オアシス。 介護タクシー ケアタクシー オアシス 埼玉県川口市元郷

東急スポーツオアシス オンラインショップ []

オアシス

誠に勝手ながら、棚卸のため、2020年6月24日㈬~7月1㈬まで出荷業務を停止 させていただきます。 6月24 水 受注分を出荷停止前の最終締切とし、6月25日 木 以降のご注文は、7月2日 木 以降に順次発送の手配に入らせていただきます。 ご不便をおかけしてしまい申し訳ございませんが、ご理解の程、何卒よろしくお願い致します。 誠に勝手ながら、ゴールデン・ウィークのため、2020年5月2日 土 ~5月6日 水 まで電話受付及び出荷業務を停止 させていただきます。 4月26 日 受注分を出荷停止前の最終締切とし、27日 月 以降のご注文は、5月7日 木 以降に順次発送の手配に入らせていただきます。 ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解の程、何卒よろしくお願い致します。 誠に勝手ながら、棚卸のため、2020年1月30日 ㈭ ~2月6日 ㈭ まで出荷業務を停止 させていただきます。 1月28 火 受注分を出荷停止前の最終締切とし、29日 水 以降のご注文は、2月7日 金 以降に順次発送の手配に入らせていただきます。 ご不便をおかけしてしまい申し訳ございませんが、ご理解の程、何卒よろしくお願い致します。 誠に勝手ながら、年末年始休業のため、2019年12月28日 土 ~2020年1月9日 木 まで出荷停止 とさせていただきます。 12月25日 水 受注分[12月27日 金 発送分]を出荷停止前の最終締切とし、 12月26日 木 以降のご注文は、1月10日 金 以降に順次発送の手配に入らせていただきます。 ご不便をおかけしてしまい申し訳ございませんが、ご理解の程、何卒よろしくお願い致します。 2020年もオアシス古書部をよろしくお願い致します。 これに伴い、弊社からの出荷日が10月1日以降になる商品につきましては、新税率が適用されます。 2019年9月25日(水)までにいただいたご注文は、9月中の発送を予定しております(予約商品・取り寄せ商品等を除く)。 そのため、弊社では下記のように対応させていただきます。 それまでは旧税率の税込み価格での表示となりますが、9月26日(金)受注分以降の納品時には新税率の価格での請求となります。 予めご了承くださいますよう、お願い致します。 今後とも変わらぬご愛顧のほど賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ご了承ください。 お待たせいたしましたお客様にはご迷惑おかけしました。 その間のご注文分は4月より順次出荷いたします。 ご迷惑をおかけいたしますがご了承ください。 現在の南口店は2月末までの営業となります。 常設の古書コーナーも3月からは西口店のみとなりますが、引き続きよろしくお願いいたします。 比較的美本がそろっています。 是非見に来てください。

次の

東急スポーツオアシス オンラインショップ []

オアシス

概要 [ ] バンドの核はギター及び主なソングライティングを担当したノエルと、ボーカルを担当したリアムのギャラガー兄弟。 同じく労働者階級出身である を大変、敬愛している。 コンサートでは「」や「」などビートルズの曲を頻繁にカバー演奏した。 他、リアムが「のみたいな曲がある」と公言もしている。 ビートルズの影響は作品にとどまらず、スキャンダラスな言動も常にロック・ファンの注目を集めた。 音楽メディアによって、中流階級出身のとは何年にもわたって比較された。 ファッションにおいては、パンク・ロッカーは切り裂かれたTシャツなど「反社会的」とされる恰好だったが、オアシスはウインドブレーカーやジャージといった労働者階級の普段着を着て、ライブやインタビューに臨んでいた。 8月にノエルが脱退を表明し、事実上解散。 、残されたメンバーは新バンド「」を結成し、ノエルはソロプロジェクト「」の活動を開始した。 