岡山 コロナ ニュース。 岡山市で新型コロナ感染者 陽性確認【岡山・岡山市】

KSBニュース

岡山 コロナ ニュース

岡山・香川の人や企業、街の動き、そして社会問題を記者独自の目線で徹底取材!日々の短いニュースでは伝えきれない重厚な企画をお届けします。 2006年、高知県で起きた白バイとスクールバスの衝突死亡事故。 業務上過失致死の罪に問われ、「無実」を訴えるバスの元運転手。 食い違う目撃証言や疑問が多い証拠を徹底検証する。 企業や団体が進める「SDGs」の取り組みなどを岡山・香川の高校生が紹介する。 「SDGs」によってもたらされる新たな価値を企業や団体が知り、それを高校生が学ぶことにより、私たちが住む岡山・香川がさらに元気になることを目指す。 貧困などから抜け出せず苦しむ途上国の人たち。 その状況を打破するため、多くの岡山・香川県出身者が活躍している。 慣れない環境で国造りの手助けをする理由とは…。 私たちができる「国際協力」について考える。 岡山県北には、昭和初期の面影を色濃く残す駅舎が数多く残っている。 1日の利用客がわずか5人程度という駅もあるが、学生や高齢者にとっては欠かせない足。 そして、駅を愛し、守り続ける人たちがいる。 「一期一会」をテーマに駅の1日を追う。

次の

岡山県の新型コロナウイルスは誰で娘とスペイン旅行から感染?60歳代女性で入院先の病院は?

岡山 コロナ ニュース

岡山市は19日、同市内の会社員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 17日に感染が判明した20代女性の同居家族で、症状はないという。 岡山県内での感染確認は19人目、同市内では13人目。 市によると、会社員は濃厚接触者として18日にPCR検査を実施し、陽性と判定。 19日に同市内の医療機関に入院した。 一緒に検査を受けた他の同居家族3人は陰性だった。 会社員の濃厚接触者はいないという。 市は、会社員の年齢や性別を非公表とした。 SNS(会員制交流サイト)などで感染者への誹謗(ひぼう)中傷が相次いでいることに触れた上で「本人や家族の強い意向があった」としている。 20代女性については、その後の調査で職場関係者ら計14人の濃厚接触者がいることが判明。 今後、PCR検査を実施する。 市は会見で、市内の感染者1人が18日までに退院したことも明らかにした。 退院は県内で4人目。

次の

KSBニュース

岡山 コロナ ニュース

負債総額は約4億7000万円(2019年8月期決算時点)。 岡山県内で「新型コロナウイルス」の影響による倒産は初めて。 1978年4月に創業。 宿泊施設「湯原国際観光ホテル菊之湯」、「ゆばらの宿米屋」などを経営するほか、倉吉市から委託を受けた「グリーンスコーレせきがね」などを運営していた。 また、国内旅行代理店、貸し切りバス事業、飲食店も併営。 2013年には(株)シリウスリレーションズ(TSR企業コード:712228551、法人番号:8260001026218、真庭市)を設立し、温浴施設の運営も手掛けていた。 この間、ホテル施設を買収するなど、積極的に事業を拡大した。 宿泊施設や温浴事業の再生コンサルティングも手掛け、当地での注目は高かったが、相次ぐホテル施設の買収などで借入金は膨らみ、資金面は不安定に推移。 2018年9月にはシリウスリレーションズが破産を申請し、当社の経営も悪化していた。 2020年に入ってからは支払遅延が発生していたほか、2020年3月には倉吉市より委託を受けていた「グリーンスコーレせきがね」の運営業務を停止して多額の違約金が発生。 「ホテル蒜山ヒルズ」からの経営撤退も決定し、新型コロナウイルスによる売上減少もあり、民事再生による再建を選択した。 今後は「湯原国際観光ホテル菊之湯」、「ゆばらの宿米屋」の経営に専念して再建を図る方針。 外部サイト.

次の