM PACK』が発売された。 には、を皮切りに上の各ショップでのが開始された。 には、 PSP 向けに一部仕様を変更した版『 LOVERS UMDPG Edition』が発売された。 スタッフ LOVERS [ ]• プロデューサー:bucci• 監督:• シナリオ:MAB、高志奈未希• キャラクターデザイン:• 作画監督:、• 作画監督協力:• 原画:十重五重• 原画協力: 他• 音楽:ham、TeeD• プログラム:Production Starhole• 販売:シューティングスター 関連商品 [ ] 音楽CD [ ] キャラクターミニアルバム 全てレーベルは。 LOVERS featuring 河合理恵 2000年10月19日発売 OMCP-14• LOVERS featuring 佐倉真由美 2000年10月19日発売 OMCP-15• LOVERS featuring 大沢ひな子 2000年11月21日発売 OMCP-17• LOVERS featuring 山本のり子 2000年11月21日発売 OMCP-18• LOVERS featuring 田代美紀 2000年12月21日発売 OMCP-21 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 ドラマCD 2002年11月30日発売 OMCP-20 2002年10月にのa-FANFAN3にて放送されたラジオドラマのCD化 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 サウンドトラック 2002年7月20日発売 OMCP-10 LOVERS・その後 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 オリジナルサウンドトラック2 2004年1月28日発売 OMCP-29 書籍 [ ] ラブ・エスカレーター 2000年7月発売、刊 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 2003年11月発売、刊 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 REVERSE 2004年11月25日発売、高橋ショウ 著、刊 LOVERS 〜恋に落ちたら…〜 アンソロジーコミック 2004年2月25日発売 刊 外部リンク [ ] 全て18歳未満閲覧禁止。 この項目は、に関連した です。

次の