家具 カスタマイズ。 カスタム オーダー・マイン

あなただけの家具をデザインする

家具 カスタマイズ

「家具パーツの出力(切り出し)はShopBot(ショップボット)という3D木材加工機で行います。 ShopBotはデザインデータ通りに木材を素早く切り出すことができますが、デザインデータの作成には、ある程度の知識や技術が必要です。 そこで、デザインデータや機械加工コードを簡単に作れるようなシステムを開発して、誰もが自由な発想で家具を作れる世の中になったら面白いんじゃないかと考え、EMARFを立ち上げました」 こう語るのは、VUILD株式会社代表の秋吉浩気氏。 同社はデジタルファブリケーションを活用した設計施工を行う建築テック系スタートアップだ。 デジタルファブリケーションについて研究していた大学院在学中にShopBotの開発者と知り合い、同機の代理販売を行うようになった。 2017年に法人化し、これまで全国44カ所(2019年9月現在)へ機械を導入してきた。 そして、2019年春にEMARFをローンチ。 家具を作りたいユーザーとShopBotを保有している各地の工房とをオンラインでつなぎ、ユーザーが編集した家具パーツの機械加工データを即時生成するシステムを独自に開発することで、「家具づくりをすべての人に解放すること」に成功した。 幅、奥行、高さだけでなく、角の丸みといった細かい部分もカーソル操作だけで調整でき、3Dデータでその都度仕上がりイメージを確認しながら発注できます。 見積もり金額も機械加工用コードもリアルタイムに生成され、工房ではその加工コードをShopBotにダウンロードすればすぐに家具パーツが出力できる。 デザインから見積もり、木材加工までが1つのインターフェイスで完結するので、今までのオーダーメイド家具と比べて、時間もコストも大幅に削減できるのが強みです」 「将来的にはAIを導入して、手描きのスケッチから3Dデータが自動生成されるようなシステムを開発したいと考えています。 そして家具だけでなく、オンライン上で自分好みの家を設計し、自分の手で組み立てられるような世の中になったら面白い。 実際にバス停や駅のベンチといった公共物を、ワークショップを通して子どもたちと組み立てたことはありますし、2019年には富山県南砺市に、実際にShopBotを使った初の建築物『まれびとの家』が竣工したので、可能性は十分あると思います。 初心者向けのワークショップも行っているので、まずは考えたことをカタチにする楽しさを体験してもらいたいですね」 理想の家具を、デジタルツールを使って自分の手で作り出せる時代がやってきた。 「テクノロジーの進化とは人の能力を退化させることではなく、拡張させること」という秋吉さん。 その言葉通り、EMARFによって誰もが自由に創作できる日も近いかもしれない。 EMARF.

次の

株式会社ナイキ

家具 カスタマイズ

玄関を入って右側には、趣味などで何かを製作する時に使うアトリエ的な空間があるが、その間仕切りに使われているものも古道具屋さんで見つけてきたという。 「あれはガソリンスタンドの建具だったかな。 本当は数枚の引戸でアトリエを仕切れるようにしたかったんですけど、金額的に合わなくてあきらめたんです」と奥さん。 空間の雰囲気を「ちょっとお店のような感じ」にしたかったのだという。 「よく行く古道具屋さんにああいうものが何枚か置いてあって、それを使えばイメージしていたような雰囲気になるかなと思って」購入した。 そして、設置できるように横に立てる柱などを建築家に設計してもらったという。 将来はここで陶芸もしてみたいという、玄関入って右側のアトリエ空間。 古道具や雑貨類にヴィヴィッドな色合いのものがそれとなく混じる。 オリジナル家具でカスタマイズ 家具などが空間に馴染み込んだ印象を受けるのは、そうした古い家具などが多く活用されているということだけではなさそうだ。 家具の中には自分たちで製作したものもあるのだという。 置く空間のサイズにピッタリと合わせて製作するから、余計な隙間や出っ張りが出来ず、元からそこにあったかのようにしっくりと空間に馴染んだものができる。 さらに「もっているものに合わせてそれにふさわしい寸法で作れるというのもいいですね」と庫本さん。 空間をさらにカスタマイズする庫本夫妻オリジナルの家具たち。 その中には少々不思議なものも。 ガソリンスタンドで使われていたという間仕切りの隣に置かれたそれは、古い収納に脚がついたものだが、この脚が、元から付いていたものにはどうしても見えないのだ。 「あれは、いらなくなった椅子を会社からもらってきて切って、その脚の上に収納を載せている」のだという。 庫本邸に置かれたオリジナルのもののなかで一番の珍品ものだ。