メンバー [ ] 最終メンバー [ ]• (Liam Gallagher、 - ) -• (Noel Gallagher、 - ) - 、ボーカル• (Gem Archer、 - ) - リズムギター、• (Andy Bell、 - )-• (Chris Sharrock、 - )- 4人目のドラマー。 7thアルバムの収録後に加入したため、クリスがプレイしたスタジオ録音はない。 元メンバー [ ]• (Alan White、 - )- ドラムス 2人目のドラマー。 2004年脱退。 (元、現バックバンドのドラマー)の実弟。 の同名ドラマーとは別人。 (Paul "Bonehead" Arthurs、 - ) - リズムギター・キーボード 初期メンバー。 1999年脱退。 公式サイトでは『家族とのもっと多くの時間を過ごしたいため』と説明されている。 以降は地道に音楽活動をつづけながら、故郷・マンチェスターで暮らしている。 地元のバンドにも参加していたが、2010年頃を持って離脱した。 '(Paul "Guigsy" McGuigan、 - ) - ベース 初期メンバー。 1999年脱退。 ノエルによると、バンドを抜けたいという内容のを突然もらって以来、すっかり連絡がつかなくなったらしい。 以降は特に目立った活動は見られなかったが、近年ではロンドンのクラブでDJ活動をしているとのことである。 (Tony McCarroll、 - ) - ドラムス 初期メンバー。 1995年脱退(事実上解雇)。 サポートメンバー [ ]• (Zak Starkey、 - ) - ドラムス 3人目のドラマー。 の息子。 のドラムと兼任。 7thアルバムの収録まで参加するが、ザ・フーに専念するため脱退。 ノエルからの評価が最も高いドラマーだった。 (Jay Darlington、 - ) - キーボード 元のオルガン担当。 2010年のノエルのソロライブにゲムと共に参加。 来歴 [ ]• ポール・ "ボーンヘッド" ・アーサーズ、ポール・ "ギグジー" ・マッギーガン、クリス・ハットン(ヴォーカル)が前身バンド「」を結成。 ザ・レインの初演は、地元マンチェスターのバーネイジにあるカードゲームクラブで、を使って行われた。 後に、ドラマーとしてトニー・マッキャロルが加わる。 1991年• 音楽関係の仕事をしていたノエル・ギャラガーのコネを狙って、ボーンヘッドがクリスをクビにし代わりに を加入させ、リアムはバンド名を オアシスと改名した。 ギャラガー兄弟の寝室に貼ってあったのインディー・ロックバンド、のツアーポスターに由来している。 ポスターには、開催地の1つとしてのオアシス・レジャー・センターが記載されていた。 8月、マンチェスターのボードウォーククラブにて、オアシス初のステージに立つ。 リアムの実兄であり、インスパイラル・カーペッツのであったノエルがライヴを観に来る。 その後、バンドに加入。 1993年• 10月、と契約。 1994年• 2月、のギグに参加するためのへ船で移動中、ノエル以外のメンバーが乱闘を起こし、強制送還される。 コンサートでは、ノエルがひとり弾き語りを行う。 4月、シングル「」でデビュー。 UKチャート31位。 8月、3rdシングル「」をリリース。 UKチャート10位。 9月、アルバム『 』発売。 英国で初登場1位の大ヒットとなり、2006年にに破られるまで、デビュー・アルバム最速売り上げ記録。 東名阪ので初来日公演。 では、リアムがドラッグを使用しながらライヴを決行。 ノエルは激怒しバンドを一時脱退、ノエルはレーベル関係者に捜し出され説得を受け、の公演からツアーを再開した。 12月、クリスマスシングル「」を発売。 UKチャート最高3位。 1995年• 4月、技術的に問題があったとして、ドラマーのトニー・マッキャロルが解雇され、代わりにの勧めで元スタークラブのアラン・ホワイトが加入(アラン・ホワイトは、のの実弟)。 シングル「」がUKチャート1位。 6月、アランと共に、にヘッドライナーで出演。 8月、メディアに煽られる形で始まった「オアシスvs」の争いは、オアシスのシングル「」とブラーのシングル「」の同日発売で頂点を迎える。 