平泳ぎ 初心者。 平泳ぎの泳ぎ方のコツを動画を交えて解説。初心者でも前に進み、速くなれる方法とは?

クロール&平泳ぎの正しい泳ぎ方、コツ、フォーム、練習方法:キタジマアクアティクス監修

平泳ぎ 初心者

平泳ぎキック 最初の体制はストリームラインが出発点です。 平泳ぎには二種類のキック方法があります ストレートキック 太ももを引きすぎず、膝を上げて足首を使い、足の裏で水をキャッチした後垂直ジャンプするイメージで足を蹴り出します。 蹴る時は、水面のやや斜めに下に向かって水を押し出して動かしましょう。 特に足の裏の平を使うと推進力が生まれるので、平泳ぎの理想的なキックになります。 ウィップキック トップスイマーの多くはウィップキックを使用しています。 ヒザから先があまり回転しないので、ヒザへの負担が少ないので年配の方にも多くの支持を得ています。 基本的なフォームは一緒ですが、足に掛かる力が違います。 ストレートキックの場合は、ジャンプをするように蹴りますが、ウィップキックの場合は、浅くムチを振るうように足を蹴り出します。 最後までカカトで水を押して、足裏の外側で水を捉えます。 平泳ぎキックのポイント 太ももを引き過ぎない 股を広げすぎない 平泳ぎ息継ぎ プル動作をしていると自然と体が浮き上がってくるので簡単に呼吸が出来ます。 息継ぎをする時に、出来るだけ小さな動きで呼吸するのが理想です。 顔と上半身の角度を上手く使って呼吸しましょう。 上半身が水面から出すぎてしまうと、水の抵抗でスピートが落ちてしまいます。 また、顔を上げすぎてもバランスが崩れてしまうので、あまり視線を頼らずに斜め下を意識して呼吸して下さい。 平泳ぎ息継ぎのポイント ストリームラインを崩さずに呼吸をする。 頭を上げ過ぎない、上げ過ぎると下半身が沈んでしまいます。 初心者の方は、鎖骨が水面から出るか出ないかぐらいを意識してみましょう。