次の

CUSTOMIZE / カスタマイズ | 「domani/ドマーニ」カリモク家具の最高峰インテリアブランド

家具 カスタマイズ

お客様らしさをもっとユニークに際立たせる、数えきれないほどのエレメントがあります。 ボーコンセプトは、お客様がお客様らしさを表現するのを、当社の幅広くカスタム可能なコレクションを通してお手伝いする事が大好きです。 ソファーに限らず、殆ど全てのデザインにおいて、サイズ、構成、色、素材を変更できます。 これは全て、お客様がご自身のテイストや予算、生き方に本当に合った、パーソナルな家を作るお手伝いをするためなのです。 ソファの足やアームレストから、ダイニングテーブルのサイズ、新しいウォールシステムの構成まで 特注のストレージユニット、カスタムソファ、パーソナルな家具ソリューションを実現させるのは、デンマークのデザインコンセプトです。 カスタムメイドの家具 当社のコレクションをご覧いただくと、イメージ通りの理想のデザインに出会い、一目ぼれすることがあるかもしれません。 または、デザインはとても気に入ったのに、求めているものと少し違うこともあるでしょう。 このようなとき、カタログには記載されていない未知の可能性が大きく広がっていることを忘れないでください。 私たちのカスタマイズ家具は、お客様のニーズと好みにぴったり合わせることができますー美しい色のバリエーションで。 すべての製品は細心の注意を払って、品質や機能性、ディテールを慎重に考慮し、生産されています。 これらの簡単なステップに従って、ソファのカスタマイズ、椅子のパーソナライズ、テーブルのオーダーメイド、またはダイニングセットを丸ごと作り上げる等、独自のインテリアソリューションを作り始めましょう。 ステップ 1:スタイルセレクション まずは、好きな形とテイストを見つけることです。 ソファをお探しでしたら、ソファ概要にソファデザインのチョイスが記載されています。 カーブがあるものか、直線的なものか、シャープなラインのものか、柔らかな形のものか…全てのコンテンポラリー・テイストに合うソファ・システムがここにあります。 こちらが概要です。 お気に入りのデザインを選んでください(Osakaコレクションなんか、いかがですか)。 それから、次のステップに進みましょう。 ダイニングチェアをお探しの場合も、プロセスは同じです。 概要ページに移動し、お気に入りのコレクションを選択し、お客様自身のコレクションを作り始めるのです。 ぴったりフィットするデザイン カスタマイズオプションは広大でも、ボーコンセプトの一貫したコンセプトにより、家全体が統一感のある仕上がりになります。 ボーコンセプトは、製品開発・デザインにおいて全体的なアプローチをとっており、デザインと色と素材がマッチし、調和のとれたルックを実現しています。 ですから、カテゴリーやデザインを横断して全く同じ素材を選ぶことができ、統一感のあるインテリアをお約束できるのです。 パーソナルな家具 カスタマイズ家具作りは、ボーコンセプトのハートとコンセプトにとても合っています。 私たちはインテリアデザインを愛していて、情熱と忍耐強さをもって、お客様個人のライフスタイルにフィットする家具をデザインしています。 私たちのコンセプトの中心にあるのはお客様、お客様の世界、そして一人一人が希望するエキサイティングなテイストなのです。 だからこそ、お客様にとって自由なデザイン作品を作り出しています。 ソファをカスタマイズしたり、独自のメディアユニットを設計したり、当社のインテリアデザイナーに、家具を家に合うよう調整させたりしてオーダーメイドのパーソナルソリューションを作り、このアイコン的なデンマークデザインをお客様自身のものにしてください。 ライフスタイルに合わせて変化する機能的な家具 100種類以上に及ぶラグジュリーファブリックとレザーから自由自在に表現でき、多彩なカラーバリエーションや仕上げオプションからお選びいただけます。 トレンドのベルベットやコーデュロイなど触感がユニークな生地から、特別なピュアアニリンレザーからイタリア製ラムウールまでを取りそろえています。 さぁ、デザインし、最適化し、組み合わせて、パーソナルな家を作りはじめましょう。 お客様のオーダーメイド家具ソリューションを始める準備は整っています!.

次の