結果はブラーが1位(27万4000枚)、オアシスは2位(21万6000枚)。 その後2度目の来日を果たす。 9月、ギグジーが精神疲労で一時脱退、代役にThe Ya-YasのScott McLeodを迎えツアーを行う。 10月、2ndアルバム『 』発売。 UKチャート1位。 アルバム売上枚数は全世界で約2500万枚以上を記録し(2018年時点)、ビートルズの『』が持っていた英国アルバム売り上げ記録を約30年ぶりに更新(現在はとに抜き返されている)。 11月、ロンドンので、2日間4万人を動員するライヴを開催。 ヨーロッパの屋内ライヴとしては記録。 1996年• 『モーニング・グローリー』からの3作目のシングル「」がでもじわじわとチャートを上昇。 オアシスは、初秋のアメリカMTVアウォードでベストグループを受賞。 4月、「マンチェスター 2days」を行い、8万人を動員。 5月、海外向けにシングル「」をリリース。 8月、ロンドン郊外の ネブワースにて2日間で25万人を集める(250万件の予約が殺到した)。 『』に出演した際、収録直前にリアムが喉の不調を訴えキャンセル。 代わりにノエルが全曲で歌を披露した。 4日後、リアムがアメリカツアーに行くことを拒否したため、ノエルをボーカルに据えてツアーに出発する。 その後、リアムがバンドに合流するが、数週間後に今度はノエルがバンドを残して飛行機で帰宅してしまう。 メディアにはバンド解散かと騒がれたが、兄弟はすぐに和解し残りのツアーを終えた。 1997年• 8月、3rdアルバム『 』発売。 UKチャート1位、USチャート2位、オリコンチャート3位。 UK最速セールス記録を更新。 1998年• 2月に、で3日連続公演を行う。 滞在したホテルは、ビートルズと同じ。 11月、クリスマス商戦に向けBサイドアルバム『 』を発売。 UKチャートで最高2位。 1999年• 8月、ボーンヘッドが脱退。 2週間後、後を追うようにギグジーが脱退。 ノエルはボーンヘッドのギターとギグジーベースのパートを録り直す。 12月、元ヘヴィ・ステレオの が加入。 元、ハリケーン 1のギタリスト、 がギグジーの後任として加入する。 デビュー以来所属していたクリエイション・レコーズが倒産。 2000年• 2月、4thアルバム『 』を発売。 UKチャート初登場1位。 前年のクリエイション・レコーズ倒産に伴い、この年から自ら立ち上げたレーベル・ からのリリース。 CDリリースと同時にワールドツアーをよりスタートさせる。 公演ではリアムが、体調不良を訴えて途中で退場している。 5月、ワールドツアー中、アランが腕を痛めでの公演をキャンセルする。 バンドメンバーは代わりに飲み明かすが、リアムが当時のノエルの妻メグ・マシューズを侮辱し始め、「アナイスの父親は本当にノエルなのか」とノエルに疑問を投げかけ、殴り合いに発展する。 ノエルはバンドを一時離脱、過去最大の解散危機を迎える。 急遽、代役のギタリストとしてマット・デイトンを起用。 バンド史上初めてノエル抜きでライヴが行われる。 このときの「アクイース」はノエルパートを丸々観客に歌わせていた。 11月、ノエル復帰後、ロンドン()での公演を収録したライヴアルバムとライヴDVD『 』を発売。 CD2枚組と1枚組が存在する。 ウェンブリー・スタジアムでは7月に2日間コンサートが行われ、リアムの調子が良かった1日目がライヴアルバム、DVDとしてリリースされた。 2日目は二日酔いのリアムがフラフラでステージに立つシーンが見られる。 このときの模様は有料放送でヨーロッパ中に放映され、日本でもが放映した。 リアムは「2日公演なのを知らなかった」と弁明。 2001年• 初頭、南米ツアーをスタート。 5月、、スペイスホッグと北米ジョイントツアー「Brotherly Love ツアー」を敢行。 このツアーのみアラン・ホワイトが怪我の為出演できず、アランの実兄のスティーブ・ホワイトが代役を務めた。 7月、で初日のヘッドライナーを務める。 