ランドセル 平均価格。 ランドセルの平均相場を調査!高級と安い価格の差も紹介

ランドセルの値段はいくら?購入予算の平均と価格別おすすめブランドを紹介!|全94種を比較して分かった!「本当におすすめのランドセル」と選び方のすべて

ランドセル 平均価格

ランドセル購入情報 aiueooo. 0822 ランドセルのブランド一覧!価格などの比較やおすすめの選び方も紹介 小学校に入学する際に、ランドセルは入学準備にかかせない物の一つですが… いざ購入しようとランドセルブランドを検索してみると 「こんなにランドセルのブランドがあるの?!」と驚いた方が多いはず。 それもそのはず ランドセルを製造するブランドは なんと100社以上。 100社以上のランドセルブランドから何を目安に選べばいいのか…と、 途方に暮れている方は心配ご無用! この記事では、 ランドセルブランドの一覧と比較、オススメの選び方をまとめましたので、ぜひランドセル選びのご参考にしていただければと思います。 ランドセルのブランド一覧 100社以上もあるランドセルブランドの中から 代表的なランドセルブランドをご紹介します。 中でも太字なのが有名なランドセルブランド。 ランドセルのブランド別比較まとめ 価格・使いやすさ・色の種類にわけて、ランドセルのブランド別で比較してみました。 天使のはね(セイバン) CMでお馴染みの「天使のはね」。 これがあるおかげで、ランドセルの重心を上げ、ランドセルを背負った際の 重さの体感をできるだけ軽くしてくれます。 子どもが背負いやすく負担が掛かりにくいランドセルの品質を保つには、大量生産では難しく、日本の職人さんがもつ技術で作り上げることが必要とのこと。 生地の裁断、縫製、ステッチや仕上げまで、 熟練された職人さんの技がつまった日本製にこだわっているそうです。 デザイン面で言うと、セイバンのデザインには揺るがないコンセプトがあり、 男の子は強さ、女の子は美しさが表現されています。 セイバンの天使のはねランドセルの特徴や口コミなどは下記の記事でまとめました。 天使のはねについてさらに知りたい場合は参考にしてみてください。 さらに、フィットちゃんのデザインは引き手や内張など 細部にまでこだわり抜いています。 価格面では、フィットちゃんは 低価格帯のモデルが特に充実しています。 「フィットちゃん201」は、Web販売価格でなんと 39,900円(税込)。 フィットちゃんランドセルの情報は下記の記事でまとめてあります。 低価格帯を選ぶときには評判や口コミが気になるかと思いますが、その場合は参考記事をチェックしてみてくださいね。 KIDS AMIは ランドセルではじめて文部大臣賞を受賞した技術をもち、かばん作りに精通した職人さんの技術と国内生産にこだわりをもち、ランドセルを進化させているそうです。 さらにKIDS AMIは、珍しい 横型ランドセルも販売されています。 百貨店などでの取り扱いが多く、販売店舗がない都道府県もあるため、実物をチェックされたい方はホームページをチェックしてください。 キッズアミランドセルの特徴やクチコミ情報は下記の記事でまとめてあります。 店舗で購入しようと思っている場合は、まず特徴などをチェックしてみるといいかもです。 毎日ランドセルを使う子どもにとって「お気に入り」になるよう、 ・飽きのこないデザイン ・背負いやすいランドセル をコンセプトに製造された萬勇鞄のランドセルは とてもシンプルです。 さらに、熟練の技を持つ職人さんが ひと針ひと針手縫いしてくれるため、その丈夫さはお墨付き。 また、 革の良さと人工皮革を最適な場所に使い分けることで、肩ベルトは耐久性を、背あて部分にはフィット感をもたせること成功しているのが、ものづくりにこだわった証拠とも言えます。 手縫いにこだわる理由は 糸の締り具合。 これは機械では置き換えられない技術なので、大量生産よりも品質を優先されこだわりだそうです。 さらにモギカバンでは、近くに店舗が無い方のための、 サンプル貸出サービスを行っています。 郵送時は送料無料で、返送時の送料は負担する必要がありますが、自宅で 実際に触って検討できる素敵なサービスです。 なおかつ 6年間使ったあとのランドセルを時計に加工してくれるサービスはモギカバンならでは。 