関西 外 大 外 大 リンク。 関西圏の外国語大学について

関西外国語大学はFランク大学?外外経工佛の上位でもFラン?

関西 外 大 外 大 リンク

大阪外国語大学 大学設置 創立 廃止 学校種別 設置者 国立大学法人大阪外国語大学 本部所在地 粟生間谷東8丁目1-1 キャンパス 本部(大阪府箕面市) 学部 外国語学部 研究科 言語社会研究科 大阪外国語大学(おおさかがいこくごだいがく、: Osaka University of Foreign Studies)は、粟生間谷東8丁目1-1に本部を置いていたのである。 に設置され、に廃止された。 は大阪外大(おおさかがいだい)、大外大(おおがいだい・だいがいだい)、阪外(はんがい)、阪外大(はんがいだい)、OUFS。 にで大阪外国語学校として創立、に大阪外国語大学としてにおいて設立され、1979年にへ移転、10月に廃止された。 彩都から大阪外国語大学へ向かう通路の開通当時(2007年)の様子 外国語教育を行う官立()の旧制大阪外国語学校を前身とする大学である。 日本には(平成19年)まで、のみを置くが二校存在したが、大阪外国語大学はその一つであった(もう一つは、同じのを起源とする)。 多岐にわたる・地域の専攻があり、他に例の少ないやの言語まで幅広く扱っていること、また地域文化学科ではそのように多岐にわたる地域研究を専門とした点が特徴であった。 同時に、この大学は外国語教育を主体とする・のであるというスタンスもとっていた。 外国語学部国際文化学科においては、一、二年次には週5時間専攻語を主に学び、その言語教育を基盤にしたうえで、三、四年次では各自の専門分野を主に学ぶという形をとることで、言語、情報、文化、政治・経済、資源・環境などに対する専門性を同時に身につけることを目標としていた。 東京外国語大学とは姉妹関係にあり、運動会所属団体(体育・運動系部活動)による東西外国語大学対抗定期戦が毎年行われていた。 (平成3年)には外国人のためのコースを改組した留学生日本語教育センター(現・日本語日本文化教育センター)を大学に併設した。 主に(日本国の)国費留学生を受け入れており、特にの国費学部留学生(日本の大学学部へ入学するコース)のは、旧・大阪外国語大学以外では東京外国語大学(留学生日本語教育センター)でしか行われていない。 そのほか、国費の研究留学生、日本語日本文化研修生等の日本語教育、交流協定校との交換留学生の日本語教育も行われた。 25の専攻語以外にも、研究外国語科目という形で多くの外国語の授業が開講されており、その数は100を超える。 具体的には、、、、、、、、中の一、、の諸言語、、、、、西部非バントゥ諸語の、の、、、、、、諸語の、、、、、計画言語(語)などがあった。 これらの授業のうち、多くのものが毎年、その他は隔年、あるいは数年に一年というような形で、毎週開講されていた。 (一部短期集中講義形式あり) 卒業後の主な進路として、などの官庁や、石油系、航空系、系が挙げられ 、メーカーでも海外部に配属されることが多いという。 また、その他の分野でも、元副社長(「」の会長=から) など、を中心とした有力企業の多くに役員クラスを輩出しており、 を含むメガバンクにも役員が多い [ ]。 また、のやの、のなど、出身者が近隣の国公私立大学で学長を経験しているほか、、、など文学界へも人材を輩出している。 国立大学法人大阪大学と統合 [ ] 2007年に成立した改正の施行に伴い、同年付で国立大学法人と統合した。 旧国立大で14組目の統合で、旧では(平成15年)のとに次ぐ2組目。 