三井 ダイレクト 自転車 保険。 三井ダイレクト損保

自転車事故に備えられるようになった!三井ダイレクト 自動車保険に自転車向け特約を付帯した時の保険料・補償・評判・メリット・デメリットを他社と比較して評価

三井 ダイレクト 自転車 保険

自動車保険はロードサービスや事故対応のの評判が気になりつつも、 やっぱり決め手になるのは保険料の安さです。 もし、できるだけ安く抑えたいならしてみましょう! 保険料はどこの会社もそこまで変わらないと思われているかもしれませんが、同じサービス内容でも会社によって 平均35,000円近く安くなることもあり、 5万円以上安くなったという方もいます。 同じサービス内容なのに値段がここまで変わるのかと驚かれることでしょう。 さらに、 補償内容を見直せば数万円単位でグンと安くなることもあります。 ロードサービスや事故対応の評判が気になるのであれば、保険料を比較した上で安い会社から評判を調べると、調べる手間が少なくなるのでおすすめです。 自動車保険はおとなの自動車保険か三井ダイレクトどっちがおすすめ? テレビcmなどでも露出の高い両社ですが、どういった方におすすめなのかは分からい方も多いのではないでしょうか。 ここでは、どういった方におすすめなのかを紹介していきます。 1-1. おとなの自動車保険はこんな人におすすめ! おとなの自動車保険は、年齢が上の方であればよりメリットを享受できます。 では、どういったことなのか詳細を解説していきます。 1-1-1. 40代や50代の方 おとなの自動車保険は、その名の通り特に40・50代の方におすすめの自動車保険です。 事故率は、40・50代が一番少ないというデータがあります。 おとなの自動車保険はそのことに着目し、40・50代の保険料を割安に設定しています。 1-1-2. 常に安心感が欲しい方 常に安心感が欲しいという方にはおすすめです。 「つながるボタン」というボタンを車に取り付けることで、事故の際にそのボタンを押すだけで保険会社へと繋がります。 そして、ALSOKの隊員が事故現場へと駆けつけてくれて、相手方からのヒアリングや現場の写真撮影などを行ってくれますよ。 事故後は気が動転していることもあるので、非常に安心で心強いサービスと言えそうです。 1-1-3. 子どもも保険にいれたい方 自分だけでなく、同じ車で子どもも運転するため、子どもにも対応した保険に加入したいという方にはおすすめです。 通常であると、40・50代の方が保険に入っていても、子どもが運転できる若い年齢まで対応させようとすると、子どもの年齢に合わせた保険料となり非常に高くなってしまいます。 しかし、おとなの自動車保険の場合、加入している40・50代の方の保険料をベースとして、追加で子どもの保険料を支払う形になります。 そのため、子どもが同じ車で運転するとしても、保険料を安く抑えることが可能です。 1-2. 三井ダイレクトはこんな人におすすめ! メディアの露出は多いですが、どういった特徴があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、どのような方におすすめなのかを詳しく解説していきます。 1-2-1. 事故対応力で選ぶ方 事故対応力で保険会社を選ぶ方には、三井ダイレクトはおすすめです。 保険で一番重要とも言える事故対応力ですが、三井ダイレクトは「楽天自動車保険満足度ランキング2018」において、「事故対応満足度1位」を獲得しています。 そのため、事故対応力の高さを裏付けていると言えます。 1-2-2. スピーディな対応を求める方 三井ダイレクトでは、スピーディな事故対応を掲げていることが特徴です。 保険金の平均支払所要日数は34. 9日となっており、とてもスピーディな対応と言えるでしょう。 また、契約者専用の「Myホームページ」があり、そこでタイムリーな経過報告を受けることができます。 そのホームページ上で相談や質問などもできるので、安心して経過を見守ることができます。 1-2-3. よくお出かけする方 ドライブやレジャーなどで、よくお出かけする方におすすめです。 三井ダイレクトには、「お得なクルマ生活応援サービス」というサービスがあります。 これは、レジャー施設や宿泊施設などを特別割引価格で利用できるといったサービスです。 しかも、優待対象施設は、国内外で20万か所以上という数です。 三井ダイレクトに加入したら、もっといろいろな所へおでかけしたくなりますね。 おとなの自動車保険か三井ダイレクトか?【評判・口コミ】の違いは? それぞれの会社に、契約者にとっていろいろなメリットがありますが、実際の評判や口コミも気になりますよね。 ここでは、インターネット上の実際の口コミや評判を紹介していきます。 