小学生 選挙 ポスター。 中学生・高校生の生徒会の選挙ポスターの作り方!中学校・高校のデザイン例を多数紹介

中学生・高校生の生徒会の選挙ポスターの作り方!中学校・高校のデザイン例を多数紹介

小学生 選挙 ポスター

選挙標語の書き方・作り方〜コンクール&コンテストで入選しよう! 選挙標語の書き方・作り方〜コンクール&コンテストで入選せよ!! 〜 選挙標語の書き方・作り方教室とは…… 標語、とりわけ人の心を鷲掴みにする 標語を作るのは難しい。 だが、小学生、中学生、高校生が夏休みの宿題で応募する コンクールや コンテストで入選するレベルの 標語はさほど難しくない。 選挙標語 コンクール・ コンテストで入選して、内申に 選挙 標語 コンクール・ コンテストに入選!! と入選履歴を書いてもらおう!! 主催者の自己満足としか思えない「税金標語」、納める大切さを説くよりも「おまえたちが襟を正せよ」と言いたくなる「年金標語」など、考えるだけ時間の無駄な標語があります。 このサイトで取り上げる「選挙標語」も、どちらかといえば「税金」や「年金」の標語に近い感がありあります。 投票権のない児童生徒に選挙の標語を書かせても……とは思いますが、ここは割り切って、とにかく入選を第一の目標ににして、選挙標語を作ってみましょう。 選挙標語コンクール入選には才能は必要ありません 標語コンクールとセットで図画ポスターのコンクールがあります。 ところが、絵の下手な人間が夏休みの間、いくら練習してもコンクール入選レベルはおろか、クラス代表のレベルに達することも不可能です。 美術の成績が5の児童生徒は積極的に図画ポスターのコンクールに応募をすることをすすめます。 しかし、4以下の児童生徒は応募するだけ時間の無駄です。 美術の宿題としてコンクールへの図画ポスター応募が義務づけられているのならば仕方ありませんが、美術の苦手な児童生徒が自発的、積極的にに応募する必要はありません。 一方、標語コンクールは、それっぽい言葉を組み合わせるだけでいっちょ上がりです。 入選・入賞&佳作でいいのならば才能は必要ありません。 ちょっと手間をかければいいだけなのです。 入選を目指すならば、確率の高い方に応募するのが賢い選択です。 より簡単で、より入選が確実は方に応募するのが利口なのです。 絵が上手ならば図画ポスター部門へ、絵に自信がなければ標語部門へ、得意な分野で自分の能力をアピールしましょう。 選挙標語、本当は難しいが実は楽勝なのです 標語やコピーのような短い文字数に言いたいことを凝縮する表現はこの上なく難しいものです。 たった十数文字、数文字の表現に血の混ざった胃液を吐くような思いで書く作業です。 しかし、地方自治体が主催をしている選挙標語コンクールに応募する作品には、そんな大変な思いをする必要ありません。 まず、児童・生徒にそこまでのクオリティーのあるものを主催者は求めていないのです。 全国レベルの多くの優秀作品が寄せられるコンクールならば入選は不可能です。 しかし、規模の小さいコンクールならば、応募作品の数も少なく、全国規模のコンクールに応募するような才能にあふれる児童・生徒も数ほとんどいません。 入選の確率は高いのです。 こんなおいしいコンクールに応募しない手はありません。 選挙標語のコンクールに応募して、内申書に「選挙標語コンクール入選」と記入してもらえば、進学のときに有利になります。 