でも、イオンで実際に手にとって触ってみましたか、確かに軽いけど良さもよく分からず、ネットや先輩ママたちの意見を聞き、好評だった天使のはねにしました。 すごく丈夫で、軽くて体にフィットし、長持ちしそうな点は良かったと思いましたが、すごく高くてもう少し安かったらいいのにと思い、そこが残念でした。 とても驚きました。 ランドセルは、大きくなり沢山の物が入るようになったように感じます。 しかし、たくさんのものをつい入れてしまうので、子供はとても重い荷物を毎日持っていってしまいます。 その為ランドセルはなるべく軽い物をと色々見て回り、店員さんの話を聞いて決めました。 肩が疲れにくく、背中にも圧力がかかりにくいようで、本人も気に入ってくれました。 A4クリアファイルも入るから便利だと思いました。 今のところは悪い点はありません。 又、カラーバリエーションが豊富で娘の思い描く色のランドセルに出会えました。 私は機能性重視でランドセルを探していましたが、娘がこの色のランドセルにすると聞かなかったので、決めてとなったのはカラーバリエーションの豊富さかもしれません。 重さもとても軽くてびっくりしました。 でも、まだ幼稚園生なのでとても大きく感じます。 自分の子供の時より一回り大きくて、A4サイズも楽に入るみたいです。 良かったところは、思ったよりも軽かったこと 反射材がランドセルの周り全体についていたこと カラーがたくさんあったので、子どもの好みの色を探しやすかったこと 宣伝通り、背中にぴったりフィットするところなどが良かったです。 今回購入したランドセルは、教科書、分厚い筆箱、給食袋や水筒まで全て入れられるのでとても助かりました。 ただ、ランドセルにしまうものがたくさんあり、大人が背負ってもかなりの重量になるので、もう少しランドセル自体の重さを考慮して購入すれば良かったかなと思います。 歴史の長さと、洗練されたデザインに魅力を感じていたからです。 実際に店舗に行ってみて、ランドセルだけシンプルに飾っているのを見て、とても感動したのを覚えています。 どのランドセルもひとつひとつ作り込まれていて、選ぶのに悩みました。 実際に購入したランドセルは、子どもも背負いやすいみたいで、あまり周囲に持っている子どももいなかったので満足しています。 牛革はクラリーノに比べてやはり高級感があります。 また、縫製が他社に比べてとても細かくて丁寧に作られています。 デザインもシンプルで美しく気に入っています。 悪かった点は、わかっていたことですが、クラリーノより重いことと、A4ファイルが入らない大きさなので少し不便だということです。 また、色やデザインも安っぽくなく上品な見た目なので長く使うランドセルとしては大事なポイントだと思うのでその点もかなりの満足感を得ています。 ただその分お値段のほうは高いほうだと思います。 作りも長持ちしそうなしっかりとした作りになっているので良かったです。 色を決めるのに、沢山種類も色もありすぎて、すっごく悩んでましたが、やっぱり定番の黒に決まりました。 もし、飽きてもカバーをかければいっかと思いとりあえず黒色にしました。 胸のところにストラップがあり、肩紐が落ちないようにロックが出来るものを買いましたが、1学期程で使わなくなりました。 (子供は痩せ型です) 細身の為、横幅が広くないものを購入しましたが、その分やはり容量が少なくなるため、教科書と筆箱でいっぱいになり、800mlの水筒は入りません。 良かった点は、実際に触れて柄や色合いを確かめる事が出来て本人もイメージが高まり意欲と実感がわき良かったです。 中にランドセルカバーが付いていたので、付録みたいに喜んでいました。 悪かった点は、全くなかったです。 とても綺麗な色で柄も女の子らしく丈夫でしっかりしているので、6年間もつと思います。 腕を通す場所の上部のあたりがあまり稼働しないタイプでしたので、重さのかかり方が少し天使の羽根等とは違うようで入学直後は痛いかもしれないと本人が話していました。 2学期始まる頃にはそういった痛みはないようでした。 荷物の重さはかんじるようですが、他のメーカーさんのランドセルでも同じ様に重いということでした。 上靴、水筒(500ml)を教科書等と一緒にギュウギュウに詰め込みしようしています。 