ズーム 使い方。 Zoomの「ブレイクアウトルームの使い方」について教えてください

Zoomの通話招待方法は?URLやメッセージの送り方も紹介

ズーム 使い方

zoomの使い方をマスターするための【基本機能・操作方法】を解説していきます! zoomはアカウント(会員)登録をすれば、 誰でもホストになって「ビデオ通話」が始められる便利なツールです。 パソコンやスマホでも簡単に操作ができて、無料アカウントでもたくさんの機能を使うことができるのがzoomの強み。 せっかく便利な機能がたくさんあるのに、チャットを楽しむだけで終わってしまうなんて…勿体無いですね! zoomの基本的な使い方をマスターするだけでも、 個別相談(コンサル)での顧客サポートや、会社の会議やミーティングなどでも簡単に利用することができ、ビジネスの幅が大きく広がります。 Zoomをビジネスで使う上で 「パソコン」の操作方法をマスターしておくことはとても大切です。 「パソコン」は「スマホ」での操作に比べて…• 画面が大きくて見やすい• トラブルがあったときの対応がスムーズ• zoomのメニュー画面も分かりやすい• スマホよりも使えるZoom機能が多い など、大きく操作性に優れていて「ホスト(主催者)に最適」なんです! 基本機能や基本の操作方法は 「有料 or 無料」どちらのアカウントでも同じでので、 ぜひ今からお伝えするパソコンでのzoomの使い方をマスターし、zoomを存分に活用してくださいね! ちなみに、Zoomは「Mac・Windows」パソコンでメニュー画面が少し異なります。 今回はWindows画面を使って操作方法をご紹介していきます。 Macパソコンを使用した「Zoomの使い方」については、にまとめていますので、ご参考ください。 Zoomの公式サイトにサインインしてから起動• 今回は幅広いシーンに対応できるようにするためにも、それぞれの起動方法を学んでいきましょう! Zoomを使用するためには、Zoomアカウントを取得することが必須の条件になります。 公式サイトから立ち上げるには、以下の7ステップでできます!• Zoomのにアクセスする。 画面右上にある「ミーティングを開催する」ボタンをクリック• プルダウンの3つボタンから、開催したいZoom部屋を選ぶ• 取得したアカウント情報を入力• Zoomアプリを開くかどうか?のポップが表示される• 「Zoomを開く」を選択(=「Zoom Luncherを開く」)• ビデオはオフ• ビデオはオン• 画面共有のみ の3つから選ぶことになります。 もし「顔出しのセミナーやコンサル」で利用したい場合には、「ビデオはオン」を選択してください。 例えば 今回ご紹介しているchromeのブラウザでは「Zoom Luncherを開く」とポップが出てきますが、 IEの場合は、ポップが現れることなくそのままZoomアプリが起動します。 デスクトップアプリからZoom立ち上げるには、以下の8ステップでできます!• デスクトップにある「Zoomアイコン」をクリック• Zoomアプリが立ち上がったら「サインイン」をクリック• 取得したアカウント情報を入力• 「ログインしたままにする」にチェック• 「サインイン」をクリック• Zoomアプリのメニューが立ち上がる• 「ビデオありorビデオなし」をクリック(お好みでどちらでもOK)• Zoom部屋が立ち上がる 【補足】Zoomアイコンがデスクトップに「無い」ときは? 通常Zoomアプリは Zoomのアカウントを作成したときに、自動でデスクトップ上に作成されています。 しかし、何らかの理由で 「デスクトップにアイコンが作成できなかった」人も中にはいます。 そんなときは、デスクトップ左下にある「スタートボタン」をクリックし、検索窓から「zoom」と検索してください。 そうすると「Start zoom」というアイコンが表示されますので、そのアイコンをクリックすればオッケーです。 wiondows8以降のデスクトップでも、同じ手順で「Zoomアイコン」を探すことができます。 Zoomを起動したら、まずは音声テストを! Zoomが起動したら、まずは音声テスト(オーディオテスト)をしましょう。 