大阪 警察 病院。 北大阪警察病院(茨木市

【ドクターマップ】大阪警察病院(大阪市天王寺区北山町)

大阪 警察 病院

休診日:日、土 クレジットカード 利用可 指定病院 駐車場 あり 有料駐車場:70台 無料駐車場:0台 管理医師 越智 隆弘 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、、、、 外科系 、、、、、、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 耳鼻咽喉科系 産婦人科系 小児科系 精神科系 歯科系 、、 その他 、、、 専門医 一般系 、 脳・神経系 、、 呼吸器・循環器・消化器系 、、、、、、、、、 整形・形成・皮膚・泌尿器系 、、、、、 眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系 、、、、、 産婦人科系 、、、、 小児科系 、、、 リハビリ・麻酔系 、 検査系 、、、、、、 精神科系 歯科・その他 、、、、 専門外来 脳・神経系 呼吸器系 消化器系 、 循環器系 、 耳鼻咽喉科系 、 アレルギー・内分泌系 、、 整形外科系 、 産科・婦人科系 歯科・口腔外科系 精神科系 、、 麻酔系 実施治療 実施治療 頸部良性腫瘍 食物アレルギー 大動脈瘤 大動脈弁膜症 緑内障 ADHD 自閉症 心身症 知的障害 予防接種 、、、、、、、、、、、 先進医療 脳・呼吸器・消化器系のガン 、、 婦人科系・泌尿器・内分泌・皮膚・小児系のガン 右下の歯科治療中に炎症を起こして蜂窩織炎になり緊急で口腔外科の牛村先生に診て頂きました。 妊娠中ということもあり、使える薬も限られている中旦那の細かい質問にも丁寧に答えて頂き説明もしっかりして頂き、とて... 右下の歯科治療中に炎症を起こして蜂窩織炎になり緊急で口腔外科の牛村先生に診て頂きました。 妊娠中ということもあり、使える薬も限られている中旦那の細かい質問にも丁寧に答えて頂き説明もしっかりして頂き、とても安心して治療を受けることができました。 6日間の入院だったのですが、お忙しい中短時間でも様子を見に来て下さって体調の事など気遣って下さって嬉しかったです。 また、膿を抜くために切開と抜歯もしてもらいましたが、どちらとも術後の痛みはほとんどなく先生にして頂いて本当に良かったです。 ありがとうございました。 大阪府内で三次救急の病院であるためいつもバタバタしている感じがあります。 外来患者数も多いためいつも少しずつ受診時間が遅延していきます。 予約であっても1時間は待つので(内科の場合)時間が無い方はおす... 大阪府内で三次救急の病院であるためいつもバタバタしている感じがあります。 外来患者数も多いためいつも少しずつ受診時間が遅延していきます。 予約であっても1時間は待つので(内科の場合)時間が無い方はおすすめしません。 大きな病院だからか先生が数年で変わってしまいます。 私は消化器内科に10年かかっていますが先生が4回変わりました。 どの先生も優しくしっかりした先生だったので問題はありません。 産婦人科もかかりましたがほとんど女医さんなので女性の方は安心だと思います。 院内処方で薬ができるのが早いです。 また清算も機械と窓口あるので素早く終わります。 診察まで長くても、最後は待たないので気持ちよく帰ることができます。 腰が痛く、家の近所のクリニックから紹介状を頂き午後1時より診察との事で1時少し前に到着し、受付を済ませました。 大変混雑しており2時間ほど待ち名前を呼ばれ診察室に入りました。 父親はヘルニアで座ってるのも... 腰が痛く、家の近所のクリニックから紹介状を頂き午後1時より診察との事で1時少し前に到着し、受付を済ませました。 大変混雑しており2時間ほど待ち名前を呼ばれ診察室に入りました。 父親はヘルニアで座ってるのも大変な状況で車椅子で診察室に入りました。 なんとか先生の前の椅子に座り、先生との対話が始まりました。 すると結構な威圧感で、だからいつ頃から痛い、だからどこが痛い、何メートル歩ける、何分立ってられるの、と、かなりの口調で聞いてきます。 私は付き添いでしたが、自分自身も気分が悪くなる様な口調でした。 すると父親が我慢出来ず、先生そんな喧嘩腰で聞かれたら分からんと訴えました。 すると、その先生はごめんな今日忙し過ぎて昼飯も食べてないんやっと言われました。 私はびっくりして言葉も出ませんでしたが、こんなお医者さんは初めてだと思いました。 当然、お医者さんも人間です、お腹も空くし、忙しくて機嫌が悪くなるのもわかります。 ただ、車椅子に乗らないといけないぐらいの患者がすがる思いで診察に来た患者に言う言葉では無いと思います、本当に無神経です。 当然ですが何の信頼性も無いので、他の病院に行きますと伝え会計を済ませて帰りました。 治る方法を探しに、運転が出来ない父親を車で連れて行ったのですが本当に気分の悪い1日になりました。 もう警察病院には二度と行きません。 前回糖尿で入院して、3ヶ月ほどで顔面神経麻痺になりステロイドの点滴治療の為に入院。 糖尿もあるので、耳鼻科とは別に前回の糖尿の先生にも診てもらうことに。 糖尿の先生は知ってる先生で安心でした。 前回糖尿で入院して、3ヶ月ほどで顔面神経麻痺になりステロイドの点滴治療の為に入院。 糖尿もあるので、耳鼻科とは別に前回の糖尿の先生にも診てもらうことに。 糖尿の先生は知ってる先生で安心でした。 耳鼻科の先生もどの先生も口調も優しく、顔面神経麻痺とゆうナーバスになりがちな症状でしたが不安な気持ちを持たずに入院生活を送れました。 前回と同じ病棟だったので、看護師さん達も知った顔ばかりだったのも安心出来た1つでした。 こちらの先生方は、私が当たった先生方みんな口調も優しく、丁寧に説明してくれたので安心してかかれる病院とゆう印象です。 血糖コントロールが悪く3週間ほど入院しました。 インスリンを初めて使う時にも入院したのでここには2回目の入院です。 担当の藤井先生は結構若い先生でしたが、とても親切に診ていただけて良かったです。 血糖コントロールが悪く3週間ほど入院しました。 インスリンを初めて使う時にも入院したのでここには2回目の入院です。 