メット ライフ ドーム 改修。 メットライフドームの屋根

現在、絶賛改修中! メットライフドームリポート

メット ライフ ドーム 改修

メットライフドーム前広場のれんがに、名前を刻印しよう! 西武は26日、メットライフドーム前の広場に敷設する1万個のれんがに、自身の名前や誕生日などを刻印できる権利を27日から数量限定で発売すると発表した。 レンガ1個への刻印1件につき、1万9800円(税込み)。 れんがは2021年3月、進行中の「メットライフドームエリアの改修計画」の完成とほぼ同時期に、メットライフドーム前の広場に敷設する予定だ。 辻監督は球団を通じて「埼玉西武ライオンズの施設の中に、あなたの名前が刻まれる。 これはとても素晴らしいことだと思います。 いつでも我々とともにいる、という気持ちになります。 いつも大きな声を出して、一生懸命応援してくれているファンの皆さんの名前が刻まれることは我々にとってもうれしい。 それぞれの地域に住まわれているファンの皆さんは、もしかしたらメットライフドームに日ごろからお越しになることは難しいかもしれない。 そんなファンの方たちにとっても名前が刻印されたらうれしいんじゃないかな? と思います。 全国のライオンズファンの名前が刻まれて、ひとつの大きな円を作っていきたいです」などとコメントした。 【販売概要】 販売期間 6月27日午前9時〜8月31日午後10時分まで(先着販売) 【ファンクラブ会員 先行販売】 6月27日午前9時〜ファンクラブ プラチナステージ・ゴールドステージ 午後1時〜ファンクラブ シルバーステージ 午後5時〜ブロンズステージ・ベーシックステージ 【一般販売】 6月28日午前9時〜 販売価格 れんが1個への刻印1件/1万9800円(税込み)。 購入者本人の名前のほか、ニックネームや誕生日なども刻印可能。 設置期間 2021年3月から2031年11月末日まで。 刻印れんがの販売は、購入者がれんがへ刻印できる権利を取得するのみで、れんがそのものを所有する権利ではない。

次の

メットライフドームエリアの改修計画第1弾! 新施設完成記念 潜入レポート

メット ライフ ドーム 改修

1979年に埼玉・所沢の地に西武ライオンズ球場が誕生して40年。 長きに渡ってファンの皆さまの熱い想いと共にありました。 そして、2021シーズン開幕時には、メットライフドームエリアの改修を終え、球場エリア周辺が新たな幕開けを迎えます。 自然豊かな周辺環境と半ドームという特性を活かした広がりを活用し、開放感に満ち溢れたボールパークに生まれ変わります。 この記念すべき新たな一歩を、ファンの皆さまと共に歩んで行きたい。 これまでもこれからもライオンズを応援してくださる皆さまと共に。 そんな思いから、ファンの皆さまのお名前をメットライフドームエリア内のレンガサークルに刻印するプロジェクト「Lions BRICK CIRCLE PROJECT」を立ち上げました。 なくなり次第終了• あらかじめご了承ください。 ・登録できる文字は全て半角のみです。 ・アルファベット大文字 A~Z 、数字 0~9 、記号. ・ご購入者ご本人のお名前のほか、ニックネームや誕生日、お名前&お名前なども文字数の制限内であれば刻印可能です。 例 1行目:SEIBU 2行目:Leo&Lina なども可。 ・一度のお申込みで、複数件ご購入されても、隣同士で設置されるとは限りません。 あらかじめご了承ください。 ・右上にシリアルNo. が振られます。 シリアルNo. をもとにレンガの敷設場所をご購入者へ後日ご案内させていただく予定です。 なお、シリアルNo. の指定はできません。 は先着順で振られるものではございません。 その他注意事項• あらかじめご了承ください。

次の

西武ドームが改修しボールパークへ 不便で嫌いな球場から足を運びたくなるスタジアムに変わるか

メット ライフ ドーム 改修

西武は26日、来年3月のメットライフドームエリア改修計画の完成に合わせ、ドームの広場前に1万個のレンガを敷設すると発表した。 これに伴い、レンガに自身の名前や誕生日を刻印できる権利を27日から発売する。 レンガ1個への刻印1件が1万9800円(税込み)。 合計最大32文字まで刻印可能。 メットライフドーム前広場に敷設され、設置期間は2021年3月から31年11月末日まで。 詳しくは「Lions BRICK CIRCLE PROJECT 特設サイト」まで。 辻監督は「埼玉西武ライオンズの施設の中に、あなたの名前が刻まれる。 これはとても素晴らしいことだと思います。 いつでもわれわれとともにいる、という気持ちになります。 それはわれわれにとってもうれしいことです。 全国のライオンズファンの名前が刻まれて、ひとつの大きな円をつくっていきたいです」などとコメントした。

次の