使い出して4ヶ月ほどで横に付いているフック(給食袋などを掛けて使用)が取れて行方不明に。 6年保証が付いている商品でしたので、直ぐにコールセンターへ連絡を入れ、修理依頼をしました。 代替商品が店舗にない場合がある。 修理に出したり受け取ったりは基本最寄りの店舗でして欲しい等かなり面倒な手続でした。 毎日かなりの量の教科書類を持ち帰りますが、肩が痛いなど言った事はありません。 又、沢山の教科書やノートやファイルがすとんと入るので、ストレスなくそれらの出し入れが出来ます。 又、ランドセル自体も他に検討した物より軽かったとうのも決めての1つです。 大容量なのに背中回りのフチがないので見た目は大きすぎずスッキリしています。 また、背中のクッション部分もブラックで統一されているので大人っぽい雰囲気がかっこよくて子供も気に入っています。 悪かった点は、側面の刺繍のデザインです。 ひし形が二つ重なっているようなデザインですが、何をイメージしているのかよくわかりません。 【ディズニー】 男子用でディズニーの聞くと「高学年で大丈夫?」とよく心配されました。 キャラクターを嫌がるのではないかという趣旨だと思います。 でも、ディズニーのランドセルは女子のものは色もデザインもかなり個性的で派手ですが、男子用は黒でステッチは青、とてもシンプルです。 留め具がミッキーシェイプだったり、被せの裏がミッキーだったり。 サイドの刺繍がさりげなくシンデレラ城で、とてもカッコいいです。 縫製もしっかりしていますし、大満足です。 今のところ悪いところはありません! ランドセルブランドのおすすめの選び方3選 数あるランドセルブランドがありますが、一体何を基準に選べばいいのでしょうか? そんなお悩みの方に、3つのおすすめの選び方をご紹介します。 1.価格面で選ぶ 近年のランドセルの価格は本当にピンキリで、2万円代のものから10万円以上のものまであります。 一番買われている人気の価格帯は、5~6万円。 ですが、小学校の入学準備は他にもたくさんの出費ゆえ 「ランドセルにお金をかけれない」という方は多いと思います。 そういう方には 低価格重視でランドセルを選びましょう。 ランドセルメーカーの中で低価格でお勧めなのが ニトリの「わんぱく組」。 29,900円 税込 と格安ですが、ニトリが開発・製造しているので、安心の国内産。 それでもニトリはちょっと…と言う方は フィットちゃんランドセルの「フィットちゃん201」がオススメ。 「フィットちゃん201」は、 Web販売価格でなんと39,900円(税込)。 超有名メーカーなのに5万円以下で買えるのはとてもお得ですね。 2.使いやすさで選ぶ ランドセルの使いやすさは非常に大事。 ・背負ったときに軽く感じるか ・A4フラットファイルが入るか ・荷物がたくさん入るか 上記の三点が大前提ですが、他にも、 ・ワンタッチロックの錠前であること ・防犯ブザーの取り付けフックがあること ・バックルなどの金具が体に当たって痛くないこと ・持ち運びに便利な持ち手があること ・鍵や絆創膏を入れられるファスナー付きのポケットがあること ・カブセやサイドに反射機能が付いていること などがあればお子さんの通学するときも安全で使いやすいでしょう。 3.有名どころで選ぶ 皆が知っているブランドなら、とりあえず安心できる。 だからとにかく有名どころのブランドがいい!という方にお勧めなのが、 ・天使のはね(セイバン) ・フィットちゃん の2トップです。 実際にこの2つは「買って良かった」「使いやすい」という満足度の高かった人気のランドセル。 どのランドセルブランドを買えばいいのか迷っている方は、 天使のはねと フィットちゃんを選びましょう。 まとめ ランドセルのブランドの価格などの比較やおすすめの選び方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 ランドセルを製造するブランドは今や 100社以上。 その中からランドセルを選ぶというのはなかなか酷なものですよね。 ランドセルブランドの選び方として、 ・価格面で選ぶ ・使いやすさで選ぶ ・有名どころで選ぶ の3つの選び方が選びやすいと思います。 ランドセルの価格面や使いやすさを比較しましたので、ぜひランドセル選びのご参考にしていただければと思います。