Zoomが立ち上がると、下のような画面が現れます。 Zoomの使い方にまだ慣れていないときや、このあとZoomセミナーやZoom講座がある場合… 通話する前に、 必ず以下の音声テスト(オーディオテスト)をしてください。 通話テストをするための7ステップ• まずZoomを起動する• 「コンビューターオーディオのテスト」をクリック• 「着信音が聞こえますか。 「…返答が聞こえますか。 「スピーカーとマイクは良好です」の表示が現れる• 「コンピューターでオーディオに参加」ボタンをクリック• ある程度慣れてくると 適切な切り返しや、臨機応変の対応も可能ですが、 使い方に慣れないときや、大事なイベント前などではどうしてもトラブルは避けたいところ! そこで、事前に音声チェックを行うことで安心して快適なZoomチャットを楽しむことができるのです。 Zoomを起動する前でも、 デスクトップのZoomアイコンを立ち上げ後に出てくる メニューを使って、 事前に音声テストやビデオテストをすることも可能です。 今回ご紹介するのは「Zoomの使い方」を学ぶ上で、「ホスト(主催者)」なら押さえておきたい基本の項目です。 それぞれの機能が持つ特徴と、使用する場面をしっかり理解しておきましょう! Zoom参加者を招待したい! Zoomを起動したら、まず参加者をZoomに招待しましょう。 参加者を招待するには、以下のステップでOKです!• 招待ボタンをクリック• 「URLのコピー」ボタンをクリック• 「招待URLがクリップボードにコピーされました」と表示される• そうすると下記のように、 「ZoomのURL+招待案内文」のついたメールが自動作成されます。 あなたの「オリジナル文章で相手をZoomに誘いたい」ときには、「URLのコピー」がオススメですが、 「情報は最低限あればいいから、効率的にZoomに招待したい」ときには、「招待のコピー」がオススメですよ! あなたの 状況に応じて、招待方法を変えるのがベストですね! 音声をミュートにしたい・ビデオで顔出し(したい/したくない) Zoomでもっとも使う機能が、 この「ミュートON/OFF」「ビデオON/OFF」になります。 操作はとても簡単です。 メニュー左下にある「ミュートorミュート解除」、「ビデオの停止orビデオの開始」ボタンを選択すればOK! 【補足】デフォルト「マイク・スピーカー」以外を使用したいとき Zoomは通常、 パソコンにデフォルト設定されている「マイク・スピーカー」が自動で選択されます。 もし「マイク・スピーカー」の選択が上手くいかない場合は、 ボタンの右側にある「山マーク」をクリックして、使用したい「マイク・カメラ」を選んでください。 参加者の状況を把握したい!参加者を管理したい! ホスト(主催者)としてZoomを使用していると、そちらに集中してしまい、なかなか他の参加者の状況を把握しにくくなります。 そんなときに活躍するのが、 「参加者の管理」という機能です。 現在参加している人の名前• 参加者のビデオON/OFFの状態• 参加者のマイクON/OFF などが確認できる他、 一覧画面の下にある「すべでミュート」や「すべでミュート解除」などを使って、参加者のミュート状態を一括操作できるのも魅力です。 参加者の名前の上にカーソルを持ってくると、 参加者に対して、個別で「ミュートON/OFF」の操作もすることができます。 たとえば、• チャット 個別にメッセージを送る• ビデオの開始を依頼 ビデオをONにして顔出しを依頼する(相手が顔出し状態の場合は、「ビデオの禁止」という表示になり、ビデオ接続をオフにできる)• ホストにする ホスト(主催者)の権限を渡す。 一度ホストの権限を渡してしまうと、自分はホストの機能を使えなくなります。 再度ホストになるには、現在のホストに権限を渡してもらう必要があります。 (セミナーなどのサポートをしてもらうときなどに、よく使用する機能で)• 共同ホストにする 共同ホストの権限を与えます。 共同ホストはホストとほぼ同じ機能が使えるので、運営サポートなどを任せたいときに与える機能です。 有料アカウントの人だけ使える機能になります。 