人間万事塞翁が馬 読み方。 「人間万事塞翁が馬」の意味とは?原文が伝える教訓を紹介【読み方も】

「人間万事塞翁が馬」の意味とは?使い方や類義語、英語表現を解説

人間万事塞翁が馬 読み方

「人間万事塞翁が馬」の原文の現代語訳 「人間万事塞翁が馬」は、中国前漢時代の書物『淮南子』の人間訓に由来する言葉で、いわゆる「故事成語」です。 原文の現代語訳はこちらです。 占いの得意な翁(おきな=お年寄りのこと)が、 国境の塞(とりで)の近くに住んでいた。 ある日、翁の馬が逃げ出してしまった。 周りの人々が「運が悪かったですね」と、 なぐさめると翁は 「いや、このことが却って、 福(さいわい)になるかもしれない」と言った。 数ヶ月後、逃げた馬がもどってきた。 さらに、別の名馬も一緒に連れて帰ってきた。 周りの人々が「幸運ですね」と、 お祝いにいくと翁は 「いや、このことが却って、 禍(わざわ)いになるかもしれない」と言った。 そしてある日、翁の息子がその名馬から落馬して、 股(もも)を骨折する重傷を負った。 周りの人々が 「運が悪かったですね」と、 お見舞いにいくと翁は 「いや、このことが、福となるかもしれない」と言った。 1年後に戦争が起きたが、 村の若者の10人のうち9人までもが死んでしまった。 ところが、息子は落馬の事故のため、 兵役に出ず無事だった。 運が悪かったと思っていたことが、結果的には運が良かったり、 逆に運が良かったと思っていたことが、結果的に運が悪いことだったり、 あとになって気づく、「運」というものの不思議を示してくれる古典だと思います。 幸運か不運かは捉え方次第 人生においては、災いがいつ福になるか分らず、また福がいつ災いのもとになるかもわかりません。 あるひとつの出来事に対し、これが災いなのか福なのかは誰にもわからないので、まさに神のみぞ知る、ということですね。 なので、災いと思っても深く悲しむことなく、福だと思っても過度に喜んだりしない、ということを教えてくれています。 私たちが「ツイている」と感じる時は、自分に都合のいい時がおこったとき。 それに対して、自分に都合の悪いことがあると「なんてツイてないんだ」と嘆きます。 つまり、自分の都合で「運」というものを捉えているわけですね。 「思いがけない幸運」のことを僥倖(ぎょうこう)といいますが、この僥倖に期待するようになると、「自分都合のいいことだけ」をひたすら期待し続ける思考になります。 最悪である。 いつ何時でも都合のいいことばかり起きるはずがないのに、100%自分の都合のいいことを待っているので、ほんの1%、ほんの少しでも都合の悪いことが起きたらすぐ、自分は運が悪いと自動思考してしまうのです。 ツイていないなと思う出来事に遭遇したときは、「なぜこれが自分に都合が悪いのが」とちょっと考えてみましょう。 その都合に、ずっとこだわる必要はあるのかと? ツイてないって、単に自分の心の中で勝手に思い込んでただけで、本当はツイているもツイてないもないのでは? そこまで気づけるようになれば、「運がいい」「運が悪い」というのは、実体のないまぼろしのようなものとわかるのです。 すべての出来事は「中立」 すべての出来事は「ただ起きている」だけであり、それを人間が勝手に解釈し、「運が良かった」か「運が悪かった」かのどちらかのラベルを貼っているだけなのです。 つまり、すべての出来事は「中立」であるということ。 その出来事に対する捉え方は、「自分の都合」により変わり、運が良かったと思えばそのうち悪くなったり、悪くなったかと思えばよくなったりと、心の中でコロコロ変わるだけで、実際は「ただ起きただけ」ということです。 なので、「ああいまツイてない!」と嘆いていても、その嘆きの気持ちはあとで満足感に変わることも十分にあり得ます。 なので、いま悲観し過ぎることはありません。 時間が上手いこと解決してくれるという安心感があれば、大抵のことは乗り越えて、むしろ「いい出来事だった」と振り返れますから。