また、秋から冬にかけてバンド結成10周年小規模クラスのツアー「10 Years of Noise and Confusion Tour」が行われた。 2002年• 5月、『』、『 2002』出演を含めたプロモーションで来日。 7月、5thアルバム『 』発売。 UKチャートで1位を獲得。 8月、ノエルとアンディ、ジェイ・ダーリントンを乗せたタクシーが衝突事故を起こす。 9月 - 10月、東京()、福岡、大阪、仙台、広島で来日ツアーを敢行。 福岡公演()では前回のライヴに続いて(そのときとは事情が違うものの)、リアムが途中退場するハプニングもあった。 12月、のナイトクラブでリアムとアラン、バンド関係者3人が乱闘を起こし逮捕される。 リアムは前歯を2本失い、警察官の胸部を蹴りつけた。 アランは灰皿で頭を殴られ軽症を負った。 バンドメンバーは大量にアルコールを摂取しており、リアムはを使用していた。 2年後、リアムは3万5000ポンド(約700万円)の罰金を支払った。 2004年• 1月、アラン・ホワイトが脱退。 元ビートルズのリンゴ・スターの息子が、サポート・ドラマーとして参加。 6月、9年ぶりにグラストンベリー・フェスティバルに出演する。 10月 - 12月、デイヴ・サーディとスタジオ入りする。 2005年• 5月、6thアルバム『 』発売、UKチャート1位を獲得。 シングル「」も初登場1位を獲得。 これでオアシスのNo. 1シングルは7枚目、またシングル・アルバム総チャートイン週は766週に。 日本では、アルバムが初登場1位を記録。 英国のバンドのオリジナル・アルバムとしては、30年ぶり。 5月、過去10年間に於いて、イギリスで最も成功したバンドとして、ギネスに認定される。 6月30日 - 7月3日、9年ぶりに地元チームのホームスタジアム()で3日間のライヴを開催。 8月、のヘッドライナーを務める。 11月、、東京の代々木第一体育館で来日公演。 2006年• 3月、映画『』のサウンドトラックに3曲を提供。 11月、ノエルの選曲による初のベスト・アルバム『 』を発売。 6thアルバム『ドント・ビリーヴ・ザ・トゥルース』に続いて初登場1位を獲得。 ほぼ同時に、ツアーの模様を収めたロードムービー『 』が公開される(試写会のみ。 2007年10月にDVD化)。 また、世界各地でがゲム、サポートドラマーのテリーとともにアクースティック・ライヴを披露する。 日本でも、11月15日に主催によるシークレットライヴが、恵比寿のにて行われた。 日本の恋愛映画『』に、主題歌の「ライラ」を筆頭に、多くの既発曲を提供。 2007年• 2月、生涯功労賞を受賞。 6月、ビートルズの『』40周年記念スペシャル番組へ「」のカヴァー曲を提供。 10月21日、バンド初のダウンロード限定販売シングル「ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン」をリリース。 本国イギリスでは、10月29日にロードムービー『ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン』がDVDでリリース(日本盤は12月5日発売)。 2008年• 5月、ザック・スターキーが、に専念のため離脱。 代わりにが加入。 9月、シングル「ザ・ショック・オブ・ザ・ ライトニング」リリース。 10月、アルバム『 』をリリース。 イギリスではスタジオアルバムがデビュー作から7作連続で1位、アメリカでは『ビィ・ヒア・ナウ』以来11年ぶりのトップ10入りとなる5位を獲得。 2009年• 3月、3年半ぶりとなる来日公演を敢行。 それに伴い「」に出演。 6月、リアムがファッション・ブランド「」を設立。 7月、フジロック・フェスティバルのヘッドライナーを務める。 8月、がフランスでの音楽フェスティバルへの出演直前に出演を取りやめ、公式ウェブサイト上で脱退を表明した。 オアシスが解散状態となる。 11月、リアムは残されたメンバー(リアム、ゲム、アンディ、クリス)と共に、新たに次のアルバムのレコーディングを行うことを発表。 