鏡面仕上げ 金属。 金属研磨剤のおすすめ8選!ピカールやブルーマジックも紹介

金属磨きのおすすめ人気ランキング10選【ピカールの液体タイプ・クロスタイプも】

鏡面仕上げ 金属

ステンレス鋼とは、鉄に10. 5%以上のクロム(Cr)を含有した合金鋼の総称で、そのことにより、錆びにくい金属:ステンレスになります。 鉄にクロムが混ぜられると、表面にうすい皮膜(不動態皮膜)ができます。 この膜は傷ついても、すぐに新しい膜が再生され、錆の発生を防ぎ、キレイな状態を保ちます。 鉄に比べて、耐食性・耐久性・意匠性などで、非常に優れた特性を備えています。 とりわけ、耐食性の優位性により、外部においては下地で使用されることも多数あります。 また、金属の美観をそのまま利用できる特性は、内・外装において、差別化や高級化に寄与しています。 一般的に国内の建材として、最も多く使用されているのは、オーステナイト系ステンレスの代表的な鋼種であるSUS304です。 18%のクロムと8%のニッケル(Ni)を添加することで、耐食性に優れた金属組織を生成しています。 また、機械的性質や溶接性が良好であることも特徴の一つです。 海岸地域など環境の厳しい場所では、SUS316・フェライト系スーパーステンレス・二相系ステンレスなどを選択する場合もあります。 ステンレスのメタリック感と、絹のような滑らかなマット感を両立させた仕上げです。 仕上番号が大きくなるにつれて目が粗くなっています。 パネル・建具・見切りや飾り金物など、建物の内・外装やインテリアに、金属の質感を残しつつ落ちついた雰囲気を作り出します。 光沢や目の調整についても対応します。 また、加工・仕上げにより損なわれたステンレスの本来の性能を修復する、不動態皮膜処理を施すこともできますので、合わせてご相談ください。 -下記リンクご参照ください-• それ以外の組合せも対応できますので、ご相談ください。 M-R10は、B-R10より光沢が増した仕上げになります。 ベース材の仕上げを工夫することにより調整しています。 メタリック感を抑えたマットな味わいになっています。 B-R10より光沢を落とすことで、材料表面の質が落ちる広巾・長尺板や4㎜以上の中板でも、安定したブラストの仕上がりになります。 -下記リンクご参照ください-• HL(ヘアーライン) KSコートは、真空蒸着法(スパッタリング法)による着色法で、ステンレスの表面にセラミックスを被覆したものです。 さらに、ガラス質(シリカ)の硬い皮膜をコーティングすることで、防汚性と耐食性を高めています。 ステンレスの素材感や表面仕上げの特徴を活かした美麗な色彩が、高級建材としてパネルや建具などに多く使用されています。 シャンパンゴールド色は、ゴールドとシルバーの中間色のような淡い仕上げで、ハードPHLとあいまって、キラキラと輝いています。 その他にも、ブラック・ゴールド・ブロンズ色などありますので、表面仕上げとの組み合わせも含めて、ご検討の際にはお問い合わせください。 耐摩耗性に若干の難点がありますが、対候性・耐食性に優れています。 ステンレスの表面仕上げを活かしながら素地の持つ冷たさや鋭さをやわらげる特徴は、内・外装のパネルや建具などに深みを与えるのに最適です。 アンティーク色は、色を均一にせず自然な仕上がりにすることで風合を出しています。 そのため、サンプルと本番では多少の色調差などがありますので、ご採用の際には事前にご相談願います。 また、アンティーク色に関してはシリカコーティングは必須となります。 他の一般的なカラーも取り扱っておりますので、お問い合わせください。 -下記リンクご参照ください-• KCT02:丸柱パネル KCT02:丸柱パネルは、オーダー金属製品で培ったノウハウを標準化したセミオーダー金属建材ブランド「Kikukawa City Texture」シリーズの製品です。 高級感のあるステンレス材を目地幅ゼロで実現し、高さも4mまでなら一本物で納める規格となってます。 このグレードの高さとコストを両立する丸柱カバーは、ビル建築の内外装への適用はもちろんのこと、小規模建築や短納期のプロジェクトにも対応できます。 HLとPHL仕上げの場合、目地部は角出し曲げも可能です。 -下記リンクご参照ください-• 材種 金属組織区分 化学成分 用途・特徴 SUS304 オーステナイト系 18Cr-8Ni 建材として最も多く使用されており、内外装や設備関係など、すべての用途に適している。 SUS316 オーステナイト系 18Cr-12Ni-2. 5Mo SUS304にモリブデンを加えたもので、より耐食性に優れた鋼種。 海岸地帯、工場地帯、その他塩分や腐食性ガスなどの影響を受けやすい場所での使用が望まれる。 SUS445 フェライト系 22Cr-1. 2Mo Nb. Al含 屋根・外装建材用途および塩化物を含む温水用途に適した材料。 Alを複合添加することにより、表面皮膜を強化し溶接部耐食性能に優れた鋼である。 SUS304や316に比べて熱膨張係数が小さく、長尺屋根など熱による膨張、収縮を繰り返す用途に適している。 日新製鋼NSS445M2他 SUS329J4L 二相系 25Cr-4. 5Ni-2Mo オーステナイト系とフェライト系の二つの金属組織 二相 を持つ材料。 耐応力腐食割れ・耐海水性・耐すきま腐食性を持ち、厳しい環境下での使用が可能であり、多方面に使用されている。