担当の藤井先生は結構若い先生でしたが、とても親切に診ていただけて良かったです。 質問にも丁寧に答えてくれたし、翌日に調べた事を追加して答えてくれたり熱心な先生だと思いました。 若い先生の割に落ち着いてる印象でした。 ご飯も美味しい方だと思います。 看護師さん達もとても親切で、安心して入院出来ました。 治療実績 病気別治療実績(DPCコードに基づく) 種類 DPCコードに基づく病気名 治療実績 順位 合計 手術あり 手術なし 大阪府 全国 神経系疾患 48 21 27 19位 74 27 47 9位 56 22 34 21位 54 54 - 3位 19位 172 17 155 35位 22 - 22 18位 90 27 63 4位 50位 30 - 30 11位 112 24 88 1位 1位 34 - 34 17位 25 11 14 14位 79位 59 - 59 39位 14 - 14 1位 1位 眼科系疾患 625 625 - 19位 12 12 - 22位 45 45 - 22位 45 45 - 14位 73位 17 17 - 21位 耳鼻咽喉科系疾患 27 - 27 39位 289 41 248 1位 1位 56 - 56 17位 14 14 - 24位 呼吸器系疾患 539 117 422 20位 12 - 12 69位 313 21 292 29位 143 20 123 31位 20 - 20 65位 29 - 29 52位 95 - 95 9位 32 - 32 27位 38 24 14 6位 42位 10 - 10 11位 76位 63 32 31 10位 循環器系疾患 68 68 - 25位 925 404 521 6位 55位 44 13 31 3位 28位 367 305 62 9位 91位 129 68 61 9位 100位 166 33 133 38位 36 26 10 10位 108 96 12 8位 65位 131 77 54 14位 46 46 - 14位 27 13 14 4位 36位 196 157 39 2位 7位 11 - 11 10位 消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 45 14 31 28位 382 255 127 6位 44位 29 11 18 15位 333 171 162 4位 62位 176 93 83 7位 219 155 64 15位 68 37 31 10位 152 54 98 14位 480 452 28 17位 94 42 52 16位 108 56 52 11位 92位 88 73 15 4位 22位 91 76 15 12位 125 125 - 14位 29 29 - 7位 95位 12 - 12 23位 28 - 28 35位 112 21 91 24位 14 - 14 21位 20 - 20 19位 11 - 11 17位 17 - 17 8位 30位 68 39 29 19位 90 90 - 6位 33位 143 125 18 6位 85位 231 183 48 10位 42 15 27 13位 23 23 - 12位 43 27 16 15位 33 - 33 75位 13 - 13 57位 筋骨格系疾患 14 - 14 22位 23 23 - 5位 21位 25 25 - 1位 12位 11 11 - 2位 10位 18 18 - 8位 79 79 - 23位 79 64 15 5位 58位 225 141 84 8位 78位 49 49 - 11位 71 71 - 17位 18 - 18 29位 10 10 - 8位 74位 10 10 - 6位 93位 皮膚・皮下組織の疾患 12 12 - 26位 30 30 - 12位 78 11 67 9位 79 22 57 2位 12位 32 - 32 11位 乳房の疾患 228 196 32 14位 18 18 - 10位 52位 内分泌・栄養・代謝に関する疾患 103 86 17 3位 36位 120 - 120 12位 55位 127 - 127 9位 26位 15 15 - 6位 49位 56 56 - 1位 9位 10 10 - 5位 81位 52 - 52 9位 77位 11 - 11 18位 18 - 18 24位 52 - 52 8位 41位 腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 13 13 - 27位 22 10 12 23位 151 128 23 19位 235 75 160 11位 101 88 13 22位 54 54 - 4位 37位 66 66 - 3位 54位 50 50 - 1位 18位 15 - 15 27 - 27 14位 211 42 169 10位 63位 女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 92 25 67 20位 191 88 103 14位 94 94 - 17位 73 73 - 17位 89 89 - 3位 21位 33 33 - 10位 13 - 13 11位 81位 15 15 - 17位 33 33 - 30位 17 - 17 11位 60 60 - 2位 21位 35 35 - 3位 12位 26 26 - 22位 血液・造血器・免疫臓器の疾患 32 21 11 13位 85位 新生児疾患、先天性奇形 85 - 85 33位 外傷・熱傷・中毒 172 80 92 5位 55位 15 15 - 21位 13 - 13 4位 79位 113 101 12 1位 17位 31 - 31 54位 11 11 - 81位 86 86 - 1位 7位 19 19 - 30位 54 54 - 27位 12 12 - 46位 61 51 10 48位 10 10 - 58位 23 23 - 3位 54位 13 - 13 18位 18 18 - 4位 83位 10 - 10 76位 15 - 15 15位 60 - 60 3位 43位 その他 36 15 21 32位 15 - 15 66位.

