エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出。 エクセル 関数 対象を全て抽出する

FILTER関数で条件に一致する行を抽出する

エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技• 関数で複数データを取り出す• VLOOKUP関数で検索条件と一致したデータを取り出すことができますが、一致するデータが複数あるときには先頭だけしか取り出せません。 などの機能を使えばよいのですが操作が分からない人も使うので、関数で取り出したいというケースがあります。 そのようなケースではどのようにしたら良いか・・・ということについて書いてみます。 スポンサードリンク サンプルデータ• ある条件と合致するデータを 複数 取り出したい・・・という時の考え方の例です。 下図のようなデータで、ある日付のデータをすべて抽出する方法を考えてみます。 Microsoft 365では Filter関数を使うことができます。 Filter関数の使い方は をご覧ください。 次項のように、作業列や配列数式を使う必要がなくなり、関数を使って簡単にデータを抽出できるようになりました。 商品が「バナナ」のデータを抽出し、さらに、日付の昇順に並べ替えてみます。 SORT関数の使い方は をご覧ください。 【考え方】条件と一致しているか否かを調べます 作業列を利用します。 一致しているものについては連番を付けてやります。 この連番順にデータを取り出せばよさそう・・・と考えています。 検索する値はG2セルに入力するものとします。 D列を作業列として使用します。 G1セルやG4:I4セルに列見出しを入力していますが、見た目の問題だけで計算 処理 には必要ありません。 無くてもかまいません。 条件と一致した行に連番を入れます。 A2セルとG2セルが同じなら、同じデータはA2セルから数えて何個目かを表示しています。 A2セルとG2セルが同じでないときは空白にしています。 作業列の連番順にデータを取り出します。 ROW A1 を使うのは下方向へコピーして使うとき、連番を発生させるためです。 行番号だけを絶対参照にします• 連番より大きくなると、一致するデータは無いことになりますので、エラーが返ります。 エラーを表示しないように空白にします。 G5セルに入力した数式を右方向、および下方向へコピーすると完成です。 G5セルを選択し、フィルハンドルを右方向へ、I5セルまでドラッグして数式をコピーします。 G5:I5セルを選択して、フィルハンドルを下方向へドラッグして数式をコピーします。 下方向へは必要なだけコピーします。 一致するデータが表示しきれるだけの行にあらかじめコピーします。 作業列を使いたくないというケースがあります。 そのようなときは配列数式を利用することができます。 【考え方】条件と一致する行は何行目かを計算します。 計算された行数の小さい方から順番にデータを取り出します。 配列数式にします G5セルをI5セルまでコピーし、更にG5:I5セルを下方向へ必要なだけコピーします。 G2セルの検索値を5月2日に変えた結果の例です。 この部分を配列で処理しています。 SMALL ・・・・・・・,ROW A1 で、小さな値 行位置 から順番に取り出すようにしています。

次の

集計表から抽出・集計DSUM 関数 DSUM関数の使い方

エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出

Excelで複数の条件で値を抽出する5つの手順 Excelで作成された在庫データから、3つの検索条件を満たした値を 抽出します。 ExcelのDGET関数で「品名」、「サイズ」、「カラー」を条件に指定し、検索値のあるセルB4、セルC4、セルD4のすべてが空白でない場合に処理を行うように、IF文とAND関数で条件を指定します。 在庫表の確認 在庫データの表から「品名」、「サイズ」、「カラー」を条件に値を抽出します。 後でコピーするので、絶対参照で入力します。 数式のコピー セルB7を選択します。 検索条件の入力 セルB4に品名、C4にサイズ、D4にカラーを入力します。 セルB7からF7に検索結果が表示されます。 検索する列の見出しとデータベースの列の見出しは、一致していないと値を抽出できないので注意してください。 ExcelのDGET関数は条件を満たす1つの値を抽出する関数なので、複数あった場合は「 NUM」のエラーが表示されます。 また、条件を満たす値がなかった場合は、「 VALUE! 」が表示されます。 まとめ Excelで複数の条件で値を抽出する5つの手順• 表の確認• DGET関数の入力• エラー処理の追加• 数式のコピー• 検索条件の入力 Filed Under: Tagged With: , ,.

次の

Excel:複数シートから条件に合うセルを抽出する 方法があれば教えてく

エクセル 条件 に 合う もの を すべて 抽出

VLOOKUPで複数結果を全て抽出・表示する方法/重複したときに2番目以降も抽出できる? VLOOKUPで複数結果を全て抽出・表示する方法/重複したときに2番目以降も抽出できる? VLOOKUPで複数結果を全て抽出・表示する方法/重複したときに2番目以降も抽出できる? EXCELで条件検索・抽出の関数と言えばVLOOKUPですが、VLOOKUPの欠点の一つとして条件に対し結果が複数重複している場合にそのうち一つを抽出してしまうことです。 条件に対して結果が複数ある場合に、2番目以降も全て表示したい!今回はそんな複数結果を抽出・表示する方法をまとめました。 関数を駆使して複数結果を抽出 図のように、セルI3に都道府県を入力すると、マッチングした名前と性別を全て抽出するといった方法をご紹介します。 抽出結果側にも連番を用意します。 (J列の時は5列目を抽出したいので5を指定します。 ) 最後の引数は0 またはFalse にします。 これで完成です! デメリットとしては、連番も全て網羅しておかないと、抽出漏れが起こります。 関数が苦手な人はオートフィルタやピボットテーブルを使うのもありですね。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の