ガーミン。 【あなたに最適なGARMINの選び方】自分にあったガーミンを選ぼう!

【楽天市場】メーカー別 > GARMIN:IDA ON−LINE

ガーミン

手頃な価格でランニングを始めたい! ガーミン入門におすすめ!入門といっても得られるデータは本格的。 データを使ったトレーニングを始めてみたい方に最適なハイコストパフォーマンスモデル!! ForeAthlete 230J 25,080円 税込 日常でも使えるコンパクトでスタイリッシュなデザインのものが欲しい! 使い勝手のいいサイズと先進のトレーニング機能とライフログ機能を持ったコスパ最強モデル! 45Sは軽くてコンパクトなので女性にもおすすめ! Foreathlete 45S 27,280円 税込 スマートウォッチを使ってみたい! まずは使ってみたいという方にはこれ!自分の残りのバッテリーから心拍数までスマホより確実で正確なデータが取れます!普通の腕時計との2個付にもおすすめ! vivsmart 4 18,130円 税込 水泳・スイムの時も手軽に色々計測したい! 屋内、屋外でスイム計測が手頃な価格で!GPSウォッチ初の水陸両用光学心拍計で水中でも心拍数が測れる!トライアスロン入門にもおすすめ! Swim 2 32,780円 税込 一歩進んだトレーニングでライバルに差をつけたい! ランニングダイナミクスの計測やGarminコーチで自己ベストの更新を!245Mはスマホがなくても音楽が聞ける! Foreathlete 245 38,280円 税込 スマートウォッチらしくないおしゃれなものがほしい! 一見ただの腕時計。 「どうせ買うなら高級で最高のモノ!」という方におすすめ! マルチスポーツへの対応からファッション性まで死角ナシ。 機能も素材もプレミアムな究極のガーミンウオッチ! fenix 6 Sapphire 110,000円 税込• 5mm 45mm 45mm 42. 3mm 42. 3mm 42. 5mm 42. 4mm 15 x 10. 5mm 21 x 10. 9mm 39mm 44mm 42mm 42mm 42mm 42mm 40mm 45. 1mm 43. 硬度が高く傷がつきにくい。 画像のブレが生じにくく、くっきりした動画像を再生できる。 4 x 47. 6mm 43. 4 mm 外周:124-197mm 42 x 42 x 11. 4 mm 外周:124-197mm 39. 5 x 39. 5 x 11. 4 mm 外周:124-185mm 45 x 45 x 11. 7 mm 45 x 45 x 11. 7 mm 42. 3 x 42. 3 x 12. 2 mm 外周:127-204mm 42. 3 x 42. 3 x 12. 2 mm 外周:127-204mm 42. 5 x 42. 5 x 13. 5 mm 42. 5 x 42. 5 x 13. 5 mm 47 x 47 x 13. 9 mm 47 x 47 x 13. 7 mm 外周:130-220 mm 47 x 47 x 13. 7 mm 外周:130-220 mm ディスプレイ 直径 1. 04インチ(26. 3mm) 直径 1. 04インチ(26. 3mm) 直径 1. 04インチ(26. 3mm) 直径 1. 23インチ(31. 1mm) 直径 1. 23インチ(31. 1mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 解像度 208 x 208 ピクセル 208 x 208 ピクセル 208 x 208 ピクセル 215 x 180 ピクセル 215 x 180 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル 240 x 240 ピクセル ディスプレイタイプ 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP) 重量 36 g 36 g 32 g 41 g 42 g 38. 5 g 38. 5 g 42. 2 g 42. 数分歩くことでリセット) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 自動ゴール設定(アクティビティレベルを学習して、歩数目標を毎日設定) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 スリープモニタリング(合計睡眠時間、レム睡眠、ノンレム睡眠を監視) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 消費カロリー 心拍ベース 〇 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 上昇階数 - - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 移動距離 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 週間運動量 〇 〇 〇 - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 TrueUp 