次の

【大阪市天王寺区】第二大阪警察病院(NTT西日本大阪病院)の新型コロナウイルス感染情報

大阪 警察 病院

~いつまでも元気で自立した生活をサポートする~ 急性期から回復期までの総合病院をめざす 2019年4月1日より「北大阪警察病院」は名称を「医療法人成和会 北大阪ほうせんか病院」と改め、新たなスタートを切っています。 本病院は急性期から回復期を担当し、慢性期、緩和ケアを担当する同一グループの「ほうせんか病院」とスムーズな連携をとり、包括的医療サービスを提供します。 いつまでも元気で自立した生活をおくることができる社会を実現するためには、心身ともに日常の活動を維持することが必要です。 運動器の障害によって移動機能が損なわれた状態(ロコモティブシンドローム:ロコモ)は加齢により多くの人に生じますが、適切な対応で予防や治療が可能です。 筋力の衰えを防止するための体操指導、骨折を防止する骨粗鬆症の治療など、医療がロコモを予防します。 また、腰部脊柱管狭窄症や変形性関節症などは、進行した場合には社会で活躍するための移動機能が低下します。 このような進行したロコモに対しては、手術的な治療を行い、手術後の回復期リハビリテーションも引き続き本病院で行います。 また、人間の体は多くの機能を持った器官でできているので、総合的に診ていくことが必要です。 それぞれの臓器の専門的治療も重要ですが、身体を総合的に診察して、その人に一番良い医療を行う姿勢が求められています。 北大阪ほうせんか病院の医師は、それぞれの得意分野をもった総合診療医として患者さんの治療にあたります。 脳卒中や肺炎などの治療後の社会復帰を目指してのリハビリテーションも行い、さらに慢性期の治療につながる場合については、「ほうせんか病院」との一体化した連携で切れ目のない医療体制が構築されています。 患者さんが安心して診療を受けることができる病院として、今後も2つの病院が手を取り合って発展していきますので、よろしくお願いいたします。 北大阪ほうせんか病院 院長 冨士 武史.

次の

越智 隆弘 先生(整形外科)のプロフィール : 大阪警察病院(大阪府)

大阪 警察 病院

新型コロナウイルスの院内感染が確認された「第二大阪警察病院」の看護師がMBSの取材に応じ、「担当患者の感染が判明した後も基礎疾患のある一般の患者をかけもちで担当させられた」などと証言しました。 大阪市天王寺区の第二大阪警察病院では、患者や医療従事者ら24人が院内感染し、うち患者2人が死亡しました。 この病院の看護師がMBSの取材に応じ、「担当患者の感染が判明し、自分は濃厚接触者にあたるにもかかわらず、その後も基礎疾患のある一般の患者を担当させられた」と話しました。 「(担当患者に)新型コロナの陽性が出て、そこからコロナの感染対策をしだした。 コロナの患者と感染していない患者も一緒に診ていた。 掛け持ちで9人くらい(担当患者が)いたので。 」(第二大阪警察病院の看護師) 勤務後、看護師は発熱などの症状が出たため、PCR検査を保健所へ依頼するよう病院に求めましたが、断られたといいます。 「『検査をしなくても2週間でコロナは陰性になるから、2週間の自宅待機だけで十分です』と。 症状を伝えても『あ、そうですか』で終わる。 『検査してほしかったら各自保健所に連絡してください』と言われるだけ。 」(第二大阪警察病院の看護師) 一方、病院側は取材に対し、「看護師らの検査希望は伝えていたが、保健所と調整中で、すぐに検査できなかった」としています。

次の