次の

人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬 読み方

「人間万事塞翁が馬」の読み方と意味 読み方は 「にんげんばんじさいおうがうま」または 「じんかんばんじさいおうがうま」です。 略して 「塞翁が馬(さいおうがうま)」と言うこともあります。 中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に由来しています。 読み方がふたつありますが、辞書では「にんげんばんじ~」と書かれています。 しかし中国語で「人」と書くと人そのものですが、「人間(じんかん)」と書くと「世間」という意味になります。 「人間万事塞翁が馬」の意味を考えると「人間」は「世間」のことなので「じんかんばんじ~」という読み方もされるということです。 意味が通じやすいのは辞書で書かれている「にんげんばんじ~」ですが、由来にこだわりたいのなら「じんかんばんじ~」という読み方にするといいですね。 また、 塞翁とは、「砦・塞(とりで)に住む翁(老人)」のことです。 由来となった話の内容は次のようになっています。 中国の北のほうの国境に城塞があり、そこには占いが上手な老人が住んでいました。 あるとき、 その老人の馬が逃げ出してしまいました。 北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので逃げ出したことを知った近所の人々は気の毒がって老人を慰めました。 ところが老人は 「このことが幸運を呼び込むかもしれないよ」と言いました。 それからしばらく経ったある日、逃げ出した馬が戻ってきました。 しかも、 良い馬をたくさん連れて戻ってきたのです。 近所の人々は喜びましたが老人は 「このことが禍(わざわい)になるかもしれないよ」と言うのです。 しばらくすると、 老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。 近所の人々がお見舞いに行くと老人は 「このことが幸福になるかもしれないよ」と言いました。 やがて戦争が起き、城塞は襲撃されました。 城塞の近くの若者はみんな戦いに行き、戦争が終わる頃にはその多くが命を落としていました。 しかし、 老人の息子は足を骨折していたので戦争に行かずに済みました。 占いが上手な老人は、先を見通せる力があると考えられますが、 結局人生はなにが起こるかわからないということです。 近所の人々は馬が逃げたことを気の毒に思い、馬がほかの馬を連れて戻れば喜び、老人に起こることに一喜一憂しています。 しかし老人は冷静に「禍が幸福につながるかもしれない」「幸福が禍にかわるかもしれない」と言います。 一見、不幸なことに思えることが、幸福につながることがあったり、その逆もあるということですね。 つまり、 「世の中の幸福や不幸は予測ができないものだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではない」という意味になります。 英語で何ていうの? 人間万事塞翁が馬と全く同じ意味になる英語はありませんが、同じような表現のものはいくつかあります。 人間万事塞翁が馬と言うでしょう?」 「人間万事塞翁が馬という言葉もあるように、一流企業に就職できたからと油断してはいけませんよ。 」 というふうに、 悪いことが起った時は励ますように、良いことが起った時は戒めるように使うといいですね。 長い人生ですから、幸福があれば禍もあるでしょう。 幸福が禍に転じることもあるし、その逆もあるということを教えてくれることわざなのですね。 良いことが起るとついつい油断してしまう人も多いと思いますが、そういうときは「人間万事塞翁が馬」ということわざを思い出して、気を引き締めていきましょう! 関連: 関連: -.

次の

人間万事塞翁が馬とは (ニンゲンバンジサイオウガウマとは) [単語記事]

