白 ハゲ 岩間。 【速報】岩間、ファミマも出禁 [182311866]

aiueo700とは (アイウエオナナヒャクとは) [単語記事]

白 ハゲ 岩間

岩倉サンタとは、にいるである。 概要 在住ののである。 名前の由来はのような貌をしているから。 arrghgarryという名義でをしている。 のはから使っており数はで0ほど。 登録者数は00人くとしての均年収は6万円らしい。 に殴り込みをかけたりしたための疑いをかけられているがでにをとれるためそうではないという説もある の件についてはの意見をみにすると、らしき人が前からを出していたのでぶち切れたらしい。 注意は前にもしたとのこと。 ただにかかわる以前からとしてから注意喚起されていたので、少なくとも関係者からは要注意人物として認識されている。 以前は民の間でそこそこ知られる程度の知名度であったがの活動が再び活発になったため、一緒に有名になった。 ちなみにも岩倉サンタという名称で呼んでいる。 以下の関連によれば出身で一時期に住んだ後、に来たとのこと。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

岩倉サンタとは (イワクラサンタとは) [単語記事]

白 ハゲ 岩間

警察関連の公益法人、 企業など、また市役所にも天下りが目立つ、という内容。 あまつさえ、市役所の危機管理監には3代連続だ、 というのである。 記者は前掲「やりすぎ防犯パトロール 特定人物を尾行監視」という記事の中で、防犯パトロールをやっている 自警団が警察の下部組織化している、と指摘した。 その「下部組織」がつまり「警察の天下り先」なのである。 これが、「警察国家への突入」という状況の具体的裏付けなのだ。 たとえば、暴対法の成立によって暴力団が縄張りを失なった分野に、警察が新たな団体を作りそこへ天下る、 というパターン手法は、他の分野でも大っぴらに行使されており、心あるジャーナリストは何十年も前から それを指摘してきた。 たとえば、パチンコ、特殊浴場、交通安全協会、警備業、JRなど。 それに、今朝の報道では地銀、自動車学校 なども加わる。 全国での天下り先の業種団体は、これ以外にもっと広い分野と数にわたっているに違いない。 そして、この天下り分野の拡大は警察の暗黙の方針となっている。 警察プロパガンダによる社会不安感の積極的醸成は、まさに警察の利害に一致するのである。 狼怖いとあおるほど、 天下り先を増やせるのだから。 統計上の「他殺」減少の事実があるにもかかわらず、警察がセキュリティを声高に 叫ぶ背景には、こうした「現金な」面があることを知らねばならない。 たとえば、マスコミの著名テレビ局。 先の、小沢氏秘書逮捕事件で、「自民には及ばないだろう」発言の政府高官が 元警察庁長官という報道に関連して、大手テレビ局には数多くの元警察庁幹部が天下りしている、という指摘があった。 ならば、何かにつけあれほど「プロパガンダ」まがいの報道やある政治的政治家を登場させ、ある特定の方向へ 世論を誘導するというような、政治偏向した番組が公然と組まれる、というのは当然ではないか。 なにしろ、 ツーカー的連携が存在するのだから。 小沢氏秘書事件に関しても、ある番組では出演者に発言制限のメモが 配られた、という。 これなど、まさにある世論に誘導するための「言論統制」である。 言論の自由の問題ばかりではない。 記者が指摘した<警察に協力して「防犯パトロール」を実行する団体企業」と、 警察天下り先とは見事に一致する。 名称は違えども、「子供110番」「子供老人パトロール」「安心安全パトロール」 などなどのを担っているのが、それだ。 憲法違反、人権侵害の尾行監視をする防犯活動、それに名を借りた弾圧は、これらの警察天下り先によって 行なわれている。 なにしろ、元警察なのだから、警察からの要請は仲間うちの連携みたいなもので、あうんの呼吸、 ツーカー。 もし、特定の人物や行動に対して圧力や制限を加えようと思えば、できるのである。 これは、免許更新交付に関わる業務を警察と一体化して一手に請け負っている。 