チアダン 宝塚。 【動画】堀田真由の華麗なダンスに反響!過去にはチアダンに出演!

映画【チアダン】キャスト全員の名前に「JETS」OGもいた「先生役とコーチ役は元宝塚!」

チアダン 宝塚

涙にくれるわかばの出した答えは、だれもが信じられないものだった。 TBS ishopにて予約受付中です。 全国大会の会場で石井杏奈演じる桐生汐里がかつて所属していた東京代表のチアダンス部「サンダース」と遭遇する。 汐里にとってはかつて自分のミスで関係が上手くいかなくなり、逃げるように転校した因縁のチームだ。 そのサンダースのキャプテンである北沢麻友役で、飯豊まりえの出演が決定した。 飯豊はドラマ、映画、CMなど数多くの話題作に出演。 4月期火曜ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』では主人公の恋のライバル役を好演し話題を集め、この7月にドラマイズム枠で放送された『マジで航海してます。 〜Second Season〜』では前作に続き主演を務めた。 またファッション雑誌「MORE」「Oggi」でレギュラーモデルを務め、「Oggi」では歴代最年少モデルとして話題を集めるなど、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの大注目の女優だ。 飯豊は主演の土屋とNHK連続テレビ小説『まれ』(2015年)以来3年ぶりの共演。 土屋と飯豊、友情で結ばれた二人が成長した姿もみどころの1つだ。 飯豊の起用についてプロデューサーの韓哲は、「ROCKETS結成のきっかけとなった汐里の因縁の元チームメイト役を活躍著しい飯豊さんに演じていただき、とてもうれしく思っています。 ドラマの最終回に素敵な華を添えてもらいました。 土屋太鳳さんとは強い絆があり、現場で再会を喜び合う2人が印象的でした」と語っている。 私が演じた麻友は、ROCKETSを作った汐里の因縁の元チームメイトという役で、最終回で自分が良いスパイスになれたらと思い演じさせていただきました。 それが少しでも皆さんに伝わったらうれしいです。 それと、土屋太鳳さんは私にとって恩人であり、とても憧れている先輩なので、今回こういう風にまた会えて同じ作品に携われてとてもうれしいです。 やっぱり太鳳さんは今日も神々しいなと思いました。 ノベライズ本第2巻が、10月15日(月)に発売決定! 8月31日(金)放送の第8話では、石井杏奈演じる桐生汐里にスポットが当たる。 東京から福井西高校にやってきた転校生で、「打倒JETS! 全米制覇! 」とありえない夢を豪語する猪突猛進の性格の汐里。 彼女が転校してきたのは両親の離婚が原因だが、今回、家族よりも仕事を優先してきて、離婚してからは連絡すらろくにしてこなかった汐里の父親が登場する。 しかも、アメリカに転勤することになったから一緒に行ってアメリカでチアダンスをしないかと汐里に伝えるのだった…。 そんな汐里の父親・桐生光俊役を、数多くのドラマをはじめ北野武監督映画やインディーズ作品、そしてバラエティ番組『痛快TVスカッとジャパン』 CX 内のショートドラマと、主要キャラクターからバイプレーヤーまで幅広く活躍する津田寛治が演じる。 津田は昨年3月に公開となった映画の時から地元・福井が舞台の物語なのになぜ出演しないのかと、周囲から聞かれていたという。 だが、その時は先のスケジュールまで決まっていたこともあり出演は叶わなかった。 しかし今回、ドラマからの再三のラブコールにより、念願だった出演が叶った。 名バイプレーヤーとしての実力と大人の魅力で、この夏イチバンの青春ドラマに新たな空気を吹き込む、津田寛治と石井杏奈の 親子役に注目だ! 桐生光俊(きりゅう・みつとし)・・・津田寛治 汐里の父。 家庭より仕事を優先する人間で、汐里が中学に上がる頃、夫婦関係が破綻し別居。 汐里が高校に入って正式に離婚し、元妻と汐里が福井に引っ越してからは連絡すらほとんど取っていなかった。 不器用だが、娘の将来を心配し、力になりたいと思っている。 津田寛治コメント 福井商業は地元民からしたら凄く有名な高校で、女の子が可愛いという評判も(笑)。 昨年からドラマへの出演を熱烈にオファー頂きまして、こちらからも熱烈にラブコールを送っていたのですが、中々調整が上手くいかず…。 ですが、やっと今回、タイミングが合い出演が叶って喜びました。 ただ、頂いた役が、福井の人ではなく東京の人という設定で、「あー、俺のこの福井弁使えないのか! 」と、思ってちょっと悔しかったです(笑)。 汐里を演じる石井さんも本当に素晴らしい女優さんですね。 話を聞いたら、彼女は幼い頃にダンスの大会でスカウトされたと言っていて、「センターでバリバリ踊っていたんだね」って聞いたら「いやいや私なんて端っこから2番目で踊っていたんですけど」って。 端っこから2番目で踊っていてスカウトされるって、相当な逸材だなと思いました。 ドラマの役柄同様、ダンスの世界でがんばっているというのがリンクして、本当の父親になった気分で、熱い思いで演じさせていただきました。 なかなかスケジュールの調整がつかず、8話でようやく実現したときは念願叶い飛び上がるほどうれしかったです。 ただ、役が、このドラマ唯一の東京の人の役で、津田さんの福井弁をお聞かせできないのが残念でなりません。 ドラマを音楽面でサポートするサンボマスターの楽曲はチャートで急上昇。 iTunes Storeロックチャートで主題歌「輝きだして走ってく」、イメージソング「できっこないを やらなくちゃ」が1位、2位を 独占!(7月23日時点) また、リリースから3週間以上経過後も moraのリアルタイムシングル、アルバムランキング、music. jpのデイリーシングルチャートでは依然TOP10入りし話題になっている。 