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 Move IQ 〇 〇 〇 - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 フィットネス年齢 - 〇 〇 - - あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) あり(アプリ内) Body Batteryエネルギーモニター 〇 〇 〇 - - 〇 〇 - - - 〇 〇 ストレスレベル計測 〇 〇 〇 - - 〇 〇 〇 〇 - 〇 〇 心拍計機能 心拍ゾーン 〇 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 HRアラート - 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 HRカロリー 〇 〇 〇 あり(要互換アクセサリ) 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 最大心拍(HR max)% 〇 - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 予備心拍数(HRR)% - - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 リカバリータイム - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 自動最大心拍数 〇 - - - - 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 HRVストレステスト(静止状態での心拍数の変化を3分間測定して予測されるストレスレベルを表示。 4 mm 外周122-188mm ラージ 19x9. 4 mm 外周148-215mm レギュラー 15 x 10. 5 x 197 mm 外周122-189mm ラージ 15 x 10. 5 x 223 mm 外周148-215mm レギュラー 21 x 10. 9 x 197 mm 外周122-188mm ラージ 21 x 10. 9 x 223 mm 外周148-215mm 39 x 39 x 10. 9 mm 外周110-175 mm 44 x 44 x 11. 3 mm 外周125-190 mm 42 x 42 x 11. 9mm 外周125-190mm 42 x 42 x 11. 9mm 外周125-190mm 40 x 40 x 12. 7mm 外周110-175mm 45. 1 x 45. 1 x 12. 8mm 外周135-200mm 43. 2 x 43. 2 x 12. 4mm 外周125-190mm 45 x 45 x 15. 3 mm 外周132-224 mm 45 x 45 x 15. 3 mm 外周132-224 mm 45 x 45 x 15. 3 mm 外周132-224 mm ディスプレイサイズ 0. 43 x 0. 43インチ(11 mmx11 mm) 0. 26 x 0. 70インチ(6. 6 mm x 17. 7 mm) 0. 38 x 0. 76インチ(9. 6 mm x 19. 2 mm) 0. 35 x 0. 72インチ(8. 9 mm x 18. 3 mm) 0. 35 x 0. 72インチ(8. 9 mm x 18. 3 mm) 0. 94 x 0. 73インチ(24. 1 mmx 18. 7 mm) 0. 94 x 0. 73インチ(24. 1 mmx 18. 7 mm) 1. 1 x 1. 1インチ(27. 9 mmx 27. 9 mm) 1. 3 x 1. 3インチ(33 mmx 33 mm) 1. 2 x 1. 2インチ(30. 4 mmx 30. 4 mm) 2ウィンドウ 0. 9 x 0. 9インチ(23 mm x 23 mm) 2ウィンドウ 0. 9 x 0. 9インチ(23 mm x 23 mm) 2ウィンドウ 0. 9 x 0. 5 g レギュラー:24. 1 g ラージ:27 g レギュラー:24. 1 g ラージ:27 g 38. 6 g 46. 1 g シリコンバンド:42. 0 g ナイロンバンド:35. 0 g レザーバンド:55. 5 g ミラネーゼバンド:86. 0 g 40 g 50 g 46. 8 mm 42 x 42 x 13. 8 mm 47 x 47 x 14. 7 mm 47 x 47 x 14. 7 mm 51 x 51 x 14. 9 mm 51 x 51 x 14. 9 mm ディスプレイ 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 2インチ(30. 4 mm) 直径1. 3インチ(33. 02 mm) 直径1. 3インチ(33. 02 mm) 直径1. 4インチ(35. 56 mm) 直径1. 4インチ(35.

次の

ガーミンの時計おすすめ人気ランキング10選【35J・230J・vívoシリーズも!】

ガーミン