支部も警察署内に置かれており、まったく警察と言ったっていい。 それが、特定人物の免許に関して、公安の連絡が 免許センター行くとさまざまな嫌がらせを行なう 具体例省略。 警備業は特に似た業種だから、役所にもその公共施設にも病院、銀行などありとあらゆる団体企業に張り付いている。 そしてその天下り先とは「防犯協会加盟」「防犯協力覚え書」を取り付け、先の安全安心パトロール運動に 協力させているのである。 だから、企業団体に勤務している警備員はおろか幹部まで擬似警察ときては、特定人物が立ち寄る度に、 脚色された連絡によって警備員が飛び出し なんなら証拠写真を示してもいい それへの抗議へも幹部が対抗する、 ということが可能になる。 食品偽装や欠陥品問題で、消費者が店側にクレームをつけようとすると、それを握りつぶそうとする指南まで 行なう「防犯協議会」なるものまで出来た、と報道されている。 正当な抗議やクレームが暴力団的クレーマー だというのである。 警察や警察に協力する天下り団体企業が、どういう立場に立っているか、分かるではないか。 安全安心パトロールの根拠にしている「精神規範」は、通称生活安全条例である。 これは、識者によると、 1994年に警察法改正によって警察庁に生活安全局が設置されてから特に制定が促進されている国家的施策。 事実、資料によると当初は市町村レベルで制定が図られ、それに続いて都道府県段階に取り掛かって、2002年の 大阪府を皮切りに、広島、滋賀、茨城と矢継ぎ早に制定され、昨年2008年の奈良を最終として、 09年3月現在で47都道府県のうち制定未定・討議中・不明の4県 福島、長野、愛媛、佐賀 を除き、 91%43都道府県がすでに制定を終えている。 この生活安全条例は、市町村でしらみつぶしのように数多く制定され、それに伴う民間防犯団体つまり 「子供110番の家」「子供老人パトロール隊」などの組織化も警察主導で行なわれている。 それのみならず、 その団体員に対して県警警部補が「尾行の仕方」「ごまかし方」まで教えているありさまである。 こういう実態をみると、まさしく警察の下部組織の育成であり、警察国家へのまい進を思わせる。 警察は、新宿通り魔事件など凶悪事件が勃発するたびに、時をおくことなく「犯罪者捕り物」の デモンストレーションを華々しく意図的に展開している。 これは、その事件の記憶の生々しいうちに社会不安の 精神の傷に乗じて防犯行為の必要性を浸透させる、という意図を持つものだろう。 逆に見れば、ことさら 社会不安を醸成しているるようにさえ見える。 つまり、狼が来る来る、と。 しかし、統計では逆の結果が出ている。 犯罪白書を読むと、2007年殺人認知件数は1199件と戦後最低を 記録しているし、昭和と比べると半分以下、強姦に至っては3分の1に激減している。 また、2008年では殺人認知件数は1297件と上昇に転じたけれど、かといって1973年から1977年の 昭和後半の2000台 1974年は1912件 に比べるとはるかに低いし、それ以降の昭和末の1800台から 1400台までの減少した件数にも及ばない。 だから、それなりの理由のないことではない。 しかし、件数からみれば、急増とまではいえないのである。 そして、この減少傾向は別の統計、厚生省の人口動態調査から「他殺」を抜き出してみれば、 なおさら明らかである。 「他殺」は、1997年718人から翌 1998年808人を小ピークに2003年705人まで漸減、 2004年655人、2005年600人となり、2006年にはついに600人を割って 580人にまで減少した。 (それ以降は厚生労働省統計なし)。 これは、端的にストーカー行為と同じである。 それが、集団で行なわれている。 被害者らはこれを「集団ストーカー」と呼び習わしている。 これは、どうみてもプライバシーの侵害であり、 個人の文化的生活を保障した憲法への違反ではないか。 防犯パトロールの違法行為は尾行や監視にとどまらない。 たとえば、対象個人が生活に必要な物資を購入するために店舗に入ると、そこの店員に防犯パトロールの要員が 警戒するように「密告」して歩く。 