ほかにも、劇中で使われたTHE BLUE HEARTSの作品がチャートを急上昇するなど、音楽との親和性の高さが多くの反響を呼んでいる。 前話と次話の「行間」を見せている。 抽選で「番組出演者サイン入りポスター」を5名様に、「番組オリジナルグッズ」を10名様にプレゼントいたします。 映画は、福井県立福井商業高校のチアリーダー部「JETS」が、2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝した実話がもとになった作品で、チアリーダー部の女の子たちと彼女たちを支えた顧問の絆と、全米大会制覇に向けて彼女たちが努力していく姿を描いた感動青春ストーリー。 「JETS」は全米大会で通算7回の優勝を果たすなど、世界トップクラスのチアリーダー部として現在も目覚ましい活躍をしている。 ドラマでは、大ヒットした映画の世界観を引き継ぎ、そして「ありえない夢を追いかける」精神をそのままに、女子高生たちの熱い成長物語をお送りする。 福井商業高校チアリーダー部「JETS」には、創部当初から、ずっと踊り続けている曲がある。 それは、ロックバンド・サンボマスターの楽曲「できっこないを やらなくちゃ」だ。 顧問になった当時はチアダンス指導者としての経験もなく、素人同然だった五十嵐裕子先生が、部を全米大会制覇に導くまで、心の支えになり続けた大事な曲で、いわば「JETS」が起こした奇跡のサクセスストーリーを体現する楽曲である。 今年1月8日(月・祝)にTBSで放送したお正月特番『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP』では、五十嵐裕子先生の50歳の誕生日のサプライズプレゼントとして、サンボマスターが現地を訪れ「できっこないを やらなくちゃ」を生演奏。 その演奏とともに現役部員とOG総勢80名によるチアダンスが披露された。 放映直後から、視聴者からの感動の声が寄せられ、ツイッターのトレンドワードにランクインするなど大きな話題となった。 こうした経緯を受け、今回のドラマ化にあたり「主題歌に相応しいのはサンボマスターしかいない」とドラマサイドが楽曲提供を依頼。 楽曲のタイトルは「輝きだして走ってく」。 「負けないでキミの心 輝いていて 大丈夫 乗り越えられる」と説く力強いロックナンバーで、途方もない夢を目指す生徒たちを後押しするような応援ソングに仕上がっており、ドラマのストーリーとも呼応するような、サンボマスターの魅力が詰まった楽曲となっている。 新たな感動の方程式が完成する予感に満ち溢れた大型タイアップの実現となった! 山口隆(サンボマスター)コメント 新春の番組でJETSの皆さんとご一緒して、ぼくらの楽曲「できっこないを やらなくちゃ」が彼女たちのとてつもない挑戦を後押ししていたことを教えていただき、とても感激したのを覚えています。 今回、ドラマ化するにあたってお声掛けくださったことに感謝するとともに、ぼくらの楽曲が少しでもドラマの世界に彩りを与えられたらと思っております。 土屋太鳳コメント なんて素敵な歌だろう…!今この瞬間も頑張ってる人は本当にたくさんいて、その人たちのほとんどは、この努力がどこに繋がるんだろう、いつ希望は見えるんだろう、なぜ誤解されるんだろう、いろんな思いと一緒に闘い続けてると思います。 泣くことも許されず、呼吸さえ苦しいかもしれない。 思わず涙が流れてしまうほど感動して、その時にドラマでこの曲を使わせてもらいたいと思いました。 その後、さんまさんの「夢かなえたろかSP」の番組で、サンボマスターさんと「JETS」の競演の場に立ち会うご縁もあり、主題歌はサンボマスターさん以外にいないと確信してお願いしました。 出来上がった曲を聴かせていただき、熱く胸を揺さぶる「チアダン」にとって完璧な主題歌だと思いました。 「輝きだして走ってく」と「できっこないをやらなくちゃ」の2曲が「チアダン」のソウルソングとしてドラマの内容と深くリンクして流れますので、どうぞ楽しみにしていただきたいです。 わかばの幼なじみ役で清水尋也の出演が決定!ほか、岐洲匠ら若手注目俳優の出演も! 主人公の藤谷わかばを演じる土屋のほか、冴えないダメ中年教師・漆戸太郎をオダギリジョー、東京から 来た強引美少女・桐生汐里を石井杏奈、さらに、わかばが通う高校の校長・蒲生駒子を阿川佐和子が演じるなど、個性溢れる俳優が勢揃いしている。 このたび、わかばの幼なじみで野球部のピッチャー・椿山春馬(つばきやま・はるま)を 清水尋也が演じることが決定した。 清水は映画「渇き。 今年は出演映画「ちはやふる -結び-」や「ミスミソウ」がすでに公開され、今後も9月公開の「3D彼女 リアルガール」など多数の公開作が控えている。 独特の雰囲気と高い演技力でまさに飛ぶ鳥を落とす勢いの若手俳優だ。 今作で清水が演じるのは、わかばと同じ高校に通う幼なじみ・椿山春馬。 野球部に所属しており、ポジションはピッチャーだが、夏の甲子園大会で大きな試練が訪れる…。 また、男同士でつるむのが好きで恋愛に疎いところがあり、わかばとはお互いに大切な存在でありながら、なかなか恋愛には進まない。 しかし、そこに恋に積極的な汐里が加わり、まさかの展開が訪れることに。 チアダンスに明け暮れるわかば達に淡い恋の色彩を加える重要な役どころだ。 ミステリアスな雰囲気がある清水がどんな野球少年を演じ、どんな恋のエピソードが展開するのか期待が高まる。 また今回、オダギリジョー演じる漆戸太郎が教師として挫折し、トラウマを抱えるきっかけとなった前任校の生徒・木田隆(きだ・たかし)を 岐洲匠が演じる。 岐洲は2014年に行われた「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で明色美顔ボーイ賞を受賞。 