人間万事塞翁が馬 読み方

人間万事塞翁が馬の意味とは?読み方は? 人間万事塞翁が馬の意味は「全てのことは予測がつかない」 人間万事塞翁が馬の意味は「全てのことは予測がつかない」です。 ここでいう「全て」とは「幸せなこと」「不幸せなこと」を示しています。 幸せなことも不幸せなことも、いつどう変わってしまうかは誰にも予測がつきません。 だから、調子に乗ったり落ち込んだりせずにいつでも冷静でいるべきだという意味です。 焦ることが多かったり、いつも失敗を恐れて不安が拭えないという場合にも「人間万事塞翁が馬」ということわざを使うことができます。 たとえ嫌なことがあったり、失敗をしてしまったとしてもそれがこの先どうなるかなど誰にも分からないのです。 もしかしたら大きなチャンスを掴むきっかけになる可能性もあるのです。 人間万事塞翁が馬の読み方は「にんげんばんじさいおうがうま」 人間万事塞翁が馬の読み方は「にんげんばんじさいおうがうま」と読みます。 「人間」は「にんげん」以外に「じんかん」と読むこともできます。 「人」という意味ではなく、広い世間を指す中国語です。 「万事(ばんじ)」は「よろずのこと」という言葉があるように全てのことという意味があります。 「塞翁が馬(さいおうがうま)」は老人の所有している馬を示しています。 後ほど由来を紹介する際に説明しますが「塞翁(さいおう)」が老人を意味しています。 このことわざでいう「が」というのは「所有している」という意味になります。 人間万事塞翁が馬の由来は? 人間万事塞翁が馬の由来は中国の思想書「淮南子(えなんじ)」 人間万事塞翁が馬の由来は、中国の思想書である「淮南子(えなんじ)」に記された話から来ています。 全部で21篇ある淮南子の話の中で、18篇に記されているのが世間で起きることへの教えを記した「人間訓」です。 この淮南子の「人間訓」の中に記された話が元になり、このことわざが作られました。 POINT 人間万事塞翁が馬の内容 老人の馬が逃げて、周囲の人々は気の毒に思った。 しかし老人は「じきに良いことが起こる」と言う。 そのうち馬が戻ってきたが、別の馬を連れてきた。 老人は「良くないことが起こる」と言う。 別の馬に老人の息子が乗ると、落馬して足を骨折してしまった。 周囲の人々は見舞いに行くが、老人は「じきに良いことが起こる」と言う。 そのうち戦争が始まり、兵役によって集められた若者は命を落とした。 しかし、骨折をしたおかげで兵役を免れた老人の息子は戦死しなかった。 この話が元になり「人間万事塞翁が馬」ということわざが誕生しています。 「塞翁」が示している老人はこの話の中に登場する老人のことで、馬は逃げて帰ってきた馬を指しています。 馬がいなくなるということは悲しいことでしたが、戻ってきたことで「良いこと」に変わります。 しかしその良いことがまた悪いことになるのです。 「この先どのような結果になるか分からない」という話の内容が由来 淮南子に記された話を読んでいくと、良いことや悪いことが順番に起きています。 しかし、本当にそうなるかなど誰にも分かりませんよね。 馬がいなくなったことに対して周囲の人々は気の毒に思いますが、老人のように「良いことが起こる」と捉えることもできるのです。 反対もまた然りです。 その場面だけ切り取れば悪いことのように思えますが、後に何が起きるか分からないため老人のようにポジティブな解釈をすることもできるのです。 何事も決めつけてはいけないという話から、ことわざの意味もそのような内容になりました。 これは現代社会にも通じる意味ですよね。 「人間」は人々のことではなく世間全体のことを示す この「人間万事塞翁が馬」の由来になった話は淮南子の「人間訓」に記されていますが、ことわざにも使用されている「人間」という言葉は人々のことを指すのではありません。 中国語で「世間」という意味があります。 つまり「人と人との間に起きること」「世間全体で起きること」を示しています。 人間訓に記されている他の話も、人と人との間や世間で起きる利害や災いと幸せのことについて書かれています。 誰にでも起こりうるトラブルを「落ち着いて対応しましょう」という教えとして説いています。 人間万事塞翁が馬も、普段生きる上でぜひ頭に入れておきたい大切な教訓の1つですよね。 何か仕事で大きな成果を成し遂げた時、成功した時などは「人間万事塞翁が馬」を思い出して気を引き締めていくことが大切です。 良いことがあったと浮かれていると、普段しないようなミスをしてしまったり妬む人から足元をすくわれることもあります。 POINT 人間万事塞翁が馬の例文 仕事で大きな成果を収めた。 しかし人間万事塞翁が馬だから、気を緩めずにこれからも頑張ろう。 気を緩めずに頑張るための座右の銘として「人間万事塞翁が馬」を掲げることもできます。 仕事での自分自身のポリシーとして心に刻み込んでおけば、いつでも冷静に取り組むことができますね。 焦りや不安をなくすことは、小さなミスを限りなく減らすことにつながります。 結果大きな成功にもつながりますね。 子供だけでなく、誰か第三者に降りかかった不幸も「人間万事塞翁が馬」ということわざのように「どうなるか分からない」のです。 そして周りが励ましても、ショックを受けている本人にとっては辛いことに変わりはないですよね。 POINT 人間万事塞翁が馬の例文 娘が試合で負けたと言って悲しんでいる。 