そのまま信じた店員は対象人物をあたかも「万引き犯罪者」のごとく ひそかに、あるいはあからさまに尾行して付いて来る。 そういう行為をされた個人の心象はいかばかりだろう。 これは、プラバシーの侵害以上に、弾圧のである。 防犯パトロールの問題性は、その団体の「警察の下部組織化」という現在の施策に、そもそも問題の芽を 含んでいるのである。 なぜなら、防犯パトロールへの警戒対象人物への情報は、そもそも警察サイドからのもので検証されていない。 それが恣意的だったら、どうだろう。 政治的にであれ、現場の警察官の私的な感情にもとづくものであれ、 そういう悪意の情報が紛れ込む余地は十分ある。 その感情を利用する形で、 個人情報が流され、警戒という尾行・監視あるいはスパイという行動が取られるとしたら、 それはまさに「警察国家」である。 防犯パトロールを動員しての尾行・監視ばかりではない。 その活動に加えて、警察の生活安全課が地元のライフライン企業と「防犯協力覚え書」という形の協定書を 取り付け回っている。 宅配便や市役所、電話会社などもそうであり、たいてい子供パトロールとして登録され ステッカーを配布している。 また、さらに警察は、青色回転灯なる擬似赤色灯をその企業らに使用許可を出し、 その登録数の増加を達成目標に掲げている。 たとえば病院。 警察と病院の覚え書によって、警察は容易に病院という本来病気治癒という場所を監視の場所に 変えてしまう。 防犯パトロールの要員が、患者へのボランティアという偽装の形で病院に入り込むのみならず、 病院職員自身たとえば看護師が入院病室の対象人物のそばで付きっきりで会話の立ち聞きをするのは 日常茶飯事である。 日常的に展開されるこれらの人権侵害は、すでに「警察国家」の域に達している。 一般市民の人権意識は低く、 まさかという反応と対応を示す。 しかし、じっさいやられていることなのだ。 戦前の状況の経験や知識のある人は、気づくに違いない。 戦前の自警団・隣組に似ている、と。 かつての市民は、 異議を唱える自立心と勇気をもたなかった。 それゆえ、関東大震災において他民族への殺戮が行なわれたし、 鉱山労働の逃亡者へ鎌で追うようなこともした。 今の防犯活動の状況は、まさしくこれを彷彿とさせるものである。 全体状況を見回してみれば、いくら防犯といっても、これはやりすぎだ、ということに尽きる。 防犯パトロールはなかば小権力化しており、「お上」の威光をかさに来て振る舞っているようにみえるし、 このボランティア活動に、ある特定の政治的団体が関与して容易に入り込み、 権力化するという流れも疑われている。 他にもまだ色々と書くべき事がある 暴巨大掲示板の警察板に、もう10年くらい前になるのかな、立っていたスレがあって、そこに書き込まれてたんだが 防犯パトロールは公明党の尽力によって作られたものだ、と言った事が、ソース付きで書き込まれていた また、学会員が言うには、創価学会(公明党)が警察庁に働きかけて、それで防犯パトロールは開始された、という事らしい もちろん防パトや防犯活動を公明の手柄だと考えていて、それで誇張されている部分がある事は確かである者の 反面、公明党が防犯活動や防犯パトロールの環境整備の為に、法案の作成、自治体や警察との折衝に汗してきたのも事実で 創価学会が、現在、津々浦々に整備された防犯ネットワークや、防犯活動の基盤整備、型作りをして来た事は紛れもない事実 しかし、別の言い方をすれば、防犯活動の抜け穴、裏道、問題点も熟知しているという事で 悪さを幾らでも働けるという事でもある また、自治体や警察の担当者、防犯協会の人間とも当然懇意になるから、極めて太いパイプを持っているという事でもある この事がやりすぎ防パト問題を引き起こす原因になったと考えられるわけだ 更に言うと、警察で防犯活動と関連する部署に学会員の警察官を配置して欲しい、と警察幹部に働きかければ 創価学会であれば、その要求を警察官に飲ませることができる これをやられたら、215や216で書いたようなでっち上げも、容易に出来てしまうわけだよ.

