二ノ 国 映画 ネタバレ。 映画『ニノ国』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

映画『二ノ国』評価は?ネタバレ感想考察/異世界の僕は誰?コトナを救う方法とは?

二ノ 国 映画 ネタバレ

ユウ・ハル・コトナの3人は、同じ高校に通う幼なじみ。 かけがえのない親友でした。 ある日、ユウとハルは魔法世界 「二ノ国」へと迷い込んでしまいます。 二ノ国は現実世界(一ノ国)と隣り合わせにあり、命の繋がったもう1人の自分がいる世界。 ここで、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会います。 そして、彼女に死の呪いがかけられたことをきっかけに世界の残酷なルールを知るのです。 そのルールとは 「二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払う」こと。 つまり、どちらかの命を救えばもう一方が死ぬのです。 二ノ国ではアーシャ姫が。 一ノ国ではコトナが死の呪いにかけらた状態。 ユウはアーシャ姫を守るため、ハルはコトナを守るために敵対することに。 主人公のユウとハルは、唯一無二の親友。 しかし、ユウは二ノ国に住むアーシャ姫に恋をして、彼女を守るためにハルと敵対することになります。 愛する人を守るために親友同士が戦うという、緊迫感のあるストーリー。 キャッチコピーは「命を選べ。 」 命の選択という究極のテーマを扱った、青春ファンタジー映画です。 二ノ国の評判は?面白いかつまらないか 次に、映画『二ノ国』に関するネット上の口コミ評判をまとめてみました。 結論から言うと賛否両論です。 「世界観やストーリーが好き」「感動した」という人もいれば、一方で「面白いけどストーリーが雑」「展開についていけない」という口コミもあります。 期待値が高かった映画なので、評価が厳しくなるのは仕方がないでしょうね。 ただ、スタッフが実力派ぞろいなのでクオリティは高いです(あと、主題歌がかっこいい) 以下、口コミを「面白い派」と「つまらない派」の2つに分けてそれぞれ紹介していきます。 面白い派の口コミ 二ノ国さっそく観てきましたー!とっても面白くてワクワクして最高でした 二ノ国は、原作知らないんだけど楽しかった!! おじいさんの予想はついてたけど、最後のはなるほど!ってなった!! 子供向けかなと思ってたけど、予想以上に作り込まれててよかった。 ラストに謎解きがあるけれど語られなかった背景に気づくと面白さが増す。 二ノ国めっちゃ面白かった。 胸がきゅっとなる切ない冒頭で一気に物語に引き込まれたと思ったら、一転、少年心をくすぐられるような二ノ国ワールドが広がっていき、最後はどんな結末になるんだろうと夢中になって視聴できました! 誰かを想い、行動する、愛の繋がりを感じる作品でした。 幼なじみとか仲間と冒険するっていいよね。 パラレルワールドを経て、それぞれの意思や覚悟、道を選択するストーリー。 もーぅ、恋は盲目と言うけど青春だね!ファンタジー世界が素敵すぎた!そして最後はまさかの展開…! 背景の美しさ、音楽、ラストの展開も希望通りと、なかなか良かったです。 こちらもネタバレにならない範囲で紹介します。 二ノ国はえ?そうだったの?!ていうところが多かったです 結論から言うと「ジブリまがいになってしまった」と言う感じ。 ストーリー、キャラ造形は王道 やや古い感はある。 キャラデザはジブリ風 そもそも原作ゲームはジブリがグラやってる 、音楽が久石譲なので序盤とかは特にジブリ感をバシバシ出してくる。 二ノ国もイナイレもただの日野の自己満足のためだけの作品 ファンのことを考えてない 二ノ国、ゲームは未実施、予備知識無しで試写会へ。 テンポも割かし良くて、世界観や音楽も良いなぁと。 中盤あたりで、え?そう展開するの?なんか無理矢理じゃない? 終盤は、なんでよー。 ちょっと待って。 なんか、セリフが段々臭くなっていってるよ!?…という心境だった。 ストーリーに納得出来ない点が多かったです。 納得いかなかった部分が全てネタバレに繋がる内容なので言えないのですが、語られるべき所が語られていなかったり、終盤で明らかになる点が序盤でバレバレ 少なくとも僕は分かりました 、最後の最後の種明かしの時、思わず心の中で「…ん?」と言ってしまいました。 しかし脚本があまりにも残念である。 設定のアラが酷い。 矛盾点が多く、「ええっ?www」と思っては映画に集中できない。 キャラクターにセリフで「説明」させるのもやめろ。