次の

金属研磨剤のおすすめ8選!ピカールやブルーマジックも紹介

鏡面仕上げ 金属

名称 表面仕上げの状 態 表面仕上げの方法 主な用途 No. 表面光沢を必要としない用途に使用。 2D 灰色で光沢が少ない。 一般用材、建材 No. 2B No. 2D仕上げよりなめらかで、やや光沢のある仕上げ。 2D材に鏡面に近いロールで軽く冷間圧延(スキンパス圧延という)をしたもの。 一般用材、建材(市販品の大部分は、この仕上げ品)。 BA 圧延後の表面を引き継ぐが一般に光沢のある表面仕上げ。 冷間圧延後、光輝焼鈍(無酸化焼鈍)を行ったもの、光沢を高めるため、スキンパス圧延をすることもある。 自動車部品、家電製品、厨房用品、装飾用 No. 3 光沢のある、粗い目の仕上げ。 P100~P120番のベルトで研磨したもの。 建材、厨房用品 No. 4 光沢のある細かい目の仕上げ。 P150~P180番のベルトで研磨したもの。 建材、厨房用品、車両、医療器具、食品設備 #240 細かい目の研磨仕上げ。 P240番程度のベルトで研磨したもの。 厨房器具 #320 #240より、さらに細かい目の研磨仕上げ。 P320番程度のベルトで研磨したもの。 同上 #400 鏡面に近い光沢、若干のすじがある。 P400番バフによって研磨仕上げしたもの。 建材、厨房器具 HL ヘアライン 長く連続した研磨目を持った仕上げ。 通常P150~P240番の砥粒研磨ベルトで長い研磨目をつけたもの。 建材の最も一般的な仕上げ。 バイブレーション 無方向性ヘアーライン研磨仕上げ。 多軸水平研磨により、無方向性のヘアーライン仕上げしたもの。 建材 No. 7 高度の反射率を持つ準鏡面仕上げ(研磨目あり) P600番の回転バフにより研磨したもの。 建材、装飾用 No. 8 鏡面 鏡に近い仕上げ(研磨目なし) 最終研磨は鏡面用バフによる。 建材、装飾用、反射鏡 ダル 2Dより目の粗いつや消し仕上げ。 つや消しロールで圧延あるいはショットブラストして表面に細かい凹凸をつける。 建材 エンボス 凹凸の浮出し模様のついた仕上げ。 エッチングまたは機械的に模様を彫り込んだエンボス用ロールで圧延したもの。 建材、装飾用 エッチング 化学処理により模様づけられた仕上げ。 適当な意匠図案を耐酸性の被覆材で覆い、その他の部分を腐食液(塩化第2鉄溶液)で腐食溶解したもの。 美術品、建材、厨房用品 化学発色 数種の色調が得られ、密着性、耐摩耗性が良好。 建材、厨房用品 酸性黒色 酸化着色 数種の色調が得られるが、密着性、耐摩耗性は十分でない。 光学部品、美術品 塗装ステンレス 数種の色調が得られ、加工コストが安い。 合成樹脂系塗料を焼付け塗装する。 建材、厨房器具.