レコーディングの許可 参加者に「会議のレコーディング」を許可します。 通常Zoomで会議をレコーディングできるのは、ホスト・共同ホストのみです。 この機能を使えば一般参加者でもレコーディングできるようになります(スマホは除く)• 名前の変更 参加者の名前を、ホスト(主催者)で変更します• 削除 参加者をZoom会議から削除します など、個別により詳細な設定をホスト側で行えるのです。 セミナーや講座の最中には 「参加者の管理」は必ず表示しておきたい、必須の機能になります! デスクトップ上の「資料」や、インターネット画面を共有したい! Zoomの便利な機能として、「画面共有」があります。 これは、 「画面を共有した人」のデスクトップ画面を そのまま画面共有したり、 デスクトップ上にある「アプリ・ブラウザ」などを画面共有するときにつかう機能です。 ITコンサルでは、デスクトップ画面を共有• 操作は、Zoom下にあるメニューの中から「チャット」を選択し Zoomウィンドウの右側… もしくは別ウィンドウで出てくる「チャット入力画面」を使用します。 上の図では、 「参加者全員」にメッセージを送る形式ですが 参加者に個別でメッセージを送ることも可能です。 送信先を「個別の名前」に設定すると、 このように、「(プライベート)」の表示が現れて、個別でメッセージを送ることができます。 セミナーなどでスタッフ同士がやり取りをしたりするのに便利な機能ですね! また、送信先の右側にある「詳細」ボタンを使えば、チャットの使用制限をかけることも可能です。 Zoom会議の議事録を残したい! Zoomでは会議の内容を「動画・音声・テキスト」のどれでも保存することが可能です。 今回ご紹介する「レコーディング」の機能を使うと、主に「動画」としてZoom内容を録画することができます。 レコーディングの機能を使うと、• パソコン本体に録画を保存=「ローカル記録」• 「このコンピューターにレコーディング」が、ローカル記録• 「クラウドにレコーディング」が、クラウド記録 動画はデータ容量の消費が激しいので、 クラウド記録に保存していくと、すぐにいっぱいになってしまいます。 一方で、クラウド記録には、• 録画のシェアが簡単• スマホでもレコーディングできる(ローカル記録は不可) などのメリットもあるので、状況に応じて使い分けるのがオススメですよ! 予算に余裕があるときは、追加金でクラウド容量も増やしたりもできます。 録画の保存場所はどこにあるの? 録画の保存場所は、 「ドキュメント」フォルダの中にある「Zoom」フォルダにデフォルト設定されています。 動画のデータが「mp4形式」/音声のデータは「MPEG-4形式」で生成されます。 Zoomで小部屋を作って参加者を振り分けたい Zoomには「ブレイクアウトルーム」という、小部屋を作る機能があります。 ブレイクアウトルームが活躍するのは、• 部屋を閉じてしまう(参加者はミーティングから強制退場)• 部屋は残して、自分だけミーティングから退出する の2種類あります。 前者は、 Zoomのセミナー・講座を終了するときに行い 後者は、 自分だけ離席したいときに使用します。 上の図の場合、• 「全員に対してミーティングを終了」=部屋自体を閉じる• 「ミーティングを退出」=自分だけがミーティングから出る となります。 レコーディングをしていた場合、ミーティング部屋自体を閉じてしまうと、自動で録画生成が始まります。 また、ホストがミーティングを退出した場合は、残った人の中から、新たなホストが自動で決まります。 どうしてもこの人を 「代替えホスト」にしたい!と言っときには、事前にホスト権限を渡しておくことが大切です。 【Zoomの使い方:まとめ】 今回ご紹介した内容は、Zoomの持つ機能のまだ一部分です。 ですが、この「 基本的な使い方」をマスターするだけで、オンラインセミナーや講座、説明会の開催など、 あなたの活動をより幅広いモノにしてくれます。 今回お伝えした内容は、 そんなあなたの活動をサポートするエッセンスだけを詰め込んだ基本操作ばかりを厳選しました。 ぜひあなたの活動に役立ててくださいね!.