2-1. おとなの自動車保険の口コミ やはり、40・50代の方の保険料が安いという口コミが多く見られます。 「50歳を超えているが、十分すぎるほどの補償をつけても他社の半額で加入できた」というものや、「息子も運転できるように保険を拡張したが、他社よりも安い保険料であった」という口コミが目立ちます。 実際に利用しても、40・50代以上の方にはとても評判が良いことがうかがえます。 2-2. 三井ダイレクトの口コミ こちらの口コミは、事故対応の安心感を伝える口コミが多く目立ちました。 「事故で気が動転していた際、落ち着いた柔らかな対応をしてもらい、非常に助かった」というものや、「体を気遣ってくれて、気が動転していたが安心することができた」などがありました。 大手保険グループの安心・安定感を垣間見ることができます。 また、「初期対応が非常にスピーディだった」という口コミもあり、スピーディさを売りにしている部分も裏付けが取れると言えそうです。 おとなの自動車保険か三井ダイレクトか?【保険料】の違いは? 両社ともにさまざまなメリットがありますが、保険料も気になるところですよね。 両社の保険料の特徴について紹介します。 3-1. おとなの自動車保険の保険料 30代までの保険料は、他のダイレクト型保険会社と肩を並べる程度ですが、40代からは他社よりも安くなる可能性が非常に高くなります。 そのため、40代以上の方は安くすませることが可能となるでしょう。 3-2. 三井ダイレクトの保険料 三井ダイレクトの場合、必要な補償のみをユーザーが選択することができます。 そのため、保険料を安くしたいという方は、補償を除外することで安くすることが可能です。 おとなの自動車保険か三井ダイレクト?【補償内容】の違いは? 自動車保険の中でも重要項目である補償内容ですが、両社それぞれに特徴があるので紹介をしていきます。 4-1. おとなの自動車保険の補償内容 他社と同じように個人賠償責任特約がありますが、おとなの自動車保険の場合は補償額が無制限という長所があります。 これにより、日常生活において他人に怪我をさせてしまったり物を壊してしまった場合でも、非常に安心することができます。 家族が起こした場合や自転車事故なども含まれますので、車に乗っていても降りていても非常に安心ですね。 4-2. 三井ダイレクトの補償内容 他社と比較しても遜色ない補償内容であり、これと言って際立った特徴がないとも言えます。 しかし、補償内容をユーザーのニーズに合った合わせて細かく設定できるので、本当に自分が必要なものだけを取捨選択することが可能です。 おとなの自動車保険か三井ダイレクト?【事故対応・ロードサービス】の違いは? 補償内容と同様に、非常に重要な項目である事故対応・ロードサービスですが、両社で明確に違いがあります。 では、両社の特徴を紹介していきます。 5-1. おとなの自動車保険の事故対応・ロードサービス 事故の際、つながるボタンですぐに連絡が取れ、ALSOKが駆けつけてくれるので非常に安心感を感じることができます。 そして、おとなの自動車保険の場合は、ロードサービスが有料オプションになるので注意が必要です。 しかし、全国におよそ1万3千ものロードサービス拠点があるので非常に安心です。 そして、レッカー移動は最大で300km程度の無料補償が付いており、かなりの距離をレッカーしてくれるので安心することができます。 更に、事故で帰宅できない際の宿泊費用は1万円まで補償があり、移動費用については一人2万円の補償があります。 ロードサービスはオプションで有料ですが、非常に心強いものであると言えそうです。 5-2. 三井ダイレクトの事故対応・ロードサービス 三井ダイレクトの場合は、ロードサービスは無料で付帯します。 しかし、ロードサービス拠点は約3800か所となっており、おとなの自動車保険よりも圧倒的に少なくなってしまいます。 レッカー移動は、50kmまでは無料補償が付いています。 また、事故で帰宅できない際の宿泊費用や移動費用などの補償はありません。 自動車保険の選び方まとめ ここまで、おとなの自動車保険と三井ダイレクトの比較や、選び方のポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 40代以上の方で、保険料の安さや安心感などを求める方にはおとなの自動車保険がおすすめです。 また、スピーディな対応や大手保険会社グループの事故対応能力を求める方は、三井ダイレクトがおすすめと言えるでしょう。 両社共に一長一短があるため、自分のおかれている状況や環境を考慮し、どちらが自分に合った自動車保険なのかを見極めることが重要です。 そうすれば、心から安心してカーライフを送ることができるでしょう。