本社所在地 ・ 設立 通信機器 事業内容 関連機器の開発・製造・販売 代表者 高民環、クリフ・ペンブル(Cliff Pembell)兼 売上高 27億1600万(2012年) 主要子会社 Garmin International Inc. , 台湾国際航電股份有限公司 関係する人物 ゲリー・バレル、高民環 共同創業者 外部リンク ガーミン Garmin Ltd. ゲリー・バレル Gary Burrell と高民環 Min H. Kao、ミン・カオ によってに設立された。 ガーミン Garmin という社名は創業者2人の名前の一部、即ち Garyと Minに由来する。 登記上、現在・にグループ本社 を置き、運営上はアメリカ合衆国のにある、子会社のガーミン・インターナショナル社(Garmin International, Inc. )が実質的な本社として機能している。 最大の生産設備を持つ重要子会社は、にあるガーミン(アジア)・コーポレーション(Garmin Asia Corporation、 台灣國際航電股份有限公司 である。 カンザス州オレイサにあるガーミン本社 ゲリー・バレルはに生まれ、()でのを得た後、()の大学院で学位を得た。 その後にエドワード・キングJr. ( Edward King Jr. )によって設立されたばかりの航空ラジオメーカーであるキングラジオ( King Radio)で6年の間働くこととなる。 それはオラースの農場の中にあった。 の免許を取得したバレルは、同社で最も成功したナビゲーション機器及び通信機器の開発を主導した。 にはに無線機器の供給を開始した。 までにバレルは短期間()で働いた他は、会社員としての社歴のほとんどをキングラジオで費やすこととなった。 その間にこの会社では経営体制に何度も大きな変化があった。 にキングラジオは()によって買収され、その際に旧()と合併しベンディックス・キング( Bendix-King)となった。 その後アライド・コーポレーションはにシグナル社(Signal Companies)と合併し、1993年に社に改称。 その後1999年にはアライドシグナル社はを買収し、買収後の社名をハネウェルとした。 高民環はにので生まれた。 彼はに勤めた後、に入学。 その後電気工学で上級学位を得るため、渡米しに入学。 大学院生としてとのための研究を行った。 その後も軍需産業である()と( Magnavox)に勤めた。 にバレルは高をアライド・コーポレーション傘下であったキングラジオの彼の部門に雇った。 その際、高はマグナボックスで、当時はNAVSTARとして知られていたを使ったナビゲーションシステムの開発を行っていた。 バレルと共に働いている間に、彼は最初の向けGPSナビゲーションシステムがから認可を受けるために開発を主導した。 にバレルはアライド・コーポレーションを退職。 彼は同社がGPS技術に基づく製品をもっと追求することに積極的であるべきだと確信したが、経営陣がこの考えに同意しなかったことに失望したためである。 彼はマグナボックスを含む他の会社での面接も受けたが、彼が望むような仕事を見つけることは出来なかった。 敬虔なであったバレルはに設立されたインディアンクリークコミュニティ教会の設立メンバーであった。 そこでアライド・コーポレーションを辞しての道に専念しようと考えていた。 しかしある夕食の席で、高はバレルに会社を起業することを考えたことはないかと尋ねた。 バレルはその考えはなかったと答えて、だがもし会社を始めるのであれば高とだけ組んでやっていくと言った。 両者ともナビゲーション技術の将来はGPS技術にかかっていることで意見が合った。 GPS衛星の配備がまだ構築途上であった当時、のののため、システム構築が24か月遅れることとなった。 衛星はに適合するよう設計変更された。 システムが運用可能と宣言されたのはである。 その後のでGPS技術が及びに決定的な戦略的優位性を与えたことが証明された。 高は起業を計画しにいる旧友を訪ねた。 である彼は、起業のための資金援助をすることを保証した。 それから数週間後、バレルと高はに行き、さらに数か月後、彼らの預金口座には400万ドルが振り込まれていた。 その資金は、多数の技術者とカンザス州に事務所及び業務スペースを確保するには充分であった。 起業にあたり最初に名付けた社名は Pronavであった。 しかし競合他社がGPSレシーバーに Navproという名称を使用していたため、商標権侵害を主張され訴訟となった。 そのため社名を Garminとした。 由来は先に述べたとおり二人の創業者のファーストネームを組み合わせたものである。 初期の製品 [ ] ガーミンの最初の製品は GPS 100というパネル搭載型の航海用GPSレシーバーで、2,500で販売された。 その製品は、での「国際海洋技術見本市」 International Marine Technology Exposition で発売した。 その製品はすぐヒットし、5,000個の受注があった。 その後に高は台北に製造施設を建てるため、台湾に向け出発した。 もう一つの初期の製品は携帯型GPSレシーバーで、1991年のの際とで勤務するの間で人気を博した。 初頭には趣味のランナー向けに Forerunnerと呼ばれる個人向けGPS装置を発売した。 腕時計型の Foretrexは、、愛好者の間で人気が出た。 