入選の可能性がおおいにある選挙標語コンクールに応募しないのはもったいないのです。 選挙標語コンクール入選の裏技 入選しやすい選挙標語を作る裏技があります。 以下の通りにやってみてください。 選挙に関連する言葉を 書き出します• 標語に使われそうな言葉を 思いつく限り書き出します• 選び出した単語を 七五調になるよう組み合わせます• それらしい意味になっていれば完成です 選挙標語に限らないのですが、標語コンクールの入選作品を見ているとその多くが七五調になっています。 標語コンクール応募作品は七五調でなくてはならないという決まりはないのですが、標語といえば七五調と、審査員や学校のセンセイに刷り込みがあるのかもしれません。 とりあえず宿題として「提出すればいいや」でしたらここでできた標語を提出すれば十分です。 入選を狙うならば、同じような意味を持つ言葉で、さらに語呂の良くなる言葉を見つけるようにしますす。 言葉は人それぞれの主観があります。 ですから必ずしも入選するとは言い切れません。 しかし自分の頭で考えた標語よりも、このようにして作った標語の方が入選の確率が高くなります。 選挙標語コンクールのキーワード&関連語 選挙標語に関するキーワード、関連語を書き出してみましたので参考にしてください。 一票/選挙/選挙権/投票• あきらめない/つなぐ/ひらく/輝く/作る/参加する/築く/託す/動かす/届ける/込める• 意思/架橋/権利/鍵/思い/社会/主役/真剣/道しるべ/二十歳/暮し/未来/力/思い• きれいな/みんな/清き/大切/明るい これらの言葉を組み合わせて• この一票 築く未来だ みんなの社会• 示せあなたの意志 届けようみんなの思い• 投票に 思いを込めて さあ一票• 一票に 思いを込めて さあ投票• 投票に 託す未来の 道しるべ• 一票に 託す未来の 道しるべ などと、七五調になるように組み立てればOKです。 とりあえずこれで提出するには十分ですが、入選を狙いたいのならば、もう一工夫必要です。 例えば、市町村、都道府県と主催者に関連する地名を入れるのもいいでしょう。 選挙標語にパクリ容疑をかけられないように確認しよう!! 標語は十数文字の作品です。 しかも、テーマが決まっている上に、使える言葉も限定されてしまいます。 意識的にパクらなくても、結果的に過去の入選作品の パクリ・ コピペになる可能性は否定できません。 そこでGoogleで自分の作った選挙標語が パクリ・ コピペになっていないかどうか確認します。 その方法は、自分の作った標語を半角の「""」ダブル引用符で挟み、検索のボタンを押します。 これでヒットしなければ、オリジナル選挙標語のできあがり、先生に提出します。 最近は 著作権フリーの 読書感想文や 作文が 無料で公開されています。 また、よそのサイトからパクるのがはやりのようです。 パクリ・ コピペの容疑をかけられないようにするためにも、確認作業はきちんと行いましょう。 いくら入選レベルの選挙標語を書いたところで、 パクリ・ コピペ扱いをされたのでは意味がないのです。 選挙標語は、「一票」「投票」「清き」「明るい」「未来」など、標語の中でも特に使用される言葉が限られるので、 パクリ・ コピペになっていないかどうかの確認はきちんと行ってください。