大阪外国語大学と大阪大学の統合は、6月、の発表した国立大学の国際競争力の向上を目指す構造改革構想、いわゆる「」が背景にあるとされる。 統合について、大阪大学は同年末の段階で「具体的な相手と協議中」と表明。 また、同様に「具体的な相手と協議中」と表明したが、大阪大学や大阪外大との統合を視野に入れ検討中とへの報告で答えており 、国立大学の統合再編の気運が大阪府でもから高まっていた。 2003年の施行を受け、単位互換制度や地域交流で親交のあった大阪外国語大学と大阪大学が4月、統合再編も視野に検討を始めることを、国立大学法人の年度計画に明記。 両大学の連絡協議会を設置し、議論を始めた。 そして(平成18年)3月23日、両大学の学長が2007年10月の統合・2008年4月の新規学生受入れを目標として、統合推進合意書を締結。 記者会見では「大阪外大が培ってきた諸言語の研究や教育を、より発展・推進」(大阪外大の学長)、「外大の多彩な言語と国際文化教育を取り入れ、他にない教育を展開」(阪大の総長)と述べた。 2007年10月、両大学が統合。 旧大阪外国語大学のキャンパスは大阪大学となった。 統合に際して、大阪外国語大学外国語学部国際文化学科及び地域文化学科、夜間主コースの新規学生募集を停止の上、新たに大阪大学外国語学部外国語学科となった。 また、大学院研究科では、旧大阪外国語大学大学院言語社会研究科は、旧大阪大学大学院言語文化研究科と統合し、大阪大学大学院言語文化研究科(言語社会専攻)となった。 2008年度以降入学の学部生は、新課程外国語学部外国語学科の講義を、1年次にの豊中キャンパス(待兼山町)、2年次以降は箕面キャンパスにおいて履修する。 統合後には豊中・吹田(山田丘)・箕面の各キャンパス間にシャトルバスが設置された。 ちなみに大阪外大正門の「大阪外国語大学」の校名を記したプレートは、2007年に撤去され、10月1日には大阪大学のプレートが除幕された。 沿革 [ ] 年表 [ ]• (大正9年)3月 海運業者林竹三郎の遺志により、妻が新設費100万円を寄付、9月に東区(現)上本町8丁目187番地で校舎建設が始まる。 12月 第456号により「大阪外國語学校」の設置が公布され、正式に成立。 4月 大阪外国語学校第1回入学式挙行。 3月 入試科目から数学がなくなる。 4月 大阪外国語学校校旗を制定。 6月 航空研究会発足。 11月 美術部 大阪外語 ローロール第1回展覧会を開催。 3月 中目校長排斥スト。 同月、告示第104号をもって第五臨時教員養成所を廃止。 3月 学則 服制 改正により制服がからとなる。 この年 職員閲覧室を増築。 3月 金本正二講師 教育学・修身 に対する辞職要求をめぐり紛糾。 4月 独語部、山本茂教官の授業拒否事件。 7月 大阪府(現)に「花園運動場」新設。 1月 本校最初の防空演習行わる。 2月 蒙古語部11名による和蒙辞典、ぐろりあ書房より出版。 4月 航空研究会、校友会の一部として承認。 6月 花園運動場開設祝賀運動会。 同月、烈士之碑除幕式 11柱。 7月 勤労奉仕始まる。 11月 烈士之碑合祀祭 3柱。 4月 部増員、2組編成となる。 11月 烈士之碑合祀祭 2柱。 4月 部設置。 11月 烈士之碑合祀祭 12柱。 11月 烈士之碑合祀祭 5柱。 11月 烈士之碑合祀祭 21柱。 この年、西南亜細亜語研究所設置。 4月 青雲寮できる。 11月 烈士之碑合祀祭 19柱。 4月 勅令第165号により校名を「大阪外事専門学校」に改称。 3月 大阪大空襲により書庫等を除き校舎の大部分消失。 4月 ビルマ科設置。 9月 ・五条小学校を借り授業再開。 11月 林蝶子死去。 2月 大阪府もと工兵第四連隊跡に移転、授業を行う。 