次の

平泳ぎ・初心者が上達するための2つのコツ

平泳ぎ 初心者

平泳ぎのキックの方法は2種類です。 昔から行われていたウェッジキックは挟んだときに前に進む力が働き、ウィップキックは蹴ることで前に進みます。 速く泳ぐことができるのは、ウィップキックの方です。 1.ウェッジキック(Wedge kick) ウェッジとは、日本語で「楔形(V字形)」という意味で、足でV字の軌道を描くように水を蹴るため、このように呼ばれています。 肩幅に足を曲げて広げ、外側に蹴り出して足が伸びた状態から、両方の足を挟むようにして足を閉じるキックです。 膝を曲げて「1」、蹴り出して「2」、挟み込んで「3」の3拍子のリズムになります。 2.ウィップキック(Whip kick) ウィップとは、日本語で「鞭(ムチ)」という意味で、足を鞭のようにしならせて水を蹴ることから、このように呼ばれてます。 ヴェッジキックが肩幅に膝を開くのに対し、ウィップキックはゲンコツ1個分くらいしか広げません。 その状態から後ろに向かって弧を描くように閉じながらキックします。 膝を曲げて「1」、蹴り出しながら閉じて「2」の2拍子のリズムになります。 平泳ぎのキックでは、膝が立ってしまうと、水の抵抗を受けやすくなりますので注意しましょう。 膝が前に出すぎていてもいけません。 平泳ぎのキックのコツ 平泳ぎでは、「引く」と「蹴る」の2つの足の動作が大きな鍵を握っています。 キックの際にどんなことに気をつけたらいいのか、ウイップキックを例に解説していきます。 引きの時に気をつけたいのは、中途半端にならないことです。 ふくらはぎを十分にお尻に引き寄せて、足の裏が天井を向くように膝をしっかりと曲げます。 一方、蹴る時には、指を外側に向けた状態で、足裏で後方に水を押し出します。 その後、足で弧を描きながら、左右の膝を真っ直ぐ伸ばすことで、効率的に前に進むことができます。 平泳ぎの足の動きを動画でチェック! 平泳ぎのキックのコツが分かったところで、実際の動画で確認してみましょう。 足の引きと蹴りのほかに、足の裏の向きや膝を曲げる角度は要チェックです。 平泳ぎのキックの際はあおり足に注意しましょう あおり足とは、平泳ぎでは一般的に足の裏で水を蹴るのに対して、足の甲で水を蹴ることをいいます。 あおり足になってしまうとキックの効率が悪くなるので、泳ぐスピードが遅くなってしまいます。 あおり足になる主な原因は、水を蹴る際に足首が伸びてしまっていることで、あおり足が気になる場合は、かかとをお尻に引きつけた時に、しっかりと足首を曲げることが大切です。 また、泳ぐ前にストレッチなどで足首を十分にほぐしておくことで、柔軟性を高めましょう。 平泳ぎの手の動きは、クロールなどとは全く違いますので、水をかく際にどのように手を動かすのかしっかり理解しておきましょう。 平泳ぎの水をかくポイントは? 平泳ぎの手の動きは、ハートを逆さまに描くように水をかくのが特徴です。 そして、その際、手のひらの向きがポイントになります。 平泳ぎのストロークでは、主に外側に向かって水をかくアウトスイープと、内側に向かって水をかくインスイープが使われるのですが、効率的に水をかくためには、これらの2つのスイープを行う際、切り替えを明確に行うことが重要です。 平泳ぎのストロークのコツ 平泳ぎの場合、ストロークとは両手で水をかく一かきのことをいいます。 ここでは、平泳ぎのストロークではどのような手の動きするのか、詳しく解説していきます。 1.キャッチ 手で水を掴む動作です。 バンザイのように腕を伸ばして肩幅まで開き、手の甲が内側を向くように45度ほどに傾けます。 小指が斜め上を向いた状態でしっかりと水を掴み、素早く腕を動かすことによって、より大きな推進力を得ることができます。 2.プル 手で水をかく動作です。 手のひらだけではなく、腕全体を使って水をかくことを意識しましょう。 まずはアウトスイープで水をかきます。 そして、手が体の横にきたところで、肘を引き上げることで指先が真下を向く「ハイエルボー」と呼ばれる状態になり、そこからインスイープに切り替えることによって、推進力がアップします。 3.リカバリー 腕を伸びの状態に戻すための動作です。 手が胸のあたりにきたら脇を締めて、左右の手が少し触れる程度に揃えて前に付き出します。 その際、肘は必ず水中に入っていなければなりませんが、手は水中・水面・水上のどこからに伸ばしても構いません。 しかし、水中でリカバリーすると、水の抵抗を受けてスピードが遅くなってしまうというデメリットがあります。 4.グライド け伸びのような動作です。 水の抵抗を抑えるために肘と膝を真っ直ぐ伸ばし、水中で体を水平に保ちます。 速く泳ぐためには、急いで次の動作に移りたいところですが、グライド姿勢をしっかり行うことが推進力アップにつながります。 平泳ぎの手と足のタイミングは? 平泳ぎが4泳法の中でも、泳ぎ方が難しいといわれる理由の一つが、クロールや背泳ぎと違って、手足のタイミングが合わせにくいことです。 平泳ぎでは、うまく推進力を利用するに、手と足が同時に伸びるように、次のようなタイミングで手と足を動かします。 水をかくのが終了したら、息継ぎの動作に移ります。 脇をしめて背筋を伸ばします。 脇を思い切りしめることによって、勢いで体が水面から出ることの助けになります。 脇をしめるときは、体の前寄りでしめるようにして、体を斜め前にあげるようにします。 あまり水面から体が出すぎないようにして、息継ぎをし、出るときに伸ばしていた背中は、水に入るときは少し丸めるような感じにします。 平泳ぎの息継ぎのタイミング 平泳ぎの息継ぎは、アウトスイープからインスイープに切り替わるタイミングで行います。 その際、手を胸元に引き寄せるように水をかくと、浮力が働いて上体が引き上げられるので、そのタイミングで水から顔を出して息を吸います。 息継ぎで沈む悩みの解消方法! 平泳ぎが苦手な人に意外と多いのが、息継ぎすると体が沈むというお悩みです。 特に、下半身が沈んでしまう人が多いのですが、原因として次のようなことが考えられます。 平泳ぎは、クロールやバタフライのようにスピードが出る泳ぎ方ではありませんが、「なかなか進まない」「スピードが遅い」という人は、ここで紹介しているようなことをちょっと気をつけるだけでも、速く泳げるようになります。 原因1-キックで水を掴めていない 平泳ぎでは、キックによる推進力が大きな割合を占めることから、水をしっかり蹴れていないとスピードに大きく影響します。 特に、足の裏の向きが大変重要になるため、あおり足になっている場合は、足裏で水を掴むことができません。 キックの際、足裏で水を押している感覚がない場合は、水をしっかりと捉えられていない可能性があります。 水を効率よく蹴るために、足裏が蹴り出す方向に対して垂直になっているか確認しましょう。 原因2-手と足の動きが合っていない 水をしっかりと蹴ることができていたとしても、手と足の動きがチグハグだと十分にスピードが出ません。 特に、平泳ぎでは、推進力を得るための手のかきと足のキックのタイミングが別々のため、注意が必要なのです。 そのため、慣れないうちは、次の3つの動作を「1、2、3」というカウントに合わせて行うことで、手と足のタイミングを計りましょう。 手:水をかく/足:伸ばす• 手:インスイープ/足:曲げる• 手:伸ばす/足:キック 原因3-グライド姿勢が崩れている 平泳ぎで最もスピードが出るタイミングは、水抵抗が最も小さいキックの直後のグライド姿勢です。 抵抗によってスピードが落ちないように、耳を両腕ではさむように頭を中に入れた、前傾姿勢となることがポイントです。 体を伸ばす際、頭が上がっていると抵抗が大きくなるだけでなく、下半身が下がって体が沈む原因にもなります。 うまくできないという人は、グライド姿勢で前に進むグライドキックの練習をしておくといいでしょう。 さらに、平泳ぎのタイムを上げたいという人は、こちらの記事をお読みください。 平泳ぎが速く泳げるようになった先輩スイマーの体験談をご紹介しています。