次の

白ハゲBB aiueo700 ニコニコ動画のニコッター

白 ハゲ 岩間

警察関連の公益法人、 企業など、また市役所にも天下りが目立つ、という内容。 あまつさえ、市役所の危機管理監には3代連続だ、 というのである。 記者は前掲「やりすぎ防犯パトロール 特定人物を尾行監視」という記事の中で、防犯パトロールをやっている 自警団が警察の下部組織化している、と指摘した。 その「下部組織」がつまり「警察の天下り先」なのである。 これが、「警察国家への突入」という状況の具体的裏付けなのだ。 たとえば、暴対法の成立によって暴力団が縄張りを失なった分野に、警察が新たな団体を作りそこへ天下る、 というパターン手法は、他の分野でも大っぴらに行使されており、心あるジャーナリストは何十年も前から それを指摘してきた。 たとえば、パチンコ、特殊浴場、交通安全協会、警備業、JRなど。 それに、今朝の報道では地銀、自動車学校 なども加わる。 全国での天下り先の業種団体は、これ以外にもっと広い分野と数にわたっているに違いない。 そして、この天下り分野の拡大は警察の暗黙の方針となっている。 警察プロパガンダによる社会不安感の積極的醸成は、まさに警察の利害に一致するのである。 狼怖いとあおるほど、 天下り先を増やせるのだから。 統計上の「他殺」減少の事実があるにもかかわらず、警察がセキュリティを声高に 叫ぶ背景には、こうした「現金な」面があることを知らねばならない。 たとえば、マスコミの著名テレビ局。 先の、小沢氏秘書逮捕事件で、「自民には及ばないだろう」発言の政府高官が 元警察庁長官という報道に関連して、大手テレビ局には数多くの元警察庁幹部が天下りしている、という指摘があった。 ならば、何かにつけあれほど「プロパガンダ」まがいの報道やある政治的政治家を登場させ、ある特定の方向へ 世論を誘導するというような、政治偏向した番組が公然と組まれる、というのは当然ではないか。 なにしろ、 ツーカー的連携が存在するのだから。 小沢氏秘書事件に関しても、ある番組では出演者に発言制限のメモが 配られた、という。 これなど、まさにある世論に誘導するための「言論統制」である。 言論の自由の問題ばかりではない。 記者が指摘した<警察に協力して「防犯パトロール」を実行する団体企業」と、 警察天下り先とは見事に一致する。 名称は違えども、「子供110番」「子供老人パトロール」「安心安全パトロール」 などなどのを担っているのが、それだ。 憲法違反、人権侵害の尾行監視をする防犯活動、それに名を借りた弾圧は、これらの警察天下り先によって 行なわれている。 なにしろ、元警察なのだから、警察からの要請は仲間うちの連携みたいなもので、あうんの呼吸、 ツーカー。 もし、特定の人物や行動に対して圧力や制限を加えようと思えば、できるのである。 これは、免許更新交付に関わる業務を警察と一体化して一手に請け負っている。 支部も警察署内に置かれており、まったく警察と言ったっていい。 それが、特定人物の免許に関して、公安の連絡が 免許センター行くとさまざまな嫌がらせを行なう 具体例省略。 警備業は特に似た業種だから、役所にもその公共施設にも病院、銀行などありとあらゆる団体企業に張り付いている。 そしてその天下り先とは「防犯協会加盟」「防犯協力覚え書」を取り付け、先の安全安心パトロール運動に 協力させているのである。 だから、企業団体に勤務している警備員はおろか幹部まで擬似警察ときては、特定人物が立ち寄る度に、 脚色された連絡によって警備員が飛び出し なんなら証拠写真を示してもいい それへの抗議へも幹部が対抗する、 ということが可能になる。 