コペン 雨漏り。 新型コペンローブSの欠点、不便なところを辛口で評価レビュー!

コペンのトランクが雨漏りで水浸しになった原因を特定しコーキング補修

コペン 雨漏り

アニメ「さよなら絶望先生」より。 元ネタはオロカメン。 丸目が復活した[セロ]は統一感がない 丸目を復活させろとの強い要望を受けて、先代に準じたデザインのコペン[セロ]というのも登場しました。 こちらなら随分マシですね。 「マシ」と言ったのは、二代目コペンの車体がコペンローブに合わせてデザインされているので、顔は丸っこくてかわいい系なのに、サイドのプレスラインやリアに向けてのラインはローブやS660みたいなカッコいい系のデザインになっていて ちぐはぐ です。 初代コペンは「丸目でかわいらしく」のデザインが車体全体に渡っているので統一感があるととは対照的です。 初代はフロントグリルからボンネットにかけてのラインが繋がっていますが、ローブベースのセロでは当然無理。 初代はリアのラインもなだらかに下がっていて美しいですよね。 初代コペンが100点なら、コペン ローブは20点、(マイナーすぎるコペン エクスプレイは30点)、コペン セロは60点といったところでしょうか。 エクステリアに現行を選ぶ理由は全くありません。 インテリアは安っぽくなってしまった ホンダ・S660のインテリア S660は乗った瞬間にワクワクさせてくれました。 初代コペンも趣味車たるオープンカーとして十分満足させるクオリティを満たしていました。 ですが2代目コペン ローブ に乗って感じたのは「安価な大衆車に乗ってるなぁ」という情けない感覚だけです。 着座位置が低いこと以外はフツーの軽自動車に乗ったときとなんら変わりません。 おしゃれスポーティとして十分な質感でデザインされた初代コペン、スポーツカーインテリアを本気で作ったS660、コストとセンスをそぎ落とした2代目コペン、といった感じですね。 走り エクステリアが大嫌いでも試乗しに行ったのは走りを試したかったからです。 かわいい系おしゃれオープンカーとして、走りがそれなりでも許された初代コペン(実際は結構ちゃんとしてた)に対して、まがいなりにもカッコイイ系のエクステリアにしたからにはよりスポーティな味付けがされているだろうと期待したからです。 走る以前の話 薄っぺらくてそれはそれは頼りないドアを閉めてエンジンをかけると、滑らかさとはかけ離れたドコドコという音と振動に悩まされます。 車体全体がブルブル震えます。 振動は決して小刻みではありません。 そう、プレイステーションのコントローラー「デュアルショック」の大きい方の重りが回ったときの振動と同じだ! シートからもハンドルからも振動が伝わってきます。 オープンにしていたからかAピラーも結構揺れていました。 不安でいっぱいです。 原因として考えられるのは2点。 1つ目はエンジン。 初代コペンは直列4気筒エンジンでしたが、軽自動車界では初代コペンを最後に直4エンジンは姿を消しました。 2代目コペンはより振動の大きい直列3気筒エンジン。 2つ目はダイハツが「D-Frame」と名付けた骨格。 たしかに軽としては足回りの剛性が高いように感じましたが、上の方(特にAピラー)弱すぎじゃない? クローズドカーならまだしも、オープンのクルマなんだから上の剛性も気を遣おうよ。 この振動、走り出しても止むことはありませんでした。 加速感は「軽はこんなもんか」レベル 乗車したのは残念ながらCVTでした。 周辺を調べてみても試乗車はCVTばかり。 コペンはもはやスポーツカーとしては扱われていないのでしょうかね。 走り出しの加速感は上々。 これはなかなかイイのでは? とぐわっと踏み込んで回転数を上げてみると、これが全然伸びない。 「やっぱ軽はこんなもんか」と悲しい気持ちになります。 初代コペンもそんなに凄くはありませんでしたが、「軽にしては結構走るんだなぁ!」と思う程度には加速してくれました。 