ガーミンはシリーズとして StreetPilotも発売した。 これは画面だったが、後続の StreetPilot IIIは16色カラーでより先進的な機能をもっていた。 eTrexベースモデル 別名「eTrex Yellow」 ガーミンのGPSレシーバーで最も人気のあるGPS製品 eTrexというシリーズは1998年に発売された。 ベースモデルは一般的には eTrexイエローと呼ばれている初級者向けモデルである。 上位機種には Venture、 Legend、 Vista、 Summitがあり機種によっては地図、、気圧高度計、、市街地情報などの機能が搭載されている。 一方 GekoシリーズはeTrexシリーズよりさらに低予算者や軽量志向のハイカー向けのコンパクトなハンドヘルドGPSレシーバーである。 にガーミンはとが統合された機器である iQueシリーズを発売した。 に、 iQue M4は、地図データをパソコンからプリインストールすることを要求しない最初のPDAになった。 イギリス版がの地図データをプリインストールして出荷する一方で、アメリカ版はの地図データをハードウェアに「内蔵」した。 、ガーミンは StreetPilot i-Seriesを発売した。 i2、 i3、 i5の3モデルあり、i2はモノクロ画面で地図をロードするのにを必要とした。 i3は画面がカラーであること以外はi2と似ていた。 i5はカラーで、地図は予めプログラムされていた。 StreetPilotのより進化したバージョンとして c-Seriesがある。 カラー大画面、FM交通情報、(が北米向けに提供するFMラジオベースの情報サービス)による天気及び各種情報の更新、およびをサポートした。 この製品にはBluetooth、、画面の輝度とスクリーンサイズの全てをアップさせ、小型薄型サイズに詰め込んだである。 ガーミンは、GPS機能を合わせ持つも製造している。 に同社は Garmin Mobile PCを発売した。 向けのGPSナビゲーションソフトウェアとを搭載した。 航空電子機器 [ ] G1000をベースとしたシーラス・エアクラフトの『Cirrus Perspective』() ガーミンの航空電子機器部門では、統合、携帯型航空電子機器、通信機器、、機器、機器、機体搭載型気象レーダー、アプリケーション等の開発、製造、販売を行っている。 ガーミンは GPS-100AVDパネル搭載型レシーバーで航空市場に参入した。 彼らの最初のポータブルユニット GPS-95は1993年に発売された。 GPS-155パネル搭載型ユニットは、計器進入方式のための完全なからの認証を取得した最初のGPSレシーバーである。 、ガーミンは GNS-430を発表した。 これはGPS、ナビゲーションレシーバーとコミュニケーショントランシーバーが統合された製品である。 G1000 [ ] G1000はガーミン初の航空機搭載型統合アビオニクスで、同社のアビオニクス事業を大きく躍進させたモデルとして知られる。 が採用され、飛行計器、オートパイロット、航法、通信、気象レーダー、機体システム等の表示や操作が可能である。 例えば、それまででは無数の計器がインストルメントパネルに配置されているものが主流であったが、G1000では、1つのディスプレイ に計器の情報が集約されたことなどによりパイロットの操縦負荷が劇的に改善された。 G1000は、1999年設計開発者の氏とGarmin共同創業者の氏が将来の航空アビオニクスの姿の議論で意気投合してその開発が共同で始まり、HondaJetは初めてG1000を採用した機になったことが知られている。 G1000はコックピット機器の電子化と革新をもたらし、先進アビオニクスが、、等の単発ピストンエンジン機から小型ビジネスジェット機を含むジェネラル・アビエーション界に普及するきっかけとなった。 G900XはG1000と似てはいるが、のために設計された。 この他に既存小型航空機の標準装備の計器と換装して化を行う事を目的とした G600といった製品もある。 ガーミンはの航空市場において、UPSエビエーションテクノロジーズ UPS Aviation Technologies の買収を通じてその存在を拡大させた。 IIモローはにを本拠として航海用および総合航空機器メーカーとして設立された。 1986年に UPS が宅配業務と荷物追跡業務のためのエレクトロニクス技術の展開のため買収し、には社名をUPSエビエーションテクノロジーズへと変更した。 その後海洋事業から段階的に撤退すると共に総合航空事業に重点的に取り組むようになった。 株式公開 [ ] に、ガーミンは1億500万ドルの売上高に達して、2300万ドルの利益を成し遂げた。 1999年には、2億3300万ドルの売上高、利益6400万ドルを計上した。 1999年に が実施した市場調査によると、ガーミンの製品はにおける市場においてGPSレシーバーを購入したいと考えているの約50%を獲得した。 までにガーミンは300万台のGPS機器を販売し、50種ものモデルを生産していた。 それらの製品は100か国で販売され2,500の販売代理店で扱われた。 2000年の時点で、同社はGPS技術に関する35の特許を保持していた。 