2010年• 1月、リアムは、次のアルバムに向けての新曲を数曲書き上げ、アルバムは2010年内にリリースすることを発表。 また、当初はオアシスとして活動を継続する予定であったが、結局新たなバンド名で活動することを明らかにした。 事実上、これがオアシスの解散宣言となった。 2月、にて、アルバム『』で「過去30年間でのベスト・アルバム」を受賞。 5月、リアムは公式サイトなどにて新バンド名「」を発表。 6月、初のシングル・コレクション『』を発表。 これまで全てのアルバムに収録されていなかった「ホワットエヴァー」「ロード・ドント・スロー・ミー・ダウン」を含む全26曲(日本盤は全27曲、隠しトラックも含めると全28曲)が収録されている。 UKチャート1位、日本ではオリコン初登場2位を記録。 2014年• デビュー20周年を記念し、1994年~1997年の活動を振り返る「チェイシング・ザ・サン」プロジェクトが始動。 オアシス初期のアルバム『オアシス』『モーニング・グローリー』『ビィ・ヒア・ナウ』の3作のリマスター盤が連続リリースと発表。 5月、「チェイシング・ザ・サン」プロジェクトの第1弾として『オアシス』をリリース。 9月、「チェイシング・ザ・サン」プロジェクトの第2弾として『モーニング・グローリー』をリリース。 2016年• 10月、「チェイシング・ザ・サン」プロジェクトの第3弾として『ビィ・ヒア・ナウ』がリリースされる。 ドキュメンタリー映画「オアシス:スーパーソニック」が公開される。 ディスコグラフィ [ ] 詳細は「」を参照 スタジオ・アルバム [ ]• 1994年 - Definitely Maybe 邦題:『 オアシス』• 1995年 - 〈What's the Story〉Morning Glory? 1997年 - Be Here Now• 2000年 - Standing on the Shoulder of Giants• 2002年 - Heathen Chemistry• 2005年 - Don't Believe the Truth• 2008年 - Dig Out Your Soul ライブ・アルバム [ ]• 2000年 - Familiar to Millions コンピレーション・アルバム [ ]• 1998年 - The Masterplan• 2006年 - Stop the Clocks• 2010年 - Time Flies... 1994-2009 日本公演 [ ]• Definitely Maybe Tour• 9月14日,15日,16日 - 渋谷クラブクワトロ• 9月18日 - 大阪クラブクワトロ• 9月19日 - 名古屋クラブクワトロ• What's the Story Morning Glory? Tour• 8月21日,22日 - 川崎・• 8月23日 - 東京・• 8月25日,26日 - 東京・ガーデンホール• 8月28日 - 大阪・インペリアルホール• 8月29日 - 大阪・ベイサイドジェニー大阪• Be Here Now Tour• 2月18日,19日,20日 - 東京・• Standing on the Shoulder of Giants Tour• 2月29日,3月5日,6日,7日 - 横浜・• 3月1日 - 名古屋・• 3月3日 - 福岡・• 3月9日 - 大阪・• 3月11日,12日 - 神戸・• 3月16日 - 仙台・• 7月27日 - 新潟・• MTV THE SUPER DRY LIVE• 5月23日 - 東京・ Tokyo• Heathen Chemistry Tour• 9月25日,26日,28日,29日 - 東京・• 10月1日 - 福岡・マリンメッセ福岡• 10月2日,3日 - 大阪・大阪城ホール• 10月5日 - 仙台・• 10月7日 - 広島・• 10月8日 - 名古屋・レインボーホール• 8月11日 - 名古屋・名古屋港オープンエアパーク SUMMER SONIC EVE• 8月13日 - 大阪・• Don't Believe the Truth Tour• 11月17日 - 大阪・大阪城ホール• 11月18日,20日,21日 - 東京・代々木第一体育館• Dig Out Your Soul Tour• 3月18日 - 名古屋・• 3月20日,28日,29日 - 千葉・幕張メッセ• 3月22日 - 札幌・• 3月24日,25日 大阪・インデックス大阪• 7月24日 - 新潟・ その他 [ ]• ノエル・ギャラガーはデビュー当時からを目標としていたといい、、オアシスの将来について「アメリカでもイギリスと同じように成功し、U2のようになるのが俺のデカイ夢」と話していた。 