その後『宇宙戦隊キュウレンジャー』(EX・2017年、2018年)で主人公のシシレッドラッキーを演じ、本格的に俳優デビューを果たした。 輝く笑顔で子どもから親世代まで幅広く人気があり、また今年8月に公開される映画「青夏 きみに恋した30日」にも出演しており、これからの活躍が期待される注目の若手俳優だ。 岐洲が演じる木田はかつてテニス部に所属しており、太郎に情熱を持って指導されていた。 しかし太郎の熱い思いが木田を追い込んでしまい、ある事件が起こってしまう。 太郎の過去に深く関わり、心に傷を抱える難しい役どころを演じる岐洲。 新しい彼の魅力発見となるか。 さらに、春馬の野球部仲間である上杉昇(うえすぎ・のぼる)役には 髙橋里恩が決まった。 髙橋は2016年に俳優デビュー。 CMや舞台に出演、昨年は『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(CX・2017年)や『セトウツミ』(TX・2017年)などの話題作に出演し話題になっている。 また、今年は「検察側の罪人」や「ギャングース」など計4本の映画に出演。 俳優としての飛躍が期待されている。 女優たちのチアダンスとともに、若手俳優たちの活躍にも大注目だ。 清水尋也コメント チアダンの映画を見させてもらっていて、男性キャストがすごく少ないと知っていたので、役を頂けた時は凄くありがたいと思いました。 僕が演じる春馬は、最初から大きなものを抱えている人物なので、彼の心に空いてしまった大きい穴をどう再構築していくのか、その過程を丁寧に描いていきたいなと思い、一つずつ丁寧に演じていきたいと思っています! わかばの姉役で新木優子の出演が決定! わかばの姉・藤谷あおい(ふじたに・あおい)役に 新木優子が決定した。 新木は2014年から人気ファッション誌「non-no」で専属モデルとして活躍し、翌年「ゼクシィ」の8代目CMガールに抜擢され注目を集める。 女優としても『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(関西テレビ・2017年)、『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』(CX・2017年)、『重要参考人探偵』(EX・2017年)など数々の話題作に出演し、最近では『トドメの接吻』(NTV・2018年)で主人公に翻弄される令嬢を演じ話題となった。 また、今年3本の映画に出演しており10月に公開される映画「あのコの、トリコ。 」ではヒロインを演じるなど今期大注目の若手女優だ。 そんな新木が今作で演じる藤谷あおいは、土屋演じる主人公・わかばの姉で、福井中央高等学校チアダンス部「JETS」の元センターを務め全米選手権大会3連覇を果たすなど、わかばがあきらめた夢を全て叶えてしまった存在だ。 美人で優しく、わかばにとって憧れの存在であるが、完璧すぎる姉と比べられることも多くやっかみの対象でもある。 いつも余裕そうに見えるあおいだが実は陰で血のにじむような努力をしており、大学卒業後、家業である眼鏡工房(藤谷メガネ)を手伝っているが、ある叶えたい夢に挑戦するために家族に一波乱が起こるという役どころだ。 完璧すぎる姉を新木はどう演じていくのか期待が膨らむ。 新木優子コメント 大好きなチアダンのドラマに出演させて頂けると聞いた時はすごくうれしかったですし、最初は私も踊るのかな? と思っていましたが、土屋太鳳ちゃん演じるわかばのお姉ちゃん役と聞いた時は、今まで現役高校生の役が多かったので私も大人になっちゃったなと思いましたし(笑)、わかばを精一杯支えてあげよう! という気持ちが溢れました。 広瀬は2012年にモデルとしてデビュー。 翌年には女優デビューし、数々のドラマ、映画、CMに出演。 カンヌ国際映画祭やベネチア国際映画祭の公式上映にも出席するなど数多くの映画賞で主演女優賞・助演女優賞を受賞。 その後もドラマや映画に出演し、CM起用数も常に上位に位置する、今や日本を代表する女優のひとりである。 同じく数々の映画で主演を務め、今回GP帯ドラマ初主演となる土屋太鳳とは、映画・ドラマ通して初共演となる。 実際現場で一緒にお芝居をすると、こういう風にいろんな役を演じられてきたんだなと、すごく驚いています」と喜びを表していた。 広瀬演じる友永ひかりは、全米チアダンス選手権大会で初めて優勝を果たした初代「JETS」のセンターであり、土屋演じる藤谷わかばが幼いころにテレビ中継で「JETS」の演技を見て憧れの対象になった人物だ。 世代を代表する2大女優が、映画の主人公からドラマの主人公へとバトンを渡すシーンに期待が高まる。 広瀬は映画では実現できなかった福井ロケに参加。 今回ドラマ化すると聞いて、いろんな想像があったんですけど、(主演が)太鳳ちゃんと聞いて絶対大丈夫だなと本当に思いました。 太鳳ちゃん頑張って! プロデューサー・韓哲コメント この世代を代表する2人の女優の共演がこのドラマで実現し、関係者全員が喜びました。 広瀬さんに台本をお渡ししてお願いしたとき、二つ返事で快諾してもらい、ドラマも大事に思ってもらえたことにとても感謝しました。 ドラマ出演にあたり、役を取り戻すために10時間以上のダンスレッスンをしていたことを後から聞きました。 ダンスシーンはないのですが、それだけの気持ちを持ってドラマの出演に準備をしてくれたことにとても感謝しています。 エッセイスト、小説家、タレントとして活躍している阿川。 TBSでは1989年から『筑紫哲也 NEWS23』のキャスターを約2年間務め、現在は毎週土曜あさ7時30分から放送している『サワコの朝』に出演している。 