2000年6月末までに同社は1,205人を雇用した(アメリカ合衆国541人、台湾635人、イギリス29人)。 2000年12月8日に同社は公式に市場で取引を開始した。 当時バレルは19,911,155株を、高は20,352,803株を所有していた。 台北でをしている高の兄弟はそれとは別に7,984,109株を所有していた。 合わせると54. 企業買収 [ ] の8月にガーミンはUPSエビエーションテクノロジーズの買収を完了した。 買収した会社は社名をガーミンAT Garmin AT, Inc. に変更した。 そしてガーミンインターナショナル Garmin International, Inc. の完全な子会社として業務を継続した。 ガーミンはダイナストリームイノベーションズ Dynastream Innovations Inc 、EME Tec Sat SAS EME 、そしてデジタルサイクロン Digital Cyclone Inc. を買収した。 ダイナストリームはを本拠地とする企業で、パーソナルモニタリング技術、例えばスポーツとフィットネス製品のためのと心拍数モニタ、そして超低消費電力かつ低価格で広範囲なアプリケーション(、など)の接続技術分野のリーダーである。 EME Tec Sat SAS EME はガーミン製品のにおける卸売業者である。 買収後、社名をガーミンフランスSAS Garmin France SAS に変更した。 デジタルサイクロン DCI はに本拠を置き、アウトドア愛好家やパイロット向けに天気情報を提供する。 ガーミンはノータマティックマリンシステムズ Nautamatic Marine Systems Inc. をも買収した。 に拠点を置くボートの向け自動操縦装置システムを提供する会社である。 2011年にはドイツの衛星ナビゲーション会社ナヴィゴン(Navigon)を買収した。 2016年9月30日には日本国内販売代理店である、株式会社いいよねっとを買収し子会社化。 2017年4月1日にガーミンジャパン株式会社と株式会社いいよねっとを統合。 近年の活動 [ ] 2003年にバレルはガーミンのの職を退いた。 そしてには時にを退任した。 彼は現在である。 一方高は2003年にCEOになり、2004年には会長となった。 のによると高の純資産は15億ドルと推定された。 彼は1750万ドルをテネシー大学に寄付した。 同年、フォーブスはバレルの純資産を9億4000万ドルと推定した。 、ガーミンは年末までにソフトウェアの全てを向けにリリースすると発表した。 2006年、ガーミンは企業の刷新を発表。 同年、同社はのに小売店を展開すると発表した。 オレゴン州に拠点を置く航空機会社エピックエアー Epic AIR LLC、Aircraft Investor Resources、AIR の子会社 — アメリカ合衆国 は4月17日頃 に認定済み、または実験段階のおよびターボプロペラ機へガーミン製ガラス枠コックピットと関連したを使うと発表した。 製品 [ ]• 自動車用機器• StreetPilotシリーズ:初期の自動車用GPSナビゲーション。 1998年発表。 販売終了。 Questシリーズ:2004年発売。 販売終了。 2006年発売。 Zumoシリーズ:用GPSナビゲーション。 2006年発売。 GDRシリーズ:四輪車用。 測位システムにGPSの他、も同時受信。 日本ではにて独占販売。 自転車用機器• Edgeシリーズ:GPS• 携帯機器• その他:携帯電話付属機器、パソコン用機器等• 航空用機器• 統合アビオニクス• パネル搭載型ディスプレイ• その他:、関連機器• 用機器• Forerunner:腕時計型GPS機器• Approach:用GPS機器• アウトドア機器• eTrexなど:• マリン用機器• 表示機• その他 スポンサー活動 [ ]• 2005年12月11日閲覧。 2006年4月1日閲覧。 2007年6月20日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 Garmin 2019年. 2019年7月11日閲覧。 Garmin 2007年5月. 2019年7月11日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 Thurber, Matt 2016年7月. Aviation International News. AIN Publications. 2019年7月6日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 Trescott, Max 2014年5月28日. AOPA. 2018年6月25日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 2005年12月11日閲覧。 2007年12月7日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2005年12月11日閲覧。 2005年12月11日閲覧。 2006年6月25日閲覧。 2006年11月4日閲覧。 2006年11月4日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (日本語).