次の

Zoomの使い方をゼロから解説!この順序でZoomを始めよう

ズーム 使い方

基本的な準備方法についてはこちらをご覧ください。 関連記事 zoomのソフトから起動する方法 こちらはパソコンにインストールしたソフトから直接起動する方法です。 インストール時に、特に設定をしていなくてもデスクトップにアイコンが表示されるので、まずはそちらをダブルクリックしましょう。 もしもデスクトップにzoomのショートカットがなければ、検索をして探す方法を試してみましょう。 これでzoomを起動させることができます。 zoomの公式サイトから起動する方法 こちらの方法でも実践できます。 (ゲストを招待する時にはこの方法になります) まず、公式サイトにアクセスしましょう。 続いて、右上にあるボタン「HOST A MEETING」をクリックします。 するとこのような画面が表示されます。 英語で表示されていますが、画像で解説しているとおり、• ビデオなし音声• ビデオあり音声• 画面共有のみ という項目があるので、希望する方法をクリックします。 ここで最初に登録した会員情報を入力し、ログインをする形をとります。 見たとおり、サインインという項目があるので、登録に使用したメールアドレスとパスワードを入力しておきましょう。 ここで「ログインしたままにする」にチェックを入れると、次回からログインの手間が省けますよ! オレンジ色のボタンを押すことで、通話をスタートすることができます。 ビデオありで通話• ビデオなしで通話• スケジュール• 画面の共有 順番に説明していきます。 1.ビデオありで通話 ビデオありの状態で通話をスタートすることができます。 パソコンにウェブカメラがついていて、会議などで参加者の顔やホワイトボードを使いたいときにはこちらを選択しましょう。 公式でもサポート内容が書かれておりますが、こちらも確認してみるといいかもですね。 あるいは、起動しているセキュリティソフトによって 「Zoomを、ファイアウォールの対象としない、例外としておく」 ことをしておいたりすることで、Webカメラが使用可能になります。 ソフトによってもやり方は異なるので、セキュリティソフトのメーカーに問い合わせをするのが一番簡単に解決出来る方法かと思います。 2.ビデオなしで通話 ビデオなしで通話をスタートすることができます。 パソコンにウェブカメラが付いていなかったり、カメラ撮影が必要ない場合はこちらを選択します。 3.参加 すでに他の方がzoomで通話を始めていて、その通話に参加したい場合にはこちらを選択します。 参加の招待URLを入れることで通話に参加することができます。 (または、通常のインターネットブラウザに招待URLをそのまま入力しても参加できます) 4.スケジュール 通話スケジュールを組むことができます。 5.画面の共有 通話機能などはなく、画面のみを参加者に公開したい場合に使用します。 基本的には使うことはあまりありません。 zoomの通話をスタートする方法 先程のオレンジ色のボタンをクリックすると、一瞬アカウント名が表示される画面に移り、このような画面が表示されます。 今回の場合はパソコンで通話をスタートするので、「コンピュータで参加」のほうが青色になっていることを確認し、緑色のボタンを押しましょう。 zoomの基本画面が表示されます。 続いて、zoomの基本的な操作画面について紹介します。 [ad ad-1] 基本的な機能と操作手順について 上の操作をすると、zoomが起動された状態になったと思います。 zoomが起動すると、このような画面が表示されます。 