食品偽装や欠陥品問題で、消費者が店側にクレームをつけようとすると、それを握りつぶそうとする指南まで 行なう「防犯協議会」なるものまで出来た、と報道されている。 正当な抗議やクレームが暴力団的クレーマー だというのである。 警察や警察に協力する天下り団体企業が、どういう立場に立っているか、分かるではないか。 安全安心パトロールの根拠にしている「精神規範」は、通称生活安全条例である。 これは、識者によると、 1994年に警察法改正によって警察庁に生活安全局が設置されてから特に制定が促進されている国家的施策。 事実、資料によると当初は市町村レベルで制定が図られ、それに続いて都道府県段階に取り掛かって、2002年の 大阪府を皮切りに、広島、滋賀、茨城と矢継ぎ早に制定され、昨年2008年の奈良を最終として、 09年3月現在で47都道府県のうち制定未定・討議中・不明の4県 福島、長野、愛媛、佐賀 を除き、 91%43都道府県がすでに制定を終えている。 この生活安全条例は、市町村でしらみつぶしのように数多く制定され、それに伴う民間防犯団体つまり 「子供110番の家」「子供老人パトロール隊」などの組織化も警察主導で行なわれている。 それのみならず、 その団体員に対して県警警部補が「尾行の仕方」「ごまかし方」まで教えているありさまである。 こういう実態をみると、まさしく警察の下部組織の育成であり、警察国家へのまい進を思わせる。 警察は、新宿通り魔事件など凶悪事件が勃発するたびに、時をおくことなく「犯罪者捕り物」の デモンストレーションを華々しく意図的に展開している。 これは、その事件の記憶の生々しいうちに社会不安の 精神の傷に乗じて防犯行為の必要性を浸透させる、という意図を持つものだろう。 逆に見れば、ことさら 社会不安を醸成しているるようにさえ見える。 つまり、狼が来る来る、と。 しかし、統計では逆の結果が出ている。 犯罪白書を読むと、2007年殺人認知件数は1199件と戦後最低を 記録しているし、昭和と比べると半分以下、強姦に至っては3分の1に激減している。 また、2008年では殺人認知件数は1297件と上昇に転じたけれど、かといって1973年から1977年の 昭和後半の2000台 1974年は1912件 に比べるとはるかに低いし、それ以降の昭和末の1800台から 1400台までの減少した件数にも及ばない。 だから、それなりの理由のないことではない。 しかし、件数からみれば、急増とまではいえないのである。 そして、この減少傾向は別の統計、厚生省の人口動態調査から「他殺」を抜き出してみれば、 なおさら明らかである。 「他殺」は、1997年718人から翌 1998年808人を小ピークに2003年705人まで漸減、 2004年655人、2005年600人となり、2006年にはついに600人を割って 580人にまで減少した。 (それ以降は厚生労働省統計なし)。 これは、端的にストーカー行為と同じである。 それが、集団で行なわれている。 被害者らはこれを「集団ストーカー」と呼び習わしている。 これは、どうみてもプライバシーの侵害であり、 個人の文化的生活を保障した憲法への違反ではないか。 防犯パトロールの違法行為は尾行や監視にとどまらない。 たとえば、対象個人が生活に必要な物資を購入するために店舗に入ると、そこの店員に防犯パトロールの要員が 警戒するように「密告」して歩く。 そのまま信じた店員は対象人物をあたかも「万引き犯罪者」のごとく ひそかに、あるいはあからさまに尾行して付いて来る。 そういう行為をされた個人の心象はいかばかりだろう。 これは、プラバシーの侵害以上に、弾圧のである。 防犯パトロールの問題性は、その団体の「警察の下部組織化」という現在の施策に、そもそも問題の芽を 含んでいるのである。 