次の

ガーミン(GARMIN) 2020新作 「バーチャルキャディ」機能を搭載したガーミンのGPSゴルフウォッチ最上位モデル「Approach S62」

ガーミン

本社所在地 ・ 設立 通信機器 事業内容 関連機器の開発・製造・販売 代表者 高民環、クリフ・ペンブル(Cliff Pembell)兼 売上高 27億1600万(2012年) 主要子会社 Garmin International Inc. , 台湾国際航電股份有限公司 関係する人物 ゲリー・バレル、高民環 共同創業者 外部リンク ガーミン Garmin Ltd. ゲリー・バレル Gary Burrell と高民環 Min H. Kao、ミン・カオ によってに設立された。 ガーミン Garmin という社名は創業者2人の名前の一部、即ち Garyと Minに由来する。 登記上、現在・にグループ本社 を置き、運営上はアメリカ合衆国のにある、子会社のガーミン・インターナショナル社(Garmin International, Inc. )が実質的な本社として機能している。 最大の生産設備を持つ重要子会社は、にあるガーミン(アジア)・コーポレーション(Garmin Asia Corporation、 台灣國際航電股份有限公司 である。 カンザス州オレイサにあるガーミン本社 ゲリー・バレルはに生まれ、()でのを得た後、()の大学院で学位を得た。 その後にエドワード・キングJr. ( Edward King Jr. )によって設立されたばかりの航空ラジオメーカーであるキングラジオ( King Radio)で6年の間働くこととなる。 それはオラースの農場の中にあった。 の免許を取得したバレルは、同社で最も成功したナビゲーション機器及び通信機器の開発を主導した。 にはに無線機器の供給を開始した。 までにバレルは短期間()で働いた他は、会社員としての社歴のほとんどをキングラジオで費やすこととなった。 その間にこの会社では経営体制に何度も大きな変化があった。 にキングラジオは()によって買収され、その際に旧()と合併しベンディックス・キング( Bendix-King)となった。 その後アライド・コーポレーションはにシグナル社(Signal Companies)と合併し、1993年に社に改称。 その後1999年にはアライドシグナル社はを買収し、買収後の社名をハネウェルとした。 高民環はにので生まれた。 彼はに勤めた後、に入学。 その後電気工学で上級学位を得るため、渡米しに入学。 大学院生としてとのための研究を行った。 その後も軍需産業である()と( Magnavox)に勤めた。 にバレルは高をアライド・コーポレーション傘下であったキングラジオの彼の部門に雇った。 その際、高はマグナボックスで、当時はNAVSTARとして知られていたを使ったナビゲーションシステムの開発を行っていた。 バレルと共に働いている間に、彼は最初の向けGPSナビゲーションシステムがから認可を受けるために開発を主導した。 にバレルはアライド・コーポレーションを退職。 彼は同社がGPS技術に基づく製品をもっと追求することに積極的であるべきだと確信したが、経営陣がこの考えに同意しなかったことに失望したためである。 彼はマグナボックスを含む他の会社での面接も受けたが、彼が望むような仕事を見つけることは出来なかった。 敬虔なであったバレルはに設立されたインディアンクリークコミュニティ教会の設立メンバーであった。 そこでアライド・コーポレーションを辞しての道に専念しようと考えていた。 しかしある夕食の席で、高はバレルに会社を起業することを考えたことはないかと尋ねた。 バレルはその考えはなかったと答えて、だがもし会社を始めるのであれば高とだけ組んでやっていくと言った。 両者ともナビゲーション技術の将来はGPS技術にかかっていることで意見が合った。 GPS衛星の配備がまだ構築途上であった当時、のののため、システム構築が24か月遅れることとなった。 衛星はに適合するよう設計変更された。 システムが運用可能と宣言されたのはである。 その後のでGPS技術が及びに決定的な戦略的優位性を与えたことが証明された。 高は起業を計画しにいる旧友を訪ねた。 である彼は、起業のための資金援助をすることを保証した。 それから数週間後、バレルと高はに行き、さらに数か月後、彼らの預金口座には400万ドルが振り込まれていた。 その資金は、多数の技術者とカンザス州に事務所及び業務スペースを確保するには充分であった。 起業にあたり最初に名付けた社名は Pronavであった。 しかし競合他社がGPSレシーバーに Navproという名称を使用していたため、商標権侵害を主張され訴訟となった。 そのため社名を Garminとした。 由来は先に述べたとおり二人の創業者のファーストネームを組み合わせたものである。 初期の製品 [ ] ガーミンの最初の製品は GPS 100というパネル搭載型の航海用GPSレシーバーで、2,500で販売された。 その製品は、での「国際海洋技術見本市」 International Marine Technology Exposition で発売した。 その製品はすぐヒットし、5,000個の受注があった。 その後に高は台北に製造施設を建てるため、台湾に向け出発した。 もう一つの初期の製品は携帯型GPSレシーバーで、1991年のの際とで勤務するの間で人気を博した。 