次の

高安亮選手直伝!正しい平泳ぎ方法と教え方

平泳ぎ 初心者

水泳において平泳ぎが難しい理由として、実は他の要因も存在します。 平泳ぎは、水泳の中でも独特な動きをするというのは先程説明した通りです。 その中で水泳の他の種目にない動きの特徴として、胸を立てる 上体を起こす 点、脚 膝 を曲げてかかとをお尻に近づける点が挙げられます。 この動きにより、水泳において進行の邪魔となる水の抵抗を受けやすくなり、逆に水泳において重要な推進力が損なわれやすくなってしまいます。 そのため水泳初心者が泳ぐ場合、平泳ぎは他の水泳種目に比べて進みにくく、難しい・苦手というイメージがついてしまう傾向にあります。 このように平泳ぎは水泳の種目の中でも難しく感じてしまいがちな種目ですが、そのコツを覚えて練習を積めば、比較的楽に泳げる種目でもあります。 水泳において泳ぎ方を学ぶ際には、その水泳種目の潜水やターンにおける泳ぎ方のルールを知っておく必要があります。 平泳ぎの場合、スタート・ターン後の潜水 浮き上がり方 として「ひとかきひとけり」という泳ぎ方をします。 平泳ぎは、潜水においても水泳主要4種目の中で特殊な泳ぎ方であるといえます。 ひとかきひとけりのやり方は、まずストリームラインから両手で腰の横まで一気に水をかきます。 これが「ひとかき」です。 この際1回だけドルフィンキックを打つことが許されています。 そして、大きく平泳ぎを泳ぐようなイメージで両手を合わせながら前に戻し、平泳ぎのキックを打ちます。 また、平泳ぎのターンやゴールにおけるタッチは必ず両手で行わなければなりません。 詳しいターンについては下記のほかの記事で紹介していますので、確認をしてみましょう。

次の