では、順番に各部の操作方法などについて紹介していきます。 ) 番号ごとの各部の名称・機能はこのようになっています。 通話ID• ミーティングトピック• ホスト• 招待URL• マイク操作• 招待ボタン• 参加者の管理ボタン• 画面共有ボタン• チャット• レコーディング• ミーティングの終了 1.通話ID 通話を開始したときのIDが表示されます。 3ケタの番号が3つ並びます。 2.ミーティングトピック 現在のミーティングトピック(誰が主催のミーティングか)が表示されます。 基本的には通話をスタートしたアカウントの名前などが表示されます。 3.ホスト 通話を始めたアカウントの名前が表示されます。 4.招待URL この通話に他の人(ゲスト)を招待したい場合に、このURLを相手に送ります。 下にある(URLのコピー)をクリックしても簡単にコピーができ招待できます。 関連記事: 5.マイク操作 マイクのON・OFFの切り替えのほか、接続するマイクやスピーカーを選択することができます。 基本的には今アクティブなイヤホンやマイクが自動的に設定されます。 関連記事: 6.招待ボタン こちらをクリックすると、他の人を招待できるようになります。 zoomの画面中央あたりの人のアイコンを押しても招待できますが、ビデオチャットのときはこちらのアイコンが消えるので、下のメニューにあるこちらから招待していきます。 関連記事: Zoomの通話招待方法は?URLやメッセージの送り方も紹介 7.参加者の管理ボタン こちらで参加者を確認することができたり、ミュート(音が聞こえないようにする)する相手を選んだりすることができます。 8.画面共有ボタン 画面共有をすることができます。 相手のパソコン画面をチェックする時には相手(ゲスト)側にここをクリックしてもらい、「デスクトップ」を選択してみらうことで見ることができるようになります。 また、ここからリモートコントロールをして相手のパソコンを操作することもできます。 関連記事: Zoomの画面共有のやり方は?リモート操作の使い方や特殊な機能も紹介 9.チャット、手を挙げる機能 音声ではなく、文章のやり取りをすることができます。 送信者を参加者(ゲスト)全員に送ったり、個別にメッセージをやりとりすることもできます。 関連記事: 10.レコーディング 通話の音声や作業画面の動画を録画します。 ビデオなしチャットでは音声、または画面共有時の画面を• ビデオありチャットではお互いのビデオ画面と音声を• 画面共有のみの時は音声なしの画面のみを それぞれ録画しておくことができ、他の音声録音ソフトや動画撮影ソフトを立ち上げて置く必要がありません。 関連記事: 11.ミーティングの終了 こちらでビデオ通話や音声通話の終了操作が行えます。 通話を終了したい時に「ミーティングの終了」をクリックすると、パソコンの画面中央に小さいウィンドウが開きます。 そのウィンドウに青色のボタンで「全員に対してミーティングを終了」とある部分をクリックし、通話を終了させます。 これで、通話を終了させることができます。 関連記事: まとめ zoomの基本的な使い方は以上のとおりとなります。 基本的にはzoomを立ち上げてからやることも非常に少なく、相手と通話をスタートしたいときには、招待URLを送り参加してもらう、というシンプルな方法でやりとりをすることができます。 とても簡単な上、細かい初期設定も不要なので、とても便利に使えるのではないのでしょうか。 ぜひ、zoomを立ち上げてゲストを招待し、通話を楽しんでみましょう。

