向井康二 タイ。 向井康二がSnowManに加入!タイ人のハーフ?ファンからの賛否両論!

向井康二はハーフで頭がいい!タイ人の母親紹介!ムエタイでスカウト?|Siru toku blog

向井康二 タイ

Contents• 向井康二はタイとのハーフだった! 向井康二さんは純日本人のような顔をしていますが、 タイと日本のハーフだということが分かりました! 母親がタイ人で、父親が日本人です。 インタビューではご自身で次のように話していました。 (Snow Manが「Japan Expo Thailand 2020」へ出演決定の発表にて) 「僕はタイと日本のハーフで、小さい頃に何度も家族とタイには行っておりましたが、今回はグループでの海外初仕事として再びタイに行けることができ、とてもうれしく思っています」 引用:より 「本当にハーフなのか?」と驚きと疑いの声もありましたが、 本人が言っているので真実ですよね! また、向井康二さんは子供の頃、タイで「ムエタイ」を習っていました。 タイでムエタイを習っていたおかげで、ジャニーズ事務所に入れたと言っても過言ではありません。 どういうことなのでしょうか? 向井康二はタイのムエタイジムでスカウトされた!? 母親がタイ人である向井康二さんは、小さい頃、 タイのムエタイジムへ通っていました。 ムエタイジムには、向井康二さんの写真が飾ってあり、その写真を見たジャニー喜多川社長が直にスカウトの電話をしたのです! スカウトされた時、向井康二さんは小学2年生でした。 当時の様子について次のように話しています。 ジャニーさんから電話がかかってきて、オカンがテンション上がってたのは覚えてる。 その後、滝沢(秀明)くんのコンサートに行って、誰か分からないまま、ジャニーさんのヒザの上でマンガ読んでた。 引用:より 入所のきっかけについて話している動画もありましたのでご覧ください。 すごいですよね! タイのムエタイジムに通っていたからこそ、ジャニーさんの目に止まり、直にスカウトされたのですね! 子供の写真を見て、将来性を見抜けるジャニーさん、恐るべしです…。 向井康二さんにはお兄さんがいますが、当時お兄さんもムエタイジムに通っており、向井康二さんと一緒にジャニーズ事務所に入所しました。 他の人とは違うムエタイという武器は、強みですよね。 タイのムエタイジムが現在につながる原点になっていたのですね! そんな向井康二さんを育てたタイ人の母親は、どのような方なのでしょうか? 母親を世界三大美女にあげるほど、向井ハナさんを慕っていることも分かりますね! 今までに向井ハナさんは何度も向井康二さんの話に登場していますが、どのような人なのでしょうか? タイ人ならでは?向井ハナの面白いエピソード 向井ハナさんにまつわるエピソードは度々向井康二さんから伝えられています。 その中でも 「タイ人ならでは?」と思えるような面白いエピソードがいくつかありましたので、ご紹介します。 タイ語でレシピ作成! 向井康二さんの大好物は「 お母さんの作ったチンジャオロース」なのですが、そのお袋の味をSnow Manメンバー宮舘涼太さんが再現する企画がありました。 向井康二さんが 母親のハナさんからレシピを預かってきたのですが、なんとそのレシピが「 タイ語」で書かれていたのです! もちろん日本語で書かれたレシピもありましたが、 お母さんが欲しがっちゃったそうですよ^^ タイ語のレシピは 6回目に送られてきたレシピだそうで、それだけ 真剣に且つ面白くしようと考えてくれたのですね! ウォシュレット事件!? 向井康二さんが、夜中にウォシュレットをしていたら、電池切れで水が止まらなくなってしまい、母親に電池を持ってくるよう電話をしたそうです。 しかし、母親は電池の場所が分かりません。 すると 母親が瞬時に場所をチェンジしてウォシュレットをすることに。 そして康二さんが電池を取りに行ったそうです。 「普通手でとめればいいじゃん!何でお母さんがわざわざ脱いで座ったん?」と突っ込まれると、 「うちのオカン外国の方やからファンキーなわけ!」という向井康二さん。 タイ人だから?外国人だから?が理由になるかは分かりませんが、 ファンキーで面白いお母さんであることは分かりますね! ウォシュレット事件の一部とタイ語レシピについては、こちらの動画でご確認ください。 具体的にご紹介します。 【MC】 関西ジャニーズJr. がメインのバラエティ番組「まいど!ジャーニィ~(BSフジ)」では、 MCを担当することが多く、面白さを交えた抜群のMC力で他のメンバーを引っ張っていたようです。 【ボケとツッコミができる】 Snow Manでは、ボケに回ることもツッコミに回ることもあり「 二刀流的」だと話していました。 (まいど!ジャーニィ~より) 【芸人さん顔負けの面白トーク】 お笑い芸人ダイアンさんがゲストで番組に出演した時に行われた「キレ芸」の企画では、ツッコミ担当のユースケさんが 「コウジくんはやっぱり上手ね」と褒めていました。 芸人さんから褒められるほど、返しが上手でスキルが高いことが分かります。 また、向井康二さんの トーク力や面白さに心惹かれてファンになった方も多くいるようです。 【タイ語】流暢な話しぶり!笑いもとれる!? 母親がタイ人であるだけあって、 タイ語は堪能です! 母親が韓流ドラマにハマっていたときは、向井康二さんが隣で 日本語をタイ語に通訳していたそうです。 (ザ少年倶楽部より) 実際に、 向井康二さんがタイ語を話している動画があるのでご覧ください! 【単語】 向井康二のタイ語講座しよ — はまち 19uma26sato 【一言:謝罪】 タイ語で謝るジーコ(笑) 関西色出まくってて好き(笑) — ためみ。 sho142928 【スピーチ】 じーこのタイ語でスピーチwww — ち ょ ん ぴ。 英語関係の学部・学科であるようなので、以下の3つに絞られます。 【Kin Kan@MYOJO7月号】4月から大学生になった向井康二。 カフェで撮影中、「ボクもね、よくカフェで中国語の勉強とかをするんですよ。 でもひとりで来てるって思われたくないから、飲み物をふたり分注文しますよ!」と冗談を言っていた。