文筆業や、司会のみならず、インタビュアーとしても活躍している多才な阿川だが、昨年10月期の日曜劇場『陸王』(TBS)で初めて女優として連続ドラマデビューを果たし、感情表現豊かで元気な縫製課のリーダーを好演した。 今作で阿川が演じるのは、かつて競泳オリンピック選手を育て上げた程の鬼教師であったが、時代の変化と教育の方針で、いまは「ホトケの駒ちゃん」と呼ばれている校長先生。 小柄で短い髪とピンと伸びた背筋に、かつての熱血鬼教師の面影を見ることができ、わかば達の情熱につき動かされ、チアダンス部を応援する。 そして、挫折し自信を失い、無気力教師となって戻ってきたかつての教え子である漆戸太郎(オダギリジョー)の心にまだ「情熱の炎」がくすぶっていることを見抜き、チアダンス部の顧問を任せるなど、物語の重要なキーパーソンだ。 物事を深くまで見通しているが、何を言い出すかわからない飄々とした人物で、権威とは縁遠い新しい校長先生像を阿川がどう演じるのか期待がふくらむ。 阿川と初共演となる土屋は「阿川さんと雑誌やテレビでご一緒させて頂いたことがあるのですが、本当に素敵な方でまた是非お会いしたい!とずっと思っていたので、今回お芝居で共演させて頂けると聞いて本当にうれしいです!阿川さんが『陸王』にご出演されていた時に私も拝見させて頂いていて、あれ?阿川さん女優さんでしたっけ?と思うほどあまりにも素敵なお芝居をされていたので、とても驚いた記憶があります。 今回、阿川さんが学校のカラーとなる校長先生を演じて下さるので、とても安心感がありますし、阿川さんと心を繋げることを大事に日々過ごしていきたいと思っています。 」とコメントしている。 また、予算をいかに効率よく削減するかに情熱をかける通称「福井西の勘定方」、福井西高等学校の教頭・桜沢伸介(さくらざわ・しんすけ)を 木下ほうかが演じる。 TBSでは2016年放送『せいせいするほど、愛してる』以来2年ぶりの出演となる。 木下演じる桜沢教頭は桜沢麻子(佐久間由衣)の父であり、また福井西高等学校の教頭。 1日でも早く校長の座に就きたいのが本音。 一方で、先生たちの多忙化防止に苦慮し、先生たちの負担を減らすことにひとり向き合い、自ら嫌われ役を引き受けないといけない辛さも感じている。 チアダンス部設立の動きには「新しい部を作るなどあり得ない!」と猛反対する。 実は妻に出て行かれ、娘・麻子を男手一つで育ててきた。 嫌味でありながら人間味ある苦労人でもある教頭を木下がどう演じていくのか注目だ。 さらに、わかばの父親・藤谷勝也(ふじたに・かつや)を 高橋和也が演じる。 高橋はNHK大河ドラマ『真田丸』(2016年)に出演し、TBSの連続ドラマには2014年4月期の日曜劇場『ルーズヴェルト・ゲーム』以来4年ぶりの出演となる。 高橋演じる勝也は、福井市で長く眼鏡作りを行う3名の小さな会社を営んでいる役どころだ。 わかばの母親・藤谷房子(ふじたに・ふさこ)を 紺野まひるが演じる。 紺野は元宝塚歌劇団雪組のトップ娘役を経て、その後女優として活躍。 舞台や映画、CMなど数々の作品に出演している。 紺野が演じる房子はわかばとわかばの姉の二人の娘を育てながら、夫と苦労して会社を営んでいる。 娘たちの良き理解者であり、苦労して会社を営んできた夫の思いを誰よりも知り尊重している役どころだ。 同じく福井西高等学校の体育教師・菊池恭介(きくち・きょうすけ)を 木原勝利が演じる。 木原は今年公開の映画「検察側の罪人」や「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」などの話題作に出演している。 私の普段の仕事であるインタビューは現場にスタッフはいても、現場で闘うのは私一人で、原稿書くときも、皆「頑張れー」と言いますが、書かなきゃいけないのは私一人でやっておりますので、ドラマという現場で、本当に皆一緒に作っていくという環境があまりにも楽しくて、撮影は大変でしたけどもう一度ちょっと図に乗ってきてしまいました。 本当だったら私もわかばちゃんたちと一緒に踊りたいところなのですが、校長先生を演じさせて頂けると聞いたとき、みんないい子だね〜と、あったかく生徒を見守っていける校長になりたいと思い、普段からおおらかな人間になれるように精進したいと思います。 皆様に迷惑をかけないように4カ月乗り切っていきたいと思います! 木下ほうかコメント 最初は、日頃私がよくやるような分からず屋で意地悪でステレオタイプの教頭の役かなと思っていましたが、なんとまぁ娘もいて、親と子のシーンもあるということで、めちゃくちゃうれしかったですし光栄でした。 学校での厳しい面と家族での父親の面で人間味を出せていければ良いなと思っています。 高橋和也コメント チアダンはチアダンスを踊る女の子達のドラマだ。 彼女たちの眩しいばかりの青春が弾ける様をテレビの向こう側で視聴者の皆さんは楽しみにしていると思う。 僕の役は主人公のわかばのお父さんの役だ。 娘の成長を願い、彼女の人生が幸せであるように心から祈っている。 だけど凄い勢いで変わっていく娘に対して戸惑い、寂しさも感じている。 世の中の多くのお父さんは大体そんな感じではないだろうか。 そんなどこにでもいるごく普通のお父さんでいたい。 紺野まひるコメント たくさんの女の子たちが1つの目標に向かって頑張る姿を、近くで見て、感じられる事がうれしいです。 ドラマ、映画だけでなく、バラエティ番組やCMで太鳳ちゃんを見て、魅了されていた私でした。 そんな太鳳ちゃんのお母さん役を演じられるなんて、光栄です!わかば(太鳳ちゃん)がチアダンスに集中できるよう、輝けるように、母としてしっかりサポートしたいです。 土屋太鳳の親友役に八木莉可子の出演が決定! 土屋演じる藤谷わかばの親友・柳沢有紀(やなぎさわ・ゆき)役で 八木莉可子の出演が決定した。 