次の

映画『二ノ国』酷いで始まりクソッタレで終わる。評価&感想【No.593】

二ノ 国 映画 ネタバレ

ユウ・ハル・コトナの3人は、同じ高校に通う幼なじみ。 かけがえのない親友でした。 ある日、ユウとハルは魔法世界 「二ノ国」へと迷い込んでしまいます。 二ノ国は現実世界(一ノ国)と隣り合わせにあり、命の繋がったもう1人の自分がいる世界。 ここで、2人はコトナにそっくりなアーシャ姫と出会います。 そして、彼女に死の呪いがかけられたことをきっかけに世界の残酷なルールを知るのです。 そのルールとは 「二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払う」こと。 つまり、どちらかの命を救えばもう一方が死ぬのです。 二ノ国ではアーシャ姫が。 一ノ国ではコトナが死の呪いにかけらた状態。 ユウはアーシャ姫を守るため、ハルはコトナを守るために敵対することに。 主人公のユウとハルは、唯一無二の親友。 しかし、ユウは二ノ国に住むアーシャ姫に恋をして、彼女を守るためにハルと敵対することになります。 愛する人を守るために親友同士が戦うという、緊迫感のあるストーリー。 キャッチコピーは「命を選べ。 」 命の選択という究極のテーマを扱った、青春ファンタジー映画です。 二ノ国の評判は?面白いかつまらないか 次に、映画『二ノ国』に関するネット上の口コミ評判をまとめてみました。 結論から言うと賛否両論です。 「世界観やストーリーが好き」「感動した」という人もいれば、一方で「面白いけどストーリーが雑」「展開についていけない」という口コミもあります。 期待値が高かった映画なので、評価が厳しくなるのは仕方がないでしょうね。 ただ、スタッフが実力派ぞろいなのでクオリティは高いです(あと、主題歌がかっこいい) 以下、口コミを「面白い派」と「つまらない派」の2つに分けてそれぞれ紹介していきます。 面白い派の口コミ 二ノ国さっそく観てきましたー!とっても面白くてワクワクして最高でした 二ノ国は、原作知らないんだけど楽しかった!! おじいさんの予想はついてたけど、最後のはなるほど!ってなった!! 子供向けかなと思ってたけど、予想以上に作り込まれててよかった。 ラストに謎解きがあるけれど語られなかった背景に気づくと面白さが増す。 二ノ国めっちゃ面白かった。 胸がきゅっとなる切ない冒頭で一気に物語に引き込まれたと思ったら、一転、少年心をくすぐられるような二ノ国ワールドが広がっていき、最後はどんな結末になるんだろうと夢中になって視聴できました! 誰かを想い、行動する、愛の繋がりを感じる作品でした。 幼なじみとか仲間と冒険するっていいよね。 パラレルワールドを経て、それぞれの意思や覚悟、道を選択するストーリー。 もーぅ、恋は盲目と言うけど青春だね!ファンタジー世界が素敵すぎた!そして最後はまさかの展開…! 背景の美しさ、音楽、ラストの展開も希望通りと、なかなか良かったです。 こちらもネタバレにならない範囲で紹介します。 二ノ国はえ?そうだったの?!ていうところが多かったです 結論から言うと「ジブリまがいになってしまった」と言う感じ。 ストーリー、キャラ造形は王道 やや古い感はある。 キャラデザはジブリ風 そもそも原作ゲームはジブリがグラやってる 、音楽が久石譲なので序盤とかは特にジブリ感をバシバシ出してくる。 二ノ国もイナイレもただの日野の自己満足のためだけの作品 ファンのことを考えてない 二ノ国、ゲームは未実施、予備知識無しで試写会へ。 テンポも割かし良くて、世界観や音楽も良いなぁと。 中盤あたりで、え?そう展開するの?なんか無理矢理じゃない? 終盤は、なんでよー。 ちょっと待って。 なんか、セリフが段々臭くなっていってるよ!?…という心境だった。 ストーリーに納得出来ない点が多かったです。 納得いかなかった部分が全てネタバレに繋がる内容なので言えないのですが、語られるべき所が語られていなかったり、終盤で明らかになる点が序盤でバレバレ 少なくとも僕は分かりました 、最後の最後の種明かしの時、思わず心の中で「…ん?」と言ってしまいました。 しかし脚本があまりにも残念である。 設定のアラが酷い。 矛盾点が多く、「ええっ?www」と思っては映画に集中できない。 キャラクターにセリフで「説明」させるのもやめろ。