次の

金属の鏡面仕上げ(研磨)について質問です。 当方初心者です。金属(多分アルミ)の小さい板(2センチ四方くらい)を磨いています。

鏡面仕上げ 金属

金属磨き剤とは 出典: 金属が酸素と水に触れると、腐食を起こして錆となります。 また、水にはカルシウムやマグネシウムが含まれていますが、これらのミネラル分が金属表面に付着すると、くすみや白濁した汚れとなって表れます。 金属磨き剤の成分には研磨剤が含まれており、金属の表面についた錆・くすみを削り取ることで、輝きを取り戻すことができます。 また、シリコンのようなコーティング成分も含むタイプは、金属の表面に保護膜を形成します。 コーティング成分による保護膜は、磨いた後の金属面を水や酸化から守る役割があります。 屋外で使用するような場合は、磨いた後も輝きが持続することに期待できます。 金属磨き剤の使い方 出典: 金属磨き剤は、 液体(乳液)・ペースト・固形タイプを中心に販売されています。 液体やペーストタイプの場合、適量を布や対象物に塗布し、伸ばすように研磨作業を行うことが一般的です。 使用する布に関しては、指定されているケースはほとんどありません。 また、くすみ・錆が酷い場合、硬い研磨用スポンジと併用することもあります。 研磨する力が強くなり効果的ですが、その分傷がつきやすくなりますので注意が必要です。 機械を使ったバフ掛けやポリッシュと呼ばれる研磨作業は、高速で回転するブラシを使用して行います。 ブラシ側に研磨剤を塗布して使用しますが、液垂れや伸ばしやすさの問題から、 固形タイプがよく選ばれています。 金属磨き剤の選び方 金属磨き剤には、 研磨剤の粒子の大きさによって研磨力が変わってきます。 くすみ・錆の程度によって、使い分けができます。 また、コーティング成分を含むタイプなら、研磨と同時に金属表面の保護が可能。 より作業の回数を減らすことができます。 尚、金属磨き剤はメッキ処理された製品に向かない場合が多く見られます。 金属膜で覆われたメッキ面に研磨剤を使用すると、金属膜まで削り取ることになります。 一 度傷つけてしまったメッキ面は、磨いても輝きを取り戻すことができないため注意が必要です。 金属磨き剤のタイプで選ぶ 金属磨き剤には、 液体(乳液)・ペースト・布タイプ・固形タイプの4種類があり、対象物にや素材よって使用するタイプは変わります。 また、ブラシを使ったバフ掛けと呼ばれる機械での研磨作業は、ブラシ側に研磨剤を塗布して使用します。 液垂れや伸ばしやすさの問題から、固形タイプがよく選ばれています。 その他、布等に研磨成分を含ませてあるタイプもあります。 磨き剤の量を調整する必要がないので、手軽にお掃除感覚で使えます。 手軽に使える液体タイプ 出典: 液体、またはややとろみのある乳液タイプの金属磨き剤です。 立体的な物に塗布すると流れ落ちてしまうので、 布に染み込ませて使うことが一般的です。 足りない場合は布に注ぎ足すようにして使用します。 使いやすいペーストタイプ 出典: 硬めのクリーム状になっているのがペーストタイプです。 粘り気があり、対象物に塗布しても流れ落ちません。 誰でも扱いやすく、現在多くの製品で使用されているタイプです。 小物に便利な布タイプ 出典: 研磨剤が布に染み込ませてあるタイプです。 メガネ拭きのような柔らかく目の細かい布で、傷もつきにくくなっています。 主に金や銀製品など、貴金属用に多いタイプです。 電動工具に使う固形タイプ 出典: バフ掛けやポリッシュと呼ばれる機械での研磨作業でよく使われます。 研磨作業は高速で回転するブラシなどで行いますが、予めブラシ側に塗布して使用します。 均一な仕上がりが期待できます。 