八木は2015年に現在所属している芸能事務所のモデルオーディションでグランプリを獲得し、その後、雑誌「Seventeen」の専属モデルとして活躍。 ファッションビル「LUMINE」の広告 モデルも務め、さらに女優としても数々の作品に出演している。 また、新人女優の登竜門として知られる 某清涼飲料水のブランドキャラクターも務め、現在放送中のCMではエネルギッシュなダンスに挑戦している。 16歳の現役高校生とは思えない存在感と、透明感溢れる魅力で人気急上昇中の若手女優だ。 今回八木が演じる有紀は、文化系でチアダンスには全く興味がないが、親友のわかばを応援するために 得意のイラストを描いて協力するなど、わかばの心の支えになる役どころだ。 八木と初共演となる土屋は「初日の撮影の合間に好きなお笑いの話しをしてすぐに仲良くなれました!実年齢は離れていますが楽しく一緒に演じていきたいと思います!」とコメントしている。 八木莉可子コメント チアダンの出演が決まった時は凄くうれしかったのですが、正直ものすごく緊張したというのが本音で、迷惑をかけないかなとか色々不安もあったのですが、初日の撮影を終えて出演者の皆さん、スタッフの皆さんがとても優しく接して下さり、とても安心しました。 私が演じる有紀は、直接チアダンスに関わる役ではないのですが、土屋太鳳さん演じるわかばを近くで応援しているので、同じ気持ちでこのチアダンを盛り上げて行けたらと思っています! 「JETS」の現役センター役に小倉優香の出演が決定! このたび、劇中で土屋演じる藤谷わかばが所属する福井西高校チアダンス部からは手の届かない強力なライバルとして登場する、福井中央高校チアリーダー部「JETS」の現役センター・花房月子(はなふさ・つきこ)を 小倉優香が演じることが決定した。 小倉は8頭身の均整のとれたスタイルからグラビアやバラエティで活躍しており、女優としても数々の作品に出演している。 2010年に行われたUSAオールスターチャンピョンシップスのソングリーディング部門で優勝を果たし、全米制覇の偉業を達成している。 小倉優香コメント 私自身チアダンスを習っていたので、このチアダンのオーディションは絶対に受かりたい!と思っていて、オーディションを受けた日から結果が来る日まで毎日花園神社にお参りに行っていました。 出演が決まったときは、うれしすぎて泣き疲れるくらいに大泣きしました。 たくさんの人にチアダンスの魅力が伝わるように精一杯頑張ります! チアダンス部員の追加レギュラーキャスト発表! わかばたちと同じ目標に進むチアダンス部員の追加レギュラーキャストが決定した。 また部員17人のチアダンスユニフォーム姿も披露された。 すでに出演が発表されている石井杏奈、佐久間由衣、山本舞香、朝比奈彩、大友花恋、箭内夢菜、志田彩良、伊原六花に加え、今まさにブレイクへのカウントダウンが始まっている若手注目株の女優たちが勢ぞろいした。 わかばがチアダンス部を作る前に所属していたチアリーダー部の部員で1年生、梶山カンナ(かじやま・かんな)を演じるのは 足立佳奈。 Twitterのフォロワー数が30万を超える など、若者を中心に絶大な支持を得ている。 そして、チアリーダー部の2年生で部長の稲森望(いなもり・のぞみ)役には 堀田真由。 6歳からバレエを習い培った柔軟性で今作でのダンスも期待がかかる堀田は、2017年下半期のNHK連続ドラマ小説『わろてんか』でヒロインの妹を演じるなど若手女優として注目されている。 また、広瀬すずや平祐奈などが務めたショッピングモール「コクーンシティ」のイメージキャラクターに選ばれている。 同じくチアリーダー部の2年生、芦田さくら(あしだ・さくら)役は福地桃子。 福地は現在放送中の金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』でカフェ店員役を好演、また2019年度のNHK連続ドラマ小説『なつぞら』にも出演が決定している。 同じくチアリーダー部2年生の三枝美菜(さえぐさ・みな)役には 石崎なつみ。 石崎は自身がチアダンスで全国大会に出場した経験の持ち主。 昨年公開した映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」や「ぐちゃぐちゃ」、「春なれや」などに出演している。 同じくチアリーダー部2年生の樫村恵理(かしむら・えり)役には 坂ノ上茜。 坂ノ上は現在『王様のブランチ』でリポーターを務め、MVやCMなどにも数多く出演している。 同じくチアリーダー部の2年生の菅沼香(すがぬま・かおり)は 溝口恵が演じる。 溝口はファッション雑誌「ニコラ」の専属モデルを経て、映画やドラマ、CMなど数多くの作品に出演している。 そして、チアリーダー部の1年生、大竹真子(おおたけ・まこ)を演じるのは 守屋ことり。 今作がドラマ初出演となる守屋は、幼少期からクラシックバレエを習い、国際的に活躍する若者を輩出するユースシアター(劇団)「ユースシアタージャパン」で演技やダンスを学んできた。 今年8月公開予定の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」にも出演が決定している。 同じくチアリーダー部1年生、武藤夕実(むとう・ゆみ)役には 佐生雪。 佐生は今年3月公開の映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」や、今年の夏に公開する映画「センセイ君主」などに出演、今作が連続ドラマ初出演となる。 今回出演を発表した彼女たちも1000人を超える応募者の中からオーディションで選ばれ、今年の1月から週3回以上のダンスレッスンを重ねている。 チアダンス部設立に奔走するわかばを良く思わないチアリーダー部のメンバーたちが、今後どのようにチアダンス部に関わり、物語が展開していくのかも見どころだ。 