フィンランド スナイパー。 【伝説】世界最強のスナイパー8選

史上最強のスナイパーは誰!?“白い死神”シモヘイヘ4000人対32の戦略差を覆す!300mスコープなしでヘッドショット必中等リアルなゴルゴな伝説とは!?名言・画像付!!

フィンランド スナイパー

モシン・ナガンには3. 5倍から4倍の倍率を持ったスコープが装着できたが、ヘイヘはこれを使用せず、銃身に付いた鉄製の照星と照門のみで狙撃を行った。 これは、猟師時代からの射撃姿勢への慣れと装備の軽量化に加え、レンズによる光の反射で自らの位置を悟られるのを嫌ったことによる。 当時の狙撃にはスコープの使用が当たり前になっていた中で、あえてこれを用いずに多くの敵を倒したヘイヘの名声はさらに高まった。 ヘイヘの使用したモシン・ナガンのうちの1丁は現在もフィンランド国立軍事博物館に展示されている。 ヘイヘが狙撃で殺害した人数は最終的に505名から542名と言われ、いずれにしても世界記録となる。 1998年、晩年を迎えたヘイヘは狙撃の秘訣を問われた際、一言「練習だ」と答えたという。 また、自らの残した記録については、「やれと言われたことを、可能な限り実行したまでだ」と述べている。 written by パルモ カテゴリー:情報紹介系 エンターテイメントバカネタブログ テーマ:人間観察 人間の心の闇に潜む「七つの大罪」って奴と、正面から向き合ってみるのもたまにはいいんじゃない?毒じゃなきゃ制せない、毒があるかもしれないじゃない?表裏一体で誰もが持っている良い心と悪い心、両方受け入れちゃえたなら、見えてくる何かがあるかもしれないじゃない? ご観覧に関して 1. リンクフリーです。 リンク先のサーバーがメンテ中の時は、動画などが表示されない場合がありますことをご了承願います。 主に海外サイトを紹介しています。 リンク先によっては危険なプログラムが潜んでいる場合もあります。 ザイーガでは独自にウイルスチェックをしておりますが、使っているウイルスソフトにより反応の違いがあるようです。 ご利用は必ず自己責任でお願い致します。 インターネット規制により、犯行予告的なもの、人の生死にかかわるもの、個人情報、第三者を誹謗中傷する書き込み、見ている人に不快感を与える書き込みは削除させていただいております。 同様、記事とはまったく無関係のコメント、サイトや管理人に対する事実とは異なるコメントも削除対象となりますことをご了承願います。 何かご意見がございましたら、メールにてご自分のメールアドレスを添えお問い合わせ願えれば回答いたします。 コメントのIPは全てデータとして保管されております。 書き込まれた内容も下書き状態にして全て保管させていただいておりますことをご了承願います。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。 使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。