次の

映画『二ノ国』感想。脳筋クソザコ暗黒騎士は今日も支離滅裂

二ノ 国 映画 ネタバレ

ある日、突然何者かに襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へと引き込まれる。 次第にユウはコトナにそっくりな二ノ国の姫、アーシャに惹かれていく。 コトナを救いたいハル。 アーシャを守りたいユウ。 大切な人の命をかけた<究極の選択>が迫るとき、2人が下した決断とは—? 引用:「TOHOシネマズ」公式サイト 制作総指揮を「 妖怪ウォッチ」や「 イナズマイレブン」でお馴染みの レベルファイブのCEO・ 日野晃博さんが担当し、監督をスタジオジブリの「 火垂るの墓」の原画や「 平成狸合戦ぽんぽこ」の絵コンテ作画、「 もののけ姫」のCG制作を担当した 百瀬義行さんが務め、 音楽をスタジオジブリでお馴染みの 久石譲さんが担当しています。 スタジオジブリにずっと関わってきた 百瀬義行さんが監督を務めているということで、綺麗な背景の描写やジブリっぽい雰囲気の絵に期待できそうですね^^ また、スタジオジブリの 宮崎駿監督作品の全ての音楽を担当した 久石譲さんの曲は間違いないと思います。 エンディングの主題歌「 MOIL」を歌うのは 須田景凪さん、ニコニコ動画の歌い手としてデビューし、ボカロP「 バルーン」として活動されていて、2017年10月からは「 須田景凪」名義でシンガーソングライターとして活動されているそうです。 映画に合ったステキな曲なのでぜひ聴いてみてください^^ 二ノ国【映画】主なキャストは? ユウ ============== 豪華本人解説付き!! いつも一緒にいるハルとコトナとは幼馴染だが、実はコトナに密かな思いを抱いている。 主人公・ ユウの声を人気俳優の 山崎賢人さんが、主人公の親友・ ハルを映画「 ちはやふる」で第40回日本アカデミー賞・新人賞を受賞した 新田真剣佑さんが担当し、ヒロイン・ コトナと アーシャ姫を人気女優の 永野芽郁さんが担当していることもあり、声優陣がかなり豪華です。 意外にも 山崎賢人さんや 新田真剣佑さんは声優初挑戦で、 永野芽郁さんは日本語吹き替え声優の経験はあるもののアニメ声優は初挑戦だそうですよ。 「二ノ国」に転送された ユウと ハルでしたが、 ユウは歩けるようになり、想いを寄せる コトナにそっくりな アーシャ姫に出会います。 「二ノ国」で不自由なく生きていくのか、「一ノ国」という現実で目を背けながら生きていくのかという葛藤に悩まされる主人公・ ユウと、一ノ国で恋人・ コトナと一緒にいたい ハルが対立していきます。 予告では、 コトナと魂の繋がる アーシャ姫が助かると、 コトナは代わりに亡くなってしまうというようなことを言っています。 今まで発売された「二ノ国」のゲームではそのような設定は無く、 「一ノ国」と「二ノ国」の住人は魂が繋がっていて、片方の世界で苦しむと、もう片方の魂の繋がった人物も苦しんだり不幸になるという設定でした。 予告だけですが、今回、あくまで ハルは、悪役の ガバラスから アーシャ姫が助かると コトナが助からないと聞きます。 そのため、実は ハルは ガバラスからウソをつかれていて、 アーシャ姫が助かると コトナも助かるのではないかと思っています。 