ソノ クイーン。 ソノクイーンで治療ができる東京のクリニック5選

ソノクイーン(HIFU)【シワ・たるみを切らずにリフトアップ】

ソノ クイーン

顔のたるみ治療にはHIFU ハイフ がオススメ 顔のたるみ治療には、現在メスや糸を使わなくてもHIFUで効果的に治療が可能です。 肌を傷つけなくても、SMAS筋膜に直接的に処置ができるのがHIFU ハイフ システムです。 詳しくは別記事にまとめてありますので、先にそちらをご覧くださいね。 HIFU ハイフ の代表格は「ウルセラ」「ダブロ」「ソノクイーン」 HIFU ハイフ 機器と言えば、現在「ウルセラ」「ダブロ」「ソノクイーン」の3つが代表的です。 全国の多くのクリニックで導入されているので、HIFU好きな人なら一度は聞いたことがある名前でしょう。 この3つは、すべてHIFU ハイフ の技術を使った高密度焦点式超音波を照射する機器で、超音波を特殊なフィルターで1点に集めて顔の筋肉層へ照射をしていき、顔のたるみ治療として使われます。 しかし、開発したメーカーが違うので、特徴や性能、受け心地にも大きく違いがあるんですよ。 ウルセラはHIFUの先駆け!高い効果と持続性 ウルセラはHIFUの先駆けで、アメリカで世界初に開発されたマシンです。 他機種とは群を抜いて高い効果と安全性を誇り、小顔効果やリフトアップ効果を実現しています。 メスを使わずに顔のSMAS筋に作用できるとして、アメリカのFDA(厚生労働省のような機関)から唯一認定を受けている機器のため、世界的にも圧倒的なシェアを誇ります。 HIFUで一番高いリフトアップ効果を求めるのであれば、ウルセラがオススメです。 しかし、HIFU機器の中では痛みが一番強いといえます。 施術時には鋭い痛みを伴います。 メスや糸を使わないといっても、筋膜が熱収縮する際の熱さと痛みはやはりそれなりに大きいです。 HIFU機器の中では身体的・精神的にも一番負担が大きいといえそうです。 痛みに強い人や、痛くてもいいからより高い効果を望む人にオススメです。 照射するヘッドの都合上、ウルセラでは照射できない部位があります。 ウルセラよりも痛みが少なく、マシンも高性能にグレードアップしています。 超音波を1点に集めた焦点が均一に丸くなるよう開発されているため、痛みがマイルドに伝わり、そしてリフトアップ効果も高いとして、最近日本ではウルセラよりもダブロの方が人気を集めています。 また、後発品のためマシン本体がウルセラよりも格段に安いこともあり、クリニックでの価格もダブロはとても安く設定されています。 ダブロの登場により、「痛くない」「安い」「効果がある」と人気を集め、HIFUが気軽に受けれるようになりました。 しかし、効果に関しては賛否両論あり、体験談や医師の様々な意見によると、ウルセラよりはリフトアップ効果が劣るという意見もあれば、ウルセラと同等の効果が得られるとも言われており、効果や持続性には個人差や医師の技量によって左右されると言えそうです。 ウルセラと比較するとリフトアップ効果はやや劣るものの、その分痛みがややマイルドになっています。 ウルセラでは痛くて諦めていた人でも、ソノクイーンなら少し楽に施術が受けられるでしょう。 そして何よりもソノクイーンの最大の特徴は、従来のHIFU機器では難しかった目元や眉下、カーブの強い額などでも細かくエネルギーを照射できるといった点です。 目のキワや眉の下等のシワの気になるポイントに施術ができるので、「アイシャドウHIFU」とも呼ばれています。 まだ日本に上陸して間もないため、ソノクイーンが受けられるクリニックは限られているのが難点ですね。

次の

ソノクイーン(ハイフ)で切らないリフトアップ!福岡博多天神の美容外科・美容皮膚科クリニーク福岡天神

ソノ クイーン

【HIFU】の優れた仕組みについてお話をしてきました。 では、その効果はどこに使えるの? という疑問にお応えします。 密度の高い超音波を、治療部位に集中して照射し、真皮層だけでなくで最深層 SMAS層 まで熱エネルギーを届けることで、皮膚・筋肉のリフトアップ効果を得て、たるみやシワを改善します。 0mm を狙う! 従来の技術では難しかった、目元や眉下、額など浅い層にもエネルギーを届けます。 ミニカートリッジで浅い表皮のシワを無くし、リフトアップも目指します。 0mm を狙う! 熱ダメージによる損傷を治癒するために、人体の「創傷治癒作用」のスイッチが入り、コラーゲン生成力や弾力が増し、リフトアップ効果が長続きします。 5mm を狙う! 熱ダメージにより、SMAS層のたんぱく質がギュっと凝縮。 真皮層とSMAS層の緩みが引き締まり、リフトアップ効果が得られます。

次の

ソノクイーンで治療ができる東京のクリニック5選

ソノ クイーン

【HIFU】の優れた仕組みについてお話をしてきました。 では、その効果はどこに使えるの? という疑問にお応えします。 密度の高い超音波を、治療部位に集中して照射し、真皮層だけでなくで最深層 SMAS層 まで熱エネルギーを届けることで、皮膚・筋肉のリフトアップ効果を得て、たるみやシワを改善します。 0mm を狙う! 従来の技術では難しかった、目元や眉下、額など浅い層にもエネルギーを届けます。 ミニカートリッジで浅い表皮のシワを無くし、リフトアップも目指します。 0mm を狙う! 熱ダメージによる損傷を治癒するために、人体の「創傷治癒作用」のスイッチが入り、コラーゲン生成力や弾力が増し、リフトアップ効果が長続きします。 5mm を狙う! 熱ダメージにより、SMAS層のたんぱく質がギュっと凝縮。 真皮層とSMAS層の緩みが引き締まり、リフトアップ効果が得られます。

次の