ノエルの前妻メグ・マシューズとの元恋人であったが友人のため、ジョニー・デップとノエルは親交があり、デップは「」収録の「フェイド・イン・アウト」にスライドギターで参加している。 その礼としてデップは「P」という文字の入った白いギターをノエルに贈っている。 1995年にのテレビ番組『』に出演して「ロール・ウィズ・イット」を演奏した際、であることをネタにして、兄弟の役割を入れ替え、リアムがギターを弾くふりをし、ノエルがリードヴォーカルとして歌った(歌うふりをした)ことがある。 これはブリットポップ期に、ブラーの「カントリー・ハウス」とシングル順位を争った際に負けたためである。 オアシスから影響、インスピレーションを受けていると公言しているアーティストに、 、 、 、、 、などが挙げられる。 出身であるオアシスのトリビュート・バンドNo Way Sisは、EP『アイド・ライク・トゥ・ティーチ・ザ・ワールド・トゥ・シング』をリリースしUKチャート40位を記録した。 この曲はザ・ニュー・シーカーズの曲(邦題「愛するハーモニー」)をオアシス風にカヴァーしたものである。 日本のバンドは、オアシスの曲「リトル・バイ・リトル」からバンド名を得ている。 の、の、サッカーポルトガル代表の、元サッカーイタリア代表のらもオアシスのファンとして知られる。 とも交遊があり、ライブにノエルとリアムが招待された。 の娘、フランシス・ビーン・コバーンも好きなミュージシャンのひとつにオアシスを挙げている。 ノエルが「アルバムに合わない」と判断した曲はシングルのB面に収録される傾向があり、現在もアルバム未収録曲が多数ある。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2019年11月19日閲覧。 ジョン・レノンについては諸説あり• 「」 VIBE-NET. COM ニュース、2000年8月18日。 「」 BARKS、2000年6月14日。 「」 VIBE-NET. COM ニュース、2001年5月14日。 「」 BARKS、2002年08月8日。 「」 VIBE-NET. COM ニュース、2002年11月21日。 「」 BARKS、2002年12月3日。 「」 BARKS、2002年12月5日。 「」 BARKS、2004年5月6日。 「」 BARKS、2004年11月24日。 「」 BARKS、2004年7月2日。 「」VIBE-NET. COM ニュース、2005年5月24日。 2009年8月29日閲覧。 ではこの4年間を「オアシスがデビューしてから世界的な現象になるまでの最重要期間」としている。 「Arctic Monkeys - Norway Interview with VGTV」• 「」 2005年9月18日。 「」 BARKS、2007年3月28日。 OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年6月13日閲覧。 BARKS ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2015年5月22日. 2020年6月13日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (日本語)• (日本語)•

次の

オアシスとは

オアシス