次の

夏休み宿題ポスター交通安全・選挙・海・絵が苦手でも上手に書けるコツ!

小学生 選挙 ポスター

中学生・高校生の生徒会の選挙ポスターの作り方のポイントは? 出典元: 中学生・高校生ともに、 『選挙ポスター』 の作り方において、ポイントはほとんど同じです。 ですが、少しだけ違う点もあるので紹介していきます。 ポスターのデザインは、シンプルにする 選挙ポスターを作る場合、 『なるべく見やすいデザイン』 にする必要があります。 ポスターは、廊下などに貼ると思いますが、 『ポスターの前を通ればすぐに分かるようなデザイン』 でなければ、他の生徒の印象に残りません。 そして、印象に残るポスターというのは、 『あまり文字を詰め込んでいないシンプルなもの』 となります。 一目見て、内容がすぐに分かれば良いでしょう。 実際のところ、 『選挙ポスターをじっくり見る人は少ない』 ため、一目見て内容が分かるというのは、大きなメリットとなるのです。 どんな活動をしていきたいかなどは、 『選挙演説で訴えれば良い』 ので、ポスターはシンプルなデザインを目指すことをおすすめしますよ。 学年・クラス・役職・氏名を大きめに入れる 選挙ポスターのデザインをシンプルにした後は、 『自分が何者なのか知らせる』 必要があります。 その為に、 『学年・クラス・役職・氏名』 を大きめに書くようにしましょう。 選挙で重要なことは、 『どれだけインパクトを与えられるか』 となります。 インパクトを出す方法は多いですが、まずは、 『選挙ポスターでインパクトを与える』 ことが重要になってくるのです。 いくらポスターに似顔絵を載せても、 『どこの誰か分からない』 のであれば、あまり意味はありません。 しっかりと自分の名前をアピールするためにも、 『大きめに学年・クラス・役職・氏名を入れる』 ようにしていきましょう。 似顔絵でも良いが、出来れば写真を使う 中学生の選挙ポスターでは、 『似顔絵を載せている』 ものが多いです。 その点、高校生の選挙ポスターは、 『写真を入れている』 ことが多いので、ここに違いが出てきています。 一般的に、選挙活動に使われるポスターというのは、 『写真を載せる』 ようになっています。 似顔絵がポスターになるのは、 『学生ならではの光景』 とも言えるでしょう。 ですが、実際のところ、 『写真をポスターに載せる』 には、それなりに資金が必要になってきます。 特に、資金が少ない中学生では、 『選挙ポスターにお金をかけられない』 ことが多いと思います。 その反面、バイトなどが出来るようになる高校生は、 『資金に余裕が出来やすい』 ため、写真入りポスターを作りやすいということですね。 とは言っても、 『中学生で、写真入り選挙ポスターを使っている』 場合もあります。 これは、学校にもよるのですが、中には、 『人脈を使って、ポスターを作っている』 生徒もおり、人望が厚いことを示す大きな武器となっているようです。 その為、もし可能であれば、 『なるべく写真入りの選挙ポスターを使う』 ようにしましょう。 それが、選挙を有利に運ぶ有効打になるかもしれませんよ。 写真が使えない場合は、絵が上手い人に頼る 選挙ポスターに写真を使った方が良いと紹介しましたが、学校によっては、 『イラストしか使ってはいけない』 ということもあるでしょう。 その場合、自分で選挙ポスターを書いていくのですが、 『素人では、なかなか上手く書けない』 ことが多いでしょう。 そんなときは、 『絵が上手い人に頼る』 ことをおすすめします。 特に、 『美術部に応援要請をする』 ようにすれば、かなりレベルの高い選挙ポスターを作ってくれるでしょう。 人に頼る能力も、選挙では必要になるので、 『出来る人に頼る』 ようにしてみてくださいね。 キャッチコピーはシンプルにする 選挙ポスターはシンプルに作った方がよいと紹介していますが、 『ポスターに載せるキャッチコピーもシンプルにする』 ことをおすすめします。 選挙ポスターには、必ずと言ってよいほど、 『キャッチコピー』 が載っており、その人がどんなことをしたいのかが分かるようになっています。 たまに載せていない人もいますが、 『キャッチコピーがあれば、生徒会に入って何がしたいか分かる』 ため、載せておいた方が当選確率を上げることが出来るでしょう。 そして、ポスターという性質上、 『あまり長いキャッチコピーは読まれにくい』 という問題があるため、なるべくシンプルにまとめた方が良いということですね。 キャッチコピーの文字数は、長くても、 『10文字程度』 に収めるようにしましょう。 これ以上長くなれば、読まれる可能性が低くなることがあります。 また、 『一目見れば、すぐに意味が理解できるキャッチコピー』 を考えておくことも重要です。 先程も紹介したように、 『選挙ポスターをじっくり見る人は少ない』 ため、一目見たときに意味が伝わるかどうかが重要なのです。 難しい言葉を使わず、すぐに理解できるキャッチコピーを考えてみてくださいね。 写真を撮る又はイラストを描く• 学年・クラス・役職・氏名を書く• キャッチコピーを書く だけを守れば、簡単に作ることができます。 そして、まず最初にすることは、 『写真を撮る又はイラストを描く』 ということになります。 上の画像は、 『写真と名前だけ』 となっていますが、これだけでも選挙ポスターとしては十分と言えます。 出来るだけシンプルに仕上げることで、 『見る人の印象に残りやすい』 ため、目立つ写真やイラストは最初に載せておきましょう。 学年・クラス・役職・氏名を載せる ポスターに『学年・クラス・役職・氏名』 を載せるようにします。 写真を載せるか、イラストを描いた後、 『誰のポスターか分かるようにする』 ことが重要になります。 個人情報なので大分隠しちゃってますが友人の生徒会選挙ポスターです。 ちょっと顔ミスした感ある。 — はこぼっくす hakobox66 長女、生徒会に立候補するらしいです!で、コレはお友達が描いてくれた選挙ポスター。 T — よだきんぼ。 写真やイラストは、 『なるべく本人と分かるようにこだわる』 ことも必要になってきますが、他はシンプルに作った方が分かりやすくなります。 選挙活動最大のアピールポイントは、 『演説』 なので、ポスターはあくまで補助的な役割に終始させた方が良いでしょう。 また、色々な情報が書いているより、 『シンプルで分かりやすいポスター』 の方が印象に残りやすい傾向があるのです。 あまり難しく考えず、シンプルに選挙ポスターを作ってみてくださいね。 こちらの記事を読まれた方は下記の記事がおすすめです。 それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

生徒会選挙の演説の書き方!インパクトのある例文と面白いネタや名言!