チアスピリッツの意味でもある元気・応援、そして、互いに励まし合うを心に、観てくださる方々に温かい気持ちをお届けできるよう精一杯頑張ります! 福地桃子コメント 沢山の方にパワーをお届けできるそんな作品に携わることができ、とてもうれしくどきどきしています。 この作品と同じようにパワー溢れる共演者の皆さん、スタッフさんに囲まれている現場なので、私も全力で挑みたいという気持ちでいっぱいです。 石崎なつみコメント 大好きなチアにこうして携わることができて、本当にうれしいです! 高校ではチアダンス部で、当時からJETSさんは憧れでもあり、いつか越えたいと思っていた存在でした。 なのでオーディションに合格したと聞いた時は飛び上がるくらいうれしかったです!!(実際はロケバスの中にいたので、できませんでした。 笑)この気持ちを忘れず、責任を持ってお芝居やダンスと向き合っていきます。 チアダンスのレッスンもみんなでずっと頑張ってきました。 それから半年以上が経った今、あのとき願っていたこの現場に居ます。 ここで過ごせる1分1秒の幸せを噛み締めて、共演する先輩方から学ばせていただき、最後まで全力で突っ走ります! 佐生 雪コメント 連ドラに出演させて頂くのは今回が初めてで、わからないことだらけで、正直少し不安もありますが、チアダンスをずっと一緒に練習してきたメンバーたちとのお芝居なので、その面に関しては安心もあり、楽しみでもあります。 色々な面で学ぶことが多い現場になると思います。 武藤夕実をどう作っていけば、夕実としてドラマにほんの少しでも色が出るか。 そして、観て下さる皆さんにとって毎週金曜日が楽しみになるように、精一杯芝居もダンスもさせて頂きます。 色々な立場や気持ちで観て下さる方がいると思いますが、その一人一人が自分の青春となるように、私たちも思い切り青春を送りたいと思います。 昨年YouTubeに投稿されたバブリーダンスの動画が約500万回再生されるなど話題が話題を呼び、「ダンシング・ヒーロー」を歌う荻野目洋子と共に『輝く!日本レコード大賞』 TBS に出演、大晦日には『NHK紅白歌合戦』にも出演し、一躍社会現象を巻き起こした大阪府立登美丘高校ダンス部。 この3月に高校を卒業した伊原は、これが芸能活動開始後初のドラマ出演となる。 伊原が演じるのは、土屋演じる主人公・藤谷わかばが入るチアリーダー部の後輩・麻生芙美。 芙美は、人見知りな性格だったが中学時代からの友人に強引にチアリーダー部に誘われ、みんなと応援するチアの楽しさにふれ明るくなった。 わかばたちがチアリーダー部と別れてチアダンス部を作ると、チアダンスへの憧れから入りたい気持ちを持つが、反発するチアリーダー部の先輩たちとの間で板ばさみになり、決心する事が出来ない。 だが、次第にひたむきに踊るわかばたちの姿に心を打たれ、チアダンス部結成後初の1年生メンバーとなる…という役どころだ。 伊原六花コメント 初めてドラマに出させて頂くので、気合入っています! 物語が私のいたダンス部と似ているなと勝手に思っているところがあるので、自分が経験した事、ダンスで学んだ事をしっかり出せたらいいなと思っています。 その作品に関われると聞いて大変うれしかったです。 いまはダンス練習漬けの毎日でお芝居の稽古はまだ始まっていませんが、土屋太鳳さんは練習でも一番前でいつも真剣に踊ってくださっていて、後姿を見ているだけですごいなって、すでに刺激をいただいています。 ほとんどの出演者の方が先輩ですが、皆さんすごく優しくて、現場が本当に楽しいです。

次の

広瀬すず主演!映画「チア☆ダン」世界が驚いたホントの話

チアダン 宝塚

チアダン太郎の妻役の松本若菜の役柄は? 出典:松本若菜インスタグラム 「チアダン」でチアダンス部の顧問となる 漆戸太郎の妻・今日子を演じるのが松本若菜さんです。 今日子は准教授として大学でバイオについて研究や授業をする傍ら、メンタルを崩した夫の太郎を気遣う優しい妻。 チアダンス部の顧問となって再び教育に情熱を燃やそうとする太郎を蘇らせようとします。 松本若菜さんは最近ドラマ「ハロー張りネズミ」や「コウノドリ」にゲスト出演して感動させる演技を見せてくれていましたね。 「チアダン」でも今日子役で太郎を引き立てる妻の役、きっと人気が出ると思います。 松本若菜のプロフィールは? 2007年に 「仮面ライダー電王」の野上愛理役で女優デビューした松本若菜さん。 劇場版仮面ライダーシリーズに何年も出演し続けます。 ここで松本若菜さんのプロフィールをご紹介しておきます。 本名 :松本若菜(まつもと わかな) 生年月日 :1984年2月25日生まれ 年齢 :34歳 出身 :鳥取県米子市 身長 :164cm 職業 :女優 事務所 :トリプルエー 不思議なのは松本若菜さんがこんなに美人なのに恋人や結婚の噂は全くありません。 高校在学中に調理師免許を取得したほどの努力家で真面目な性格のためでしょうか?出会いに恵まれなかったのかも知れません。 お父さんが職人気質の頑固な大工さんのため、恋人はいても許してもらえなかったのでしょうか? ちょっとその辺りは判りませんが、 松本若菜さんは現在もお独り様のようです。 それにしても、決して34歳には見えない美しさですよね。 高校1年生の時に地元鳥取の駅前でアルバイト中に芸能事務所からスカウトされ、断っているほど厳しい家庭だったようです。 それにハーフ説も根拠のない噂だったようです。 女優としては仮面ライダー以外には目立った役がない松本若菜さんですが、最近コマーシャルでは魅力を発揮し印象に残る役柄を演じています。 その1つが2017年のこのCMです。 アサヒ飲料 カラダカルピス 新CM「撮影現場にて」篇に松本若菜さんが竹野内豊さんと出演しています.