次の

【ズームレンズの特徴と使い方】ズームレンズの存在意義と単焦点レンズへ移行する意味

ズーム 使い方

Zoom ズーム とは? Zoomとは、テキストチャットやビデオ会議、画面共有などが可能な企業向けのサービスのこと。 以前からフリーランス等のリモートワーカーの間で広く使われていましたが、テレワークの急速な拡大に合わせてZoom利用者も一気に増えています。 【特徴】複数人の同時参加が可能なビデオ テレビ 会議を簡単に始められる ビデオ会議に使えるサービスと言えばSkypeを思い浮かべる人も多いでしょう。 SkypeとZoomの大きな違いは、その 利便性にあります。 たとえばSkypeでは、ビデオ会議前に参加者全員がSkypeアカウントを作成し、ビデオ会議の主催者と参加者が互いにアカウントを承認することでようやくビデオ会議の準備が整います。 一方、Zoomは、 参加者がZoomアプリを持っていなくても、ビデオ会議の主催者がメールやチャットで送ったURLリンクを開くだけでビデオ会議への参加が可能です。 また、アプリのダウンロードだけしてある状態であれば、サインアップ Zoomへの登録やログイン をしていなくても、ログインIDや会議室を入力することで会議に参加することができます。 よっぽどな必要性を感じない限りは、無料版で十分間に合いそうです。 参考: スポンサーリンク Zoomの使い方は? Zoomの基本的な使い方について押さえておきましょう。 Zoomアプリをスマホやタブレット、パソコンにダウンロードする 会議の招待URLをもらってからでも良いのですが、可能なら事前にスマホやタブレット、パソコンなどにZoomアプリをダウンロードしておきましょう。 「Zoom」と調べると、すぐに出てきます。 主催者は、設定後に生成できるURLを、会議の参加者にメールやチャットで共有。 参加者はそのリンクを開くだけで会議に参加できる仕組みです。 なお最近はセキュリティ強化に伴い、 会議室に入るためのパスワード設定が推奨されるようになりました。 スポンサーリンク Zoomの通信量はどのくらい? 音声通話に比べて通信量の消費が激しそうなビデオ通話。 Zoomの通信量は、どのくらいなのでしょうか。 1時間でだいたい200MBから500MBくらい。 画面サイズで通信量は変わる Zoom利用者は週末になると「Zoom飲み会」「オンライン飲み会」をする人も多いそう。 流行りに乗っかって、私も早速友人と1対1でZoom飲みをしてみました。 Zoomを始めてから終わるまでの通信量を大体で測定してみたところ、 1時間でだいたい300MB程度。 LINEのビデオ通話は1時間307MBと言われるので、それとあまり変わらないくらい。 他のアプリのバックグラウンド更新やLINEなどの通信もあるので正確な数字は出せませんが、口コミなどを見て情報を集めた結果、 少ない人で200MB程度、多くても約500MBくらいのようです。 これは例えば、1時間に500MB程度使う人が1日4時間Zoomを使うとしたら、1か月20日勤務として40GB、300MB程度で1日1時間毎日使うと、9GBの通信量になります。 データ通信量がSkypeの半分以下で済む ZoomやLINEのビデオ通話が1時間300MB程度である一方、 Skypeの通信量は1時間2GBと結構な消費量。 両者を比べると、「Zoomの通信量は少ない」と言われる理由がよく分かります。 Zoomの通信量を減らしたい時は、画面を小さくする、音声通話を使う ちなみに、 オンライン講義やテレワーク等による月末の速度制限が怖い人は、 通信量を少しでも減らすために、Zoomの画面を少し小さくしてみましょう。 表示される画面サイズが小さいほど通信量が少なくなるので、単純に パソコンよりもスマホのほうが通信量は少なく済みます。 また音声通話を使うことで、ビデオ通話よりも通信量は抑えられますので、 顔を映す必要のない会議は音声通話で済ませるようにすると良いでしょう。 もし月末までにパケ死 月間通信容量に達して速度制限になる を迎えそうなら、それまでに ポケットWiFiや ホームルーターを契約するなど、必要な手も打っておきたいですね。 顔はまだしも部屋が映り込んで恥ずかしい。 背景は隠せないの? A. 背景の設定は変更可能。 好きな画像に設定することで部屋は映らない。 テレワークでZoomを使う時に部屋を映したくない…なんて声に応えるために、背景を好きな画像に設定できる仕様が加えられています。 いくつもの企業が公式にZoom用の背景画像を提供しているので、それらの素材を使ってみるのも良いかもしれません。 To your favorite Pixar locations…and beyond! — Pixar Pixar Q. セキュリティが不安。 会社の秘匿情報が漏洩する可能性はないの? A. 会議室参加前のパスワード強化や待機室追加など対策は講じられている Zoomの手軽さを逆手に取り、知らない人がミーティングに悪意をもって入室してくる、いきなり画像を共有して出ていく、といった事案が発生したため、「Zoomのセキュリティは弱い」といった声が出ていたのは事実。 大切な情報を扱う会議に知らない人が入ってくるなんてことは、あってほしくないですよね。 そこでZoomでは、 会議室に入る前のパスワードを強化する、主催者が認めた参加者だけを入室させる 待機室 といった対策により、セキュリティを強化しています。 Zoomはセキュリティの問題が指摘されてからすぐにこういった対策を施しているため、今後何かあっても迅速に対応してくれることでしょう。 画面共有ってできる? A. 無償版でも画面共有は可能。 有料版でなくても画面共有は可能です。 やり方は簡単、「画面共有」アイコンを選択して、共有したい画面を選択するだけ。 会議で同じ資料や参考サイトを見たいときに使うと便利ですね。 スポンサーリンク 【まとめ】Zoomは便利、ただ使いすぎによる速度制限には注意!! テレワークやオンライン講義が広まるなかで、Zoomの需要は今後ますます高まることが予想されます。 確かに無料で100人まで同時通話ができたり、資料を画面共有できたりするのは便利です。 ただ必要に応じて使うようにしないと、 スマホやポケットWiFiの月間通信量がオーバーしてしまうなんて人も出てくることでしょう。 速度制限になってしまうとZoomどころか仕事等にも支障が出てくると思うので、自分の通信残量に合わせて適切に使っていかなければいけません。 固定回線を引くにしても工事まで数か月掛かるなんて人も多いでしょうから、 もし今後テレワークやオンライン講義が長引くようなら、月間通信量が無制限のポケットWiFiやホームルーターの利用を考えてみてください。

次の