仕上がり具合で選ぶ 金属磨きは 研磨粒子の大きさによって仕上がり効果に差があります。 研磨粒子が大きい方が研磨する力が強くなりますが、傷もつきやすくなります。 また、強固な錆は金属磨き剤の研磨力では除去できない場合もあります。 鏡面仕上げのような光沢感が求められる場合は、より研磨剤の粒子が細かいタイプが向いています。 研磨力は低くなりますが、粒子が細かい分表面をより平滑に仕上げることができます。 くすみを取り除いて質感UP 出典: 一般的に金属磨きと呼ばれる多くがこのタイプです。 明確な定義はありませんが、 錆・くすみ・汚れを取り除いて、金属が持つ本来の質感を取り戻す ことができます。 鏡のような鏡面仕上を目指す 出典: 文字どおり鏡のような鏡面仕上げに使うタイプです。 研磨剤の粒子が細かく、表面を傷つけにくくなっています。 くすみ等がひどい場合、 最初に研磨力の強い磨き剤で下磨きしてから使うとより効果的です。 メッキ面を磨く 出典: メッキは金属の膜で覆う技術です。 皮膜ですから、削ってしまうと地金が露出してしまいます。 一度傷がついたメッキ面は、復活することができません。 メッキには専用タイプを使用しましょう。 貴金属を磨く 出典: 金や銀などの貴金属は、見た目の美しさがとても重要。 傷がつくと大きく価値が下がってしまいます。 貴金属を傷つけずに磨ける磨き剤は、デリケートなアクセサリーなどにも使えて便利です。 金属磨きのおすすめ人気ランキング9選 金属磨きは研磨力の強さで分けられます。 錆やくすみがひどい場合はより強い研磨力を持った金属磨きを、仕上げには研磨粒子が細かい金属磨きを選びましょう。 特にメッキ面の金属磨き剤を選ぶときは注意が必要です。 1位 ピカール 金属磨き 300g 内容量:180g 形状:液体 用途:真ちゅう、銅、ステンレス、アルミ、錫、鉄などの金属及び、プラスチック類 金属磨きのニオイが気になる方に! こちらは、ランキング1位でご紹介した従来品「ピカール」のニオイがマイドルなった商品です。 研磨力は「ピカール」の同等以上をキープ。 真鍮から銅、ステンレスやプラスチックにまで使用できます。 また、液体が乾きにくいため、長時間みがき作業をする方に最適!金属磨きのニオイが気になる方に是非使用していただきたい商品です。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 296円 4. 51 1,100円 4. 46 1,111円 4. 4 1,080円 4. 2 1,260円 4. 5 510円 4. 07 422円 4. 05 348円 4. 6 234円 3. 25 335円 2. 7 金属磨き作業の代名詞・バフ研磨について 出典: バフ研磨はバフ掛けとも呼ばれ、電動のポリッシャーで行う研磨作業です。 人の手では難しい、美しい仕上がりが期待できます。 一定の力で効率良く研磨できるため、面積の大きい自動車やバイクでよく使われています。 サンダー等のハンドタイプの電動工具なら、ブラシ等を取り付けることで小さいものでもバフ研磨が可能になります。 より仕上げにこだわるなら、バフ研磨を導入するとよいでしょう。 まとめ 金属磨き剤は対象物に塗布して使用するタイプや、機械とセットで使用するタイプがありますが、いずれも取り扱いは簡単です。 使い方さえ間違えなければ、誰でも簡単に綺麗に磨くことができます。 また、磨き作業は不具合や故障の発見などにつながるなど、思わぬメリットもあります。 素材に合わせた金属磨き剤を使用し、古くなったお手持ちのアクセサリーや身の回りの金属製品を蘇らせてみてはいかがでしょうか。

次の