次の

【動画】堀田真由の華麗なダンスに反響!過去にはチアダンに出演!

チアダン 宝塚

皆さん、2009年に福井県の福井県立福井商業高校のチアリーダー部が、アメリカで行われた世界大会で初優勝したのをご存じですか? 当時は地元のみならず全国の新聞やニュースで大きく取り上げられ、話題になりました。 あらすじ紹介 主演は広瀬すずです。 行こっさ、アメリカ!2009年3月、福井県商業高校のチアリーダー部JETSが、全米チアダンス選手権大会で優勝した—この実際に起こった奇跡のような出来事は、普通の女子高生たちと彼女を支えた一人の教師との絆の物語でした。 そこには、誰も観たことのない青春感動ミラクルストーリーがあったのです。 主人公・友永ひかりに抜擢された理由も広瀬の抜群の運動神経を買われてということだそうです。 広瀬演じるひかりとともに全米制覇に挑むチアダンス部の部員には、ジャズが得意な部長の玉置彩乃役に広瀬と同じく雑誌「Seventeen」の専属モデルであり、モデルとして第一線で活躍している 中条あやみ、ヒップホップが得意な紀藤唯役に第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞を受賞し、映画を中心に活躍している 山崎紘菜、ヲタク系不思議女子・永井あゆみ役に雑誌「ピチレモン」の専属モデルの 福原遥、バレエが得意な村上麗華役にグラビアモデルとして活躍する 柳ゆり菜、複雑な家庭事情を抱える東多恵子役に映画「ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判」でスクリーンデビューを果たした 富田望生、後輩として入部し新戦力となる絵里を雑誌「Seventeen」モデルの 南乃彩希らが演じています。 彼らを熱く厳しく指導するチアダンス部のスパルタ顧問、通称「地獄や」早乙女薫子を 天海祐希、ひかりたちを全米へと導くコーチ・大野を元・宝塚出身で舞台・テレビ・ドラマと幅広く活躍している 陽月華が演じています。 まさにブレイク直前!今最もキラキラと輝いていると言っても過言ではない若手俳優陣の今だからこそ実現した奇跡の競演&熱演です。 チアダンスって何? ダンスとアクロバティックなジャンプが特徴のチアリーディングとは違い、ダンス部分を独立させた競技が「チアダンス」。 競技時間は2分30秒で、ポンダンス、ラインダンス、ジャズ、ヒップポップの四種類をそれぞれ20秒以上連続して踊り、その技術力、表現力、さらに一体感などが採点の対象となります。 全米選手権には、全日本選手権上位校が推薦出場することができます。 最近では「笑顔で元気になれるスポーツ」として爆発的に人気が拡大。 なんと公式大会の出場チーム数は2002年の42チームから2015年にはおよそ約450チームへと十倍に急増するほど激アツなスポーツなのです。 本作では女優陣のダンスを世界レベルまで引き上げるために、日本チアダンス教会の三田村真帆コーチと前田千代コーチが指導に当たりました。 前田コーチは映画のモデルとなった福井商業高校を全米制覇に導いた敏腕コーチで、三田村コーチはその初代JETSメンバーとして全米制覇を経験しています。 つまりこの二人がいなかったら、本作が実現することもなかったチアダンス界伝説の二人なのです。 本作で前田コーチが指導に苦労したことは、チアダンスでフォーメーションを組んで踊り、24人で全米大会に挑むという設定だったのですが、全員揃わないと形を作ることができない中、今が旬な若手女優陣が集まっているので、数えるほどしか24人のメンバー全員が集まっての練習ができなかったことだと言います。 広瀬らメインキャスト達は、チアダンス経験のあるメンバーと同じレベルで息も合せて披露しなければならず、その苦労は並大抵のものではなかったに違いありません。 高校三年間を追ったリアルドキュメンタリー 本作の基になったのは、2009年、世界を揺るがした高校生たち。 福井県福井商業高校のチアリーダー部が本場アメリカのチアダンス選手権大会で優勝した奇跡の実話。 そんな女子高生たちと鬼教師のできっこない三年間が描かれています。 オーディションで選ばれた部員が先にチアダンスを取得している中に入り、チアダンス部員を演じる広瀬らメインキャストたちは、ダンス未経験から半年かけて練習を積みました。 南乃はチアリーディング経験者ですが、それでも動きが早すぎて最初は全然ついていけなかったと言います。 映画の半分くらいをダンスシーンが占めていて踊る種類も多く、広瀬らは撮影中も空き時間はずっとダンスの練習をしていたと語っており、彼女たちが女優として本作で成長すること間違いなしの経験になったと思います。 最後の一か月はダンス経験者の福原でさえ、悔し涙を見せるほどのハードな練習をみっちり行いました。 新潟合宿を行い、多い時は一日六時間も練習を重ね、アメリカ西海岸サンディエゴでの全米大会の撮影に挑みました。 彼女たちが魂を注ぎ込んで作り上げたダンスシーンは必見です! 