なぜなら、防犯パトロールへの警戒対象人物への情報は、そもそも警察サイドからのもので検証されていない。 それが恣意的だったら、どうだろう。 政治的にであれ、現場の警察官の私的な感情にもとづくものであれ、 そういう悪意の情報が紛れ込む余地は十分ある。 その感情を利用する形で、 個人情報が流され、警戒という尾行・監視あるいはスパイという行動が取られるとしたら、 それはまさに「警察国家」である。 防犯パトロールを動員しての尾行・監視ばかりではない。 その活動に加えて、警察の生活安全課が地元のライフライン企業と「防犯協力覚え書」という形の協定書を 取り付け回っている。 宅配便や市役所、電話会社などもそうであり、たいてい子供パトロールとして登録され ステッカーを配布している。 また、さらに警察は、青色回転灯なる擬似赤色灯をその企業らに使用許可を出し、 その登録数の増加を達成目標に掲げている。 たとえば病院。 警察と病院の覚え書によって、警察は容易に病院という本来病気治癒という場所を監視の場所に 変えてしまう。 防犯パトロールの要員が、患者へのボランティアという偽装の形で病院に入り込むのみならず、 病院職員自身たとえば看護師が入院病室の対象人物のそばで付きっきりで会話の立ち聞きをするのは 日常茶飯事である。 日常的に展開されるこれらの人権侵害は、すでに「警察国家」の域に達している。 一般市民の人権意識は低く、 まさかという反応と対応を示す。 しかし、じっさいやられていることなのだ。 戦前の状況の経験や知識のある人は、気づくに違いない。 戦前の自警団・隣組に似ている、と。 かつての市民は、 異議を唱える自立心と勇気をもたなかった。 それゆえ、関東大震災において他民族への殺戮が行なわれたし、 鉱山労働の逃亡者へ鎌で追うようなこともした。 今の防犯活動の状況は、まさしくこれを彷彿とさせるものである。 全体状況を見回してみれば、いくら防犯といっても、これはやりすぎだ、ということに尽きる。 防犯パトロールはなかば小権力化しており、「お上」の威光をかさに来て振る舞っているようにみえるし、 このボランティア活動に、ある特定の政治的団体が関与して容易に入り込み、 権力化するという流れも疑われている。 他にもまだ色々と書くべき事がある 暴巨大掲示板の警察板に、もう10年くらい前になるのかな、立っていたスレがあって、そこに書き込まれてたんだが 防犯パトロールは公明党の尽力によって作られたものだ、と言った事が、ソース付きで書き込まれていた また、学会員が言うには、創価学会(公明党)が警察庁に働きかけて、それで防犯パトロールは開始された、という事らしい もちろん防パトや防犯活動を公明の手柄だと考えていて、それで誇張されている部分がある事は確かである者の 反面、公明党が防犯活動や防犯パトロールの環境整備の為に、法案の作成、自治体や警察との折衝に汗してきたのも事実で 創価学会が、現在、津々浦々に整備された防犯ネットワークや、防犯活動の基盤整備、型作りをして来た事は紛れもない事実 しかし、別の言い方をすれば、防犯活動の抜け穴、裏道、問題点も熟知しているという事で 悪さを幾らでも働けるという事でもある また、自治体や警察の担当者、防犯協会の人間とも当然懇意になるから、極めて太いパイプを持っているという事でもある この事がやりすぎ防パト問題を引き起こす原因になったと考えられるわけだ 更に言うと、警察で防犯活動と関連する部署に学会員の警察官を配置して欲しい、と警察幹部に働きかければ 創価学会であれば、その要求を警察官に飲ませることができる これをやられたら、215や216で書いたようなでっち上げも、容易に出来てしまうわけだよ.

次の