次の

向井康二はハーフで頭がいい!タイ人の母親紹介!ムエタイでスカウト?|Siru toku blog

向井康二 タイ

向井康二の母親は、タイ人のハナちゃん 向井康二さんの母親は、明るくて社交的だそうで、メンバーだけでなくファンの間でも有名のようです。 タイでもかなり顔が広いようで、タイのどこへ行っても 「ハナちゃーん」と声をかけられるそうです。 また、お料理が好きで、 向井康二さんの母親が作るグリーンカレーの差し入れが平野紫耀さんのインスタグラムにアップされた事が話題になりました。 向井母お手製のグリーンカレー 関西Jr. チャンネルでは、母親の青椒肉絲レシピも紹介されています。 向井さんは、お料理上手なお母さんが大好きなんでしょうね。 今でも実家暮らしだそうですよ。 向井康二はタイに住んでた? 現在実家は大阪にあります。 約5年間タイにも住んでいたことがあるそうです。 2001年にタイの小学校に入学し、日本へ帰国したのが2006年10月です。 小学生の5年間住んでいたということは、タイ語もペラペラなのでしょうか。 向井康二はマルチリンガル説を検証 タイ人の母親の影響で、 幼少期の5年間をタイで過ごした向井康二さんは、タイ語はもちろんのこと、語学が堪能です。 タイ語 向井康二さんのタイ語の自己紹介動画がこちらです。 今日の向井康二くんのタイでの活躍ぶりをみて本当に勇気もらえた。 このためにママにタイ語を改めて教えてもらって勉強して、それをこんなに仕事で活かせてるのすごいよ。 言葉は違えど語学留学頑張ろうって改めて思えた。 ありがとう。 インタビュアーから 発音が素晴らしいと褒められています。 タイ語を話す姿が、顔立ちとマッチしていますね。 英語 向井康二さんは、英語も得意なようです。 高校は、偏差値39から49程度の関西中央高等学校出身です。 偏差値はあまり高くありませんが、英語の成績は学年でトップだったのだそう。 また、英語の歌詞を歌ってるのが好きなファンが多いです。 発音はネイティブ並みに良いようですが、会話がしっかりできるほどではないようです。 しかし、日本語とタイ語は完璧で、英語と中国語に関してはネイティブレベルまではいかないレベル、特に中国語に関しては、大学の第2外国語で専攻していたがだけという印象でした。 なので、マルチリンガルとまでは行かないものの、 語学堪能であること、そして バイリンガルであることは確実ですね。 現在はアジア圏を中心に世界を舞台にして活躍する姿がとてもかっこいいですね。 今後の活躍も楽しみです。