次の

【ラン活】平均値段・保証内容・重さを比較!ランドセルの選び方

ランドセル 平均価格

大切なお子さんの6年間の小学校生活をサポートしてくれるランドセル。 6年間使い続けることができるということを考えるとランドセルは非常にコスパの高いアイテムだと言えますが、それでも値段が高いアイテムであることに変わりありません。 また、安いものから超高級品までさまざまな価格帯のランドセルが発売されているため、どの価格帯のランドセルを購入した方がいいのかということで頭を悩ませている親御さんやおじいちゃん・おばあちゃんも多いのではないでしょうか? そこでこの記事では、 ランドセルの値段について詳しく紹介していきたいと思います。 世の中の親御さんやおじいちゃん・おばあちゃんが買っているランドセルの平均的な値段や、安いランドセルと高級ランドセルにはどういった違いがあるのかといったことについて紹介していくので、ランドセルの値段のことで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。 みんなが買っているランドセルの平均的な値段は? ランドセルを購入する際、何よりも参考になるのが他の親御さんやおじいちゃん・おばあちゃんが購入しているランドセルに関するデータです。 そこで、世の中の親御さんやおじいちゃん・おばあちゃんが大体いくらぐらいの値段のランドセルを購入しているのかをリサーチしてみました。 リサーチしてみた結果は以下のとおりです。 つまり、みんなが買っているランドセルの平均的な値段は3〜5万円ほどということになると言えるかと思います。 ランドセルは値段によって3段階に分けることができる みんなが買っているランドセルの平均的な値段は3〜5万円ほどだと紹介してきましたが、ランドセルは種類が多く、それにともなって価格帯の幅も広くなっています。 ただ、大きく分けると、• 安価なランドセル• 平均的なランドセル• 高級ランドセル の3つに分けることができます。 それぞれのランドセルがどういったランドセルなのかについてみていきましょう。 安価なランドセル 明確な決まりがあるわけではありませんが、 3万円以下で購入できるランドセルが分類されるのが、この「安価なランドセル」です。 日本を代表する大手ショッピングセンターのプライベートレーベルなどから発売されているランドセルが、この安価なランドセルに当てはまります。 平均的なランドセル みんなが買っているランドセルの平均的な値段としてあげさせてもらった、 3〜5万円で購入できるランドセルが、この「平均的なランドセル」です。 有名なランドセルメーカーのランドセルなどが平均的なランドセルの定番としてあげられます。 やはり多くのユーザーが購入したり予算として設定している価格帯ということもあって、有名なランドセルメーカーが主力としているのも大半がこの価格帯のランドセルです。 高級ランドセル 安価なランドセルや平均的なランドセルと一線を画すのが、この「高級ランドセル」です。 有名なランドセルメーカーの上位モデルや工房系のランドセルが、この高級ランドセルとしてあげられます。 5万円以上のランドセルは高級ランドセルとして分類できますし、10万円近くする超高級ランドセルもあります。 【関連記事】 ランドセルは値段が安いものはNG?高ければ高いほどいいの? 最近のランドセルには3万円以下で購入できる安いものもあれば、10万円近くする超高級品のランドセルもあると紹介してきました。 実際にラン活を始めるとその事実を知ることになるわけですが、そこで多くの親御さんやおじいちゃん・おばあちゃんがおちいってしまうのが、 「値段が安いランドセルは避けるべき」 「値段が高ければ高いほどいい」 という考え方です。 もちろん安いにもほどがあるので、アウトレット品でもない限り1万円以下で購入できるようなランドセルは避けるべきです。 大手のショッピングセンターのプライベートレーベルから出ているようなランドセルには2万円ほどで購入できるものもありますが、その価格帯のものでも品質は高いので、 「2万円以上かつ有名な企業から発売されているもの」であれば気にせず購入してしまっても問題ないと言っていいでしょう。 