ですが、映画とは別の設定となっている可能性もあります。 ゲーム「二ノ国」では 魂のリンクを断ち切るという裏技的な行為もあるため、どちらにせよ二人とも助かるのではないでしょうか。 ハルやユウの「二ノ国」で魂の繋がった人物は? そして、気になるのが、「一ノ国」と「二ノ国」には、魂の繋がった人物がいる設定なので、主人公・ ハルと ユウの「二ノ国」での魂の繋がる人物は誰になるのか、 ガバラスや ヨキの「一ノ国」の魂の繋がった人物は誰なのかと言った点。 キャラクターから考察すると、 「一ノ国」と「二ノ国」の魂の繋がる人物の共通点は、目の色が同じなことです。 アーシャ姫と コトナ、 サキと ヴェルサは、同じ目の色をしています。 そこから考察すると、エスタバニア王国の長で、 アーシャ姫の父でもある フランダー王の頼れる右腕で怪しい人物・ ヨキと、悪役の ガバラスは同じ緑色の目をしています。 実は、 ガバラスは「一ノ国」の人物で、そして実は真の黒幕の ヨキと魂が繋がっているのではないかと思っています。 また、 フランダー王と お爺さんは同じ青色の目なので、魂が繋がっていると思います。 予告では主人公・ ハルと ユウと同じ目の色の人物が出ていないのが気になりますね。 ゲーム「 二ノ国」では、 主人公とラスボスの魂が繋がっているという衝撃の展開でした。 映画では、さすがにそんなわかりやすい展開にはしないだろうと思ったので、 ハルと ユウと魂の繋がった人物は意外なところで出てくるか、もしくは既にリンクが切れていて亡くなっているのかもしれません。 なぜガバラスはエスタバニア王国を支配したいのか? では、 ガバラスは何のためにエスタバニア王国を支配したいのか、 アーシャ姫を亡き者にしたいのでしょうか。 「二ノ国」のラスボスの目的は、人々から感情や心を奪い、争いのない世界を作ることでした。 実は、 映画「 二ノ国」の悪役・ガバラスも、悲しい事実があり、そんなに悪い人物では無いという展開だと思っています。 二ノ国で愛する人ができたがエスタバニア王国のせいで亡くなってしまったとか、エスタバニア国王の女王は登場していないので、実はガバラスと女王は恋仲だったのに、フランダー王に奪われたとか、そう言った理由なのではないでしょうか。 もし、「二ノ国」の人物が助かると「一ノ国」では助からないというのが真実なのだとすると、実は ガバラスは コトナに関係する人物で、 アーシャ姫を亡き者にすることで コトナを助けたいといった理由なのかもしれません。 映画の核となるであろうガバラスの目的に注目ですね^^ 映画「二ノ国」の結末は? もし、スタジオジブリのような話題を狙っているとすると、ハーピーエンドな結末になると考察しています。 ユウと ハルは助けたい人物が違うので、お互いぶつかり合いますが、最終的には仲直りして、 アーシャ姫も コトナも助かるのではないでしょうか。 また、悪役・ ガバラスも実はそんなに悪い人物ではなく救われるのではないかなとも思っています。 ユウは「二ノ国」に行くことで足が不自由だったのが治っています。 その心中から察すると、 アーシャ姫と一緒に「二ノ国」に残るのが幸せなのかなと思いますが、「一ノ国」にも親などの家族がいるわけで…。 