初頭には趣味のランナー向けに Forerunnerと呼ばれる個人向けGPS装置を発売した。 腕時計型の Foretrexは、、愛好者の間で人気が出た。 ガーミンはシリーズとして StreetPilotも発売した。 これは画面だったが、後続の StreetPilot IIIは16色カラーでより先進的な機能をもっていた。 eTrexベースモデル 別名「eTrex Yellow」 ガーミンのGPSレシーバーで最も人気のあるGPS製品 eTrexというシリーズは1998年に発売された。 ベースモデルは一般的には eTrexイエローと呼ばれている初級者向けモデルである。 上位機種には Venture、 Legend、 Vista、 Summitがあり機種によっては地図、、気圧高度計、、市街地情報などの機能が搭載されている。 一方 GekoシリーズはeTrexシリーズよりさらに低予算者や軽量志向のハイカー向けのコンパクトなハンドヘルドGPSレシーバーである。 にガーミンはとが統合された機器である iQueシリーズを発売した。 に、 iQue M4は、地図データをパソコンからプリインストールすることを要求しない最初のPDAになった。 イギリス版がの地図データをプリインストールして出荷する一方で、アメリカ版はの地図データをハードウェアに「内蔵」した。 、ガーミンは StreetPilot i-Seriesを発売した。 i2、 i3、 i5の3モデルあり、i2はモノクロ画面で地図をロードするのにを必要とした。 i3は画面がカラーであること以外はi2と似ていた。 i5はカラーで、地図は予めプログラムされていた。 StreetPilotのより進化したバージョンとして c-Seriesがある。 カラー大画面、FM交通情報、(が北米向けに提供するFMラジオベースの情報サービス)による天気及び各種情報の更新、およびをサポートした。 この製品にはBluetooth、、画面の輝度とスクリーンサイズの全てをアップさせ、小型薄型サイズに詰め込んだである。 ガーミンは、GPS機能を合わせ持つも製造している。 に同社は Garmin Mobile PCを発売した。 向けのGPSナビゲーションソフトウェアとを搭載した。 航空電子機器 [ ] G1000をベースとしたシーラス・エアクラフトの『Cirrus Perspective』() ガーミンの航空電子機器部門では、統合、携帯型航空電子機器、通信機器、、機器、機器、機体搭載型気象レーダー、アプリケーション等の開発、製造、販売を行っている。 ガーミンは GPS-100AVDパネル搭載型レシーバーで航空市場に参入した。 彼らの最初のポータブルユニット GPS-95は1993年に発売された。 GPS-155パネル搭載型ユニットは、計器進入方式のための完全なからの認証を取得した最初のGPSレシーバーである。 、ガーミンは GNS-430を発表した。 これはGPS、ナビゲーションレシーバーとコミュニケーショントランシーバーが統合された製品である。 G1000 [ ] G1000はガーミン初の航空機搭載型統合アビオニクスで、同社のアビオニクス事業を大きく躍進させたモデルとして知られる。 が採用され、飛行計器、オートパイロット、航法、通信、気象レーダー、機体システム等の表示や操作が可能である。 例えば、それまででは無数の計器がインストルメントパネルに配置されているものが主流であったが、G1000では、1つのディスプレイ に計器の情報が集約されたことなどによりパイロットの操縦負荷が劇的に改善された。 G1000は、1999年設計開発者の氏とGarmin共同創業者の氏が将来の航空アビオニクスの姿の議論で意気投合してその開発が共同で始まり、HondaJetは初めてG1000を採用した機になったことが知られている。 G1000はコックピット機器の電子化と革新をもたらし、先進アビオニクスが、、等の単発ピストンエンジン機から小型ビジネスジェット機を含むジェネラル・アビエーション界に普及するきっかけとなった。 G900XはG1000と似てはいるが、のために設計された。 この他に既存小型航空機の標準装備の計器と換装して化を行う事を目的とした G600といった製品もある。 ガーミンはの航空市場において、UPSエビエーションテクノロジーズ UPS Aviation Technologies の買収を通じてその存在を拡大させた。 IIモローはにを本拠として航海用および総合航空機器メーカーとして設立された。 1986年に UPS が宅配業務と荷物追跡業務のためのエレクトロニクス技術の展開のため買収し、には社名をUPSエビエーションテクノロジーズへと変更した。 その後海洋事業から段階的に撤退すると共に総合航空事業に重点的に取り組むようになった。 株式公開 [ ] に、ガーミンは1億500万ドルの売上高に達して、2300万ドルの利益を成し遂げた。 1999年には、2億3300万ドルの売上高、利益6400万ドルを計上した。 1999年に が実施した市場調査によると、ガーミンの製品はにおける市場においてGPSレシーバーを購入したいと考えているの約50%を獲得した。 までにガーミンは300万台のGPS機器を販売し、50種ものモデルを生産していた。 それらの製品は100か国で販売され2,500の販売代理店で扱われた。 2000年の時点で、同社はGPS技術に関する35の特許を保持していた。 