きめつのやいばポーズ。 「鬼滅の刃」ファン、善逸になりきりポーズ 奈良の葛木坐火雷神社が話題に

【鬼滅の刃】真菰の謎のポーズに困る炭治郎【アフレコ・きめつのやいば・MAD・錆兎・胡蝶しのぶ・栗花落カナヲ・205話・完結・最終回・竈門炭治郎・アテレコ・考察・漫画・ジャンプ・柱チャレンジ】

きめつのやいばポーズ

irasutoya. jpn. 771• 164• 1,481• 636• 161• 313• 142• 212• 240• 467• 251• 196• 2,113• 133• 485• 130• 2,202• 2,026• 371• 1,461• 527• 2,243• 2,132• 1,727•

次の

【あつ森】キメツ学園に煉獄先生が参戦した結果wwww【きめつの森 #12】

きめつのやいばポーズ

irasutoya. jpn. 771• 164• 1,481• 636• 161• 313• 142• 212• 240• 467• 251• 196• 2,113• 133• 485• 130• 2,202• 2,026• 371• 1,461• 527• 2,243• 2,132• 1,727•

次の

【あつ森】キメツ学園に煉獄先生が参戦した結果wwww【きめつの森 #12】

きめつのやいばポーズ

『鬼滅の刃 きめつのやいば 』 145話を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、善逸と獪岳との対決。 善逸の強さに注目が集まったところで終わっていましたね! 早速続きを見ていきましょう! 145話の感想とあらすじ 黒死牟に土下座する獪岳。 (圧倒的強者に跪くことは恥じゃない) (生きてさえいればなんとかなる) (死ぬまでは負けじゃない) 「鬼となり…更なる強さがほしいか…」と、獪岳の手に鬼舞辻無惨の血を注ぐ黒死牟。 「強い剣士ほど、鬼となるには時間がかかる。 私は三日かかった…」 「希に、鬼とならぬ体質のものも存在するが…お前はどうだろうな」 震えだす獪岳の手。 絶叫して泣き出すような恐怖を感じながら、注がれた血を飲みます。 (あぁ…。 ) 善逸を前に (こんな小物、大したことはない) (力をつけたところで上弦には及ばない) (我妻善逸、こいつはカスだ) (いつもベソベソと泣いていた) (何の矜持(きょうじ)も根性もない) (こんなカスと2人で後継だと抜かしやがった糞爺!!)と怒りが込み上げてくる獪岳。 「死んで当然なんだよオオ!! 爺もテメェもォオ!!」 技を仕掛けました! 雷の呼吸 弐ノ型 稲魂!! 攻撃を受け、左頬から出血する善逸、 「大勢の人を喰ったな。 もう善悪の区別もつかなくなったんだな?」 「 善悪の区別ならついてるぜ!!」と、更に技を仕掛ける獪岳。 参ノ型 聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい)!! 「俺を正しく評価し、認めるものは善!!低く評価し認めないものが悪だ!!」 「どうだ?血鬼術で強化された俺の刀の斬れ味は?」と、技を続ける獪岳。 雷の呼吸 陸ノ型 電轟雷轟(でんごらいごう)!! 攻撃を受け、血を流しながら落下する善逸。 脳裏に昔2人で特訓した日々のことがよぎりました。 「獪岳を見習え!」と爺ちゃんに言われたこと。 「柱なんかになれねぇよ」と獪岳を馬鹿にする上の階級の剣士を殴ったこと。 「問題起こすなカスが」と獪岳に怒られたこと。 (心から尊敬してた) (特別だったよアンタは) (爺ちゃんにとっても俺にとっても) (特別で大切な人だったよ) (だけどそれじゃ足りなかったんだ) (どんな時もアンタからは不満の音がしてた) (爺ちゃんごめん) (俺たちの道は別れた) 落下する善逸。 ぐるんっと体制を整えると技を仕掛けました! 雷の呼吸 漆ノ型 火雷神!! (クソかっこいい!!!!!) 首をはねられた獪岳。 血が舞い散り、首の勾玉が宙を舞います。 「畜生!!やっぱりあの爺、贔屓しやがったな!!」 「お前にだけ教えて俺に教えなかった」と首だけになった獪岳が叫びました。 「違う。 爺ちゃんはそんな人じゃない」 「これは俺の型だよ。 俺が考えた俺だけの型」 「 この技で、いつかあんたと肩を並べて戦いたかった」と、悲しい表情でそう話す善逸。 つづく スポンサーリンク.

次の