ソードシールド はらだいこ。 【ポケモン ソード&シールド】はらだいコオリッポの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ポケモン ソードシールド】 マスターボール級18位到達 リザードン 構築【れしむの冒険の記録】

ソードシールド はらだいこ

もくじ• 天気が『あられ』になると、再び『アイスフェイス』にフォルムチェンジする。 ミミッキュの「ばけのかわ」がダメージを負うようになったので、物理に対してはコオリッポの「ナイスフェイス」の方が上と言えます。 しかも、 「あられ」状態であれば何度でも復活するため、物理技しか持たない相手を完封することも容易です。 ダイマックスで簡単に「あられ」状態に出来ますしね。 まぁ、この特性があるのに防御値が高いのは無駄でしかないですし、その辺りはどうにかならんのかと思いましたが 笑 とにかく「アイスフェイス」を活かせる型を作ると考えたら、自分の中で選択肢は1つでした。 そう、 物理アタッカー相手に「はらだいこ」を確実に積めばいいじゃないと! コオリッポの育成論 特性 【アイスフェイス】 『アイスフェイス』のフォルム時、物理技を受けると、ダメージを受けずに『ナイスフェイス』にフォルムチェンジする。 天気が『あられ』になると、再び『アイスフェイス』にフォルムチェンジする。 こちらは 特性「アイスフェイス」で確実に物理技を無効にし、「はらだいこ」で攻撃力上昇を狙う型です。 「はらだいこ」は『最大HPを半分にする代わりに、自身の攻撃ランクを最大にする』という効果を持ちます。 持ち物「オボンのみ」は、HPを偶数4n調整にしているため、「はらだいこ」後に発動するようになっています。 個体値最大の場合は、余った努力値をHPに振らないようにしてください。 物理技を無効にした後は「ナイスフェイス」となり、素早さ種族値130となるため、ほとんどの相手の上を取れます。 はらだいこ、つららおとし……ヒヒダルマ ガラルのすがた• そして、「つららおとしorつららばり」の選択肢ですが、 はらだいこ前提であれば「つららばり」が良いでしょう。 特性はダイマックス氷技でいくらでも復活できますが、素早さが落ちるという点は注意が必要です。 とにかく相手が物理であればチャンスで、相手が特殊であればピンチになることは覚えておきましょう。

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策

ソードシールド はらだいこ

キョダイマックスリザードンは普通に使用するなら晴れに出来るダイバーンが使える通常個体の方が強いですが、この型だとキョダイゴクエンを打ったあとならタスキポケモンと対面しても上から空を飛ぶで勝てるので強かったです。 サポート役に関してはトリトドンも相性がいいと思います。 その場合、身代わり持ちや挑発持ちに何も出来なくなる恐れがあるのでサーナイトなんかの他の起点作りと組み合わせるのがいいかもしれません。 持ち物をオボン以外にする場合でも、厚底ブーツで運用するならステロは関係無いのでやはり偶数で大丈夫だと思います。 所感を書かせていただきます。 まず、本論は仮想敵や技構成をはらだいこ前提として話を進めておりますが、積めなかった場合の戦い方を考慮していません。 ある程度順位が上がると展開構築にリザードンがいる時点ではらだいこもケアしてくる為、積まずにDMを切ったりすることもあります。 この場合、本論の技構成だと詰みとなる仮想敵が多く存在する為(ロトム、バンギ、竜タイプ大半)、そのリスクもケアしようとすると選出時点で除外することが多くなりました。 展開できなければ負けるので考慮しない、というのは育成論とした如何なものかと私は思いますので、以下技を採用候補として挙げさせていただきます。 ・ドラゴンクロー、鋼の翼 (耐久を補うダイドラグーン・ダイスチル) ・シャドークロー、瓦割り (火力を底上げするダイホロウ・ダイナックル) ・雷パンチ (欠伸で流しに来る受けポケ対策のダイサンダー) (ダイジェットを先に撃たれた場合の打開策) 私個人として最も使いやすかったのがドラゴンクローでした。 次点で雷パンチ、シャドークローです。 キョダイラプラスが増えた場合は、瓦割りも有効かもしれません。 以上となります。 参考になれば幸いです。 ちなみに、ダイサンダーの眠る妨害を書き加えたのはこの前ラプラスでダイサンダー撃った後に眠るで回復しようとしたら眠れなくて負けた時に着想を得たものです、、それじゃあリザードン欠伸で流しに来る奴に刺したらどうかと。 それはそれでカバに効かないし微妙な意見ではあったのですが。 傷口に塩が沁みます。 失礼しました。 EFやMFの眠り無効はカビの多い今の環境にはマッチしてるのですがリザには恩恵がないという点が残念です。 リザは積むかダイマックスを切らないと全ての数値がたりてないのでダイマックス技の考察が欲しいという点は同意です。 両壁を貼れて、マジックミラーで相手の変化技防げる上に、S110ととても速いです。 どこの育成論にもないんです😭.

次の

【ポケモン ソードシールド】 マスターボール級18位到達 リザードン 構築【れしむの冒険の記録】

ソードシールド はらだいこ

単純ですが僕が当たった方はカビゴンではらだいこをした後、この指とまれをしたイエッサンが退場し、交代で出てきたアブリボンがスピードスワップをして高耐久、高火力のカビゴンが誕生するというものでした。 ちなみにはらだいこを使っていたポケモンはリザードンやヒヒダルマがいました。 そこに低火力で手持ちの数だけ攻撃できる(ダブルバトルでは4回)ふくろだたきを使えば 一気に攻撃をあげることができます。 僕が見たのは、ウィンディが多くたまにルカリオがいました。 威嚇じゃないウィンディがいればせいぎのこころかもしれません。 また、ふくろだたき要員はエルフーンとダーテングでした。 エルフーンは補助わざが豊富でダーテングは炎の弱点である水、じめん、いわに対して強く出られますね。 3、まもるについて これは個人的に驚いたことです。 いままでシングルだけしかしてなかったので時間稼ぐ必要がなければまもるは不要と思っていました。 しかし、ダブルでは体力が少なかったり、相手にとって重いポケモンが集中的に狙われることがあるので、 まもるがあれば狙われているポケモンへの攻撃を防ぎつつもう片方が攻撃することができるのです。 いがいとこれが起こる機会が多かったので技スペースに迷った場合はとにかくまもるを採用するのもいいかもしれません。 4、まとめ ダブルバトルも面白く、BPも稼げるのでこの機会にやってみてはどうでしょうか。

次の