2000年6月末までに同社は1,205人を雇用した(アメリカ合衆国541人、台湾635人、イギリス29人)。 2000年12月8日に同社は公式に市場で取引を開始した。 当時バレルは19,911,155株を、高は20,352,803株を所有していた。 台北でをしている高の兄弟はそれとは別に7,984,109株を所有していた。 合わせると54. 企業買収 [ ] の8月にガーミンはUPSエビエーションテクノロジーズの買収を完了した。 買収した会社は社名をガーミンAT Garmin AT, Inc. に変更した。 そしてガーミンインターナショナル Garmin International, Inc. の完全な子会社として業務を継続した。 ガーミンはダイナストリームイノベーションズ Dynastream Innovations Inc 、EME Tec Sat SAS EME 、そしてデジタルサイクロン Digital Cyclone Inc. を買収した。 ダイナストリームはを本拠地とする企業で、パーソナルモニタリング技術、例えばスポーツとフィットネス製品のためのと心拍数モニタ、そして超低消費電力かつ低価格で広範囲なアプリケーション(、など)の接続技術分野のリーダーである。 EME Tec Sat SAS EME はガーミン製品のにおける卸売業者である。 買収後、社名をガーミンフランスSAS Garmin France SAS に変更した。 デジタルサイクロン DCI はに本拠を置き、アウトドア愛好家やパイロット向けに天気情報を提供する。 ガーミンはノータマティックマリンシステムズ Nautamatic Marine Systems Inc. をも買収した。 に拠点を置くボートの向け自動操縦装置システムを提供する会社である。 2011年にはドイツの衛星ナビゲーション会社ナヴィゴン(Navigon)を買収した。 2016年9月30日には日本国内販売代理店である、株式会社いいよねっとを買収し子会社化。 2017年4月1日にガーミンジャパン株式会社と株式会社いいよねっとを統合。 近年の活動 [ ] 2003年にバレルはガーミンのの職を退いた。 そしてには時にを退任した。 彼は現在である。 一方高は2003年にCEOになり、2004年には会長となった。 のによると高の純資産は15億ドルと推定された。 彼は1750万ドルをテネシー大学に寄付した。 同年、フォーブスはバレルの純資産を9億4000万ドルと推定した。 、ガーミンは年末までにソフトウェアの全てを向けにリリースすると発表した。 2006年、ガーミンは企業の刷新を発表。 同年、同社はのに小売店を展開すると発表した。 オレゴン州に拠点を置く航空機会社エピックエアー Epic AIR LLC、Aircraft Investor Resources、AIR の子会社 — アメリカ合衆国 は4月17日頃 に認定済み、または実験段階のおよびターボプロペラ機へガーミン製ガラス枠コックピットと関連したを使うと発表した。 製品 [ ]• 自動車用機器• StreetPilotシリーズ:初期の自動車用GPSナビゲーション。 1998年発表。 販売終了。 Questシリーズ:2004年発売。 販売終了。 2006年発売。 Zumoシリーズ:用GPSナビゲーション。 2006年発売。 GDRシリーズ:四輪車用。 測位システムにGPSの他、も同時受信。 日本ではにて独占販売。 自転車用機器• Edgeシリーズ:GPS• 携帯機器• その他:携帯電話付属機器、パソコン用機器等• 航空用機器• 統合アビオニクス• パネル搭載型ディスプレイ• その他:、関連機器• 用機器• Forerunner:腕時計型GPS機器• Approach:用GPS機器• アウトドア機器• eTrexなど:• マリン用機器• 表示機• その他 スポンサー活動 [ ]• 2005年12月11日閲覧。 2006年4月1日閲覧。 2007年6月20日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 Garmin 2019年. 2019年7月11日閲覧。 Garmin 2007年5月. 2019年7月11日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 Thurber, Matt 2016年7月. Aviation International News. AIN Publications. 2019年7月6日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 Trescott, Max 2014年5月28日. AOPA. 2018年6月25日時点のよりアーカイブ。 2019年7月11日閲覧。 2005年12月11日閲覧。 2007年12月7日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2005年12月11日閲覧。 2005年12月11日閲覧。 2006年6月25日閲覧。 2006年11月4日閲覧。 2006年11月4日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月28日閲覧。 2008年11月26日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (日本語).

次の