4月 シナ科を中国科、マライ科をインドネシア科と改称。 この年 学生自治会の前身「緑風会」誕生• 6月 「復興委員会」組織される。 秋、父兄会が創立。 7月 父兄会、新生大学移行父兄後援会の結成を決定。 (昭和24年)5月 「大阪外国語大学」として発足。 4月 タイ科設置。 6月 本学父兄会から木造平屋建て40坪、廊下6坪寄付。 6月 高槻学舎で大学第1回入学式。 3月 大阪学舎、中池の池の南側に木造平家建教室123坪新築 38年取りこわし。 5月 大阪外事専門学校が廃止。 5月 大阪学舎の本館の一部復興により3年の授業は同学舎で行う。 5月 別科 1年制 開設 中国語・英語・ドイツ語・フランス語・イスパニア語・ロシア語。 6月 教授会規程制定。 12月 大阪外国語大学学則制定 施工 26. 同月 同窓会戦後最初の会員名簿発行。 2月 鉄筋コンクリート造り2階建研究室・教室を増築。 4月 留学生設置。 同月 大阪学舎に鉄筋コンクリート3階の附属図書館が落成。 4月 設置。 別科、2年生となる。 2月 名誉教授称号授与規程制定。 4月 高槻学舎の授業を大阪学舎で行う。 4月 別科、中国語・英語・イスパニア語の3語科募集停止。 夜間 中国語・英語・イスパニア語の3語科が併設される。 4月 別科、ドイツ語・フランス語・ロシア語の3語科募集停止。 短期大学部 夜間 ドイツ語・フランス語・ロシア語の3語科設置。 2月 鉄筋コンクリート造り5階建て研究室・教室を増築• 4月 ペルシア語学科設置。 2月 語学実習 L. 装置を設置。 4月 蒙古語学科をモンゴル語学科と改称。 3月 花園運動場に寄宿舎竣工。 4月 朝鮮語学科設置。 同月 大阪外国語大学父兄会を同後援会と改組。 2月 鉄筋コンクリート造5階建て研究室・事務室を増築。 4月 イタリア語学科設置。 3月 花園運動場に留学生寄宿舎竣工。 4月 短期大学部、学生募集停止。 外国語学部第二部 夜間学部 中国語・英語・ドイツ・語フランス語・イスパニア語・ロシア語の6語学科設置。 4月 外国語学研究科(修士課程)設置。 9月 粟生間谷に移転。 (上本町の跡地は後にとなる。 4月 学科改組により、とを導入。 4月 大学院言語社会研究科(博士課程設置)。 4月 大阪外国語大学となる。 箕面市と包括協定を締結。 (平成19年) 廃止。 歴代校長・学長 [ ]• 初代校長 : :1921年12月10日 -• 2代目校長 :• 3代目校長 :• 4代目校長 :• 5代目校長、初代学長 :• 2代目学長 :• 3代目学長 :• 4代目学長 :• 5代目学長 :• 6代目学長 :• 7代目学長 :• 8代目学長 :• 9代目学長 :• 10代目学長 : 大阪外国語大学歌 [ ]• (ロシア語専攻の初代教授)作詞、(創設者)作曲 教育および研究組織 [ ] 組織 [ ] 学部 [ ]• 昼間主コース• 言語・情報専攻• 日本語専攻• 比較文化専攻• 国際関係専攻• 開発・環境専攻• 夜間主コース• 言語専攻• 比較文化専攻• 国際関係専攻• 昼間主コース• 東アジア地域文化専攻 - 、 、• 東南アジア・オセアニア地域文化専攻 - 、、、、• 南アジア地域文化専攻 - 、• 中東地域文化専攻 - 、、• アフリカ地域文化専攻 -• ロシア・東欧地域文化専攻 - 、• 中・北欧地域文化専攻 - 、、、• 南欧地域文化専攻 - 、、、• 北米地域文化専攻 -• 中南米地域文化専攻 - 、• 夜間主コース• 東アジア地域文化専攻 -• ロシア・東欧地域文化専攻 -• 中・北欧地域文化専攻 - 、• 南欧地域文化専攻 - 、• 北米地域文化専攻 -• 中南米地域文化専攻 - 専攻語 [ ]• 大学院 [ ]• 地域言語社会専攻<博士前期課程>• 東アジアコース• 東南アジア・オセアニアコース• アジア・アフリカコース• ロシア・東欧コース• 中・北欧コース• 南欧コース• アメリカコース• 通訳翻訳学専修コース• 日本語・日本文化特別コース• 国際言語社会専攻<博士前期課程>• 国際コース• 日本コース• 言語社会専攻<博士後期課程>• 言語社会専攻 附属機関 [ ]• 日本語日本文化教育センター(旧:留学生日本語教育センター) 教育 [ ]• 公開講座 学生生活 [ ] 間谷祭 [ ] 大阪外大公認の。 11月上旬に3日間にわたり開催された。 外国語劇、模擬店、展示、学生によるコンサートなどが催される。 中でも外国語劇は、外大ならではの目玉イベント。 各国語科の有志が日夜練習に励み、その成果を公にする場でもある。 また、2005年度には「」「ザ・プラン9」「」が来場、公演した。 なお、との統合後に開かれ、最後の間谷祭となった2007年度には、大阪大学との統合にともなう規模の縮小という観点から2日間に短縮され、10月27日・28日に開かれた。 2008年度以降は実行委員会も解散済みであり開催される予定もないが、外国語劇のみ独立した形で「語劇祭」として2008年から開催されている。 夏まつり [ ] 7月上旬に開催。 多くの模擬店が出店し、民族料理などを販売する他、各によるパフォーマンスや展示も、校舎内外を問わず活発に行われる。 最大の見所は。 学生・留学生・地域住民がグラウンドに集い、「外大音頭」を延々と踊った。 ただし、間谷祭で催される語劇については、夏まつりでは催されない。 2007年度の夏まつりは大阪外大最後の夏まつりと題して開催され、2008年には非公式行事として開催された。 その後夏まつり実行委員会は大阪大学公認団体となり、夏まつりはその後も毎年開催されている。 なお、よく「夏祭り」とする表記が見受けられるが、正式には「夏まつり」である。 スポーツ [ ]• 東外大戦(東西外国語大学対抗戦) - 10月。 体育会系部活ごとに行われる。 毎年主催校を交代して行う。 2007年度は大阪主催。 との統合に伴い、2007年10月18日の第59回大会をもって「東京外国語大学・大阪外国語大学定期競技大会」は幕を閉じた なお、この59回大会は僅差で大阪側が勝利を収めた。 なお、各部活間の非公式の交流の継続を求める声は強く、部によっては2008年度以降の交流戦の継続を協議しているところもある。 全学駅伝大会 - 12月 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者組織 [ ]• (大阪外国語大学同窓会。 2007年との統合後は大阪外国語大学および、大阪大学外国語学部の同窓会として継続している。 本部は阪大箕面キャンパス内にある) 大学関係者、著名人一覧 [ ]• 1月6日 国立大の統合加速 「合意」「検討」7割 本紙アンケート• 産経新聞朝刊2002年1月25日 「国立大 36校で統合協議 群大など4校連携も 文科省検討状況調査」• - PDF• 産経新聞朝刊2006年3月24日「阪大と大阪外大 来年10月統合で合意 国際教育、より多彩に」• 『官報』第2809号、大正10年12月12日。 - 教授の• - PDF 参考文献 [ ]• 大阪外国語大学70年史編集委員会編、『大阪外国語大学70年史』、1992年、大阪外国語大学70年史刊行会、箕面 関連項目 [ ]• - に隣接する大阪外大運動場の跡地。 箕面キャンパス移転に伴いに払い下げられ公園として整備された。 外部リンク [ ]• (同窓会).