次の

歴史に残る世界の最強スナイパー(狙撃手)8人│ミリレポ|ミリタリー関係の総合メディア

フィンランド スナイパー

『白い悪魔』と呼ばれたガンダムパイロットの『アムロ・レイ』かれは9機のリックドムを3分で撃破し、更に旗艦を沈めた。 まあ俗にいう英雄伝説です。。 アニメの世界ですが。。。。 w まさか、そんなアニメよりも凄いことやってのけた英雄伝説を幾つももっている凄いスナイパーがいた。 『白い死神』 と呼ばれたスナイパー 『シモヘイヘ』 であーる! 彼がやってのけた偉業は、まさに ゴルゴ13レベルをやってしまわれています。。。 シモヘイヘはまさに アニメキャラのようなビックリ伝説をたくさん持っています。 彼が生まれたのは現在のロシアとの国境近くに位置する小さな町ラウトヤルヴィ。 猟師と農民という生活をしていた。 20歳の時に民兵組織「白衛軍」に入隊!射撃の大会にもたびたび参加していた。 この頃からその 狙撃の腕はよ高かったらしく結構な賞を受賞していた。 部屋にはトロフィーがいっぱいだったらしい。。。。 この時から才能の片鱗が見え隠れしてたワケです。。。 指揮官は、 「モロッコの恐怖」の異名をもつ アールネ・ユーティライネン中尉。 中尉は、ヘイヘの射撃成績をみて、彼を特定の小隊に配属する事をしないで、最も能力を有効に発揮できる狙撃兵として扱う事にしたのだ。 【コッラーの奇跡】 コッラーの戦いにおける丘陵地を巡る戦闘は戦力差は歴然だった。 ソビエト赤軍4000人に対して、フィンランド軍は ヘイヘを含む32人だった。 フィンランド軍は、 このわずか32人で拠点であるこの丘陵地を防衛しなくてはいけなかった。 指揮官ヴォルデマル・ハッグルンド少将はアールネ・ユーティライネン中尉に訪ねる、 「コッラは持ちこたえるか?」 中尉は 「コッラーは持ちこたえます、我々が退却を命じられない限り」と答えた。 かっこいいけど。。。。 なんて無責任な。。。。 w ソビエトもたった32名が自軍4000人が負けるとおも思わない、 突撃命令を出した。 まあ、誰も負けるとは思わないよね。。。 ヘイヘ無双! 発動! ヘイヘは狙撃だけではなく KP31サブマシンガンを用いて、記録では200人以上、狙撃での記録505人よりも多くの敵兵士を倒した! 結果、ヘイヘを含むフィンランド軍32人が4000人の赤軍を迎撃、拠点防衛に成功。 ・狙撃にスコープをつかわない。 目視のみで300m以内なら相手の頭部に必中させる。 ・シモヘイヘが狙撃で倒した数は505人を超えるサブマシンガンのサツガイ記録!! ・1分間に150mの距離から16発の射的に成功した記録 ・林の中に足を踏み入れた小隊を一時間で全滅させる ・気をつけろと叫んだ兵士が、次の瞬間こめかみに命中して倒れていた ・野営中の真夜中にトイレからテントまでの10mの間にヘッドショットされる人間が多発した ・戦車と合流すれば安全だろうと駆け寄ったら、戦車長がシモヘイヘから狙撃済み ・赤軍の100人の内3人がヘイヘに狙撃された経験者、「積雪期や夜間」に狙撃される事が多い ・「そんな奴いるわけがない」といって攻撃しに行った25名の小隊が1日で全員シ体になって発見された ・5階級特進で少尉となったシモヘイヘに狙撃の秘訣を尋ねると、ただ一言「練習だ」 あるときヘイヘは400m離れた箇所から後方に走る敵を狙撃した。 加えて走る敵は秒速約4mで離れてゆく。 スピッツのライフリングは右回りで、偏流によって弾丸は右へ逸れ、風や空気抵抗の影響も受ける。 引き金が引かれ、秒速700mで発射された弾丸は落下しつつ、右に逸れつつ、また空気抵抗によってわずかに左に押し戻されつつ進み、後方に移動してゆくソ連兵に命中する。 時間にして0. ソ連兵は被弾後に発射音を聞くことになる。 出典 しかしながら、彼、こんなにかっこいいのに、、、、、 身長約152cmとすごい小さかった。 その小柄な体格で120cm以上ある銃を手足のように自由に扱ったと言われる それはそれで すげえよな。。。 ヘイヘは狙撃に、ロシア帝国が開発した モシン・ナガンM1891を土台に改良した 『モシン・ナガンM28』を使っていた。 この『モシンナガン小銃』は途中、 活躍の功績を認められ特別にヘイヘに新たなモデルが支給される。 これはフィンランドのサコ社が、彼の152cmという小柄な身長に合わせて銃身を切り詰めヘビーバレルにしたカスタムモデルである。 つまり モシン・ナガンの 『ヘイヘモデル』ってワケですね。 さすが、 凄腕スナイパー、専用機【銃?】じゃないといけませんよねw 色がシロだったらもっとよかったのになーw 重大な脅威である『白い死神』ヘイヘを排除するべく、赤軍は大砲や狙撃手を用いて徹底的にたたきます!しかし、防寒着の背中を砲弾の破片で切り裂かれた以外、基本、ヘイヘにダメージを与える事は皆無だった。。。 回避能力も高かった?! バランス的にもイケイケヘイヘイなヘイヘだったワケです! しかしそんな『白い死神』にも幕切が訪れます。 ついに負傷してしまうのです。 1940年5月6日の戦闘にて赤軍兵士の銃撃によりあごを撃ち抜かれる 「彼の頭は半分なくなっていた」と収容先の兵士が述べる程の重傷を多い、一週間意識不明だった。 確かに、回復後の写真からもその負傷の激しさが見て取れますね。。。。 そして、そのまま終戦。 第一級自由十字褒章と コッラー十字章を ダブルに華麗に受賞! そして ヤバすぎる 兵長から少尉と脅威の 5階級特進を果たした。 その後は戦場に出ることはなく、猟師に戻り、猟犬の繁殖家をしながら余生を過ごしたそうな。。。 シアワセな余生でよかったね!ヘイポー!.