解説 「ペパーミント・キャンディー」のイ・チャンドン監督が、社会に適応できない青年と脳性麻痺の女性の愛の行方を描き、第59回ベネチア国際映画祭で監督賞などを受賞した恋愛ドラマ。 ひき逃げ死亡事故で服役し刑務所から出たばかりの青年ジョンドゥは、家族の元へ戻るが迷惑がられてしまう。 ある日、被害者家族のアパートを訪れた彼は、寂しげな部屋にひとり取り残された被害者の娘コンジュと出会う。 重度の脳性麻痺を持つ彼女は、部屋の中で空想の世界に生きていた。 互いに惹かれ合い、純粋な愛を育んでいくジョンドゥとコンジュだったが……。 「ペパーミント・キャンディー」でも共演したソル・ギョングとムン・ソリがジョンドゥとコンジュをそれぞれ演じた。 2019年3月、イ・チャンドン監督の「バーニング 劇場版」公開にあわせて、HDデジタルリマスター版が日本初公開。 2002年製作/133分/韓国 原題:Oasis 配給:ツイン 日本初公開:2004年2月7日 スタッフ・キャスト やっとアマプラで観れました! ソルギョングの演技が素晴らしいこと! いや〜圧倒されっぱなしです 内容は凄く重く、でも少しホッコリもし、ちゃんと社会情勢、男女、差別、格差…等など盛り込まれてます 冒頭に出てきた 豆腐屋のおじちゃん 「坊主頭でちょっと風変わりな青年」 と悟っていても 優しい人もいるんだと 温かさを感じました 一般的にみて 理解しがたい感情や常識 その2人にしかわからない思い もう胸がつまります 交通事故は 義兄が起こしたこと なのに 何もする事ない いつもフラフラしてる ボンクラなジョンドゥが 罪を被る けど一度たりとも 逆恨みをしたり 恩着せがましい事も 言わない そんな純粋な青年 でも純粋はモロく 壊れやすい ラストシーン、2人の想いが届いた! 僕が居なくなっても木の影で怖がらないようにと 身を張って相手のことを守れるか? そんな不器用さや純粋さが泣けてくる とにかく凄いから見てほしいという感じのレビューが多いな〜と思って見たらまさにその通りだった。 見ている間は全く涙出なかったのに、見終わってから急に、過ぎ去った過去の思い出とか夢がフラッシュバックしたような気持ちになって、ぐわっと目頭が熱くなって胸がギュウッとする。 すごい。 ただ、人間2人の物語だった。 あらすじを要約することも、ハッピーエンドだとかバッドエンドだとか結末を安易に言い表すことも、何の意味もなさないような気がしてくる。 男はとても心優しいが、たまに乱暴で愚か。 女は障害がありコミュニケーションに難があるが、チャーミング。 序盤わりとすぐにどうしても許せない出来事があって、見るのをやめてしまおうかと思ったけど、ちゃんと最後まで見て良かった。 2時間あっという間。 許せなかった出来事も、しっかり回収された。 部屋を舞う塵に光が射したときのような美しさと優しさに、満ちていたと思う。 タイトルを表象していると思われる一連のシークエンス、完成度の高さに参る。 まずジョンドゥは、多分設定として発達障がいだと思う。 注意力散漫で感情的になりやすい。 落ち着きがない。 しかし非常に純粋。 だからこそ、刑務所に行く羽目になってしまった。 でもそれがあったからコンジュに出会えた。 そしてコンジュ。 「普通の人」に比べ体が不自由。 車椅子がないと外出も出来ない。 介護者が必要。 しかしその環境に嘆くことなく必死に生きている。 こちらも純粋なのである。 彼らを取り巻く人間はその純粋さにつけ込み、 時には利用し、時には「蓋」をする。 こちらを世の中では「健常者」と呼ぶ。 何が「健常」なのか。 彼らはコンジュとジョンドゥの恋愛を認めず、理解もしない。 そんな偏見を押しつけて違う価値観を認めない精神の、 どこが「健常」なのか。 「健常」と言うことこそ社会の隠れた病巣であると改めて気付いた。 ジョンドゥの役も非常に難しいとは思ったが、 コンジュが出てきた時は、 ホントに脳性麻痺だと思わされたあの演技、凄すぎる。 病気じゃない状態でも登場する、そのギャップもスゴイ。 C 2002 Cineclick Asia All Rights Reserved. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の