初代・2代目とも最高出力は軽自動車自主規制いっぱいの64馬力ではあるものの、最大トルクは10. 2kgmから9. 4kgmに減り(どちらも3,200rpm)、車重は800kg~が850kg~に増加しました。 衝突安全とかの時代の流れで仕方ないかな、と思うところでもあるのですが、より新しいことを考えると、ダイハツもっと頑張れよと思ってしまいます。 CVTではSモードというモードや、マニュアルモードもありますが、これらは大した効果を上げてはくれませんでした。 普通にトルコンATを積んでくれよと思いますね。 燃費がシビアな車種じゃありませんし。 ちなみに試乗中にCVTのモード変更の操作方法を尋ねましたが、同乗したディーラーマンは的外れの答えしかくれませんでした。 発売から1年以上になるのにあまりそういう教育はしていないんでしょうかね。 足回りは意外としっかりしていた 足回りは意外にもちゃんとしていました。 曲がるときなど 軽にしてはちゃんと踏ん張ってくれました。 試乗でしたし、ドアなどの装甲があまりに貧弱で不安だったので、気分良く走ることができなかったという面があったのは確かですが。 それでも軽オープンとしては十分な足回りでしたよ。 でも決してホンダ・S660と比較してはいけません。。 屋根,収納 屋根の構造や収納方式は基本的に先代と同じです。 クローズドならトランクがフルに使えて、オープンにするとトランクの大半が屋根に奪われます。 オープンでも入るのはハンドバッグ程度でしょう。 しかも屋根を閉めるまで荷物は取り出せません。 オープン時はトランクは無いと思った方がいいですね。 これは軽オープンである以上仕方ないことですね。 トランク自体存在しないS660よりは随分マシだと思います。 でも本気のスポーツカーとして買うS660に対して、コペンはあくまでスポーティオープン。 本気で走れないのに安楽なドライブにも不便。 4 kgm 10. 6 kgm 15. 中途半端に軽スポーツを買うくらいなら、150万円くらいの中古のロードスターを買った方が満足度は高いと思います。 150万円も出せば程度の良い先代ロードスターが変えると思います。 「ホンダが好きでたまらない」とか「軽じゃないと自宅の駐車場に入れない」とかいう特殊な事情が無い限り、ロードスターに勝てる可能性はあまりありません。 電動ハードトップが欲しくても、先代ロードスターに電動ハードトップ(しかもトランクを犠牲にしない収納)がありますし、新型ロードスターでも近いうちに電動ハードトップ版の発表が見込まれています(ほぼ確実)。 やも合わせてご覧ください。 仮にどうしても軽がいいなら、S660と(中古の)初代コペンを天秤にかけることになるでしょう。 あえて2代目コペンを選ぶメリットがまったく見いだせません。 結論:S660に特別な魅力を感じなければ、マツダ・ロードスター(中古含む)を買うべき。 軽じゃなきゃ嫌ならS660か初代コペン。 おまけ:ディーラー内はチラシだらけ 今回ずいぶん久々にダイハツのディーラーに行きました。 直前にシトロエンとルノーというフランス車ディーラーに行ったこともありますが、あまりの違いに驚きました。 ダイハツのディーラーに所狭しと並ぶチラシ ディーラーの壁やら柱やらにびっしり店のチラシが貼ってあるんですよ。 家電量販店みたいに。 私はスーパーの安売りにでも来てしまったのかと思いましたよ。 ダイハツ車を購入する場合、奥様の意見が重要になってくるから、世のおばさま方に受ける店内構成にしているのでしょうが、私にはココが100万円クラスのモノを販売するお店には見えませんでしたね。 オシャレさとか信頼とかブランドとかそういうのは置いておいて、「結局安けりゃいいんでしょ?」といった売り方なんでしょうか。 軽自動車を買う層は総じて「安さ重視」なんでしょうが、これはやり過ぎに思えました。 コペンが仮に良いクルマだとしても、こんなディーラーには似合わないだろうなぁと思いました。 少なくとも私はこのディーラーに再度行こうとは思いませんでしたね。