次の

保険証券を紛失しましたが、再発行はできますか?【自動車保険・バイク保険・ドライバー保険】

三井 ダイレクト 自転車 保険

保険証券の再発行は可能です。 以下の手順に沿って再発行手続きをお願いします。 また、保険証券はご契約者さま向けスマホアプリ「三井ダイレクト損保アプリ」からもご確認いただけます。 スマホアプリではオフライン状態でも保険証券をご確認いただけますので、ぜひご活用ください。 保険証券の再発行手続きの流れ 以下のメール入力フォームより、お問い合わせの種類『その他』を選択いただき、証券再発行のご希望と、「再発行手続きに必要な情報」をご入力して送信してください。 再発行手数料は発生しません。 再発行手続きに必要な情報• 再発行をご希望される契約の「証券番号」• 再発行をご希望される契約の「ご契約のお車等の車名」(注1)• 自動車保険・バイク保険のみの場合となります。

次の

三井ダイレクト損保

三井 ダイレクト 自転車 保険

当サイトおすすめプラン 対人賠償保険 : 無制限 対物賠償保険 : 無制限 人身傷害保険 : 3000万円 搭乗者傷害保険 : 不要 車両保険 : 状況によって必要 必要な特約• 弁護士費用の補償• 対物超過修理費用の補償• 参照 特約(有料オプション)は15種類と多めで、他車運転特約(他人の車で事故を起こした場合にも補償が受けられる)、無保険車傷害特約(無保険車との事故で不足する補償金額を補う)が自動でセットされます。 当サイトですすめる最低限必要な特約は 「弁護士費用の補償」「対物超過修理費用の補償」ですので、三井ダイレクトで契約するなら、さらに「弁護士費用補償特約」「対物超過修理費用補償特約」が最低限必要となります。 参照 その他には必須と言える特約はないので契約者の意向に応じてセットするかたちとなります。 また三井ダイレクトは最近の改定前までは走行距離による保険料区分がない「走り放題」の仕組みとなっていましたが、改定後は8つの走行距離区分が設定され、走行距離の少ないドライバーほどより安く、多いドライバーほどより高い保険料が設定されるようになっています。 全体的には スタンダードな内容と見ることができます。 以下に、インターネット自動車保険でも最も重視すべき 「保険料の安さ」と 「事故対応力」に重点を置いて三井ダイレクトを他社と比較評価します。 保険料は上位レベルの安さ 三井ダイレクトの保険料はインターネット自動車保険の中でも 上位レベルの安さとなっています。 com オリコン 総合評価 SBI損保 1 1 4 A おとなの自動車保険 4 3 1 A チューリッヒ 5 2 2 A 三井ダイレクト 3 5 6 B+ イーデザイン損保 2 6 7 B+ アクサダイレクト 6 4 5 B+ ソニー損保 7 7 2 B セコム損保 8 8 8 B 国内の三大損保、いわゆる 三メガ損保を親グループとするインターネット自動車保険の中では三井ダイレクトが最安となることも多く、コストパフォーマンスに優れています。 近年は自動車保険の価格破壊とも呼べるSBI損保やチューリッヒなどが存在感を強めつつありますが、 国内大手損保グループの安心感も加味すれば決して引けをとってはおらず、この保険料の安さは三井ダイレクトの大きな強みのひとつです。 2018年の保険料安さリサーチでは中くらいの順位とやや下げましたが、走行距離による保険料区分が8つに増え、より細かい保険料設定が可能となりました。 3,000km以下(最も安い)• 3,000km〜5,000km• 5,000km〜7,000km• 7,000km〜10,000km以• 10,000km〜12,000km• 12,000km〜15,000km• 15,000km〜20,000km• 20,000km超 走行距離が少なめなドライバーの場合は保険料がより安く抑えられる可能性があるので、実際に見積もりをとって比較してみるのがおすすめです。 さらに近年では無事故期間の長いドライバーの保険料を割引して優遇する 「長期無事故割引」も新設されました。 コストパフォーマンスを重視するなら、これらの特徴は知っておきたいところです。 標準的な事故対応力 三井ダイレクトの事故対応力とロードサービスを他社と比較すると以下のようになります。 com、オリコン、JDパワー社、各社公式サイト まず事故対応力については、現在、自動車保険の満足度調査で最も権威ある存在のJDパワー社の事故対応満足度調査において、近年、三井ダイレクトは標準的な評価を受けています。 事故処理拠点地域が4地域(東京 名古屋 横浜 大阪)と少なめである点は気になりますが、同グループの三井住友海上とも提携して対応するため、安定した事故対応が期待できます。 事故の初期対応時間も平日・休日9時〜19時と比較的長めとなっている点も良いです。 ロードサービスについては、バッテリー上がりへの対応が「保険期間中1回まで」であったり、車が使えなくなった際の帰宅・宿泊費の補償有料オプションであったりとやや制限がありますが、標準レベルは十分満たしていると言えます。 参照 総評&どんな人が三井ダイレクトを選ぶべき? 「安い保険料」と「三井住友グループの安定した事故対応力」に特徴を持つ三井ダイレクトは コストパフォーマンスと安定性を重視して自動車保険を選びたい方には有力な選択肢となります。 ただし実際の保険料を見積もってみると、様々な条件により保険料が異なってくる可能性もありますので、比較見積もりサイトも利用しながら吟味していくのが最善です。 当サイトの他社の比較レビュー、自動車保険ランキングもぜひご参照ください。

次の