しっぺ返し 戦略。 実験で判明、最強の戦略は「しっぺ返し戦略」…守るべき4つの教訓

しっぺ返し

しっぺ返し 戦略

もし、お前らが2人とも黙秘したら、2人とも懲役2年だ。 だが、お前らのうち1人だけが自白したらそいつはその場で釈放してやろう(つまり懲役0年)。 この場合自白しなかった方は懲役10年だ。 ただし、お前らが2人とも自白したら、2人とも懲役5年だ。 この時、2人の囚人は共犯者と協調して黙秘すべきか、それとも共犯者を裏切って自白すべきか、というのが問題である。 なお彼ら2人は別室に隔離されており、相談することはできない状況に置かれているとする。 お互いが相手を信じて黙秘をすれば、2人とも懲役2年で済むのですが、お互いが相手を裏切ると、2人とも懲役5年になってしまいます。 このシチュエーションでは、1回のジャッジとなります。 しかし、実社会においては、同様のジャッジ(相手を信じるか?裏切るか?)を、同じ相手に、あるいは初対面の相手に、何百回、何千回と繰り返します。 最も単純なプログラムは、たった二行のコ ードから成り、しかも誰もが子どものころから馴じみのある戦略 、「 しっぺ返し 」だった。 初回ラウンドではまず協力し、その後は前回のラウンドで相手が選んだ選択を真似し続けるというものだ。 つまり、前回相手が協調したなら、今回自分も協調する。 前回相手が裏切ったなら、今回自分も裏切るというわけだ。 これは、皆さんの経験に当てはめてみても、矛盾のない戦略ではないでしょうか?一つ目のポイントは、「 最初の一手は、無条件に相手を信頼して、協力する。 」ということ。 多くの成功者は、基本的には、ビジネスパートナーを信頼して、協力することで成功を手に入れています。 ですから、 新しいビジネスチャンスをつかむことを考えたら、 最初の一手で、相手を裏切るというのはありえない一手であることがわかります。 しかし、世の中には、残念ながら、信頼をベースにビジネスができない人が一定数います。 そういった相手に、「常に相手を信頼し続ける」という戦略は、相手に利用されるだけの関係になります。 そのような相手から一定の距離を置くためにも、二回目の手は、「前回相手が選んだ選択肢を採用する」のが合理的な判断になります。 つまりしっぺ返しをするのです。 めったにないと思いますが、最初の一手で、相手が裏切ってきたとしても、次の一手で、相手から協力の一手がでれば、次からは、お互いに協力し合う関係が築けます。 非常にシンプルな方法ですが、人生の基本戦略として腑に落ちますね。 最初の一手は信頼から始める。 次からはしっぺ返し。 まとめ やはり、人生においては、まず最初にすべきは、 無条件に相手のことを信頼することからはじめるべきなのでしょう。 初対面の人が信頼に足るべき人物か、そうでないのか?と考えたところで本当のところは誰にもわかりません。 そして、一番多い展開は、自分が相手を信頼し、相手も自分のことを信頼してくれて、お互いが良い関係を築いていくパターンだと思います。

次の

医師の仕事にも応用が可能な、囚人のジレンマ&しっぺ返し戦略。

しっぺ返し 戦略

はたして「協調」と「裏切り」のうち、 どちらのほうがより優れているのでしょうか。 そこである人が「コンピュータ選手権」をやろうと考えました。 ロバート・アクセルロッドという政治学者でした。 優勝したプログラムは、 心理学者のアナトール・ラポポートという人がつくったものでした。 実はたった「4行」のプログラム言語で書かれていました。 あまりに短くて、コンテストに参加したプログラムのうちで最短でした。 たった「4行」のプログラムが、他の14通りのプログラムに勝ってしまったのは衝撃でした。 このプログラムは「しっぺ返し」という戦略をとっていました。 なぜ4行で書けたかというと、こんなに簡単だったからです。 この戦略は、相手の「物まね」を行うだけです。 このようにふるまいますと、 相手が協調なら協調し、裏切りなら裏切りで応えるという戦い方になります。 1回目は協調にしますが、 後は直前の相手の手を1回ずらして真似ているだけです。 さらに、最も特徴的だったのが、 「しっぺ返し」は、どのプログラムにも勝ちませんでした。 どの対戦相手にも、負けるか、あいこに過ぎなかったのです。 勝たなかったが、負けたときに失点が少なかったということです。 要するに「ミニマックス型」の戦略だっというわけです。 「しっぺ返し」戦略は、とりあえず「協調」します、 そして裏切られたら、即座に裏切り返します。 それが最善策です。 実社会でいうと、長く付き合いながら、ともかく「協調」を基本姿勢とすることです。 間髪をおいてはいけません。 相手が忘れないうちに、即座にしっぺ返しをするのが基本です。 「しっぺ返し」は誰にも勝ちません。 よくて引き分けです。 負けることも非常に多いです。 しかし長い目で見ると、そんな戦い方をする人が最高の勝者になるのです。 逆に、最高の勝者に勝っている人が、長い間に最下位グループに入ってしまったりします。 「強い相手に勝つけれども、総合点では負ける」という人たちです。 「しっぺ返し」は普段は協調し続けるという、非常に退屈な作業ですが、それが「最良」なのです。 「誰にも勝たないのに、総合すると最高の勝者である」というのは恐るべき高等戦略です。 ほとんどの人は、その屈辱的状態にがまんならないのではないでしょうか。 いずれにしても、「協調」が「囚人のジレンマ」における基本の立場です。 それを忘れてはなりません。 また、裏切られたら裏切り返して、相手に裏切りのリスクを教え込まなければなりません。 けっして逆襲しない「無抵抗主義」では、最弱の弱者に追いやられてしまいます。 この戦略、ただやられたらやり返すだけの、一見するとくだらなく、なんだか幼い作戦だが、勝率はかなり高く、男女間や友人とのやりとりだけではなく、価格競争、企業取引、株投資に外交など、幅広く使われている。

次の

しっぺ返し戦略とは

しっぺ返し 戦略

の政治学者の呼びかけで、世界中の専門家から集められた戦略をリーグ戦方式で対戦させる選手権が2度開催されたが、2度ともしっぺ返し戦略が優勝している。 なお、に開催された大会ではに敗れている。 日本語としては 応報戦略と呼ばれることもある。 概要 [ ] しっぺ返し戦略では、• 1手目は 協調を選択する。 2手目以降のn手目は、 n-1 手目に相手が出した手と同じ手を選択する。 例えば2手目の場合、1手目に相手が 協調を選択していたら 協調を選択し、1手目に相手が 裏切りを選択していたら 裏切りを選択する。 しっぺ返し戦略について初めて言及されたものは1965年発表のとAlbert M. この中では SIMPLETON(バカ、マヌケの意)と名付けられていた。 脚注・出典 [ ].

次の