次の

Aピラー雨漏り発生

コペン 雨漏り

大雨の翌日、ついにコペンの雨漏りが広がり運転席にまで及びました。 すると、コペンにはよくあり対策しています。 と見せてくれました。 参考に許可を頂きトランクの箇所のみ撮影させて頂きました。 よくホームセンターで売っている、隙間テープ ソフトタイプが綺麗に施されていました。 コペンは構造上隙間だらけで大雨や高圧洗浄機などで雨が侵入してきてしまうみたいです。 こちらは10ミリの隙間テープを使用していてトランクは色はなんでも良いが、運転席や助手席は目につくので出来たら色はパッキンと同色のブラックが好ましいとのことでした。 写真はこちらもトランクです。 早速私も、教えて頂いた通りホームセンターで隙間テープを購入しました。 こちらは運転席と助手席用。 二袋購入です。 色はグレーの一色しかありませんでした。 こちらはトランク用 お得なロングタイプ 色はやはり選べず、白っぽいグレーです。 夕方になると雨雲が広がり気温も下がりました。 雨が降らぬうちに作業開始。 オープンにした時に干渉しないようにつなぎ目に気をつけて貼り付けました。 そしてトランクにも施しました。 私のコペンのトランク隙間テープ貼り付け後。 これはまた貼り直しが必要になりそうです💦 コペンの雨漏り対策隙間テープ編でした。 これからも様子見ながら試みようと思います。 ルーフカバーなど他の車種などから流用出来れば良いのになと思います。 銀コペンさん今日は、ありがとうございました😊 スタンドに給油行くたびにエアロが付きカスタムされてカッコいいコペンに進化されていて見るのが楽しみです。

次の

コペンの雨漏り原因が判明

コペン 雨漏り

の事後報告&検証結果を報告していなかったので今ここに開示します。 なぜ今更かと言えばそれは 忘れていたから時が満ちたからです。 あの悲劇の翌日、予報は外れ快晴となった。 天が味方したか、それとも次なる悲劇のシナリオか。 どちらにせよこのチャンスを逃すわけにはいかない。 検証する為にちびっ子隊員の兵器をちょいと拝借する。 恐る恐る一通りぶっかけてみるが雨漏りの症状はでず。 次にウェザーストリップの検証に移る。 フツーのクルマは窓枠に沿ってぐるりと付いているが、コペンはオープンカーなのでこんな複雑な形をしている。 コペンのAピラーのウェザーストリップには水を逃がすラインが三本ある。 ストローを使って一本ずつ水を流し込んでみるが、詰まってる様子は無い。 ちゃんとエンド部から出てきてドアのストリップを伝って排水される。 むぅ…。 やはり外れかけていただけなのか。 ちなみにストリップ自体は金属のレールに嵌まっているだけなので引っ張れば簡単に外れる。 昨日は日没と再び降り始めた雨に追われ、じっくりと観察せずに手当たり次第を捏ねくり回したので、実際に外れていたのかどうかは定かではない。 症状に再現性が無いのだからこれ以上はどう仕様も無い。 取り敢えず暫くはまた様子見。 下端に止水テープを貼っておけば車内には流れて来まい。 次に濡れに濡れた車内の処理。 昨日は時間が無かったので十分な乾燥がまったくできなかった。 替わりに湿気とり象さんに託したのだが、 カラッカラじゃねえか。 1号機も2号機も一滴も水を吸っていない。 でも別に良い。 それで良い。 なぜなら、 初めから貴様らに期待などしていないからなっ!!!! …残念だか、貴様らはクローゼットに左遷だ。 フロアもカーペットも相変わらずしっとり。 水気を今いち度セームでしっかりと拭き取り、日向にクルマを移動して屋根を明けて天日干し。 雨漏りもするけれど天日干しも出来るのがオープンカーなのだ。 「まあ、これでとんとんってことか」となぜか不意に納得してしまった。 果たしてオープンエアモータリングの代償は、デカイか小さいか。 笑 ちょっとだけイラっとしたわ。 さすがグーグル先生。 シゴトが早い。 でも雨漏り違いです。 もし今回の件も解決して戴けるのならばすぐにでも連絡を取らせていただきます。

次の