また、高ければ高いほどいいのかということについてですが、ランドセルの値段が高くなってしまう主な理由としては、• 使用している素材• メーカーやブランドのネームバリュー• ハンドメイドかどうか という3点があげられます。 つまり、安いランドセルであっても高級品のランドセルであっても、ランドセルとしての機能性にはそれほど大きな差はないということです。 ですので、とにかく高いものを購入しようとするのではなく、そのランドセルの特徴をしっかりと理解した上で購入するようにしてください。 ランドセルの値段による違いは? 今現在販売されているランドセルには3万円以下で購入できるものもあれば、10万円近くするものもあります。 では、なぜそこまで値段に差が出てきてしまっているのでしょうか? ランドセルの値段による3つの違いについてみていきましょう。 使用している素材の違い ランドセルの値段による違いの一つ目は、そのランドセルに使用されている素材です。 ランドセルに使用されている素材としては• 人工皮革• コードバン などが一般的ですが、本物の革である牛革やコードバンは希少価値が高いので、人工皮革で作られるランドセルに比べるとどうしても高くなってしまいます。 【関連記事】 メーカーやブランドのネームバリュー ランドセルの値段による違いの二つ目が、メーカーやブランドのネームバリューです。 同じ素材を使用し、同じような機能性を持ったランドセルであっても、 メーカーやブランドのネームバリューがあるだけで値段がポーンと跳ね上がってしまうことは珍しいことではありません。 最近では有名なファッションブランドやスポーツブランドもランドセルを発売していたりしますが、そういったブランドのランドセルは基本的に値段が高くなってしまっています。 ハンドメイドかどうか ランドセルの値段による違いの三つ目が、ハンドメイドかどうかです。 機械によって作られるランドセルは大量に生産することができますが、職人が手作りするハンドメイドのランドセルはそうもいきません。 生産できる量が限られているため、ハンドメイドタイプのランドセルはどうしても値段が高くなってしまう傾向にあります。 【関連記事】 値段別!おすすめのランドセル3選 最後に、値段別におすすめのランドセルを紹介していきたいと思います。 安価なランドセルでおすすめなのは「イトーヨーカードーのランドセル」 安価なランドセルの中でも特におすすめなのが、大手ショッピングセンターであるイトーヨーカードーのランドセルです。 イトーヨーカードーのランドセルにはいくつか種類がありますが、 イトーヨーカードーオリジナルのランドセルなら3万円以下で購入することができます。 イトーヨーカードーのオリジナルランドセルは安いからといって品質が低いわけではなく、作りもしっかりとしていますし、機能性の高さが光るランドセルでもありますよ。 【関連記事】 2. 平均的なランドセルでおすすめなのは「セイバンのランドセル」 3〜5万円といった平均的な値段のランドセルでおすすめなのはセイバンのランドセルです。 セイバンのランドセルは「天使のはね」で有名で、非常に機能性の高いランドセルとして知られています。 また、5万円をちょっとオーバーしてしまいますが、58,000円で大人気のコンバースとのコラボモデルのランドセルも購入可能ですよ。 【関連記事】 3. 高級ランドセルでおすすめなのは「土屋鞄のランドセル」 高級ランドセルでおすすめなのは、人気の鞄工房である土屋鞄が製造・販売しているランドセルです。 土屋鞄のランドセルは一つ一つ職人が丁寧に作っているハンドメイドタイプのランドセルなので、8万円以上するものがザラにあります。 コードバンを使用しているものは10万円以上にもなるので、超高級ランドセルと言えるでしょう。 ただ、 その分品質の高さは折り紙付きなので、高級ランドセルを探している方はぜひチェックしてみてください。 【関連記事】 ランドセルの値段についてのまとめ ランドセルの値段について詳しく紹介してきました。 みんなが買っているランドセルの平均的な値段は3〜5万円なので、特に予算が決まっていないという方は、この金額を目安にランドセルを選んでみてはいかがでしょうか? また、安いものと平均的なもの、高級品の違いを理解した上でどのランドセルにするか決めるのもおすすめですよ。