決勝の演技後、早乙女先生に部員たちが抱きつくシーンの涙は演技ではなく、彼女たちがこれまで積み重ねてきた思いがあふれ出した本物の涙に違いありません。 本作の中で描かれている部員たちの悲喜こもごもなエピソードは初代JETSだけでなく、何年間ものエピソードを織り込んでおり、笑って泣けるリアル・エンターテイメントになっています。 クライマックスの圧巻のダンスシーンに向けて 本作ではクライマックスのアメリカ西海岸サンディエゴでの全米大会に向けて時には泣き励まし合いながら日々練習を重ねていくJETSのメンバーたちが描かれていますが、最初の公式戦・福井大会で失敗してしまうシーンの後は、練習シーンのみで公式戦は最後の全米大会まで見せない構成になっています。 ですので、ひかりたちがだんだんと一致団結し、ダンスが上達していく中で「早く全員が揃って踊っているところを観たい!!」という観客の気持ちもクライマックスに向けてどんどん高まっていきます。 全米大会のシーンでは、アメリカNo. 1のチアダンスチームが撮影に参加。 ひかりたちを奮い立たせるド迫力の本場のチアダンスを披露してくれています。 ひかりをセンターにフォーメーションが秒単位で変わり、ジャズは彩乃、ヒップホップは唯といった具合にそれぞれの見せ場もとても格好良く、「よくここまで!」とそれまでの彼女たちの努力を作中で観てきているので感動の涙がこみ上げてきます。 2分30秒の演技はあっという間に終わってしまい、それぞれのキャストがどんな表情でどう踊っていたか、巻き戻して何度も観直したい!と思ってしまうこと間違いなしの素晴らしいシーンに仕上がっています。 「明るく素直に美しく!」映画を観れば夢を叶える方法がわかる! 本作には夢を持っている中高生や今夢に向かって頑張っている方たち、それを指導する方たちに役立つ、素敵な場面がたくさん登場します。 早乙女先生は厳しくユーモアのあるキャラクターで描かれており、彼女が指導するチアスリピッツ、「笑顔と挨拶」「自分を信じる」「仲間を信じる」「素直さ、感謝の心を持つ」「具体的な短期的な夢、長期的な夢を夢ノートに書く」「書いた夢を定期的に読み返す」などには、チアダンスに限らず、どんな人にもどんな場面でも当てはまる、夢を叶えるために最も大切なことがぎっしり詰まっています。 金八先生の女版!?熱血教師・早乙女先生の熱すぎる指導 初代JETSをともに指導した前田コーチに「金八先生の女版」と言われているのが、福井商業高校チアリーダー部顧問の五十嵐裕子先生。 熱血教師・早乙女薫子のモデルとなった五十嵐先生は、作中でも描かれているようにバトン部をチアダンス部に変え、生徒の猛反発を買うも「前髪禁止」「恋愛禁止」「ネイル禁止」を貫き、生徒を精神面から鍛えました。 そして、「夢を実現した人を生徒に意識させる」ため、福井県出身で宝塚歌劇団の娘役でトップになった方や劇団四季で活躍している方を引き合わせ、夢を実際に叶えるプロセスを生徒たちに強く意識させたそうです。 天海は薫子を演じるにあたって、監督から「松岡修造さんみたいにお願いします。 」と言われたそうで、役柄である薫子も松岡修造の本を愛読している設定になっています。 前田コーチは五十嵐先生に「いつかフロリダに行きましょう!」と言われ、「とにかく五十嵐先生の熱い思いが生徒の心を動かし、前田コーチ自身も知らない間に良い洗脳をされて、三年で全米大会に行くことが実現した。 」と語っていました。 主題歌は大原櫻子の新曲「ひらり」 本作の主題歌を歌うのは、広瀬すずとは親友同士だという歌手で女優の大原櫻子の新曲「ひらり」に決定。 純粋にまっすぐに夢を追うという気持ちを、春にピッタリな桜たっぷりのMVに乗せてミディアム・バラードでしっとりと歌い上げています。 また、同CDに収録されている「蒼い季節」は、夢に向かって青春を突っ走る、明るく元気な楽曲になっており、こちらも作中の挿入歌として使われているので、映画と併せて聴いてみてくださいね。 ちなみに大原も本作に少しだけ出演しています。 物語のカギを握る役柄なので、見逃さないでくださいね。 広瀬も「最高ですから!」と太鼓判を押す友情コラボにも注目です! いかがでしたか? これまで同様の実話系作品は映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」、「ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で 偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」がありましたが、本作は皆で世界に挑むという意味では圧倒的にNo. 1のスケールと感動を味わうことができる作品です。 ただいま、本作のモデルとなった県立福井商業高校のJETSのメンバーたちは、前代未聞の5連覇に挑んでいます。 映画だけでなく彼らがどこまで高みに昇りつめていくのか?そちらも気になってしまいますね。

次の