小学生 選挙 ポスター

ポスターデザインのコツ ポスターデザインに入る前の事前準備 ポスターデザインに取り掛かる前に、次の4つの項目は確認しておきましょう。 ポスターサイズ ポスターデザインといってもサイズはいろいろ。 どのくらい離れた距離で人に見られるのか。 文字サイズ、配色、レイアウトもできる限り具体的に検討していきましょう。 例えば、駅前に設置するポスターデザインの場合。 文字の見やすさを一番に考え、書体は太めのゴシック体。 遠くからでも一目で意味が伝わるよう、文字サイズは大きめに。 ポスターの貼られる場所、目的がはっきりしていると、具体的にデザインの方向性を決める事ができます。 見てもらう人は誰か 見てもらう人は子供?主婦?20代の若者?高齢者? ポスターの内容を伝えたい相手が違うと、文字や配色、レイアウトが全く異なってきます。 例えば高齢者の場合、落ち着いた配色や読みやすい文字が好まれます。 高齢者が日常生活で目にするものは、新聞や本といった読み物がほとんど。 ポスターを見てくれる人がどんな生活をしていて、どういったデザインを好むのか。 想像してみましょう。 ブログの記事を書くときと一緒ですね。 ポスターデザインもブログ同様、ターゲットの絞り込みは必ず行っておきましょう。 ポスターデザインの目的は? あなたはポスターデザインで何を伝えたいですか? スーパーのお買い得情報なら、商品画像と金額を一番目立つ様に配置。 化粧品のものすごい美容効果をアピールしたい時は、使用前と使用後で比較できる写真を用意。 スポーツジムの会員登録を促す場合は、右下(視線の最後)にQRコードやURLを記載します。 使用する写真素材やパーツも目的に合わせて、最適な組み合わせを検討してみましょう。 どんなデザインテイスト? 先ほどの1〜3の項目をふまえた上で、どんなポスターデザインにすべきか検討します。 わたしは紙と鉛筆で先にざっくりとラフイメージを作ってます。 ここまで来れば、ほぼポスターデザインは完成です。 主題を目立たせる ポスターデザインのコツとして、一番打ち出したい内容を、一番目立つように大きく配置します。 主役が小さくて目立たないと、何を伝えたいのかよく分からないポスターデザインになりがち。 遠慮せず主役はガツンと目立たせましょう! 書体 書体は大きく分けると、ゴシック体と明朝体の2つに分類されます。 一般的にゴシック体は男性的で力強い印象。 明朝体は女性的で優しい印象を与えます。 デザインテイストにあった書体選びが重要です。 1つのポスターデザインで書体の種類は多くても3つ程度に抑えると纏まり感がでます。 配色 ポスターデザインを考える時、色選びって難しいですよね。 子供向けなら、黄色やオレンジ系の原色。 高齢者向けなら、緑や茶色系のくすんだ色。 年齢層によって色使いを変えてみましょう。 企業の広告でもこの法則が成り立っている事が多いです。 配色は1つのデザインにつき3色くらいで抑えると、纏まりのあるポスターデザインに仕上がります。 色数が多すぎると、煩雑な印象に。 配色で迷ってる人は一度試してみて下さい。 導線 導線とは人の視線が動く方向です。 縦書きの場合は右上から左下、横書きの場合は左上から右下へ。 文字の書き方で視線は誘導できるんです。 不思議ですよね。 もしポスターを縦書きにする場合は、目線の最後は左下。 横書きの場合は、右下になります。 一番最後の部分に伝えたい内容(お問い合わせ先など)を持ってくるのがコツ。 余白 余白は無駄なスペースではなく、目を休ませたり、情報の整理をする為のものです。 余白が詰まりすぎたポスターデザインを見ると、息苦しかったり、窮屈に感じたりします。 適度に間を持たせる事で、見る人に心地よさを与えたり。 ポスターデザインをワンランクアップさせるには、余白は必要不可欠な要素です。 又、 余白を設ける事で情報をグループ化して区別することができます。 余白の取り方のコツとして、同じグループ間は狭め、違うグループの間はがっつり広くとると見やすいデザインになったりします。 統一感 統一感を持たせるには、色、書体、パーツといったあらゆる要素が関係します。 例えば色で言えば、似たような明るさ、濃さのものを使ったり。 又、同じパーツを繰り返し使う事でも、統一感を持たせる事ができます。 ジャンプ率 ジャンプ率の高いポスターデザインは元気、活発、エネルギッシュ。 逆にジャンプ率の低いポスターデザインはおしゃれ、洗練といった印象を見る人に与えます。 文字を大きくしただけで何か違うの?って思われるかもしれませんが、最初はやり過ぎかなっていうぐらいジャンプ率をつけるのがコツ。 メリハリのある印象に残りやすいポスターデザインになります。 位置を揃える まずは、文字やパーツの開始位置を揃えてみましょう。 規則性を持たせる事で、スッキリとした見やすいポスターデザインになります。 意外性を狙って不規則に文字やパーツが配置されたポスターデザインは、素人感がでてしまいます。 リズム感 デザインにリズムなんてあるの?って思いますよね。 音楽と一緒で単調なデザインが続くと、見る人は飽きちゃいます。 少しだけリズムを外す事で、意図的にスパイス的な効果を与えるテクニックもあります。 やり過ぎは禁物ですけどね。 ここで言うリズムっていうのは配色だったり、オブジェクトだったり、フォントだったり。 いろんなパターンを試してみましょう。 ポスターデザイン事例 イベントポスターデザイン 観光ポスターデザイン 飲食ポスターデザイン 選挙ポスターデザイン 最後に 今日紹介した内容はポスターデザインだけでなく、チラシやフライヤー、名刺デザインにも応用できます。 ワンランク上のデザインを身に付けたい方は是非、意識してみてくださね。

次の