次の

敵兵から恐れられた「伝説のスナイパー」

フィンランド スナイパー

モシン・ナガンには3. 5倍から4倍の倍率を持ったスコープが装着できたが、ヘイヘはこれを使用せず、銃身に付いた鉄製の照星と照門のみで狙撃を行った。 これは、猟師時代からの射撃姿勢への慣れと装備の軽量化に加え、レンズによる光の反射で自らの位置を悟られるのを嫌ったことによる。 当時の狙撃にはスコープの使用が当たり前になっていた中で、あえてこれを用いずに多くの敵を倒したヘイヘの名声はさらに高まった。 ヘイヘの使用したモシン・ナガンのうちの1丁は現在もフィンランド国立軍事博物館に展示されている。 ヘイヘが狙撃で殺害した人数は最終的に505名から542名と言われ、いずれにしても世界記録となる。 1998年、晩年を迎えたヘイヘは狙撃の秘訣を問われた際、一言「練習だ」と答えたという。 また、自らの残した記録については、「やれと言われたことを、可能な限り実行したまでだ」と述べている。 written by パルモ カテゴリー:情報紹介系 エンターテイメントバカネタブログ テーマ:人間観察 人間の心の闇に潜む「七つの大罪」って奴と、正面から向き合ってみるのもたまにはいいんじゃない?毒じゃなきゃ制せない、毒があるかもしれないじゃない?表裏一体で誰もが持っている良い心と悪い心、両方受け入れちゃえたなら、見えてくる何かがあるかもしれないじゃない? ご観覧に関して 1. リンクフリーです。 リンク先のサーバーがメンテ中の時は、動画などが表示されない場合がありますことをご了承願います。 主に海外サイトを紹介しています。 リンク先によっては危険なプログラムが潜んでいる場合もあります。 ザイーガでは独自にウイルスチェックをしておりますが、使っているウイルスソフトにより反応の違いがあるようです。 ご利用は必ず自己責任でお願い致します。 インターネット規制により、犯行予告的なもの、人の生死にかかわるもの、個人情報、第三者を誹謗中傷する書き込み、見ている人に不快感を与える書き込みは削除させていただいております。 同様、記事とはまったく無関係のコメント、サイトや管理人に対する事実とは異なるコメントも削除対象となりますことをご了承願います。 何かご意見がございましたら、メールにてご自分のメールアドレスを添えお問い合わせ願えれば回答いたします。 コメントのIPは全てデータとして保管されております。 書き込まれた内容も下書き状態にして全て保管させていただいておりますことをご了承願います。 当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。 使用している版権物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権や肖像権に関して問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び修正・撤去のご連絡があった場合は迅速に対処または削除いたします。

次の