最後には好きに世界を行き来できなくなる展開になると思うので、 ユウは現実を受け入れて「一ノ国」で生きていくことを選択するのではないかなと思います。 果たしてこの考察はあっているのでしょうか、ぜひ劇場で確かめてみてくださいね。 ある日、 コトナが通り魔に刺され、命を落としかけることに。 コトナを病院に運ぼうとしてる時に、 ユウと ハルは「二ノ国」へ。 「二ノ国」に迷い込んだ ユウと ハルは、呪いにかかっていた アーシャ姫を助けることに。 ユウは、 アーシャ姫の呪いを解き、恋に落ちます。 そして、 ユウと ハルは再び「一ノ国」へ。 すると、 コトナの怪我は治っていたものの、病気で亡くなりかけていました。 ユウは、 「一ノ国」と「二ノ国」には魂の繋がっている人物がいて、片方が亡くなると、もう片方も亡くなってしまうことを昔、謎の お爺さんに言われた事を思い出します。 そのため、 ユウは、 アーシャ姫を助ければを コトナも助かると ハルを説得します。 しかし、 ハルは、 アーシャ姫を助けたから コトナが亡くなりそうなのだと勘違いしてしまうのです。 そして、 ハルは アーシャ姫を亡き者にしようとしてしまうのです。 こうして、 アーシャ姫と コトナを救おうとする ユウと、 アーシャ姫を亡き者にして コトナを救おうとする ハルが、命をかけて戦うことに。 そんな中、 ユウは、裏切り者がエスタバニア王国にいることを突き止めます。 その 裏切り者は、フランダー王の右腕: ヨキでした。 真相が明らかになり、 ユウと ハルは協力することに。 また、 謎の お爺さんは、昔「二ノ国」を救った元勇者であり、 ユウにも勇者の力が眠っていることを教えてくれました。 そして、怪物に変形した ヨキを、 ユウが油断させ、 ハルが止めを刺すことに成功します。 それにより、 アーシャ姫と コトナも助かりました。 ユウは「二ノ国」に残り アーシャ姫と、 ハルは「一ノ国」で コトナと幸せに暮らすことになりました。 ちなみに、 ユウは元々「ニノ国」出身で、「一の国」の ハルと魂が繋がっていたことが判明します。 ハルは、 ユウに関する記憶が コトナたちから消えていくことに寂しさを覚えますが、自分の中に ユウの存在を強く感じるのでした。 更新:映画「二ノ国」の結末ネタバレの感想 当初の予想通り、ゲームと同じく、 アーシャ姫が助かれば コトナも助かるという展開でした。 「一ノ国」の ハルや ユウと魂の繋がった人物は誰だろうと思っていましたが、まさか 「一ノ国」の ハルと「二ノ国」の ユウ(「一ノ国」にいた ユウ)が繋がっているとは思いませんでした。 ヨキが黒幕なのも予想通りでしたね^^ ジブリのような雰囲気もあり、ストーリーや展開もわかりやすくて音楽が良いので、 小・中学生を中心に幅広い世代が楽しめる作品だなと思いました。 ただし、 新海誠監督の「 天気の子」や 細田守監督の「 サマーウォーズ」、 宮崎駿の ジブリ映画、 ディズニーのアニメ映画と比べると、かなり見劣りするのは事実です。 映画「 二ノ国」はどんな予想のつかない結末が待っているのか、とても楽しみですね^^ 声優初挑戦の 山崎賢人さんや 新田真剣佑さん、アニメ声優は初挑戦の 永野芽郁さんに注目してみてください。 映画「 二ノ国」は、 2019年8月23日(金)から公開中です。

次の