次の

ランドセルの選び方|2021年ランドセル人気比較ランキング

ランドセル 平均価格

20年前のランドセル ってどんなだったの? まずは今から20年前を見ていきましょう。 今から20年前というと、90年代の後半。 1990年代初頭のバブル崩壊以来、経済的には混沌とした空気に包まれていた時代でもあります。 また、当時はランドセルの購入も今のように「ラン活」というイベントではなく、親が購入してきた物を、子どもが受け取るというスタイルが一般的でした。 価格は今より安く3万円台が主流 大手ランドセルメーカーが提供している情報によるとランドセルは、発売当初から年を経るごとに、価格が上昇している傾向にありました。 バブル真っただ中では平均価格が3万5千円台まで上がりましたが、バブルがはじけたことで価格は停滞し、その後平均は3万円台にとどままりました。 諸説ありますがこの時期からランドセルのオーダーメイド化などにより赤、黒以外のランドセルが販売されていたようです。 ただ、販売数自体は少なかったとみられています。 形は学習院型が主流でサイズも小さめ この時期は縦かぶせ型、俗に言う「学習院型」が主流でした。 半かぶせ型も、ちらほら作られるようになり、形のバリエーションは少しづつ豊富になりましたが、まだまだこちらも一般的ではなかったようです。 また、20年以上前はB5型のプリントや教科書が主流であったことから、今よりも一回り近く小さかったランドセル。 教材のサイズがどんどん大きくなり、ちょうど20年前の1998年には、ランドセル工業会がA4サイズをランドセルの標準サイズと定めました。 そこから現在まで、どんどんサイズは大きくなっています。 10年前のランドセルってどんなだったの? 次に10年前のランドセルについて見ていきましょう。 大きな変化こそありませんでしたが、その後の変化の芽とも言える動きがありました。 ランドセルの価格回復と上昇 2007年頃からランドセルの平均価格が回復しています。 2006年では平均価格は3万円台を割り込んでいましたが、翌年3万円代に回復してからは年々平均価格が高騰する傾向にあります。 赤・黒以外の色も好まれるように また、この時期からカラーリングに多様性が見られるようになりました。 そのきっかけといわれているのが、2001年に発売された業界初となるイオンの24カラーのランドセルです。 それまでは赤・黒以外のカラーはオーダーメイドで作られることが一般的でした。 イオンによってその後のランドセル=カラフルという流れが定着した考えられています。 デザインは半かぶせ型も定番の一つに デザインに関しても新たな動きがありました。 以前は学習院型と呼ばれている形が主流で、オーダーメイドのものでもない限り、ランドセルはほとんど同じ形であるのが一般的でした。 ここにきて半かぶせ型という、形も主流の一つとしてある程度のシェアを獲得してくるようになります。 サイズは大きく変化していく時代 2011年から小学校では新学習指導要領の元、脱ゆとり教育化がすすめられました。 そのなかで教科書や仕様プリントがA4サイズへとサイズアップしたことが近年のランドセルの大型化につながっていいます。 ものによっては、優れた人工皮革の開発や素材にプラスチック製のものを採用したりと、軽量化、小型化が図られるようになっています。 最新のランドセル事情 さて、最後に最新のランドセル事情に関して見ていきましょう。 大まかに言うと、材料高騰や少子高齢化といった要因から、高額化、種類の多様化がみられています。 高額商品から低額商品まで多様化 平均は高額化傾向に 価格は10年前から継続して、高額化の傾向にあります。 サンケイリビング新聞社が行った2018年直近の調査では、平均価格は「5万2508円」、最も多い価格帯が5万円代でした。 こうした価格高騰の背景にはランドセルの原材料の高騰、少子高齢化により子供一人当たりにかけられる費用が多くなり、刺繍、デザインなどの凝った高額なランドセルが好まれるようになったことがあるようです。 また、工房系と言われる鞄工房が手作りするランドセルを選ぶ本物志向の消費者も増えたことも影響しているでしょう。 ただ、高価格帯のモデルが普及する一方で、量販店などでは低額のランドセルも増えているほか、リュックサックなどランドセル以外のカバンを通学用に利用するケースもあるようです。 多様な種類の色が好まれるように 子ども一人ひとりの個性を尊重する時代。 カラーリングも、より多様なものが好まれるようになりました。 ある人気ランドセルメーカーでは、カラーリング、微妙なデザインの違いを含め、合計130種類という膨大な種類のランドセルを販売しています。 高級天然皮革のランドセルが人気に 素材に関しても若干変化が訪れています。 ランドセルの主要な素材といわれているのが、「クラリーノ」「牛革」「コードバン(馬革)」の三つです。 シェアとしては、人工皮革であるクラリーノが多いですが、近年は、天然素材を重視したブランドランドセルの登場で、牛革やコードバンといった天然皮革のランドセルの人気も上昇しています。 サイズは大型化 また、これは10年前の部分でも書きましたが、学習指導要領の変化に合わせてランドセルも大型化しています。 小学校の6年間で使う教科書の総ページ数は、この10年で35%も増えたそうです。 現在ではA4フラットファイルが入るサイズのものが主流で、これは以前のものと比べると約一回りくらい大きいサイズになります。 重さも若干増え、ランドセルはだいたい1. 2~1. 5kgくらいが平均のようです。 ただ、各社細かな素材、部位の軽量化につとめ日々軽量化への工夫がされているようです。 デザインも多様化 また、高価格化が進むにつれて、デザインも多様化、刺繍やレースが入ったランドセルも増えています。 また、人気アパレルブランドやインテリアショップとのコラボ商品や、百貨店モデルなど付加価値の高いランドセルも販売されています。 まとめ この記事では20年前から現在までのランドセル変遷の様子を追ってきました。 伝統的な形のランドセルではありますが、年々ニーズを追うごとに細かな変更が加えられていることがわかっていただけたかと思います。 昨今では価格、種類ともに多様になり、選択肢も増えたことで、大切なお子さん、一人ひとりにあったランドセルを選ぶ事に多くの労力を注ぐ親御さんも多いようです。 大切なポイントは何なのか、じっくりとお子さんと話し合った上で、最適なランドセルを選んであげて下さいね。 randoseru.

次の