人間万事塞翁が馬というのだから、親としてこれからも変わらず応援したい。 見守る側の姿勢も「人間万事塞翁が馬」ということわざを意識することで「変わらずに見守り応援することが1番だ」ということが分かります。 励ましたり、同情したりしてもこの後どうなるかなど誰にも分かりませんよね。 本人と一緒に行く末を見守ることや結果を受け入れることこそ大切なことです。 自分に降りかかる些細な幸せや不幸せも予測はできません。 1日の始まりに良いことがあるとつい「今日は幸せな1日になりそうだな」と浮かれた気持ちを抱いてしまいますが、それこそが不幸せなことがあった時のショックを大きくする原因でもあるのです。 POINT 人間万事塞翁が馬の例文 失くしものが見つかって今日は1日良いことがありそうだと思っていたが、次は財布を落としてしまった。 人間万事塞翁が馬を心に留めておかなければならない。 幸せなこと・良いことがあったとしても、この後も同じことが起きるとは限らないというのをしっかり覚えておくことが必要です。 それこそがまさに「人間万事塞翁が馬」ということわざの教えです。 期待しすぎないことで、実際に幸せなことがあれば喜びも大きいですし不幸せなことがあっても冷静に受け止めることができます。 幸せなこと・不幸せなことは世間で起こる全てのことに言えます。 日常の些細な不幸せでも「人間万事塞翁が馬」を意識すれば、それほど落ち込まずに受け入れることができます。 不幸せなことも、いつまでも続くわけではないということです。 POINT 人間万事塞翁が馬の例文 今日は嫌なことがあったけど、家に帰ったら美味しいご飯があった。 人間万事塞翁が馬というのでいつまでも落ち込んではいけないな。 もちろん世間の情勢や、周囲の人間関係など大きな事柄に対してもことわざを当てはめることはできます。 ですがスケールが大きいからこそ、初めから客観的に見れていることの方が多いですよね。 まずは客観的に見にくい、自分自身のことや身近な事柄に対して「人間万事塞翁が馬」を意識することが大切です。 そもそも座右の銘とは「常に自分の心に留めておく戒め・励ましの言葉」のことを指します。 また「こんな人でありたい」「こんな風に生きたい」という指針にもなります。 そのため「人間万事塞翁が馬」も立派な座右の銘として使うことができます。 「何が起きるか分からないからいつでも落ち着いて過ごしたい」という意味で使うことのできることわざです。 普段焦ることが多かったり、不幸せなことを受け止めるのが苦手な人には特におすすめの座右の銘です。 気持ちを落ち着けたい時にそっと心の中で呟くことで、焦りや不安を鎮めることができます。 この部分だけ抜粋しても、ことわざと同様の意味で使うことができます。 文字数の制限があるような場面で使うなら、ここだけ使用してもいいですね。 例えばどこかにコメントを寄せる時にもぴったりです。 POINT 人間万事塞翁が馬の例文 「人間万事塞翁が馬」ということわざはご存知ですか?中国の淮南子に記された話が由来になっており、全てのことは予測がつかないという意味があります。 淮南子に記されている原文は、中国の書なので漢文で書かれています。 先ほど紹介した由来の中で内容を紹介しているので、ぜひスピーチに取り入れてみてくださいね。 日常に起きた事柄を交えながら話すとより親近感を持ってことわざへの理解を深めることができます。 「かふくはあざなえるなわのごとし」と読みます。 幸せと不幸せは。 縄をより合わせたように交互にやってくるという意味があります。 人間万事塞翁が馬の由来となった文章では、幸せと不幸せが交互にやってきていましたね。 「禍福」とは幸せと不幸せのことを意味します。 幸せだと思うような出来事、良いことがあったと思うような瞬間があっても次は不幸せなこと・悪いことが起こるかもしれないのだから気を引き締めなさいという戒めの言葉です。 人間万事塞翁が馬と同じように座右の銘にすることもできますね。 人生の中では悪いことも良いこともあるということを示しています。 悪いことだけ続くようなことはないという意味もあります。 よく「気分の浮き沈みが激しい」と言いますよね。 これは明るくなったり暗くなったりという気持ちの変化を示します。 「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」は、気持ちだけでなく人生全体の浮き沈みについてを表しています。 人間万事塞翁が馬ということわざと同じように、全てのことは予測がつかないという意味でも使うことができます。 今悪いことがあるからといって落ち込みすぎず、落ち着いて生活することが大切だと表しています。 人間万事塞翁が馬の意味を知っておこう 人間万事塞翁が馬ということわざの意味を紹介しました。 なかなか聞き慣れないことわざだったという方も多いのではないのでしょうか?意味を知ると、ぜひ知っておきたいことわざの1つだということが分かりますよね。 人生の不安や悩みを乗り越えるためのアシストにもなってくれるので、ぜひ心に留めておきたいです。 座右の銘として使うのはもちろん、人生の様々な場面やコメント・スピーチに使うことができます。 ぜひ人間万事塞翁が馬の意味を知って、これからの暮らしに役立ててくださいね。 他にもことわざや座右の銘に関する役立つ記事を紹介します。 どれも参考になるものばかりなので、併せて読んでみてくださいね。

次の