次の

大阪経済大学(大経大)大学合格者高校別ランキング2018

関西 外 大 外 大 リンク

大学編入や就職でお困りではないですか。 もし、あなたが関西外大・関西外短に通っていらして、大学編入や就職でお困りでしたら、嬉しいお知らせがあります。 本当に今抱えている問題をなんとか解決したいと考えておられましたら、ぜひ最後までお読み下さい。 大阪外語専門学校には、多くの大学・短大を卒業された方が入学され、夢を叶えていらっしゃいます。 その中でも関西外国語大学と関西外国語大学短期大学部を卒業された方がとりわけ多く入学して下さっており、それぞれの学生が夢を叶えて結果を出して下さっています。 そこで、大阪外語専門学校では、多くの結果を出して下さっている関西外大と関西外短の卒業生に対して再進学支援を実施することにいたしました。 実はこの制度、以前から設けていたのですが大々的に告知等を行っておりませんでした。 ただ、最近あまりにも多くの再進学のご相談を頂くようになりましたので、このような形でお知らせすることにいたしました。 もし、あなたが関西外国語大学、あるいは関西外国語大学短期大学部をご卒業予定で、就職や大学編入でお困りでしたら、一度私達にご相談下さい。 本校への再進学のご相談はもちろんのこと、就職活動や大学編入に関するご相談にも対応いたします。

次の

関西外国語大学

関西 外 大 外 大 リンク

教員採用選考試験対策 教職教育センターでは、教員採用選考試験を受験する学生を支援するために、さまざまな取り組みを行っています。 教職ガイダンス等では、教育実習に関する内容だけでなく、採用試験合格を目ざす学生のために、具体的にアドバイス・情報を提供し、より効果的に受験の準備ができるよう配慮しています。 教員採用選考試験対策• 受験を希望する都道府県・自治体の採用試験情報を確認してください。 最近、各都道府県の教育委員会がその都道府県で取り組んでいる教育施設などについて出題されるケースがよく見られます。 受験する都道府県のホームページから、「どのような教育を行っているのか」、「どのような教育改革を行っているのか」など、教育施策について概要を理解してください。 教職教養・一般教養については、新しい問題集に取り組むより復習に力を入れ、受験雑誌などから最新の情報を入手して補ってください。 東京アカデミー主催による講座も実施しています。 専門教科の英語については、TOEFL、TOEIC、英検などに挑戦し続けてください。 それが結果的には二次対策につながります。 新聞記事を切り抜いて各自のコメントを記入してください。 これまで、教職インターンシップをしている学生は、継続してください。 まだ活動したことがない学生は、挑戦してみてください。 その際、漫然と行くだけなく、必ず目的意識を持って参加し、体験を自分のノートに書き留める工夫をしてください。 詳しくは、教職教育センターまで来てください。 教育実習は貴重な現場体験だと考えて、全力で積極的に取り組んでください。 必ず、「マイノート」を用意し、経験したこと、教訓になったこと、失敗したことなどを書き留めるように心がけてください。 友達と日本語・英語で、自己紹介、自己PR、討論の練習を繰り返して行ってください。 また、論文が出題されるところは、テーマを決めて論文作成の準備をしてください。 簡単に「分かった」と思うのではなく、納得するまで、「しつこく、あきらめない」姿勢をもってください。 また、一人で取り組んでいると落ち込んだり悩んだりするときがあると思いますが、教職教育センターに来て、先生方、友達、先輩・後輩、仲間と話して、元気をもらってください。 困ったことがあれば、どんなことでも相談に乗ります。 遠慮なく、訪ねてきてください。 - 教職インターンシップ 教職教育センターでは、「学生人材バンク派遣事業」と並行して、広く教職を目ざす学生を対象に教育支援事業の一環として、教員養成課程の教育成果の向上を一段と図るために、近隣の市町村教育委員会との連携による「教職インターンシップ」を推進しています。 教職課程履修学生は、小・中・高等学校や施設での「教職インターンシップ」の活動を通して、教育現場における長期間にわたる継続的な実践的学習体験の機会を持つことができます。 参加する学生の多くは、教職への理解度、教職への志向を高めています。 また、学生自らが教職への適性について正しく判断できる機会となるとともに、教職に求められる資質や実践的指導力の向上に主体的に取り組む姿勢が顕著にあらわれています。

次の