次の

向井康二がSnowManに加入!タイ人のハーフ?ファンからの賛否両論!

向井康二 タイ

その後、娘さんが生まれたようで、向井くんは 姪っ子に哺乳瓶やおむつケーキをプレゼントしたりと、デレデレになっているんだとか。 向井康二の兄はジャニーズだった? 達郎さんは、向井くんと同時にジャニーズ事務所に入り、関西Jrに加入しました。 入所間もない2006年の冬頃には 兄弟ユニット「ムエタイ向井ブラザーズ」を結成し、2009年頃まで活動していました。 他にも、KinKi Kidsや嵐のバックダンサーを務めたり、2008年『DRAMATIC-J』(第4話・ 田辺康一役)や、2010年『誰も知らないJ学園』(第7話・森山大志役)など、ドラマにも出演していました。 関西Jrとしてかなり知名度がありましたが、 19歳の頃にプロのダンサーを目指して退所しました。 ・タイに知り合いがとても多く、どこへ行っても「ハナちゃん!」と声をかけられる ・お母さんは料理上手で有名で、グリーンカレーとチンジャオロースが得意 ・関西Jr時代にはよく差し入れを持って行って、Jr達が大絶賛していた ・コンサート会場で他のJr達に「康二の母親だよ」と客席からアピール ・エクササイズ中の動画を突然向井くんに送りつける ・向井くんの入浴中に乱入 ・ジャニーさんからスカウトの電話があった時、「嘘やん!」と一度切ってしまった ・番組でメンバーの宮舘くんが母の味・チンジャオロースを作る企画の時に、渡したレシピがタイ語だった ・こよりをふたつ耳につっこんで耳掃除をしている なかなか癖の強いエピソードもありますね。 タイ人なのに、関西人の笑いのツボを心得ているお母さんは、とても素晴らしいですね。 さらに向井くんは、他にも英語や中国語もできるというマルチリンガルとも言われています。 英語に関しては、高校の時のテストで 学年トップを取ったほどの実力の持ち主です。 また、雑誌のインタビューでは「大学で外国人の先生に教わっているので、リスニングは得意」と語っています。 周りのスタッフが発音のよさに驚くくらいなので、リスニング能力が高いというのは間違いなさそうですね。 そして、「会話が通じると達成感がある」とか、「上達の秘訣は、洋画を字幕で見て英語を聞くこと」というフレーズが出てくるあたり、こちらもかなり上級者のようですね。 中国語に関しては、大学の第二外国語で中国語を選択していたようですね。 当時はカフェで中国語を勉強したり、かなり気合いをいれて取り組んでいたようです。 ですが、本人いわく 「4年間習って唯一言える単語は名前だけ」なんだとか。 確かに、昔友人も「中国語は発音が難しいから、いくら習っても全然身につかない」と嘆いていたので、かなりむずかしいのだと思います。 ただ、スノーマンメンバーの中では 一番中国語の発音がいいと褒められているので、やはりリスニングの能力が飛びぬけているんだと思います。 スノーマンメンバーは中国のSNS『Weibo(ウェイボ)』で公式アカウントを開設しているし、全員で中国語を特訓中なので、これから中国語の能力も伸びていくかもしれませんね。 これらの情報をまとめると、.

次の